経産省, 初代「iPod nano」34件の事故未報告でアップルジャパンを厳重注意

経済産業省は、5日、Appleの第1世代「iPod nano」について充電中に製品本体が焼損し、使用者が軽傷を負うなどの事故が多数発生している状況を受けてのアップルジャパンへの報告徴収に対する、同社からの消費生活用製品安全法第40条第1項に基づく報告において、同社が非重大製品事故34件を、独立行政法人 製品評価技術基盤機構へ報告していなかったことを明らかにしました。

同省は、事故報告をしなかったことについて、アップルジャパンに対し遺憾の意を表明した上で、厳重注意および今後事故の報告に遺漏なきよう指導したと発表しました。

関連:
消費者庁, 初代「iPod nano」重大製品事故についてアップルジャパンに資料提供を要求
経産省, 初代「iPod nano」の発火事故でアップルジャパンに報告徴収
News: 国内で新たに初代iPod nanoの発火事故/5件目の火災
Apple, 韓国で初代iPod nanoをリコール
News: 韓国でiPod nanoの爆発事故
News: iPod nanoの新たな過熱事故で経産省調査/未だリコールせず
News: 国内でiPod nanoの過熱事故/アップルはリコール対応せず
ソニー/アップル電池発火事故: 大阪地裁で和解も両社コメントせず
経産省, iPod nanoの火花発生事故でアップルに調査要求

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。