column: 楽観視できないiPhone in Japan

  • Day:2007.12.19 16:50
  • Cat:iPhone
dass.jpg

さて、ついに日本でのiPhoneの話題が出てきました。しかもWSJなどの海外から。まずその概要を簡単にご説明させていただきます。

★日本におけるiPhoneの最新情報
WSJによると、日本の大手携帯電話事業者であるNTTドコモとソフトバンクモバイルが、Apple本社クパティーノに出向いて会談、協議、交渉・・・を行っているとのこと。別にこれ自体は驚くべきニュースでもなく、たとえばここにKDDIの名前がないのは、次期3GのiPhoneがW-CDMAで登場するからということで、当然に予想できることです。さらに協議を行っているということも、まあ当然でしょう。やってないはずはありません。

なにに注目すべきか、ということですが、有力候補としてNTTドコモが挙がっていることが最大の関心事となります。これまではソフトバンクモバイルが有力視されており、今年のMWSFでも孫正義氏の姿がありましたし、これまでに一度たりともiPhoneを自社から出したい旨を公にはしていませんでした。それがここに来てNTTドコモが最有力候補だとか。これまでAppleはiPhoneリリースの国または地域における最大手、もしくはそれに準ずるキャリアと独占販売契約を締結してきたから、というのが根拠の1つです。なるほどそう考えるとソフトバンクは絶好調ながらまだ3位、かたやNTTドコモは絶不調ながら単独1位。

★懸念
自分がNTTドコモユーザーだから、とかそういう話を抜きにして考えた場合、私はNTTドコモ・ソフトバンクモバイルのいずれからiPhoneが登場してもかなり望ましくないことだと思います。理由はさまざまですが重要な部分を挙げてみます。

・iモードの存在
iモードボタンを押せばiモードのページが登場するというのがドコモのケータイです。これまでもiモードに対応しない端末はいくつか出ていましたが、最近ではM702iSなどのRAZR系も対応していました。iPhoneにもしiモードなるものが載ってしまうと・・・いやiモードまでは良いけれど、ではフルブラウザはSafariということで、まさか「パケ・ホーダイフル」なるものを適用させないといけないのか、などなど様々な問題が。その他の付随サービスにもいっさい対応させないのか、否か。これはドコモに限った話ではありませんが。ただソフトバンクはYahoo!というポータルを利用しているので、比較的ややこしい話にはならない気もします。

・料金プランの存在
海外の例を見てもキャリア既存の料金プランは完全に無視して、iPhone独自の料金プランを設定します。ではそれが果たして通常の料金プランと比較してどうなのか、キャリア独自の割引サービスに対応できるのか。ホワイトプランは適用されるのか、されないのか。前述の通りSafariは普通の端末でのフルブラウザと見なされ、利用するのに別途料金がかかるのか・・・などなど。問題や疑問点は山積みです。いま挙げた料金に関する2点の懸案事項が最大のポイントだと思います。

ようするに問題は山積みということです。これを解決するための協議なのか、ただ自分のところから出したいがための協議なのかその辺も懸念されます。Appleも欧米と違い、日本でのケータイの現状がどのようなものであるか知る必要がありますし、仮に来年iPhoneが登場したとして、機体としては優れていても、その全てを発揮できないという最大の失敗は防いでいただかないといけません。単に「わーい、ドコモからだー」ではないのです。

★結論
私はポッドキャスト "Apple Accent" で何度も申し上げているように、The Third Manならぬ "第3のキャリア" に注目しています。そのキャリアにはまだ何もない、ということは1から築き上げるのに適している場所とも言えます。さらに第3のキャリアとApple・ソフトバンクの関係。はっきり申し上げてドコモは部外者です。悪く言うと今回の会談報道もAppleに「しつこいよ」と思われるものなのかもしれません。現時点ではディテールは全くないのですから。

第3のキャリアはいろいろなところで一定の支持層をもっています。既存キャリアとのタッグで最低限の基盤は調達できるだろうし、先に述べた料金プランの問題なども一気に解決します。今回の報道はしょせんは報道、かつて日経が、いまでは誤報・前兆どちらとも取れる記事を一面にしたことがありますが、あれは今現在、実現されているでしょうか。NTTドコモが有力などという根拠の薄いものには躍らされず、私はただ1人、The Third Manを待っています。

p.s. もしNTTドコモになったらこのエントリーを散々バカにしてください(苦笑)かなり恥ずかしいですね^^

こちらのコラムも併せてご覧ください^^
column: 崩れた「音楽配信」の壁(ringo-sanco)

Comment

ご無沙汰です。
iPhone がどこのキャリアから発売されるとしても、今のところ買わない予定の小生ですが、海外端末(iPhone も機械的にはこれですね)使いの身からすると、料金プラン云々の話は何とかして欲しいところですね。
ご存知かと思いますが、i-mode を利用する為のアプリは存在しているので技術的には簡単なようですし、それをiPhone に移植してくれると、ケータイユーザもスマートフォンユーザもiPhone を使いやすくなるんですが、DoCoMo がどのくらい本気なのか、今後に期待したいと思います。小生はi-mode 派なので、ダブルホルダーから卒業するには、今の所これ(i-mode も利用出来る)しか思い当たりません。周りの仲間にi-mode を使わないようにさせるには、かなりのマンパワーが必要になりそうです。

▼一般のケータイユーザに訴えるならば…
資金的にはまだまだSoftBank は余力が無さそうですが、DoCoMo がSafari をパケホーダイ・フル適用にしてくれれば、わりと良い展開はあるんじゃないかと思っています。その理由は、マニア以外のメールを頻繁に使うユーザ層は、意外とパケホーダイ・フルに加入しているという点でもあります(ただ単に最新機種の機能を使おうとするとこうなってしまうのかもしれませんね)。使い放題ならば、パケホーダイ・フルの価格は決して高くないと思いますが…個人的には先にmopera にもこのプランが出てくれると嬉しいです(並行輸入版の暗黒iPhone も使えそうですし)。


第三のキャリアは資金的に難しいかもしれませんが、複数のキャリアからiPhone が出てくれると市場的には面白い事になりそうで、小生もそれを望んでいます。

キャリアも端末も、出来れば自由に選びたいですからね(そんな事を書いちゃうのは、SONY 好きなのにau 端末を選べない悔しさもあるかも)。
今までの携帯フルブラウザとは別物なSafariや、SDK配布後に登場するであろう本格的なサードパーティ製アプリ郡を、3Gの高速通信な完全定額で利用できるのだろうから、これは楽しみですね。まあドコモやソフトバンクがアップルの要求を呑むかどうかに掛かってますけどね。

まず、i-modeなんてしょぼいネットサービスがSafariやそれに対応するWebアプリの相手にならない(つまり必要無い)と思いますが、それでもキャリア独自の各種サービスへの対応や、キャリアの収入源確保という意味で必要なのかなと。しかし海外の例を考えてみても、アップルはそれを呑まないでしょ。2月予定のSDK配布でそれが可能になるのか? それもちょっと微妙なところだと思います。

iPhone導入のハードルを考えると、日本独自?のGPS義務付けや、写真撮影時に強制的に音を出す仕組みなどを、アップル側が3G版iPhone(の日本投入時)に取り入れるのかどうか。この点、例えば日本独自のカスタマイズ機種なんてアップルが出すかなぁ? という疑問が。(お財布携帯機能はまず無理だろ)

どちらにしろ、ネット使用料完全定額を条件にしてくるはずなので、普通の携帯のように、利用料を最低限に抑えるプランは使用できないのでしょうね。その点でユーザーが導入する際のハードルがやや高めだろうなと予想できます。

でも日本の爺ちゃん婆ちゃんに、らくらくホン的な立ち位置でも使用して欲しい機種なんですがね・・・利用料的に考えるとそうはならないだろうというのが残念ですね。って、そもそも本体価格的に無理か(汗)

個人的な予想ですが、ドコモの最近の不調と焦りから、iPhone(のブランド価値)を渇望している可能性があるかなぁ、その結果アップルの要求丸呑み(i-modeなし、比較的低額なネット完全定額プラン)でドコモから登場かなぁとか考えてます一応w 一番可能性が高いのはドコモが断念した後に、より積極的なソフトバンクからという流れだけれど。
  • 2007/12/21 03:08
  • ひろ
  • URL
>kAbajyUさん

(仮にドコモ・・・という流れでの記述です)

まさにご指摘の通りと思います。料金プランの問題は日本独自のブラウザの歴史(iモードなどとフルブラウザのダブルスタンダード)ゆえに黒船が出現するたびにややこしい話になるので、これを機にそのへんも見直して欲しいです。

私はi-modeとフルブラウザ、特にSafariならば、迷うことなくSafariを選ぶわけですが、iモードに付随する各種サービス(iモードメール、iチャネルなどなど・・・)の扱いが問題になると思います。iPhoneの場合で考えるとiモードメールなどのキャリアサービスのメールを『Mail』で受信できるのがベストかと。もちろんPC用のメールも同じところで受信できて大変便利になると思います。

料金プランは特殊になるというのが恒例なので、パケホーダイなど既存のプランをどこまで適用できるようにAppleと交渉するかにかかっているかもしれません。私の感覚ではパケット定額はそろそろ値下げして然るべきではないかと思います。これはキャリア全体に言えることです。

私の考えている第三のキャリアは資金的にもAppleとある意味直結しているところがあるので、何もないところから出すケータイとしては第一弾(あるいはそれに次ぐ)インパクトとしてiPhoneが出せるのではないかと考えています。ファンタジーですが^^

最終的にはSIMフリーが当たり前になると良いですね。もちろん前述を含めた全ての問題を解決して、の話ですが^^
>ひろさん

コメントありがとうございます!

(こちらもドコモ前提で・・・仮の話です)
Appleのある意味「傲慢」な要求にドコモが乗るかがかなり疑問ですね。SDK配布後というのは大変意味のあることで、これまでアンダーグラウンドだったことが全てオープンになるわけですから、可能性は無限です。

仮にiモードをいま終わらせるとそこにビジネスを見つけていた多くのサードパーティが一斉に滅んでしまう、ということからも今後もiモードなどのキャリア専属のブラウザは残るでしょう。おそらく。特例でiPhoneにiモードを乗せないということは前例からも不思議ではありませんが、乗せることが果たして出来るのかというのも交渉の段階から興味深いです。

3GiPhoneには最低限GPSは載せてもらわないと、それこそ日本のユーザーからは「何が凄いのか、劣っているじゃないか」とか言われるので、必ず載せるでしょうね。国際レベルでも、Googleマップとの連携の面でも載せて当たり前な気がします。FeliCa載せたら尊敬しますね(お互いを)

>ネット使用料完全定額を条件
同感です。Appleはおそらくこの面を最大のポイントの一つと考えていると思います。例えばウィルコムのような音声+データ通信のモデルになるかもしれませんね。

私はどれにも賛成しません(笑)ファンタジーで貫きます。第三のキャリアの登場を予想します。ドコモは断念、ソフトバンクはある意味協力、こんな感じでしょうか^^

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。