公取委、ソフトバンクに警告/他社にも注意

公正取引委員会は12日、ソフトバンクモバイルの「0円広告」が景品表示法の規定に違反する恐れがあるとして同社に警告を行いました。またNTTドコモ・KDDI「au」についても違反に繋がる恐れがあるとして注意を行いました。なお公表はされていませんが、ウィルコムにも注意を行ったようです。

公取委が明らかにした資料によると、警告の対象となったのはソフトバンクモバイルの「予想外割」に関する新聞広告とテレビCMで、「ソフトバンクモバイルの携帯電話を利用する全ての場合で、通話とメールが無料になるかのように表示した」として警告を行いました。

NTTドコモの「ファミ割ワイド」「2ヶ月くりこし」、KDDIの「MY割」「無期限くりこし」の広告についても同様の違反に繋がる恐れがあるとして、注意を実施。

「排除命令」の次に厳しい「警告」処分を受けたソフトバンクモバイルは「警告を厳粛かつ真摯に受け止め、よりわかりやすい表示に努める。通信業界全体としても、消費者にわかりやすい表示を行なう取り組みを推進していく(引用;インプレス)」との主旨のコメントを発表しました。注意を受けたドコモ/KDDIも同様のコメントを発表しています。

これで一段落です。広告競争が不当なものにならないために、ドコモ・KDDI・ウィルコムにも注意を行った意味は大きいです。

公正取引委員会:報道発表資料(PDF)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。