CEATEC JAPAN 2010: KDDIが「EVDOマルチキャリア」などインフラ技術を展示

  • Day:2010.10.09 00:09
  • Cat:au
IMG_5248.jpg

KDDIが、CEATEC JAPAN 2010において、同社のauインフラの今後の展開について、デモを含めた展示をしていました。

「EVDOマルチキャリア」は、EV-DO Rev.A(1.25MHz)のキャリアを最大3本束ねることで高速化を実現し、対応端末では、複数キャリアを同時に利用出来るため、データ送受信の効率化に至りました。

EVDOマルチキャリアにおいては、下り最大9.2Mbps(現行は3.1Mbps)、上り最大5.5Mbpsと(現行は1.8Mbps)とかなり高速化しており、実際に1MBのファイルを添付したメールの送信では、マルチキャリア対応機種が圧倒的に速く送信を完了しました。また、大容量ムービーのダウンロードでも、マルチキャリアが約2倍ほど速く完了しました。

「EVDOマルチキャリア」は、KDDIが10月18日(月曜日)に発表する秋冬モデルの一部で対応予定で、4機種~5機種ほどラインアップされる見込みです。

DSC00461.jpg

また、LTEに向けた取り組みも紹介していました。同社の今後のプランとしては、2012年12月に商用導入して、2014年度末にはEV-DO Rev.A相当のエリアに拡張、音声をCDMA 2000 1Xで対応し、LTE圏外においては、EVDOマルチキャリアで通信出来るようにします。

上写真の端末は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のLTE方式対応検証用試作機で、ブースでは、同試作機で受信した映像をテレビに映すデモが行われていました。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。