Gadget: Amazon Kindle 3(3G+WiFi)

  • Day:2010.08.31 01:46
  • Cat:iPad
IMG_4906.jpg

Amazonの「Kindle 3 (3G+WiFi)」を輸入しました。Kindleを買ったのは初めてで、Kindleに本格的に触るのも初めてです。Kindle 3は、7月に発表され、今月下旬から発売が開始されました。予約受付だけで、Kindleの販売記録を塗り替えるほどのヒットとなっており、現在、ステータスは9月中旬以降出荷となっています。

Kindle 3を受け取ったとき、私は同時に注文した純正カバーが先に到着したのかと勘違いしてました。それくらい軽いんです。基本的なスペックをみてみます。下記は3G+WiFi版のスペックで、WiFi版は重量や通信方式に違いがあります。

ディスプレイ: 6インチ(600×800)16階調グレースケール
サイズ: 190mm×123mm×8.5mm、247g(3G+WiFi)
内部メモリ: 4GB(ユーザー使用可能領域約3GB)
バッテリ駆動時間: 約1ヶ月(WiFiオフ)、約3週間(WiFiオン)、約10日(3G+WiFi)
通信方式: Wi-Fi(802.11b/g)/HSDPA

開封すると上画像のように、Kindle 3、クイックスタートガイド、microUSBケーブル+USB電源アダプタと内容物はシンプル。既にKindleのディスプレイには「充電の方法」がイラストと一緒に説明されていました。(電子ペーパーは理解していましたが、ここまで綺麗とは思いませんでした。)

IMG_4923.jpg

Appleの「iPad」と大きさの比較。iPadは9.7インチディスプレイで、Kindle 3は6インチ。一回り小さく、軽い印象。これをやって感じたのは、7インチモデルのiPadは案外良いんじゃないかということ。9.7インチモデルから絶対買い換えます。

なお、Kindle 3にも、ステレオスピーカーやヘッドホンジャック、マイクなどが装備されているので、出来ることは拡がります。

IMG_4926.jpg

裸で持ち歩くのが怖いので、Kindle 3専用の純正カバー「Kindle Lighted Leather Cover(Apple Green)」も一緒に購入しました。手帳のような外観ですが、私の手帳よりも小さい・・・。

純正、専用というだけあり、完璧に作られています。カバー側の留め金のような2つのポイントを、Kindle 3の専用の穴にはめることで取り付け完了。実はこのカバーには秘密兵器が備わっており、この留め金が重要な役割を果たしているようです。後述します。

IMG_4929.jpg

良い感じで収まりました。ホントに紙の本を読んでいる気分になります。内側の素材も柔らかく、持ちやすいです。先程の留め金は、上手く取り付けられた状態では見えなくなるので、外観も損ねません。

IMG_4932.jpg

私の注文したカラーはApple Greenで鮮やかです。カラーバリエーションはその他に「Black」「Burnt Orange」「Chocolate Brown」「Hot Pink」「Steel Blue」「Burgundy Red」と豊富で、どれも上品です。

IMG_4934.jpg

さて、このカバーの秘密兵器は・・・読書灯!このカバー、読書灯が右上に内蔵されていて、引き出すと点灯する仕組みになっています。電力供給は先程のポイントを経由してKindle 3から!

Kindleは、バックライトがないので暗いところではディスプレイを観ることは出来ません。この読書灯はニーズに適ったモノで、ベッドに横になっての読書、暗い車内での読書などなど、可能性が広がります。このカバーのほかにも、読書灯非搭載のバージョンも用意されています。

-----------------------------------
Kindle 3 - $189.00
Kindle Lighted Leather Cover - $59.99
Shipping & Handling - $26.97
Import Fees Deposit - $21.51
-----------------------------------
Total - $297.47(約25,200円)

Comment

美しい!
日本で動いているKindle 3のブログ。初めてみました!!ブラボー!!
  • 2010/09/01 17:36
  • つよりんGo!
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。