「N903i」の液晶は凄い!!

n903i_body.jpg
昨日購入した「N903i」をまる一日使ってみました。上の写真は背面液晶側です。液晶下に付いているシールみたいに見えるものは、付属の保護シールで、FeliCaのIC部が背面側であることから、衝撃吸収のためと思われます。

ファーストインプレッションで特筆すべきはやはりVGA+液晶です。VGA液晶を最大限に活かせる機能は残念ながら制限されていますが、活かせる所に活かしてあるので、このエントリーではVGA機能についてご紹介します。

まずVGA+液晶を活かせる機能は現在の時点で以下のものがあります。
・待受画面
・GPS(ゼンリン)
・フルブラウザ
・jigブラウザ
・ibisBrowser
・W2ch(2chブラウザ)

これら全てでVGAの恩恵を受けられるわけですが、その中から「jigブラウザ」と「GPS(ゼンリン)」を取り上げたいと思います。

まず「jigブラウザ」から・・・。jigブラウザは発売日当日にVGAに対応してくれました。jig.jpのサポートの善さには脱帽です。迷わず年間契約しちゃいました。以下の写真はVGA表示に対応したjigブラウザでYahoo! JAPANのトップを表示した画面とN900iSのQVGAとの比較です。
n903i_jig.jpgn900is_jig.jpg
どちらも表示を最小にした場合のレイアウトです。違いは歴然としているのが分かると思います。情報量が多くなるため、高精細液晶はフルブラウザでは大活躍ですね。しかし、もちろん左の画像のレイアウトではとてもじゃないけど、見られる大きさではありません(苦笑)小さすぎます。

n903i_gps.jpg
次にゼンリンのGPS地図アプリから。上の写真は同アプリで「六本木ヒルズ」周辺を表示しています。こちらは比較がないのですが、普通のケータイではこの表示は出来ません。。コンビニエンスストアの小さなロゴまで識別できるレベルなので、私のようにGPSを多用するユーザーには重宝するアプリです。現在サービス利用が無料みたいです。。

このように「VGA+」から受けられる恩恵は極めて大きいです。SoftBankでは以前から対応機種は出ていましたが、ドコモでは初、あのZERO3よりも解像度では上手です。強いて不満を述べるとすると、インターフェイス全体をVGAに合わせることが出来なかったこと。この点に関しては次期機種(N904i)の課題です。。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。