CEATEC JAPAN 2010: 富士通が「大画面ダブルタッチパネルケータイ」を展示

DSC00557.jpg

富士通が、CEATEC JAPAN 2010において、「大画面ダブルタッチパネルケータイ」を参考出展していました。960×480ピクセルの大画面ディスプレイを2つ搭載しており、ヨコモーションに対応しています。

DSC00541.jpg

「ソーシャル」と「ローカル」という区分でディスプレイを分割し、例えば上画面に共有スペース、下画面にプライベートといった表示が可能になります。

DSC00544.jpg

「ダブルヨコモーション」により、これまで縦長もしくは横長でしか観ることが出来なかったフルブラウザの閲覧情報量を一気に拡大します。下画面をスクロールすると上も連動しますし、逆も同様です。


この大画面ダブルタッチパネルケータイは、Twitter閲覧や写真の閲覧には最適だと感じました。今回は参考出展なので、機能面でもかなり絞られていましたが、セパレートケータイを製品化した富士通なら、近い将来に素晴らしい製品として披露してくれるんじゃないかなと期待しています。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。