Gadget: iPod touch(4th generation)

IMG_5174.jpg

iPod touch(4th generation)に触る機会があったので、気になる点を色々と調べてみました。iPod touch(4th generation)は、ようやくカメラを搭載し、その隣にはムービー撮影時に役立つマイクもあります。カメラ機能に関しては、iPod nano(5th generation)の進化系であるという指摘も的を射ているように感じます。

実際に撮影してみました。上がiPod touch、下がiPhone 4での同位置からの撮影です。

IMG_0001touch.jpg

IMG_0732.jpg

Macにインポートしたところ、iPod touchで撮影した写真のサイズは、Appleの公式に記載の通り、960x720ピクセルでした。iPhone 4と画角も微妙に異なるのが分かります。なお、iPod touchは、タップフォーカスには対応していませんが、タップによる露出調整には対応していました。

スクリーンショット(2010-09-23 1.03.44)

次にムービー撮影機能を試してみました。iPod touchは、iPhone 4同様に720pのHD録画に対応しています。左のスクリーンショットがiPod touchで16:9のHDムービーを撮影したもので、同位置からiPhone 4で撮影したものが右です。

スチールとは違い、画角はiPod touchのほうが広いことが分かります。これはiPhone 4を使っていても不便に感じるときがあり、iPhone 4では、スチールと比べて極端に画角が狭くなります(ムービーの解像度の関係?)。逆に、iPod touchのスチールの記録サイズは制限されているように感じます。

カメラ機能に関しては、MACお宝鑑定団さんが詳しく紹介されていますので、是非ご参考下さい。

IMG_5170.jpg

次にFaceTimeを利用してみました。FaceTimeは、現時点でiPhone 4とiPod touch(4th generation)の間で利用出来ます。iPhone 4は電話番号を利用するのに対して、iPod touchでは、Apple IDのEメールアドレスを利用します。iPod touchから発信する際は「FaceTime」アイコンから連絡先を選択します。iPhone 4から、電話番号を持たないiPod touchへ発信する際は、連絡帳の「FaceTime」から行います。

IMG_5172.jpg

iPhone 4と比較されるiPod touch(4th generation)ですが、仕様上明らかに違うのは、バックカメラ画素数、LEDフラッシュ未搭載、ディスプレイがIPS液晶パネルではない点、ガラスそのものに表示しているかのように見せる処理「オプティカルラミネーション」を省略している点などがあります。

確かにIPS液晶パネルでない点は、iPhone 4のディスプレイに慣れていると分かりやすいですが、オプティカルラミネーションについては、短期間の利用ではあまり違いが分かりませんでした。

サイズは、iPhone 4の奥行き9.3mmと比較して、7.2mmとさらに薄いです。リアパネルのカーブ加工から更に薄く感じるかも知れません。幅はiPod touchのほうが0.3mm広いものの、高さは4.2mm小さいので、iPhone 4よりもかなり小さく感じます。

電話機能を省いたiPhone 4という表現はあながち嘘ではなく、現時点でiPadにカメラが付いていないため、その点でもiPod touch(4th generation)はアドバンテージがありそうです。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。