ノキア, 「ヴァーチュ」シリーズを2月19日から発売開始

  • Day:2008.12.02 22:15
  • Cat:Others
nokiavertu.jpg

ノキアは、傘下の英国Vertuの「ヴァーチュ」シリーズを、2009年2月19日から日本国内において発売開始すると発表しました。Vertuは、NTTドコモの回線を借りるMVNOとして日本の携帯電話事業に参入します。端末は高級携帯電話「ヴァーチュ」をラインナップし、2月19日に銀座にオープンする直営店「Vertu銀座フラッグシップストア」において同日より予約販売を開始します。

ヴァーチュユーザー向けのプレミアムメンバーシップサービス「VERTU Club」の提供も明らかになりましたが、Webサービスやコンシェルジュサービスについての詳細は後日改めて発表されます。「VERTU Club」は2009年第2四半期(2009年4月~6月)中のスタートを予定しており、予約した端末もサービス開始後に届けられるとのことですが、希望者にはSIMフリー端末を先行販売します。ただし「VERTU Club」開始までは音声通話のみ利用可能です。

日本では、今年9月に発表された "New Signature Collection" の「シグネチャー」のほか、「Ascent Ti(アセント・ティー・アイ)」、「Ascent Ti Ferrari(アセント・ティー・アイ フェラーリ)」がラインナップされます。価格は機種ごと、カラーごとに異なるため、以下にまとめました。

ピクチャ-2

「アセント・ティー・アイ」は、AF対応300万画素カメラを搭載するほか、ディスプレイ面にサファイヤクリスタルを、テンキー部分にステンレス、ボディサイドパネルにチタンを採用しています。「アセント・ティー・アイ フェラーリ」には、上記に加えて、背面にはフェラーリの「跳ね馬」ロゴがあしらわれており、着信音にデイヴ・スチュワート作曲でフェラーリのエンジン音をミックスした音楽を内蔵しています。

当初ノキアは、年内の国内発売を計画しており、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル両社と協議していることを明らかにしていましたが、同社が日本市場から事実上撤退することもあり、ドコモのMVNOという形で展開されることになりました。「ヴァーチュ」をドコモのMVNOで展開することは、11月26日に読売新聞が報じており、同記事では、来年2月に端末販売を開始し、3月を目処にサービスをスタートするとしています。その翌日の27日にノキアの日本市場撤退が明らかになりました。

参考:
高級ケータイ「VERTU」、2009年2月19日より販売開始(Impress)
VERTU(日本オフィシャルウェブサイト)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。