CEATEC JAPAN 2010: NTTドコモが「体温ハート」などコンセプトを展示

DSC00478.jpg

NTTドコモが、CEATEC JAPAN 2010において、様々なコンセプトモデルを展示していました。上写真の「体温ハート」は、ホールドすることで、その強さや心拍データを携帯電話を経由して専用システムで解析、緊張やリラックスなどの心理状態を推定して、相手先の「体温ハート」に、イルミネーションの色や温度、振動で表現します。

携帯電話との通信にはBluetoothを使うため、製品化された場合、将来的には着信時に体温ハートを振動させることも可能にしたいと説明していました。発信側がどのように体温ハートをホールドするかにより、発信側の心理状態を着信側が知ることが出来るというものです。

DSC00479.jpg

裏側には状況に応じて温度が変わる部分があります。ドコモの説明員によると、「体温ハート」を恋人同士で持つことにより、お互いに会えないときでも鼓動や温もりが手のひらに伝わり、それはまるで手をつないでいる感覚に近いかも知れないとしました。

DSC00473.jpg

また、ドコモブースでは、シャープの「プラズマクラスターイオン」対応ケータイのコンセプトモデル(写真)や、パナソニックの「ナノイー」搭載充電台が参考展示されていました。

DSC00467.jpg

その他、ドコモが出資するマルチメディア放送(mmbi)がWireless Japanに引き続き、スタジオを設置していました。総務省から、207.5MHz~222MHzの周波数を使用する特定基地局の開設計画の認定を受けたため、今後、ますます勢いのある展開になりそうです。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。