ドコモ, ソフトバンク "821T" の製造・販売差し止めを申請

ピクチャ 2
NTTドコモの「らくらくホンIV」とソフトバンクモバイルの「821T」

NTTドコモと富士通は、ソフトバンクモバイルと東芝に対して東京地裁に不正競争防止法第2条第1項に基づく "他社携帯電話の製造、販売等の差し止めを求める仮処分命令の申し立て" を行ったと発表しました。

ドコモでは、3月8日に発売を開始された「821T」が富士通の「らくらくホン」と極めて類似した商品であることなどを理由としています。

確かに外見や機能は似ています。ただケータイで「似ている」というのはよくあること・・・あとは見えない部分や技術などに著しく類似するなど、処分が妥当と言えるポイントがあるかどうかが問題ですね。稀なことなので、今後の展開が楽しみです。

★ソフトバンクモバイル株式会社、株式会社東芝に対する携帯電話端末「821T」の製造、販売等の差止めを求める仮処分命令の申立について(NTTドコモ富士通

* * *
またドコモは、本日 "らくらくホン プレミアム" を発表、ハイエンドモデルに搭載される「ヨコモーション」のノウハウを取り入れた高機能モデルとなっています。4月発売予定です。
* * *

UPDATED:
発表当時、IT-PLUSに以下のような記事が。

……しかし、この821T、よくみるとNTTドコモ「らくらくホン?」となんとなく酷似しているようだ。3つのワンタッチボタン、日本語表記の操作ボタンといった第一印象だけでなく、触ってみるとメニューの表記や操作性なども「らくらくホン」にそっくりだ。東芝らしさといえば、同社の端末に採用されている「くーまん」がいるくらいだ。
 もしやOEM供給かと思いきや、実はかつて富士通に在籍し、らくらくホンに携わっていた開発者が、ソフトバンクモバイルに転職して821Tを東芝と一緒になって開発したのだという。「余計な機能は搭載せず、ボタンの形状もドーム型で押しやすくするなど、富士通のらくらくホンよりも使いやすくしました」(ソフトバンクモバイル開発者)と、使い勝手に胸を張る。

Comment

RDPさん、こんにちは。
確かによく似たデザインではありますよね。どこかの記事で、実はこの端末、富士通かららくらくフォンの設計者をSBMが引き抜いて作らせたような事を書いていました。これもSBMの「なりふり構わぬ」戦略のひとつなのでしょうか。その是非はともかくとして、ユニバーサルデザインが普及する事そのものは、良い事だと思います。「ユニバーサルなればこそ、似たデザインになる」とも言えそうですし。「らくらくフォン」シリーズは本当によく出来た端末ですから、ドコモ&富士通には自信を持って「ならば我々はその先を行く」と言ってほしいものです。
>mizincoさん
どうもです!
その記事見つけました^^ ありがとうございます。早速ご紹介を~。

似たデザインというのはある程度しょうがないですね。そこをどうこういったってしょうがない気もします・・・。おっしゃる通り、富士通が育てた分野でもあるので、自信をもって取り組んで欲しいですね。

あとはやはりこの処分の行方が気になります。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。