Column: あなたのiPhone導入への最後のアドバイス

  • Day:2009.09.27 09:25
  • Cat:iPhone
IMG_1713iphone.jpg

<iPhoneの現状>
日本でiPhoneが発売されて早くも2年目に突入した。昨年のiPhone 3Gからカタチを変えることなく登場したiPhone 3GSの売れ行きは凄まじいもので、在庫不足が続いている。販売台数は契約上公開されていないものの、ソフトバンクモバイルの孫正義社長が「端末の納品を確保できれば、契約の純増数を伸ばせたはずだ」と語っているほどだ。

1年をかけて、ようやく日本でもiPhoneが浸透してきた。街を歩いていても、男女問わず、iPhoneを片手に持っている人が増えた。これは一見、iPodが広まったときの現象に似ている。だが、iPodとiPhoneは決定的に運命を分かつことになる。それはなぜか。iPhoneが契約を要する電話であることに他ならない。したがって、iPodを皆が持っているように、iPhoneを皆が持つようにはならない。当たり前だが、携帯電話契約がiPhone導入の最大で最後の壁となる。

IMG_0345.jpg

iPhoneがU.S.でリリースされて以降、日本での販売を心待ちにしていた人は、おそらく昨年の発売と同時にiPhoneを購入したことだろう。私もその一人で、日本上陸までの1年間で「日本におけるiPhone発売を見守る会」を発足したほどだ。一方で、様々な事情で悩んで購入に至った人、至らなかった人もいるだろう。また、全く興味がなかったのに、何らかの影響で購入に至った人も大勢いるはずだ。

私は、Appleファンとしては比較的穏健派で、「何が何でも」という考えはない。ケータイについてのアドバイスを求められることが多々あるが、iPhoneを積極的に勧めたことはあまりない。それはiPhoneを利用しているがゆえに、その利点と欠点をある程度理解しており、どれほど好きでも、普通のケータイから乗り換える人に一概に「iPhoneが最高」とは言い切れないからだ。何事にも長短があるが、短所の方が後々気になることが多い。その点、確かにiPhoneは万人受けするケータイとは言えないだろう。これは販売から1年経った今でもそう感じている。

<購入決断のきっかけを>
今回のコラムでは、iPhoneを導入するか否かの「境界」について述べたい。このコラムは、まだiPhoneを持っておらず、買いたいけど「あと一歩」が踏み出せない方、あるいは聞いたことはある、興味はあるけどまだ買おうかどうか決めてない方に向けて書いている。一般のケータイと比較したアドバンテージである「利点」を専ら採り上げるが、この利点が検討中の方の「あと一歩」になれたら幸いだ。

さて、今回はある一点からiPhoneをアピールしたい。それはケータイでは今や普遍的機能かつメインとなったカメラ機能だ。カメラは、ケータイ普及期に「カメラ付きケータイ」として進化し、今やメーカーやキャリアがアピールするメイン機能の一つとして君臨している。早速だがiPhoneのカメラ機能のアピールポイントを紹介したい。一言で言える。今、ほとんどの方が持っているケータイのカメラより画質面で遙かに劣り、その代わりに自由を手に入れたということだ。

<iPhoneとケータイとカメラ>
日本のケータイの最新機種は1000万画素というデジカメレベルの画素数を誇り、それを最大の売りにしているケータイもある。ケータイにカメラ、という時代が10万画素から始まったことを考えると、素晴らしい進化であり、今後も伸びていくことだろう。だが「撮ったあと」についてはどうだろう。撮った写真をどうするか、実は数年前も今もそれほど大差はない。高画素化も素晴らしい、顔認識も素晴らしい、ワイヤレスプリントアウトも素晴らしい、メールで大容量添付も素晴らしい。だがそこまでだ。撮った写真はあくまで撮った写真。私はそれもありだと思う。私は日本のケータイが好きだから、高画素化には当然のようにわくわくするし、ワイヤレスプリントなどは近未来的で好奇心が高まる。

一方、iPhoneのカメラはどうか。iPhone 3GSでようやくオートフォーカスが付いた。昨年のiPhone 3G(今も併売されている8GBモデル)にはオートフォーカスすら付いていなかったのだ。しかも今年のモデルでも320万画素程度の画素数しか載っていない。このスペックは、NTTドコモの機種と比較するとなんと4年前には達成されているスペックだ。つまり今話題のiPhone 3GSのカメラのスペックは、所詮4年前のケータイレベルということになる。とてもじゃないが、画質でiPhoneをアピールすることは出来ない。その他の補助機能、たとえば顔認識なども備えていない。むしろある機能を挙げたほうが手っ取り早いだろう。iPhone 3GSが備えるカメラ機能は、フォーカスポイントをタッチして決定し、シャッターボタンを押す、早い話それだけなのだ。

では、なぜ私はそこまで劣っている機能をアピールするか。それは「劣っている」ことが数字で分かるだけに見えてこない、最大のiPhoneの醍醐味を伝えるためだ。iPhoneのカメラは単なる320万画素、4年前のスペックではない。そこには日本のケータイにはない「アプリケーション」という名の主要な楽しみが備わっている。私はこれがiPhoneの最もアピールすべきアドバンテージの1つであると思っている。

iPhoneはPCのiTunesを介して様々なアプリを追加することが出来る。それには無料のものもあれば、有料のものも並んでいる。ユーザーは自由にiPhoneに追加することが出来るのだが、これがiPhoneをおもしろくさせる大きな要素と言っていい。カメラについて話しているので、iPhoneのたかが320万画素のカメラが、なぜ日本の1000万画素カメラ搭載ケータイよりもさらに楽しく利用できるのかを説明したい。そのためにiPhoneで撮影した写真をアプリケーションとともに紹介していこうと思う。購入検討中の方の中には、文字を読む以上に写真を見て意欲が湧く人もいるかもしれない。

<iPhone 3GSで完結する楽しい写真>
では早速紹介していく。まずは、私のiPhone 3GSのスクリーンショットから、普段から利用しているカメラ関連のアプリケーションを見て欲しい。

IMG_0606app.png

実はカメラ関連だけで16個ものアプリケーションを常用している。有料、無料さまざまだが、どれも優れたアプリケーションで、このような楽しい経験を提供してくれるアプリの作者様には感謝してもしきれない。

さて、先ほど私はカメラで写真を「撮ったあと」について触れた。撮った写真は現像、もしくはケータイにそのままストックしておく、というのがこれまでの常道だった。だが、iPhoneはそれよりも先の経験を提供してくれる。次の写真を見ていただきたい。

IMG_0575sky.jpg

この写真はまさにiPhone 3GSで撮影し、iPhone 3GSに入れたアプリケーションで加工したものだ。加工に利用したアプリは上のスクリーンショットにある「TiltShift Generator(上段右から2番目)」だ。普通の写真にボケ具合を入れられるアプリで、写真の通り、遠くの景色がボケるように加工した。こうしたアプリは「ミニチュア風」写真を生成することでも広く知られている。さらに次の写真を。

IMG_0576skywide.jpg

これは先ほどの写真をさらに加工したもの。「Camera Bag(上段右から1番目)」では、あらかじめ用意された様々な効果を付けることが出来る。上写真の場合は「Cinema」という効果により、ワイドな写真に仕上がった。

IMG_0577cock.jpg

この写真もiPhone 3GSで撮影し、アプリケーションで加工したもの。「Polarize(下段左から2番目)」は、撮った写真をポラロイド風に仕上げるアプリで、好きなタグも書くことが出来る。写真の画質もまさに「ポラロイド」らしくなるのだ。

IMG_0586ball.jpg IMG_0588red.jpg

これらの写真も同様だ。アプリケーションには「ColorSplash(上から2番目、右から2番目)」を使用した。このアプリでは、撮った写真をモノクロ画質にして、任意の部分だけのカラーを取り戻すことが出来る。上画像では、左はフロアの模様のみがカラーに、右はデスクペンとペンスタンドのみがカラーになっている。

IMG_0592mo.jpg IMG_0593bridge.jpg

左は「CameraKit(上段左から2番目)」を利用して、撮影した画像にエフェクトや署名を入れた。エフェクトはモノクロやセピア、ビンテージなどをラインアップしていて、色合いも決められる。右は「SnapBox(下から2番目、左から1番目)」を利用して、撮影した画像に用意されているエフェクトをかけた。「Noir」というエフェクトにより、特にコントラストが強いモノクロ画像に仕上がり、味が出ている。

IMG_059jack.jpg

面白い合成アプリもある。「PhotoFunia(下段右から2番目)」では、用意された合成テンプレートに、選択した写真をうまい具合に合成出来る。私がiPhone 3GSで撮影したジャックに、ポスターのテンプレートを合成した。シワのエフェクトがリアルに出ている。

IMG_0600jack.jpg

今回は公になる記事のため、実際に撮影したポートレートを使用することは出来ないが、ポートレートを上手に加工出来るアプリもある。日本のケータイでのフレームと似ているが、多種多様に追加できる。その中でも気に入っているのがディズニーの「Cover Styler(下段右から1番目)」というアプリだ。ディズニーチャンネルのフレームと合成したり、スターなどの記号を追加できる。ポートレートで利用するとなかなか面白い。

IMG_0585ar.jpg

最後はAR(拡張現実)という最近流行のジャンルから。「セカイカメラ(下段左から1番目)」は、iPhoneのカメラを通して様々な情報を見ることが出来る。たとえば、街のビルにカメラをかざすとそのビルの名称が表示される。また、自分が撮影した画像をその場に残すことが出来る。たとえば私がレストランの料理を撮影し、その場に残すと、同じくセカイカメラを利用しているユーザーがその場でカメラをかざしたとき、私の残した写真が見えるのだ。利用方法は多岐に渡るが、未来を感じるアプリだ。

<あとは直感で>
iPhoneとカメラとアプリで何が楽しめるかの実例を紹介したが、最終的には直感がiPhoneの必要性を決めることになるだろう。上記写真や紹介をご覧になって直感的にiPhoneを欲しくなって頂けたなら私も嬉しい。または、iPhoneにさらに興味を持った方がいるならば、それも幸いだ。いずれにしても、料金プランやiPhoneへの移行の注意点などをクリアし、最終的に購入を悩んでいる方の判断のプラスになれたらと、このコラムを書いた。ここまで読んで下さってありがとうございます。

Comment

それでも・・・
それでも踏み切れない理由は、ソフトバンクだから。
関西の阪神地区にもともと暮らしていましたが、実家に帰ってから持っていたソフトバンク携帯は、実家では圏外・・・
オマケに一番近くのソフトバンクショップは40キロも離れています。
すぐにドコモに機種変更しました。
ドコモからiPhoneが発売されたら、すぐにでも購入したいです。
  • 2009/09/28 21:02
  • shijimi
  • URL
  • Edit
素晴らしい記事

そしてもしカメラを使って人、見るだけじゃなくて
各サイトが色々なところで開催してるiPhone写真展の企画に参加してみるって言うもあり(笑)

今現在色々とiPhone写真展第二弾、数社の企業様の協力により企画進行中です。ちょっと前にお話していた時よりも規模が大きくなりすぎていて自分自身びっくりしておりますが。。

一般人の僕がiPhoneを持ってたった3ヶ月でiPhoneのカメラ雑誌に単独インタビュー、そしてiPhoneによりかけがえのない友人が多数出来、そして仕事の依頼も少しだけ来たり(笑)

人生変わってしまいそうな感じになりつつあります


是非ご参加&取材しにきてくださいね(笑)
素晴らしい!
いやー、完璧なiPhoneカメラの紹介ですね。感激しました。
素晴らしい記事でした。
ただ、私の住む岐阜は、私の行動範囲のせいもあるのかもしれませんが、iPhoneを使っている人を見る事がほとんどありません。
かつてJ-Phoneが強かった地域ですので、ソフトバンクになった現在も電波の掴みが悪いと言う事はなく、他地域よりも快適に使えるはずなので、iPhoneが普及していないのは住民の保守的な気質が影響しているのかも知れないな、と想像しております。
(”ワンボタンの山村さん”もかつての配信で「大垣より東ではiPhoneを見かけなかった」と言っておられましたね。)
私はiPhoneを使用していないわけですが、その個人的な理由の1つに、今年1月にソフトバンクからDisneyMobileにMNPしてしまった。という事があります。
もし、DisneyよりiPhoneがリリースされるのであれば、1年ちょっと先の機種変更の最有力候補にできますので、ひそかな期待はしております(笑
>shijimiさん
コメントありがとうございます。

現状iPhoneはアフターサポートが重要だと思うので、やはりソフトバンクショップやアップルストアが近くにない場合は利用するにあたり不便かと存じます。

ドコモから出れば、という思いの人はかなり多いでしょうから、早いうちにこの問題にドコモが決着を付ければいいのですが、なかなか時間がかかりそうです。


>ケンさん
お世話になっております!

恐れ多いです^^;
読んでくださりありがとうございます!

写真展、盛り上がりますね~。改めて第一回に伺ってて良かったと思っています。私も参加させていただきますので、よろしくお願いしますね~!


>kensei@デジイチ最新情報!さん
お世話になっております!

お褒めの言葉、うれしいです^^ ありがとうございます!

iPhoneのカメラの魅力や潜在能力はすさまじいものと考えているので、これが誰かの決断を一歩進めるものになることを願ってます^^


>伊藤さん
コメントありがとうございます!

読んでいただきありがとうございます^^

確かにiPhoneが普及(というか持つ人をよく見られるようになる)には、派生的な影響が必要になると思います。だから私の地元の福岡でも、東京に比べるとやはり少ないと感じますし、それだからこそ東京の普及率に驚いています。

私もDisney Mobile使ってます^^ 仲間ですねー!

Disney iPhoneが出たらすぐ乗り換えますよ 笑
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。