ノキア, 年明けを目処に日本の販売市場から撤退へ(UPDATEDx3)

  • Day:2008.11.27 15:13
  • Cat:Others
nokia-exits-japan.jpg
(Engadget.com)

携帯電話最大手のノキアは27日、日本国内での端末の販売および販売活動を打ち切り、国内の販売市場から撤退することを発表しました。同社によると、今回販売の打ち切り対象となるのは、ノキア直販モデルだけでなく、NTTドコモとソフトバンクモバイルといったキャリアブランドで販売されているモデルも含むとのことで、現行の販売形式から一切手を引く形になる模様。販売活動は2009年上期中に停止するとしています。

既に発売されているノキアブランドおよびキャリアブランドについてはこれまで同様、不自由のないように引き続きユーザーサポートを行っていくとしていますが、キャリアブランドの既に発表していて発売されていないモデルに関しては、「キャリア提供の端末であり、先方と話しながらどう進めていくか検討していくことになるため、ノキア単独ではコメントできない」としています。また、同社のモデルを販売しているNTTドコモとソフトバンクは、「詳細は確認中」とコメントしています。

先日、一部報道で明らかになった、ノキアの日本におけるキャリア事業進出は否定しておらず、今月中にはキャリア事業についても詳細が発表されると思われます。本日のプレスリリースにおいても「ラグジュアリーマーケットを対象とした、手作業で作られる特別な携帯電話のVertuも引き続き日本での活動を続けていきます」と述べています。

日本経済新聞によると、ノキアが撤退に至る背景には、日本の携帯電話市場の飽和状態も起因して2007年度の出荷台数は20万台以下、シェアは0.3%程度にとどまるなど厳しい状況があった模様です。来年3月にサービスをスタートするキャリア事業において、販売網を一本化して、高級携帯電話の販売に特化させる方針です。

現在、発表済みで未発売のモデルは、NTTドコモの "Nokia E71"、ソフトバンクの "Nokia N82" および "Nokia E71" で、ソフトバンクの "N82" は明日28日に発売されることが明らかになっていますが、これら全てのモデルの展開に関しての公式見解は現時点で明らかになっていません。

UPDATED:
NTTドコモは、未発売のE71に関して「販売中止を含め、両社で今後検討していく」とコメント。ソフトバンクは、N82に関して「予定通り発売する」とした上で、E71を含めた「今後については、これからノキアと話し合いを進めていく」とコメントしています。

UPDATEDx2:
朝日新聞によると、ドコモは、来年初頭の発売を予定しているノキアの "E71" について、「販売中止になる可能性もある」としています。ソフトバンクモバイルは同機種を来月中旬に発売する予定ですが、現時点でノキアに確認が取れていないとのことです。毎日新聞は、現在販売されているノキア製のキャリアモデルを含めて、来年初めにも国内キャリアモデルの販売を打ち切るようだと伝えています。

UPDATEDx3:
TBSは、ドコモがE71の発売中止を検討していると伝えています。

参考:
ノキア、日本の事業展開の見直し(プレスリリース)
ノキア、ドコモ・ソフトバンク向け端末供給停止(日本経済新聞)
ノキア、携帯端末供給を中止 ドコモ・ソフトバンク向け(朝日新聞)
ノキア、通信会社向けの端末供給を打ち切り(読売新聞)
ノキア:ドコモ、ソフトバンク向け携帯端末販売を打ち切り(毎日新聞)
携帯大手ノキア、日本国内の端末販売終了(産經新聞)
ノキア、年明けにも日本市場から撤退(TBS)
ノキア、日本市場での事業展開を見直し (Impress)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。