movie: 『黄金(The Treasure of the Sierra Madre)』

黄金
黄金
posted with amazlet on 07.12.20
ファーストトレーディング (2006/12/14)
売り上げランキング: 17655

久しぶりに映画のエントリーを。普段見た映画はTHE OTHER SIDE OFに書いてます。今回はちょっと衝撃だったので。

ひょんな経緯で友人から名映画『黄金』を借りました。今となっては500円で販売されていますが、「買う」と言ったら「貸す」とのことでお言葉に甘えて。なんかクリスマスプレゼントでもらったらしい。

さてまず問題に直面。Macで起動できない。LeopardをインストールしたiMacとMacBook Proでいずれも再生不可でした。このシリーズとの相性が悪いのかもしれません。ご購入の際はご注意を。仕方がないのでPS3で観ることにしました。というのもHDDレコーダー(SHARP)よりもPS3のほうがレスポンスがいいので。無事再生。やはりMacの問題だったのかな。

内容ですが、一言最高でした。白黒映画をここまで真剣に観たのは久しぶりです。1948年製作ですが、いつの時代の話なのでしょうか。ストーリーはこんな感じ。

メキシコに出稼ぎに来ている主人公は、裕福で同じアメリカ人にいつもお金をねだる毎日。ある日仕事があるということで数日の労働をしたところ、だまされて給料を貰えない。その夜、仕事仲間と安い宿に泊まったとき、老人が黄金の話をしているのを耳にする。それを聞いた2人はお金を出資して老人と金採掘へ。

山でついに黄金を見つけた3人に不穏な空気が。主人公は黄金を目の前に人を信じることが出来なくなっていた・・・。

まあこんな感じです。テーマは明確で「黄金(金)が全てではない」という教訓が示されます。人は黄金を前にして人を信じることを失う、金は人を変える・・・。それは彼が悪いわけでなく、黄金が悪いわけでもない。ただ正直なだけ。

古い映画独特のストレート感が良かったです。さすが様々な賞を受賞している作品。Macでは観られなかったけど、ぜひ1度は観たい映画の一つです。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。