NTTドコモ・大日本印刷, 電子出版ビジネスでの提携を発表

NTTドコモと大日本印刷株式会社が、携帯端末向け電子出版ビジネスにおける業務提携に向けて基本合意に至ったと発表しました。両社では、今秋までに、ケータイやタブレット端末など多様化する通信端末で利用できる電子出版市場の発展と、紙の書籍と電子出版コンテンツのハイブリッド型サービスの普及に向けて、コンテンツ収集、配信、電子書店の運営までを一貫して行う電子出版サービスの提供を目指します。

基本合意の主な内容は以下の通りです。

1. ドコモユーザを核とした利用者層向け電子出版プラットホームの共同構築
2. 書籍やコミック、雑誌、新聞など10万点を超える電子出版コンテンツの収集・電子化・販売
3. ドコモの携帯電話、スマートフォン、タブレット型端末、電子書籍専用端末など、様々なデバイスに対応した電子書店サービスの運営
4. DNPグループであるリアル書店(丸善・ジュンク堂・文教堂)やオンライン書店(「bk1(ビーケーワン)」)と電子書店との連携
5. 5,600万人のドコモユーザとDNPグループのリアル書店を利用するユーザに向けた新たな読書マーケットの創出
6. 展開方針
・今秋のサービス開始
・共同事業会社設立の検討
・出版社などコンテンツホルダや、様々な端末メーカーなどへの協力の依頼
・海外に向けた配信も想定した新たなビジネス展開の実現

なお、本発表についての、株式会社講談社、株式会社小学館、日本電気株式会社、LG Electronics Japan株式会社、Samsung電子株式会社からの賛同コメントが掲載されています。

Comment

タイトル
Apple Accentいつも聴いています、初めまして。
こんな記事を見つけたので、報告させていただきます
3Gモデルを、すでに買ってると思うので関係無いと思いますが(笑)
これからも、がんばってください!
>熊やんさん
コメントありがとうございます!Apple Accentもお聴き頂き感謝です!

同記事の通り、総務省の見解としては、日本国内において技適表示のない機器を用いて通信をすることは電波法の規定に抵触する恐れがあります。
いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。