N-08B: Wi-Fi機能の活用でより快適に

IMG_4942.jpg

※この記事は、「フルキーボードケータイ『N-08B』Users' review」(主催・運営: アジャイルメディア・ネットワーク株式会社、協賛: NECカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社)プロジェクトの一環です。

N-08Bを実際に使ってみて約1ヶ月が過ぎようとしています。私は、いつも鞄の中に入れて持ち歩いており、つい先日なんて、IKEAに行くのに、Apple「iPad」、Amazon「Kindle」を一緒に鞄の中で揺れていました。

N-08Bは、とても異端児で、NTTドコモのラインアップをみても異色ですが、良い意味でNECカシオの特徴を持っていると思います。一例に、Wi-Fiが挙げられます。

N-08B<<<<<Wi-Fi

ホームU」というサービスがあります。これは、自宅などのWi-Fiを利用して、iモードやiモードフルブラウザ通信、ホームU間の通話(Wi-Fi音声電話)を無料で利用することが出来るといったものです。パケット通信を考えても、パケ・ホーダイダブル定額料390円とホームU月額使用料490円を合わせた月々880円から定額通信がセットされています。

実はこのサービスは、ドコモの中でも限られた機種でのみ対応しており、N-08Bは、現在の対応機種5台のうちの1台となります。Wi-Fi対応の機種は他にも多いですが、現時点でホームUに対応しているのは、その中でもNECカシオ製ということになります。

私はF-06Bも利用しているので承知していますが、自宅でWi-Fiを利用するなら、iモードのパケット通信も高速通信でやりたいです。N-08Bはその点、ホームUを利用すると、iモードもWi-Fi環境で利用出来ます。

N-08B>>>>>Wi-Fi

次に、「アクセスポイントモード」というものがN-08Bには用意されています。こちらは、N-08B本体が親機になることで、他のWi-Fi機器をドコモの回線を利用して接続できるサービスです。モバイルルーター化して利用することが出来ます。

特に、独自の通信回線を持たない「iPad with Wi-Fi」を活用するには、モバイルルーターが必須とも言えますが、N-08Bでは、そうしたときに簡単にアクセスポイントになることが出来ます。私の場合、N-08BのEnterキーを2回押すことですぐに起動するように設定してあります。

ネットワークには最大5台まで接続できるので、周囲にいる知人などにもパスワードを知らせてネットワークを共有出来ます。

また、iPhoneユーザーとして、残念ながらソフトバンクモバイルの電波が入らないときに、ドコモのネットワークをiPhoneに飛ばすことも出来るので、お店の中などで、5回ほど助けられました。連続待受時間も約1,000時間なので、お店の中で2時間程度つなぎっぱなしでもバッテリーはそれほど減りません。

この2つのモードを利用すると、N-08Bはなお快適に、他のガジェットも快適に活用出来るのではないでしょうか。

関連:
N-08B: ケータイとの相性の良さ(N-08Bから投稿!)
N-08B: モニター機到着&フォトレビュー
NECカシオ『フルキーボードケータイ「N-08B」ブロガーフォーラム』キックオフイベント参加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。