NTTドコモ, 「モバイルWi-Fiルータ」を発表

スクリーンショット(2010-05-18 16.01.07)

NTTドコモは、本日開催された新商品・新サービス発表会において、6月下旬を目処に「モバイルWi-Fiルータ」を提供する方針を明らかにしました。「モバイルWi-Fiルータ」を利用して、ドコモのFOMAネットワークで、様々なWi-Fi機器を利用できます。

提供予定の「モバイルWi-Fiルータ」は、バッファローとNTTブロードバンドプラットフォームが共同開発した商品です。3G回線以外に、ひかり回線や、FREESPOT、HOTSPOT、フレッツスポット、Mzone、BBモバイルポイントなどの公衆無線LANにも対応しています。また、同時に6台の機器を接続することが可能で、バッテリー内蔵型で連続動作時間6時間を実現します。

キャンペーン期間中に「モバイルWi-Fiルータ」を契約したユーザーは、「定額データプラン」の定額料が1年間割引され、月額4410円で利用出来ます。

ドコモは、Appleの「iPad Wi-Fi+3G」向けにmicroSIMカードを提供する意向を示していましたが、ソフトバンクモバイルのロックがかかっているため、microSIMカードについては現時点で提供は見送ります。一方、NHKの報道では、同社が「iPad Wi-Fi」向けの施策を用意していると伝えられていました。

なお、製品の詳細については、5月25日(火曜日)午後3時からの、バッファローとNTTBP合同実施の新製品発表会にて明らかになります。

関連:
NTTドコモ, 「iPad Wi-Fi」向けサービス提供を示唆

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。