CEATEC JAPAN 2010: シャープが「モバイル3Dカメラ搭載コンセプトモデル」を展示

DSC00529.jpg

シャープが、CEATEC JAPAN 2010において、「モバイル3Dカメラ搭載コンセプトモデル」を展示、デモを展開していました。コンセプトモデルには、3D撮影対応のカメラ(2つ)が搭載されています。

DSC00537two.jpg

ディスプレイも裸眼3Dに対応しており、撮影した3D写真をそのまま閲覧することが出来ます。実際に見てみたら、確かに被写体に遠近感が出ていました。HDMI端子が用意されているため、3D対応のテレビに接続することで、撮影した3D写真を、3Dメガネ着用で体験できます。

なお、今回はコンセプトモデルとされていますが、シャープは、年度内にも3D映像の撮影や裸眼で3D映像を楽しめる世界初のスマートフォンを市場投入するとしており、NTTドコモから今後発表される秋冬モデルに、同スマートフォンがラインアップされる公算が高いです。

関連:
NTTドコモ, ワンセグやFeliCa搭載の国産スマートフォン2モデルを年度内に発売
シャープ, 年内に3D液晶搭載スマートフォンを発売へ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。