NTTドコモ, LTEのサービスブランドを「Xi(クロッシィ)」に決定

29_01.gif

NTTドコモが、同社が2010年12月からサービス開始予定のLTEのサービスブランドを「Xi(クロッシィ)」に決定したと発表しました。「Xi(クロッシィ)」の「X」は「人、物、情報のつながり」や「無限の可能性」を意味し、「i」は「イノベーション」や「私」を意味しており、さまざまな人、物、情報が有機的につながり、新たなイノベーションを引き起こしていくことを表現しているとのことです。

「Xi」は、FOMAの通信速度の約10倍となる下り最大75Mbps(サービス開始当初)の高速通信を実現、対応エリアは東名阪地域から開始し、県庁所在地級の都市、その他の地域へと順次拡大する方針です。

また、ドコモは、本日、新たな企業ビジョン「スマートイノベーションへの挑戦 -HEART-」を策定し、公表しました。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。