NTTドコモ, iPhone対抗勢力と連携強化/LGの「Optimus」も投入

lg_android_optimus_range_1-small.jpg
(LG電子のOptimusシリーズ)

NTTドコモは、スマートフォン強化のもと、海外携帯電話メーカーとの関係を強化しています。同社のスマートフォンラインアップの「フラグシップ」といえる英国ソニー・エリクソン製「Xperia」は、今後も後継機種を投入するなど、iPhone対抗のメインモデルとして展開していきます。

一方、ソフトバンクモバイルは、iPhoneへ集中的に販売奨励金を投入して、実質0円で販売しており、ソフトバンクに供給する他のスマートフォンメーカーからは不満の声が出ているようです。

従来ソフトバンクにスマートフォンを積極納入していた韓国サムスン電子も、ドコモ向けに「Galaxy S」を供給します。また、韓国LG電子のAndroidスマートフォン「Optimus」シリーズも2011年春までに投入する見込みです。

参考:
ドコモ、アップル対抗勢力を取りまとめ(日本経済新聞)
アジア携帯、日本を開拓 OS共通化で参入容易に(日本経済新聞)

関連:
Report: 「ドコモスマートフォンラウンジ」本日オープン
NTTドコモ・大日本印刷, 電子出版ビジネスでの提携を発表
NTTドコモ, 今年度中に新型「Xperia」などスマートフォン7機種投入へ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。