SoftBank, 「緊急地震速報」を一部地域で開始

ソフトバンクモバイルが、気象庁が配信する「緊急地震速報」の配信サービスを本日より一部地域で開始すると発表しました。

緊急地震速報対応エリアは、東北7県、東海4県、関西2府4県、中国・四国9県全域と、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部地域で、北海道や九州などその他の地域は順次対応予定です。また、対応機種は現在「831N」のみです。

ソフトバンクの同サービスは、当初2009年11月開始予定でしたが、その後、今年夏に延期されていました。ケータイWatchによると、遅延理由は、「緊急速報を快適に使えるよう、導入にあたってネットワークの見直しと改善を図ったため」とのことで、今後の対応機種拡大については「市場の状況を見て判断していく」としています。

なお、市場の状況ですが、NTTドコモKDDIは、数年前から殆どのモデルで緊急地震速報に対応しているほか、Windows Mobile搭載の「IS02」でも実装されています。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。