Rumor: 台湾Sintekが「iMac」向けに投影型静電容量方式タッチパネルのサンプルを供給

DigiTimesが、業界筋によると、台湾のSintek Photronicsが、Appleの新しい「iMac」向けに、投影型静電容量方式タッチパネルのサンプルを提供したと報じています。レポートによると、新しいiMacは、水平・垂直両方向の視野角が優れており、投影型静電容量方式タッチパネルを1つのガラスに搭載して、ディスプレイの厚さや重量を軽減するそうです。

今年1月、中国語のCommercial Timesは、台湾のSintek Photronicが、将来の「iMac」向けにタッチスクリーンパネルを供給すると報じていました。

関連:
Rumor: Appleが今年中にタッチ対応の22インチiMacを発表?

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。