Apple, 2010年度第3四半期の業績を発表/純利益32億5,000万ドルを記録/「更なる素晴らしい新製品を用意」

Appleが、本日、2010年6月26日を末日とする2010年度第3四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は157億ドル、純利益は32億5,000万ドル、希薄化後の1株当り利益は3.51ドルとなりました。前年同期は、売上高は97万3,000ドル、純利益は18億3,000万ドル、希薄化後の1株当り利益は2.01ドルでした。売上総利益率は39.1%(前年同期は40.9%)となりました。また、当四半期の米国市場以外の売上比率は52%でした。

Appleは当四半期、347万台のMacを販売、前年同期と比較して、33%の台数増となります。また、当四半期中のiPhoneの販売台数は840万台、iPodの販売台数は941万台(前年同期8%台数減)を記録しています。更に、iPadの販売台数は327万台という大台を記録しています。

Steve Jobs CEOは「我々の予想を遙かに上回る著しい結果が出た四半期であり、iPhone 4はApple史上最高の製品となった」とした上で、「今年中に更なる素晴らしい新製品の発売を準備している」とコメントしました。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。