「ScanSnap S1500M」で自炊→iPadなどに転送

  • Day:2010.09.01 22:58
  • Cat:iPad
IMG_2325.jpg

私が、ScanSnapを購入したのは昨年11月、世間を大きく騒がせることになる「iPad」の登場数ヶ月前でした。従って、当時の記事では、「Mac」や「iPhone」でファイルを、と書いています。さんざん噂になっていた「iPad」を見越して買いましたが、モノが出るまでは使い道は限られます。

電子書籍が盛り上がるのはそれこそiPad登場後で、出版社の電子書籍参入はもちろん、各所で「自炊」という言葉を聞くようになり、TVで紹介までされるようになりました。

そうしたところで必ず出てくるのが、私が昨年購入した「ScanSnap」です。自炊に重要なのは、出来るだけ時間がかからないこと、手軽なこと、手続きが簡単なこと、などなどですが、それらを全て満たしてくれるツールだと思っています。

・iPad
・iPhone
・Mac
・Amazon Kindle

いま、自炊をしてファイルを観ることが出来るデバイスで、私が持っているものを挙げてみました。実用性からの筆頭はやはりiPadです。9.7インチのカラーディスプレイは電子雑誌を観るには最適。小回りの効くiPhoneも意外に良いです。特に、iPadを出すのが面倒な場所での何らかの確認のためには、iPhoneにもファイルを同期させておくと便利です。

iBooks
GoodReader
i文庫

iPadでのファイル閲覧アプリケーションの主力です。iBooksよりもi文庫のほうが、自炊ファイルの管理面では優れています。GoodReaderは、閲覧ソフトというよりは、Emailでの送信や他のアプリケーションへの転送など、管理ソフトとして利用するのがベストです。

私が手が空いたときにやっているのは、雑誌の電子書籍化です。雑誌は情報の鮮度が大事ですが、私はコレクションとして、過去の雑誌をすぐに捨てることは出来ませんでした。もちろん写真中心の雑誌はスキャンして破棄、などはとてもじゃないけど無理なので、とりあえず情報系をPDF化しています。

今日の夜も、午前2時まで自力裁断です。(裁断機ないので。)

FUJITSU ScanSnap S1500M FI-S1500M
富士通 (2009-02-07)
売り上げランキング: 2501
おすすめ度の平均: 4.5
5 評判良かったので
5 自炊(PDFスキャン)する時のポイント
5 買ってよかった
1 バンドルソフトに注意
4 OCR に期待はできない

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。