ポラロイド, 日本市場で完全復活へ

  • Day:2009.12.04 01:02
  • Cat:Camera
サミット・グローバル・ジャパン株式会社は、3日、日本におけるポラロイドのイメージング製品事業を開始し、「ポラロイド」ブランドを日本市場で完全に復活させると発表しました。同社は、ポラロイド本社を買収したGordon Brothers GroupおよびHilco Consumer Capitalと「ポラロイド」ブランドの独占販売契約を締結したサミット・グローバル・グループの日本法人で、日本における「ポラロイド」の独占販売権を保有しています。

今回発表された新製品は、プリント機能付きインスタントデジカメ「Polaroid TWO」(店頭予想価格19,800円前後)、コンパクトデジカメ「t1235」(同15,800円前後)、デジタルビデオカメラ「DV130」(同5,480円前後)、12インチデジタルフォトフレーム「i1201」(同19,800円前後)で、2010年第1四半期を目処に日本での販売開始を目指します。また、昨年発売されたポータブルプリンタ「PoGo」(直販9,800円)を本日より公式サイトで受注開始しています。

その他、昨年製造が中止されたフィルムのポラロイドカメラについても、オランダの工場を取得して製造を再開すると発表しました。「Polaroid One」「Polaroid 1000」「Polaroid 600 フィルム」をそれぞれ再販売する方針で、2010年春以降にモノクロフィルムを、同秋以降にカラーフィルムをリリースする予定です。併せて、「SX-70」の来年復活も目指していることを明らかにしました。

「SX-70」もそうですが、ユーザとしてフィルムの生産が再開されるのはずっと望んでいたことなので安心しました。

ポラロイド 日本市場で完全復活(プレスリリース/PDF)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。