ウィルコム, ドコモとMVNO提携で高速データ通信提供へ(UPDATED)

  • Day:2008.12.01 09:20
  • Cat:Others
PHS事業を展開するウィルコムが、NTTドコモと提携して高速データ通信サービスを提供することが明らかになりました。日本経済新聞によると、体系は、ドコモから回線を借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)で、ウィルコムは携帯電話回線を利用して最大7.2Mbpsのデータ通信を他社より約2割安い料金で提供、来春を目処にスタートさせます。キャリアが通信網を他キャリアからMVNO方式で借りるのは初めてのこととなります。

ウィルコムは上下最大100Mbps以上を実現する次世代PHS "WILLCOM CORE" を来年にも提供する予定です。同社は通話定額をいち早く打ち出してユーザーを獲得しましたが、最近では携帯電話キャリアが相次いで基本料金を引き下げて通話定額を開始したことに加え、新規参入のイー・モバイルが安価で速いデータ通信サービスを提供したこともあり、現在3ヶ月連続で純減しています。

UPDATED:
ウィルコムは、「ドコモのMVNOによる携帯電話事業への進出」報道に対して、「競争環境が激化するなか、新たなサービス展開など進める上で、さまざまな可能性について検討しており、その中でNTTドコモ様も含め、色々な可能性について話し合いを行っていることは事実です。なお現時点で、これらに関わる個別の案件・内容についてはお答えできません」とコメントしました。

参考:
ウィルコム、データ通信でドコモと提携(日本経済新聞)
ウィルコムが携帯参入? ドコモMVNOで、一部報道(ITmedia)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。