Review: iWork '09を使い始める

P1260337.jpg

レビューというほどでもありませんが、ようやくパッケージ版を入手してインストールしました。学割で7,200円です。割引率が良いですね。Macworldの基調講演後にフリートライアルを開始しましたが、都合で正規版への移行が遅れてしまいました。これまでiLife/iWorkのパッケージは徐々にコンパクト化していましたが、今回のiWork '09や今月発売予定のiLife '09は、iLife '08/iWork '08やその後に登場したLeopard、MobileMe、APPのパッケージと同様のCDより少し大きなパッケージに統一されています。AAPのパッケージが無意味に厚いのは謎ですが・・・。ちなみに、細かいところでは、iWork '09はパッケージ表面がつや消し加工な感じになっていますが、iWork '08では加工されていませんでした。同時期のiLife '08にはつや消し加工が施されていました。

P1260339.jpg

内容はインストールディスク1枚と簡単な説明書といった従来の構成と同様。ただし色々なところで明らかになっていますが、今回からはシリアル番号が付属されておらず、インストールの際に入力の必要はありませんでした。

ピクチャ 4

iWorkのアプリケーションで一番多用するのはPagesです。今回はiWork.comと伴に、色々バージョンアップがあり、重宝しそうなのがフルスクリーンでの作業環境。WriteRoomのような感じで作業出来て、一度に表示するページ数もスクリーンショットのように設定できます。ただ、この表示の場合、Macのスクリーンがそれなりに大きくないと、目が疲れてダメです・・・。

ピクチャ 5

もう一つ便利そうなのが。iWork.comとの連携でも活躍してくれそうな、コメント機能。iWork.comではポストイットのような感じで利用できますが、個人利用でも充分メモ代わりに使えます。スクリーンショットのように、気軽に、あるいは、内容に注記でコメントを加えるのも役立ちそうです。

その他にもKeynoteとKeynote Remoteの連携をちょいと試してみましたが、さすが純正でなかなか良さそう、だけど、あのリモートは環境が限られそうで、実際はApple Remoteのほうが実用的かもしれません。iPhoneのBluetooth機能では無理なのかな・・・。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。