NECカシオ『フルキーボードケータイ「N-08B」ブロガーフォーラム』キックオフイベント参加

IMG_4764.jpg

NTTドコモが、8月に発売を予定している「docomo PRO series N-08B」のブロガーミーティング『フルキーボードケータイ「N-08B」ブロガーフォーラム』キックオフイベント(主催・運営: アジャイルメディア・ネットワーク株式会社、協賛: NECカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社)に参加しました。

NEC玉川事業場で開催された同イベントでは、発売直前のN-08Bを手に、開発担当者による詳しい製品説明やデモストレーションなどが行われ、その後に懇親会がありました。当記事では、イベントに基づいた、N-08Bの特徴などをご紹介します。

IMG_4749.jpg

N-08Bは、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製の「docomo PRO series」に属するケータイで、8月発売予定の夏モデルとなっています。4.6インチFWVGAディスプレイ、フルキーボード搭載という、見た目はまったくケータイに見えない端末ですが、実は中身はちゃんとケータイです。

この手の製品はスマートフォンに位置づけられ、例えばAndroid OSなどを採用するものが多いなか、N-08Bは「iモード」に完全対応のケータイで、非対応機能と言えば、おサイフケータイやGPSくらいです。通話もハンズフリーやBluetoothで行えます。

キーボードのキーピッチは約12.8mm、キーストロークは約1.2mmで、充分に確保されている印象で、打鍵感も良好、質感も高いです。何より、丁寧な仕事と感じました。なんか美しい。

IMG_4759.jpg

フロントはヘアライン加工が施されています。折りたたんだ際のサイズは約80×180×18.1mmで、重量は約300gです。雰囲気は電子辞書のようでした。ワンセグ用のアンテナ搭載で、4.6インチのディスプレイでかなり有効だと感じました。

IMG_4756.jpg

N-08Bの最大の特徴は、NECのホームサーバークライアント「Lui」機能搭載です。イベントでは、同社製品担当の藤原さんが実際にデモをされて、特徴を解説頂きました。最初の写真にあるように、N-08Bには、Lui機能のためのキーが配置されており、遠隔操作中のウィンドウ拡大や、N-08Bから出力も可能の音量の調節も出来ます。

IMG_4765.jpg

カメラはインカメラのみの搭載で、通話も基本的にはハンズフリーかBluetoothのため、普通のケータイのようには使えないですが、先述のようにN-08Bはiモード端末のため、メール中心の人には実はメールしやすかったりするんじゃないかな、と期待してみたり。意外とフィーチャーフォンの機能が大画面なのも面白いですね。

どんなに良い製品でも電池の持ちが悪いと萎えてしまいますが、このN-08Bは、1600mAhの大容量バッテリー搭載で、連続待受時間約1,000時間を実現しています。これは嬉しいポイント。

今回は基本情報を主に書きました。次回は、N-08B発売後、実際に1ヶ月ほど試用する機会を頂いたので、それを基に掘り下げてみたいと思います。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。