消費者庁, iTunes Storeの不審請求問題でアップルジャパンから聴取へ

消費者庁は、AppleのiTunes Storeにおいて多発している不当請求被害について、全容を把握するため、今週にもアップルジャパンの関係者から事情を聴取する予定です。朝日新聞などが報じました。原因は不明なものの、アップルによると「iTunesのサーバーから情報が流出していることはない」としています。

一方、アップルは現時点で利用者への注意喚起などを行っておらず、問題への対応の遅れが指摘されています。消費者庁は、ユーザーへの注意喚起を同社へ要請する方針です。

iTunes不当請求100件 被害の全容聴取へ(朝日新聞)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。