アップル, 「iPod nano (1st generation):バッテリーが過熱する特殊な事例について」を掲載/経産省指示を受け

ipod_nano1st.jpg

アップルが、サポート情報のトップページに「iPod nano (1st generation):バッテリーが過熱する特殊な事例について」を掲載しました。同社では「ごくまれなケースとして2005年9月から2006年12月の間に販売された初代iPod nanoのバッテリーが過熱を起こし、使用できなくなったり変形したりしていることを確認」したとして、「万一バッテリー過熱の兆候(変色や変形など)が見られたらすぐに使用を中止し、 アップルサポートまで至急ご連絡ください」と案内しています。

解決方法
初代iPod nanoを今もご使用で、バッテリーについて不安をお持ちのお客様は、アップルサポートに連絡してバッテリーの交換手続きができます。iPod nanoをお使いのお客様で、バッテリーが実際に過熱した場合、アップルサポートに連絡して本体の交換手続きを行ってください。

経済産業省は、同社に対し、以下の再発防止策を指示しており、今回、アップルは、指示された全ての対策を一通り行った形となります。

・同社ホームページのトップページに近いサポートページ上において、当該製品事故に係る重要情報の所在が容易に分かるようにすること
・ホームページ上のバッテリー交換の対象製品については、消費者の利便性の向上の観点から、iPod nanoとの記載だけでなく、対象製品としての型番などを明記すること
・製品事故の未然防止の観点から「使用に際して不安を感じられる場合」をバッテリー交換の対象とし、その旨をホームページ上に明記すること
・上記措置の実施状況については、本年8月13日(金曜日)までに報告すること
・電子メールアドレスを登録している当該製品のすべての使用者に対して、注意喚起等の通知をできるだけ早期に電子メールで行うこと

関連:
経産省, 初代「iPod nano」の事故でアップルジャパンに再発防止策を指示
経産省, 初代「iPod nano」34件の事故未報告でアップルジャパンを厳重注意
消費者庁, 初代「iPod nano」重大製品事故についてアップルジャパンに資料提供を要求
経産省, 初代「iPod nano」の発火事故でアップルジャパンに報告徴収
News: 国内で新たに初代iPod nanoの発火事故/5件目の火災
Apple, 韓国で初代iPod nanoをリコール
News: 韓国でiPod nanoの爆発事故
News: iPod nanoの新たな過熱事故で経産省調査/未だリコールせず
News: 国内でiPod nanoの過熱事故/アップルはリコール対応せず
ソニー/アップル電池発火事故: 大阪地裁で和解も両社コメントせず
経産省, iPod nanoの火花発生事故でアップルに調査要求

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。