column: iPhone 3Gをようやく冷静に考える vol.1 ~基本的な部分~

  • Day:2008.06.26 19:45
  • Cat:iPhone
iPhone 3Gについてようやく冷静に・・・ということで基本的な部分を最初から考えてみました。後半はiPhone 3Gを購入しようか迷っている方に、考えて欲しいことを書いてみました。一部はきつい表現がありますが、率直な感想なのでご了解ください。もちろん異論反論もありがたく頂戴します。それと、新スーパーボーナスなどのシステムがよく分からない、という方も是非読んで頂けたら幸いです。
※事実誤認はご指摘お願いいたします。

・iPhone 3Gの発売時期
iPhone 3Gは発表からわずか一ヶ月余りで日本に上陸することになった。これにはさすがに殆どの方が驚いたことだろう。私も驚いた。早くても秋と考えていたので、身辺整理(汗)というか、心の準備というか、様々な準備が整っていないのが事実だ。おそらく皆さんの中にも、発売日まで一ヶ月、料金発表、発売日には完売する、など小出しの情報を次から次へと受け入れていくと結局どうすればいいのか分からない、そうしている内に7月11日がやってくるというようなシチュエーションを予測して不安に思っている方がいると思う。この早期発売は嬉しい反面で、正確な判断を鈍らせる効果も持っているかもしれない。

・iPhone 3Gの本体価格
これを書いている時点では、まだリテールのアップルストアに限られた端末料金、契約体系が明らかになっていないので、あくまでソフトバンクショップや量販店で購入した場合の本体価格・料金プランについて述べたいと思う。

まず、iPhone 3G本体の価格だが、本家USでは199ドル/299ドルという価格設定になっており、他国もこれに準じるとSteve Jobsはキーノートで述べた。実際に日本での価格も実質負担額で23,040円/34,560円と設定され、日本メーカーのハイエンド機種や海外メーカーのスマートフォンよりも遥かに安く提供されることとなった。

だが、ここで問題となってくるのはソフトバンクモバイルが導入している割賦斡旋方式だ。特にソフトバンクユーザーでない方は「分割金」「特別割引」の意味をご存知ないこともあるのではないか。簡単に言うと、「分割金」とは月々の請求書にケータイの使用料にプラスして毎月(26ヶ月契約の3ヶ月目より24ヶ月間)請求される本体価格のことだ。iPhone 3Gの8GBモデルを例とすると、「分割金=2,880円」なので、26ヶ月間で「計2,880円×24カ月=69,120円」をソフトバンクに納めることになる。これが本来の本体価格だ。

もちろんそれではあまりに高い。そこで用意されているのが「特別割引」という制度。この制度ではユーザーが同じ機種を使用している限り、「分割金」が発生する月に「特別割引」が同時に発生する。iPhone 3Gの8GBモデルの場合、「特別割引=1,920円」なので、26ヶ月間連続で利用した場合「計1,920円×24カ月=46,080円」の割引がなされることになる。つまり "iPhone 3Gが23,040円から" という文句は「(分割金ー特別割引)x 24=960円×24カ月=23,040円」というところから来ている。

では26ヶ月を待たずにこのiPhone 3Gを手放した場合どうなるのか。それは単純に、(26ヶ月ー契約月数)分の「分割金」を支払うこととなり、一方で「特別割引」が打ち切られる。つまり仮に12ヶ月を残して解約した場合、発生する違約金は「2,880円x12ヶ月=34,560円」で、当該ユーザーは解約まで「960円x12ヶ月=11,520円」を支払ったのだから、最終的にiPhone 3Gに払った金額は「34,560円+11,520円=46,080円」ということになる。

この新スーパーボーナスという制度には一括支払も設けられているので、ユーザーは購入時に店頭で「2,880円×24カ月=69,120円」を支払うことも可能だ。この場合、月々の使用料に「分割金」は当然加算されないため、3ヶ月目から26ヶ月目まで「特別割引」のみが適用されることとなる。つまり毎月の使用料から単純にマイナスが発生するのだ。もちろん満期利用時の実質負担額に変わりはない。しかし一括支払にはメリットがある。大手家電量販店ではポイント制度が導入されており、大抵が10%還元だ。仮に一括で購入した場合、ポイントで6,912円が還元されることになり、分割支払では発生することが出来ない金額をポイントという形ではあるが実質還元されることになる。

・iPhone 3Gの料金プラン
先日iPhone 3G専用の料金プランが発表された。現行ソフトバンクのプランを殆ど利用できるが、ここでは詳細が分かっているホワイトプラン(i)での契約の場合についてのみ述べる。

ホワイトプラン(i)は語尾に何かがついているものの、基本的にはオリジナルとなんら変わりはない。月々税込み980円が基本料となり、これによりソフトバンク電話への通話が1時から21時の間で無料となる。また、家族割引加入の場合は24時間無料だ。そしてiPhone 3Gではメインとなるであろうパケット通信料だが、こちらは新設されたパケット定額フルにより、フルブラウザを定額5,985円で利用することが出来、こちらは必須だ。また、ソフトバンクではウェブ利用に必須とされるS!ベーシックパック(i)にも315円で加入する必要がある。ソフトバンクはiPhone 3G専用のメールアドレス "@i.softbank.jp" を付与することも発表した。こちらはMMS非対応のiPhone 3Gをなるべく他のケータイメールと同じ感覚で利用できるようにソフトバンクが努力してくれた部分だ。着信通知もあるので、わざわざメールチェックをする必要はない。ただしMMSではないので、ソフトバンク間のメールでもiPhone以外の相手には受信のパケット料がかかることには注意が必要だ。その他、Apple製品で一般の90日間の無料電話サポートも付属、Apple Careも別途導入予定としている。

・パケット定額必須などに対する反発について
述べた通り、iPhone 3Gを導入する場合、ホワイトプラン+パケット定額フルを必ず契約する必要があり、固定料+実質負担端末料だけでも月8,240円(8GBモデル)を負担することになる。このことに多数の方が不満を持っているようだ。例えば「2台目としてとり合えずホワイトプランで所有したかった」とか、「パケット定額が変動制でないから使わなくても金がかかる」など。後者の主張はともかく、前者の主張は私から言わせるとナンセンスに他ならない。

前者の主張がナンセンスである理由は山ほどあるが、iPhone 3Gの立場から考えてみる。iPhone 3Gはシンプルに説明すると「iPod touch+電話機能+通信機能」である。Steve Jobsが初代iPhone発表時に述べたように、iPhoneの魅力の一つは独立したインターネットデバイスであるということだ。それを考えると仮にホワイトプランのみで契約して、インターネットはWi-Fiで楽しむというとき、電話機能にどれほど価値があるのだろうか。そして仮にそのような利用を望むユーザーがいたとしたら、残念ながらそのユーザーには本体価格23,000円では提供できない。

その理由は2つほどある。ソフトバンクモバイルは通常よりも高いARPUを得られるからこそ販売奨励金を出して23,000円という安価で販売することが出来るのだ。仮に月980円のみでの所持を望むユーザーがいるとすれば、彼らには本体価格約7万円をまるまる負担してもらうこととなる。

さらに新スーパーボーナスのシステムを考えた場合に根本的にナンセンスであることが分かる。それは前述の「特別割引」というのはソフトバンクでは「(最大)~円」というような表記になる。これは仮にiPhone 3Gの請求額が980円だった場合(もちろんそんなことはないが)、「特別割引=980円」という計算になり、最大1,920円の「特別割引」は受けることが出来ず、結果としてiPhone 3Gの実質負担額が2倍近く上がることになる。つまりWi-Fiのみ利用、通話しない、基本料のみという所有方法はシステムを見ても、iPhone 3Gを23,000円から購入することは出来ないのだ。

・検討中の方はもっと検討してみて下さい
中にはこんなことを主張している方がいる。「iPhone 3Gに20万円(8,240円x26ヶ月=214,240円)出すのは納得がいかない」ざっと計算したらそんなところだろうか(実際は最初の2ヶ月は負担金が発生しない)。確かに満期で利用すると最小でもその額を支払うこととなる。しかしこれまたナンセンスなのは、iPhone 3Gはケータイであり、通常はいま利用しているケータイにリプレイスされるはずだ。相対的に考えても、この「理由」はiPhone 3Gのみの話ではなく、どんなケータイを買っても24ヶ月という長期のスパンで考えたら、月8,000円の利用で20万円は軽く超えることになる。そして現在のケータイでそれほどの料金に達しないというユーザーは、そもそもiPhone 3Gのコンセプトに沿わないのでiPhoneを求める必要がない。iPod touchと他のケータイを持つことが一番経済的と思われる。

初代iPhoneは一年前の1月に発表された。そのときから興味を持っていた方は、iPhoneの何かに魅かれたから日本での発売を待ち望んだのだろう。そして現にiPhone 3Gとして日本での展開も発表された。そのときはまだ上記の不満は聞こえてこなかった。明らかに料金プランが発表された後に出てきた声だ。彼らはiPhoneに何を求めたのか。果たして自分に必要なものなのだろうか。少々きついことを言って申し訳ないが、iPhoneは欲しい、端末価格は安く、月額料金も安く、というのは少々虫が良すぎやしないか。iPhone 3Gの本体価格(製造コストではなく)は約7万円だ。もし単にコレクションで所有したい場合は白ロムを高価だけど手に入れればいい。

私はiPhoneにインターネットデバイスとしての魅力だけでなく、総体的に見た可能性を感じたから、USでの発売以来ずっと見守ってきた。仮に現行のケータイでパケット通信をそんなにしないというユーザーは、そもそもiPhoneが必要である理由なんて最初からなかったのだ。もちろん「現行ケータイであまり使用していないけど、iPhoneになるとやれることがいっぱいある」というユーザーもいるだろう。こうしたユーザーにとっては、孫社長が言うようにiPhoneがライフスタイルを変える役目を担ってくれることだろう。私もその一人である。

Comment

スーパーボーナスについて、今一仕組みがよく理解しきれていなかったので、今回のエントリーは非常に助かりました。

自分は購入するときは一括払いを検討中です。
ただ、ここでちょっぴり気になるのが量販店系で購入したときのポイント還元率です。

確かapple製品って他の商品と違って5%が相場のようなので、今回のiPhoneも5%のような気がします。

でも、分割よりはお得なのは変わらないですけどねw。。。
  • 2008/06/26 20:01
  • NT-D
  • URL
確かに一括払いならポイント還元の面から考えれば良いですけど、8万円(16GB)をポンッとレジでだせる自信(ってかお金)がない・・・なんかモチベーションが急降下してきて・・・あぁどうしよう!?

てか携帯自体、ポイント還元対象商品だっけ?今まで一度も還元された事ない(ヨド◯シとかで)

>apple製品って他の商品と違って5%が相場
ヤ◯ダ電機だと10%とかだけどね(たまに15%)
  • 2008/06/26 21:03
  • nio
  • URL
最後の項目で述べられていること、至極、もっともなことと思います。私もネットでそういう意見を見るたびに「おかしい」と思ってました。

ところで、「ただしMMSではないので、ソフトバンク間のメールでも無料にはならないことには注意が必要だ」の部分ですが、iPhone はパケット定額ですから、iPhone での送受信は無料のはずですが…

文意を間違って読み取っていたら申し訳ありません。
  • 2008/06/26 21:55
  • KAKU
  • URL
  • Edit
>NT-Dさん
そうおっしゃっていただけると嬉しいです^^
一括のほうがお得ですね~ 確かにApple製品はヨドバシやビックでは5%なので、可能性はあるかもです。。


>nioさん
8万円はきついですね。。私もその場合は分割になりそうです・・・。ケータイそのものは還元対象ですよ^^


>KAKUさん
どうもありがとうございます!
ご指摘ありがとうございます。確かに表現がわかりづらいですね。ちょっと訂正させていただきます。もちろんiPhoneから送られた側のパケット代のことを書いたつもりでした^^;
はじめまして。
今回の記事はiPhone購入検討者にとって参考になるエントリと思います。

追記すべきといえばUSIMがiPhone専用で、今現在SBMの3G端末を契約しており、かつ買い増しでの購入を検討中の場合には注意が必要ということでしょうか。

『USIMを差し替えてiPhoneと既存所持端末を使い分けることができない』
『iPhoneに気に入らない部分があって、他の機種を買い増ししてしまうとiPhoneは使えない。(そして音楽再生などの通話に関係ない機能も専用SIMを挿さない限り使えない?)』

というのも検討中の人は注意すべきと思います。

様々なブログ、掲示板では専用USIMは転売防止策と言われており、自分もそのように推測しています。
他にMMSが使えないiPhoneとMMSが使用可能な他の端末の差し替え利用自体が問題との意見もあり、これも納得のいく推察と思います。
ただたとえそうだとしても、もう少し何か他の方法がなかったのか?と思ってしまいます。

少なくとも私はこれがネックで契約に踏み切れません。
二台持ちで差し替えならともかく、二回線契約はしたくないんですよね。
  • 2008/06/27 01:42
  • Polaris
  • URL
  • Edit
こんばんは、
私は、今回の本体価格および月額料金は、妥当だとおもいます。
本体価格は、実質¥23000に対してus$199ですが、これは、為替レートとイコールではありません。
(通常の製品でも大体¥120換算です。)
私自身は本体が6,7万くらいで、月額使用料が¥9000位を予想していたので、
  • 2008/06/27 04:06
  • ^A^B
  • URL
  • Edit
賛同いたします
筆者の意見に全く賛同です。
「iphoneを購入するなら、十分考えるべきだ。」という意見は、
一時期お祭りになっていた2chでもちらほら出ています。
非常に乱暴な言い方をすると、実用性以上にiphone自体に大きな魅力を感じている方が買わないと後悔する可能性があると思います。
①iphoneにできないこともいっぱいある。(ワンセグ、おサイフ、電池交換、コピペ…などなど)
②docomoやAUのインフラに慣れている人は、日頃の生活圏でのsoftbankの電波状況を確認していた方が良い。(この点もともとsoftbankのかたは慣れっこだろうから、うらやましい。)

料金に関しては筆者と同意見で、自分としてはもっと高いのではと思っていたくらいです。
しかし、appleの初物は…ってこととと、電池交換の間どうするねーんってことで、確実にいつでもつながる携帯をもう一台、つまりiphoneは2台目ってことであれば、約9000円という値段は重くのしかかるのかもしれません。
7/11にsoftbankに話題に乗って駆け込んで、説明聞いてみてゲンナリって方も確実に出ると思います。買ってみてゲンナリっていうより、よーく考えた方がいいと思うのが多くの冷静な方々の一致した意見ですよね。

ちなみに私はEM-oneを泣く泣くクビにして、docomo携帯の2台目としてiphone購入予定です。EM-one今思えば………全く使わんかった。2台目とすると、飽きちゃうとなー、全く使わなくなるんですよ。でも、EM-oneに比べればポケットサイズだし、仕事に使えるappが出ることを期待しています。
  • 2008/06/27 10:38
  • りゅう
  • URL
  • Edit
初めてここのブログに到達しました。
現在ソフトバンクユーザーですので、販売システムは理解していたのですが、
このように丁寧にまとめられていて、参考にさせていただきました。

ただいくつか気になるところがありました。
わたしはソフトバンクが不当に高い金額を提示しているとは思いませんが、
単純に今持っているtouchと電話を一個にしたいと。
物理的な重量、容積の点から望んでいたのです。
が、iPhoneでは、毎月定額通信料が発生することがネックで、
購入を見合わせる予定です。
パケット定額は、忙しい月や出張、旅行に出かける機会の多い月など、
適宜使い分けたいと思っておりましたもので。
そのため、多少本体が高くても、パケット定額などは選択制にして欲しかったなあ。

そもそもの話ですが、携帯電話とはその機動性がある故に生まれたもので、
touch+携帯又は他のiPod+携帯の代用としてiPhoneを期待した人も多いかと思います。
  • 2008/06/27 17:45
  • boldquin
  • URL
  • Edit
あと2週間
わかりやすくまとめていただいて感謝!

待ちこがれているアップルファンの方も、
流行もの好きのにわかの方も、なんとなく興味がある方も、
このエントリで自分なりの答えがでるとよいですね。
あと二週間程は悩めるのですから!

よくブログで、
来月発表って早すぎる!不意打ちでショックだわ…!
みたいなエントリを見かけるんですが、これって、
「ずっと片思いの人に告白したら、あっさり両思い」で、
拍子抜けしちゃった感じと似てます(?)
日本人は「片思い」が好きなようですよ。


+余談
auで今日、MNPの移転受付を済ませました。
キャリアを変える理由を、iPhone発売のためと言ったら、
「iPhoneのどういうところに魅力を感じますか?」
と聞かれたので、
「全部」
と答えておきました。

※ちなみに電話は時間がかかるので、
携帯から受付したほうがいいですよ。
  • 2008/06/27 20:18
  • クリリン
  • URL
妥当な料金だと思いますよ。

たとえば、923SHと差し替えて使えるとよかったのにね。
  • 2008/06/27 20:50
  • アカクロ
  • URL
  • Edit
iPhoneに限ったことではないのですが、
すっきり本体を一括7万円で買うとすると、2年間は月5,360円で済みますが、なぜそれ以降になると、7,280円に増えてしまうのか??
そこが一番納得いかないところです。

ケータイなんだから同じ機種3年も4年も使わないよといわれればそうなんですが・・

Appleに払う分の一部をパケ定5985円のなかから捻出しているとすれば、仮に3年4年使う方がAppleに払う金は高くなってしまいます。

もはや、本体を買うというよりレンタルするという感覚なんでしょうが
なんかすっきりしません

パソコンのように本体をまず買って+通信費を支払うというわけには
いかないのでしょうかね?
  • 2008/06/28 00:22
  • よった
  • URL
こんばんは。
なかなかまとまっているので買う方の参考になるエントリーと思います。
私もいろいろ思いを書いてますが、ほとんど同じお考えのようですね(^-^)
電話する為のiPhoneじゃ無いって割り切らなきゃね!

ケータイの使い方は人それぞれで、定額制がスライド制であれば、
webブラウジングの頻度が少ない方にも不満も少なかったと思いますが、
一番驚いたのは2年間の支払いを計算して高いか、安いかを決めている人がけっこう多いと言う事。
記事中にも書かれてましたが、そんな観点でケータイを使ったことは無いので、みんないろいろと計算しているんだなぁ~と感じましたよ。(^_^;)

それよりも、私も何度かエントリーしてますがSoftBankの電波の受信感度はいかがですか~?
知り合いのケータイは、ちょっと地下のある場所へ行くと繋がらないんだよねぇ~...なんてぼやいてましたけど。
地方によるんでしょうか? ま、慣れなんでしょうね...
>Polarisさん
どうもありがとうございます。
専用USIMを採用したということは、転売防止の意味合いが最も強いと思われますが、他にも店頭での契約上しょうがなかったということもありえますね。いずれにしても私も含めて、SBM 3Gからの買い増しでは、以前の機種は利用できなくなることになるので、その点、もしおサイフケータイなど使用なら、清算しておいたほうがいいですね。

また、最近のソフトバンクモバイルの機種はUSIMを挿入しないと動かないものがほとんどなので、仮にiPhone 3Gが未装着時に動かなくてもまあ一般ユーザーには問題がないです。外すことはまずありませんし、外すこと自体が面倒くさい(SIMカードツール利用)ですね^^;

私は逆ですね。。差し替えが面倒なので2台持ちの方が好きです。大抵差し替え考えてても結局一台放置、2台持ちでも使わない一台放置、というパターンが定着してきています(汗)
>^A^Bさん
そうですね。ドルから計算しても妥当な本体価格ですし、単にケータイとしても近ごろの傾向から考えて安価であることは間違いありません。そもそも世界の潮流に合わないということで日本の業界はここ数年で販売奨励金モデルを終息していき、割賦制度を導入してきました。一方で基本料を安価にすることや、通話定額などで総合的に見てつり合うようになってきました。その時に初代で定価売りをしたiPhoneが次世代では逆を行く販売モデルを使ってきたことが面白いです。

いずれにしても契約を縛られることにより安価になることは、日本のケータイでは嫌ですが、iPhoneはハードよりもソフトで進化していけるので、全然不満はないです^^
>りゅうさん
ありがとうございます!
最終的に判断するのはユーザーなので、店頭でのおそらく丁寧な説明で納得して、かつ、本当に自分のライフスタイルに適しているかを判断すべきですね。よく「iPhoneというのが欲しい!」という意見を耳にします。Appleファンとして理解は出来ますが、同意はしかねます。電話とかどうでもいいからiPhoneが欲しいというのは本末転倒ですね。コレクションで買いたいならば、是非契約をせずに海外なり国内なりで出回る非正規ルートで端末のみを高価で買えばいいだけの話です。。

私もDisney Mobileとの2台持ち。おそらく月に通話料こみで15,000円程度になりそうです。その分通話定額の恩恵を受けまくりなので、全然気にしていませんが。。一昔前なら考えられない料金の安さです。

私もEM-ONE利用していた時期がありましたが、あの端末、結局大きいんですよね。。かばんに入れても取り出したくなくなるくらい・・・。常用はとても出来ませんでした。。Windows Mobileだし。。
>boldquinさん
コメントありがとうございます!
iPod touch+ケータイでより快適に、というのは殆どの方が感じていると思います。私も第一にiPodとケータイが一緒になるということの便利さを体験したいです。

しかし、やはり契約を伴うケータイなので、仮に通信料を必須にしなければ、ソフトバンクはARPUを回収できず、結局はiPhone本体が「少し」どころか日本では初期の価格以上になってしまいそうです。しかも最近のケータイは基本料が安いので、やはりARPUは通信定額に頼るしかないですね・・・。
>クリリンさん
どうもありがとうございます!
「片思い」論はなかなか興味深いですね・・・^^

MNPは私もネットから手続きしたほうがいいと思います。どこでもそうですが、あの枝のように分かれているコールセンターのシステムがどうも好きじゃないですね。。
>アカクロさん
コメントありがとうございます。
そうですよね・・・なんか日本の発売が決まった途端、要求ばかりが先走りしている感じを受けました。

USIM使い分け出来ないのは人によってはなかなか痛いかと思います。例えばおサイフケータイのチャージの時だけ、という使い方も出来ますし・・・。Disney Mobile状態ですね(性格は全然違いますが)。
>よったさん
コメントありがとうございます。
確かにソフトバンクの機種は全て27ヶ月目以降は特別割引がつきません。しかし同時に分割金もなくなるので、単に一括で払った場合に安くなっていた24ヶ月分から元に戻るというだけなので、損はしていません。高くなること自体に錯覚で損している気がしなくもないですが・・・。ただしARPUのことを考えると本体代金を全て支払い終わったら、SIMロックすら解除してもいいはず、という議論は全てのケータイでありますよね。私もそこではキャリアの方針に納得できません。

日本のケータイ業界については、2年目以降のことを考えるとユーザーはだまされている感じもしますね。。
>SenJ4さん
どうもありがとうございます!
私は2年間のケータイ縛りで総額どれだけ払うか、といった計算をやったことがなかったので、違和感を感じました。そういう人って今までもケータイの料金を利用年数で計算してきたのかな・・・。

どうでしょう・・・電波がない!ということはありませんし、私のマンションではドコモが入らずソフトバンクは入るという珍しい(?)ことになってますので、やはり場所場所の問題と思いますが・・・。一方で通話が途切れやすい気がします。1時間とか話していると大抵1回いきなり切れたりしますね。。もう常用しているので慣れましたが^^;
いつも楽しみに拝見しています。
今回のエントリー内容には全く同感です。

本体購入価格、通信料を安くしてほしいという気持ちは皆同じだと思いますが、購入価格や料金プランに不満のある方は、あまりにも都合が良すぎると思います。iPhoneを所有したいという魅力だけでも購入理由になりますが、やはり使ってなんぼの端末だと思います。パケット使用料を気にせず使えるプラン設定が妥当でしょうね。2年間縛りのある割賦斡旋方式は、本体価格が7~8万円するのを割り引いてくれるので特に異論ありません。夢の見過ぎかもしれませんが、いろいろなアプリを導入できるiPhone は、今までの携帯のようにすぐに飽きるということもないでしょうしね。

一番忘れてはいけないことは、iPhoneは最新テクノロジーを取り入れた端末なのであって、アップルの開発力・技術力の結晶です。基調講演で開発担当者をJobs氏がたたえていたことからも、その努力は相当なものでしょう。そのような価値ある商品を定額でかつ特別割引価格で購入して使い倒せることに私は魅力を感じますし、アップルがその対価を求めるのも納得がいきます。
  • 2008/06/28 18:57
  • k.s.
  • URL
  • Edit
>k.s.さん
コメントありがとうございます!
私も飽きが来ないことを願ってます・・・飽きっぽいのはホントにダメダメです。反省してもしきれません。。ただ来年あたりに新しいiPhoneが出たら話は別ですが・・・^^;

そうですね~やはり端末価格を考えたら実質23,000円から使えるのは魅力的ですね。普通のケータイもそれくらいしますし・・・。というかiPhoneバリバリ使うので損した気は一切しませんね^^
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
iPhoneの料金プランを見て思うこと
子育てネタがメインのこのブログですが、私はMacintoshユーザーで最近のAppleのモノ作りのスタンスに惚れ込んでいます。iPhoneネタも何回か書きましたが、いよいよ料金プランもソフトバンクから発表となり、いよいよ7月11日の発売開始も秒読み段階になってきました。さて...
  • 2008/07/02 19:43
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。