総務省, 大規模通信障害でソフトバンクモバイルを行政指導

総務省は、今月19日にソフトバンクモバイルのネットワークにおいて発生した、大規模かつ重大な事故について、システムの信頼性向上対策や障害の極小化対策等、設備管理のために必要かつ適切な措置が十分になされていなかったものと認められるとして、対策の徹底等を図るよう文書指導したと発表しました。

同障害で、ソフトバンクは、北陸・関西・中国・四国・九州(九州、沖縄)の一部のユーザーでも、S!メールの受信が遅延する状況が発生していたにも関わらず、当初は東日本のみと発表していました。同日の9時9分~15時58分にかけて最大約1,576万人に影響が及んでします。同省はこうした経緯も「ホームページ等において十分な説明が行われていなかったことで利用者に不安を与えたと認められ」るとしています。

その他、同省は過去に発生したソフトバンクにおける重大な事故を挙げています。

(1)平成21年4月19日に発生した重大な事故
 ・発生日時:同日9時9分~15時58分(最大6時間49分)
 ・影響内容:第3世代携帯電話のWeb閲覧不可 及び
       第2世代及び第3世代携帯電話の電子メール利用不可
 ・影響範囲:東日本(一部サービスは全国)(最大約1,576万人)
 ・原  因:ネットワーク機器(スイッチ)の不具合

(2)平成20年5月14日以降に発生したその他の事故
 (a) 平成21年2月9日に発生した重大な事故
  ・発生日時:同日8時30分頃~13時7分(約4時間40分)
  ・影響内容:第3世代携帯電話の音声通話発着信不可
  ・影響範囲:北海道の一部地域(約5万4千人)
  ・原  因:無線ネットワーク制御装置の不具合

 (b) 平成21年1月20日に発生した重大な事故
  ・発生日時:同日13時35分~21時57分(8時間22分)
  ・影響内容:第2世代及び第3世代携帯電話の利用不可
  ・影響範囲:徳島県の一部地域(約4万9千人)
  ・原  因:同社に卸電気通信役務を提供している事業者の設備故障

 (c) 平成20年10月15日に発生した重大な事故
  ・発生日時:同日02時22分~05時53分(3時間31分)
  ・影響内容:第3世代携帯電話の音声通話発着信不可
  ・影響範囲:鹿児島県の一部地域(約7万1千人)
  ・原  因:交換装置の不具合

「重大な事故」は以下の項目に規定されています。

(電気通信事業法施行規則第58条)
電気通信事業者が電気通信設備の故障により電気通信役務の全部又は一部(付加的な機能の提供に係るものを除く。)の提供を停止又は品質を低下させた事故(他の電気通信事業者の電気通信設備の故障によるものを含む。)であって、次のいずれにも該当するもの等をいう。
(1) 当該電気通信役務の提供の停止又は品質の低下を受けた利用者の数が三万以上のもの
(2) 当該電気通信役務の提供の停止時間又は品質の低下の時間が二時間以上のもの

文書では、ソフトバンクに対して、1)平成21年4月19日に発生した重大な事故についての再発防止策、2)今般の事故に係る電気通信設備以外の電気通信設備が適切に機能することの点検結果及び当該点検において問題が確認された場合にはその対策、3)ホームページ等における利用者等への事故情報の周知方法の改善策の提出を求めています。

電気通信設備の適切な管理の徹底等に関するソフトバンクモバイル株式会社に対する指導(総務省)
4月19日に発生したパケット通信サービス障害について(ソフトバンクモバイル)

ソフトバンクモバイルを行政指導=大規模通信障害で-総務省(時事通信)
総務省、ソフトバンクの通信障害で文書指導(Impress)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。