SoftBank, Android OS搭載「HTC Desire」を発表

htc-desire-ofc.jpg

ソフトバンクモバイルが、本日開催された「ソフトバンクOPEN DAY」において、同社初のAndroid OS搭載「HTC Desire(X06HT)」を4月下旬に発売すると発表しました。HTC Desireは、HTC製のAndroidスマートフォンで、Android OS 2.1が搭載されています。4月上旬より予約受付を開始します。

index_pichtcc_02.jpg

Google「Nexus One」とほぼ同様の仕様で、プロセッサにQualcomm QSD8250「Snapdragon, 1GHz」を採用、3.7インチ(WVGA)有機ELディスプレイを搭載しています。また、5Mピクセルカメラ(フラッシュ付)も内蔵しています。違いとしては、トラックボールではなく、光学式トラックパッドを採用している点が挙げられます。

HTC Desireは、2月16日に米国で発表されました。

なお、KDDIも、30日に同社初のAndroid OS搭載のスマートフォンを発表します。こちらは6月発売予定です。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。