スクエニ、スマートフォン向けドラクエポータルアプリを28日午前0時に配信/ドラクエ1を先着100万ダウンロード無料

  • Day:2013.11.27 16:48
  • Cat:iPhone
DQP_logo.jpg

スクウェア・エニックスは、同社のドラゴンクエストシリーズの最新情報や本編ゲームアプリが配信されるスマートフォン向けアプリ「ドラゴンクエスト ポータルアプリ」を11月28日午前0時ごろから配信を開始すると発表しました。

また、配信を記念して、通常500円でポータルアプリから購入可能な第1作目の「ドラゴンクエスト」を先着100万ダウンロード無料で配信するとのことです。

DQ1_smapho_Logo_s.jpg

「ドラゴンクエスト」アプリは、28日午前0時頃から、App StoreおよびGoogle Playを通じて合計100万ダウンロードまで無料で配信されます。
スポンサーサイト

NTTドコモ、ドコモショップでのiPhone販売強化/スタッフにiPhone 5c(16GB)を配布

999635_10202407740096257_996446991_n.jpg

NTTドコモは、Appleの「iPhone」シリーズの販売を促進するため、ドコモショップの顧客対応の強化に乗り出しました。日刊工業新聞が報じました。

記事によると、iPhoneは他のスマートフォンと異なり、指名買いされる割合が高く端末紹介などの説明時間が短縮されるため、その分を料金やサービスの説明に重点を置くことで顧客のニーズを引き出すことで、全体のARPU(1契約当たりの月額請求金額の平均)の向上に結び付けたい考えです。

ドコモでは、ドコモショップのほとんどのスタッフにiPhoneを配布して、これまでの「経験不足」を補うために端末操作などの理解度を上げる取り組みも行っているとのことです。

なお、情報によると、ドコモショップのスタッフには「iPhone 5c」の16GBモデルが、端末のみ無償貸与されているようです。

国内SIMフリー版「iPhone 5s/iPhone 5c」での各種SIMカード動作状況

  • Day:2013.11.26 23:55
  • Cat:iPhone
999635_10202407740096257_996446991_n.jpg

Appleが、11月22日(金)にApple Online Storeで販売を開始したSIMフリー版の「iPhone 5s」「iPhone 5c」のうち、本日iPhone 5cが到着したので、私が持っているSIMカードで動作状況を確認してみました。

ここに記載している動作状況は、キャリア側の都合により予告なく変更される可能性があります。

IMG_4995iphone.jpg IMG_4998iphone.jpg

IMG_4999iphone.jpg IMG_5001iphone.jpg

★NTTドコモ(iPhone契約/spモード/Xiパケ・ホーダイ for iPhone)
ドコモのiPhone 5sを契約した際に発行されたドコモnanoUIMカードを装着した状態でアクティベートすると、キャリア表示は契約版と同じ「docomo LTE」と表示され、特に設定を変えることなく使用可能になりました。

この回線はmopera.netに加入していないため、APNはspモードで接続されており、通常のiPhone 5s/5cと同じ手順で「spモードメール」の設定やdocomo IDでのログインが可能でした。

✓APN設定不要
✓音声通話
✓LTE通信
✓キャリアメール
✓テザリング
✓緊急速報(実際に受信するかは不明)

★NTTドコモ(Xi契約(Android)/spモード/Xiパケ・ホーダイ フラット)
ドコモのXi対応Androidスマートフォンを契約した際に発行されたドコモminiUIMカードをドコモnanoUIMカードにサイズ変更したカードを装着した場合も同様に使用することが出来ました。

こちらもspモードで接続されており、spモードメールの設定やdocomo IDでのログインが可能でした。

✓APN設定不要
✓音声通話
✓LTE通信
✓キャリアメール
✓テザリング
✓緊急速報(実際に受信するかは不明)

IMG_4997iphone.jpg IMG_5004iphone.jpg

IMG_5003iphone.jpg IMG_5005iphone.jpg

★KDDI(iPhone契約/LTEネット/LTEフラット)
auのiPhone 5cを契約しているnano ICカードを装着した状態でアクティベートすると「KDDI LTE / au LTE(通常も混在)」と表示され、問題なくモバイルインターネットに接続されました。また、au IDを使用したログインやキャリアのEメールの設定も問題なく出来ました。

✓APN設定不要
✓音声通話
✓LTE通信
✓キャリアメール
✓テザリング
✓緊急速報(実際に受信するかは不明)

いずれのアクティベート後も、国内SIMフリー版iPhone 5cのカメラアプリではシャッター音が発生する仕様になりました。また、SIMカードのキャリアによってブックマークのお客様サポートなどのリンクが変更されました。

今回の検証ではauのAndroidスマートフォン契約を確かめることが出来なかったのが残念です。新発売の「isai LGL22」はnano ICカードを採用しているため、この機種を持っていれば・・・と後悔しています。

なお、私はソフトバンクモバイルの回線契約およびnano USIMカードを持っていないため、今回は検証しませんでした。

関連:
国内販売のSIMフリー版「iPhone 5s」「iPhone 5c」はキャリア契約版と同じモデル(A1453/A1456)

国内販売のSIMフリー版「iPhone 5s」「iPhone 5c」はキャリア契約版と同じモデル(A1453/A1456)

  • Day:2013.11.26 10:46
  • Cat:iPhone
Appleが、11月22日(金)にApple Online Storeで販売を開始したSIMフリー版の「iPhone 5s」「iPhone 5c」は、キャリア販売版と同じモデル番号であることが分かりました。

従来より国内キャリアを通じるカタチで販売されているiPhone 5sおよびiPhone 5cは、それぞれ「A1453」「A1456」というモデルですが、今回アップルストアが取り扱いを開始したSIMフリー版も同様のモデル番号A1453とA1456です。

スクリーンショット 2013-11-24 10.16.24

通常、A1453とA1456は、最初に装着したSIMカードのキャリアでSIMロックされる仕様が採用されており、同時にキャリア契約と端末IMEIがリンクされるため、キャリアシステム上も販売後は当該キャリア向け端末として認識されます。

スクリーンショット 2013-11-24 10.16.47

今回アップルから販売されるSIMフリー版は、当該モデル番号のiPhoneに「販売店ロック解除」を実施することで、ソフトウェアレベルでどのキャリアのSIMカードも受け付けるように書き換えているようです。海外の一部地域では既に、アップル直営店にてこうしたiPhoneの販売店ロック解除を導入しています。

したがって、ここからは推測ですが、仮に今後アップル直営店においても販売が開始された際は、iPhone 5sとiPhone 5cのキャリア版とSIMフリー版は同じモデルの在庫として管理され、購入者の希望に応じてその場で販売店ロック解除を実施する販売モデルが採られると考えられます。

Appleは、Apple Online Storeおよびアップル直営店において、SIMフリーのiPhone 5sを71,800円(16GB)/81,800円(32GB)/91,800円(64GB)で、iPhone 5cを60,800円(16GB)/71,800円(32GB)で販売しています。

アマゾン、月内にも国内の民放ドラマ数万本を配信へ

  • Day:2013.11.25 07:40
  • Cat:News
朝日新聞は、アマゾンが月内にも国内の民放ドラマの配信サービスを開始することがわかったと報じました。同社はNHKやTBS、テレビ朝日など全てのキー局の人気ドラマや、映画会社の映画、映像番組を配信開始します。

記事によると、作品は数日間で数百円の課金となり、PCのほか、タブレット端末「Amazon Kindle Fire」で視聴できます。今後はiPadやAndroidタブレットでの視聴も視野に入れているとのことです。

「Nexus 5」が故障したのでGoogle Playで初期不良交換してもらった。

DSC01861.jpg

Googleが11月2日にGoogle Playで発売を開始した「Google Nexus 5」を購入後、しばらくしてmicro USB充電ポートの接触が悪くなり角度によって充電ができない状況になりました。

USBケーブルを変えても同様だったため、端末側の不具合と考えて、Google Play ストアで購入した端末のサポート方法について調べてみました。

Googleは、ヘルプの「返品、払い戻し、交換」のなかで、交換について以下のように説明しています。

交換と不良品

お客様が Google Play ストアから購入された端末や付属品について、お客様の過失以外を原因とする不良があるか、またはそうした不良が生じた場合は、端末の代金の払い戻し、交換、または修理を受けることができます。必要な手順や交換オプションをご案内いたしますので、Google サポート チームまでお問い合わせください。

お客様が購入された端末や付属品は、購入先が Google Play ストアか小売店かにかかわらず、メーカー保証の対象となります。詳しくは、保証センターをご覧ください。



私の場合は「お客様の過失以外を原因とする不良がある」端末に該当するため、案内通りGoogleサポートチームに問い合わせました。サポートは電話対応で、国内のサポートセンターによる対応でした。

電話では、購入に使用したGoogleアカウント、端末のIMEI番号のほか、症状などを説明すると、交換手続きの手順について案内がありました。簡単に説明すると・・・

1. Google Playから交換端末を購入するための専用リンクが入ったメールが届く
2. メールが届いたら指定時間以内にリンクより交換端末の注文手続きを行う
3. 購入後は通常の製品購入と同じ流れで購入通知や発送通知がメールで届く
4. 交換端末到着後は、指定の住所までRMA書類と共に故障端末を着払いで送付する

twonexus5.jpg

これにて完了です。初期不良期間だったからか、電話機で代替機を出すことが難しいからなのかは分かりませんが、修理対応ではなく新品交換対応となりました。交換機も香港経由の1週間ほど(現在は在庫回復しているためもっと短縮)で手元に届いたため、オンラインストアでの携帯電話機サポートとしてはユーザーの手間は最小限で安心できるものだと感じましたとさ。

関連:
Nexus 5:通常使用でおよそ約1日の電池持ち/フル充電時間は90分
レビュー:Google Nexus 5 (KitKatの新機能)
レビュー:Google Nexus 5

Apple、4.9インチディスプレイのiPhoneを開発中=C科技

  • Day:2013.11.22 07:46
  • Cat:iPhone
DSC01914.jpg
4インチのiPhone 5s(前)と、4.95インチのNexus 5(後)


C科技(Google翻訳)は、Appleが、4.9インチディスプレイを採用した新しいiPhoneを開発していると報じました。

記事によると、同社は今年発表したiPhone 5sとiPhone 5cを置き換えるかたちで、より大きなディスプレイを採用する2つの新モデルを開発しているとのことです。

Appleは、以前から様々なサイズのiPhoneをテストしていると報じられていますが、そのサイズは4.7インチ〜6インチと幅広く、市場のニーズに合致したディスプレイサイズを検討していると見られます。

今月上旬にはBloombergが、同社が曲面ガラスを採用した4.7インチと5.5インチのスマートフォンサイズとファブレットサイズをそれぞれ用意していると報じました。

また、今年6月、ロイターは4.7インチと5.7インチのiPhoneを来年中に市場投入する見込みだと報じていました。

関連:
Apple、曲面ガラスを使用した4.7インチ/5.5インチのiPhoneを来年発売?=Bloomberg
Apple、6インチディスプレイのiPhoneを開発=WSJ
Apple、新しいiPhoneを8月下旬から出荷開始?/大きなディスプレイモデルも試作=WSJ
Apple、4.7インチと5.7インチのiPhoneの市場投入を検討=ロイター

京セラ、耐衝撃スマートフォンをNTTドコモに供給へ

朝日新聞は、京セラが北米で発売している耐衝撃性能を有したスマートフォンを、NTTドコモ向けに供給することが分かったと報じました。

0103_hino.jpg
Torque(トルク)

記事によると、発売を予定しているのは米国Sprint向けに発売している「Torque(トルク)」に似た端末で、防水、防塵のほか、耐振動、耐塩水、防湿、耐日射、低圧対応性能など業務用やアウトドア向けに堅牢さを極めた特徴があります。

同端末は法人向けスマートフォンとしてラインナップされる予定です。

NTTドコモ副社長、Apple「iPad」の年度内発売に言及=共同通信

NTTドコモの坪内和人副社長は共同通信のインタビューにおいて、Appleの「iPad」を近く発売する方針を明らかにしました。(配信記事:サンスポ

同氏は「それほど遠くない将来に扱うことになる。商戦はなるべく逃がさないようにしたい」と述べ、記事では2013年度内にも発売を開始する見通しとしています。

なお、坪内副社長は、2013年6月にウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューにおいて当時交渉中だったiPhoneに関する見解を語ったり、同8月末には産経新聞の取材に対して「ドコモ側の態勢は整った。いつ出すかが問題だ」と述べたことから、Appleの同社に関する信頼感を揺るがせたと朝日新聞が報じていました。

情報管理を徹底するアップルは8月下旬、神経をとがらせた。「導入態勢が整った」とのドコモ役員の発言が報道されたからだ。「保秘契約を守れない会社ではないか」。約束通り進めるかどうか、クックCEOに委ねられたとされる。ドコモを知る社員らが「非常に誠実な対応をしている」と説明したという。(朝日新聞

鴻海精密工業、一部工場でiPhone 5cの製造を停止か=DIGITIMES

  • Day:2013.11.18 20:03
  • Cat:iPhone
DSC01685.jpg

DIGITIMESは、関係筋の話として、鴻海精密工業(Foxconn)が、中国北部の鄭州工場において、AppleのiPhone 5cの製造を停止し、iPhone 5sの製造に切り換える方針だと報じました。

一方で同記事では、C科技の情報として、Foxconn鄭州工場はiPhone 5cの製造を停止するのではなく、縮小する方向であるとも伝えています。

2013年のiPhoneをめぐっては、iPhone 5sの需要高とは対照的に、より価格の安いiPhone 5cが当初の需要予測を下回っているとの報道が相次いています。

関連:
Apple、iPhone 5cの発注数を削減/当初見込みを下回る需要=WSJ

スマートフォン国内出荷台数:Appleが54.1%で過半超、サムスンは3.8%と低迷=2013年第3四半期

  • Day:2013.11.18 17:41
  • Cat:News
IDC Japanが発表(PDF)した、国内における2013年第3四半期(7~9月)のスマートフォン出荷台数実績によると、Appleが全体の54.1%を占有し、iPhone 5s/5cの発売に加えてNTTドコモの新規取り扱いにより過半超を記録しました。

また、2位にはXperiaシリーズが好調なソニーモバイルコミュニケーションズが20.5%のシェアを獲得しました。以下、3位シャープ、4位富士通と国内メーカーが続きますが、GALAXYシリーズという世界で圧倒的な人気ブランドを抱えるサムスンエレクトロニクスは、わずか3.8%のシェアで5位と振るいませんでした。

関連:
サムスン、販促費拡大も「GALAXY Note3」「GALAXY J」販売不振

WEEKEND: Merry Christmas from GALAXY

DSC01899.jpg

Samsung Japan sponsors Roppongi Hills 10th Anniversary Christmas illuminations at Keyakizaka. There is the special colors of illuminations celebrated 10th anniversary "Red, Umber, Candle" on the first ten mins of every hour as well as annual "Snow&Blue".

Date: ~December 25th
Time: 5:00 p.m. to 11:00 p.m.
Celebration of colors time: 17:00, 18:00, 19:00, 20:00, 21:00, 22:00, 23:00 (about 10 minutes)

See also:
サムスン、六本木ヒルズ 10th Anniversary Christmas「けやき坂イルミネーション」に協賛

Google、iOS向け「Google Play Music」アプリ提供開始(国内非対応)

  • Day:2013.11.16 07:00
  • Cat:iPhone
gpm1.png gpm2.png

Googleが、Google Musicからの音楽ストリーミングサービスを利用できるiOS向けの「Google Play Music」アプリの提供を開始しました。現在のところ日本のApp Storeでは配布されていません。

iOS版のGoogle Play Musicは、Android版と異なり、ミュージックライブラリからのプレーヤー機能は備えていないようです。そのため、アプリはGoogleアカウントのGoogle Playミュージックが有効になっている必要があり、国内では提供されていないため使用できません。

関連:
Google、iOS向け「Google Play Music」を今月発表へ=Engadget

iPad mini Retinaディスプレイ:インプレッション

  • Day:2013.11.15 22:56
  • Cat:iPad
ipadminiretina2.jpg

Appleおよび、KDDI、ソフトバンクモバイルが今週から発売を開始した「iPad mini Retinaディスプレイ」について簡単にインプレッションを掲載します。撮影に使用したのは、iPad mini Retinaディスプレイ(スペースグレイ)。

ipadminiretina4.jpg

Pros:
1) Retinaディスプレイ対応
2) A7チップ/64ビットアーキテクチャへのスペックアップ

1) iPad miniがようやくRetinaディスプレイに対応した。iOSユーザーは「iPhone 4」以降のiPhoneや「iPad (3rd generation)」のRetinaディスプレイに目が慣れていたため、昨年初代iPad miniがリリースされた際、どう見てもディスプレイの解像度が見劣りした。その状況が1年越しでようやく解決した。326ppiでディスプレイの精細さは満足できるものになり、Kindleなどの電子書籍でも美しい活字を観ることが出来るようになった。

2) A5から一気にA7にバンプした。64ビットアーキテクチャ搭載A7とM7モーションコプロセッサの組合せにより、パフォーマンスは一目瞭然。重たいアプリケーションはもちろん、ウェブブラウジングや通常の画面推移でもその違いが確認できるほど動作が速い。

ipadminiretina8.jpg

Cons:
1) 価格が高い
2) 厚い・重い
3) 「Touch ID」非搭載

1) 実はiPad Airのインプレッションでも欠点に挙げたのは高価な端末価格。iPad mini Retinaディスプレイは、Wi-Fiモデルの16GBで41,800円から、容量が32GB、64GB、128GBとなるにつれて約1万円ずつ端末価格が上がっていく。同じ7インチクラスで競合のGoogle Nexus 7 (2013) が27,800円(16GB)なので、約1万5千円の差となる。

2) iPad mini Retinaディスプレイは、第1世代と比較して厚さが0.3mm増して、重さが23g(Wi-Fiモデル)重くなった。Retinaディスプレイとのトレードオフに他ならないが、同時発表のiPad Airが小型軽量化したことも比較の要因となり、iPad miniの中途半端なサイズ感が端末選びにも影響しそうだ。

3) iPad Airの欠点でも挙げたことなのでコピペする。→iPhone 5sで搭載された「Touch ID」が非搭載だった。iPhone 5sを1ヶ月使用していて、このシステムならばiPadでも有効だと感じていただけに、指紋認証の搭載が見送られたのは残念。今後発売されるモデルで採用されることを望みたい。

ipardminiretina5.jpg

さて、iPad mini Retinaディスプレイの発売については、週の半ばにオンラインストアで受注開始され、国内では翌日から販売店に並ぶという異例の状況だった。なんとかホリデーシーズンに間に合わせたとは言え、話題性を得ないシナリオ無しのアドリブ扱いは、なんとなくiPad Airが主役であることを示しているようだ。

一部報道では、Appleは5インチ後半クラスのファブレット端末を開発していると伝えられている。仮にそのサイズでiOSデバイスのラインナップが追加されると、iPad miniは更に微妙な立ち位置のサイズ感になりそうだ。その先を見据えた「iPad mini Retinaディスプレイ」の扱いの表れなのかもしれない。

関連:
iPad Air:インプレッション

Apple Japan、2013年フィリピン台風の被災地支援のための寄付受付を開始

  • Day:2013.11.15 17:53
  • Cat:Apple
スクリーンショット 2013-11-15 17.44.40

Apple Japanが、iTunes Storeを通じて、2013年フィリピン台風の被災地支援の寄付受け付けを開始しました。

2013年フィリピン台風は、11月8日に同地域に上陸した台風30号により、死者1万人を超える甚大な被害をもたらした大災害です。

スクリーンショット 2013-11-15 17.52.05

寄付は、iTunes Store経由で募集され、日本赤十字社を通じて全額が被災地支援に役立てられます。

Apple直営店、明日午前6時からオンラインで「iPad mini Retinaディスプレイ」の予約開始/当日受取可能

  • Day:2013.11.12 19:14
  • Cat:iPad
スクリーンショット 2013-11-12 19.13.44

Apple Retail Store(Apple直営店)が、本日からオンラインストアで発売が開始された「iPad mini Retinaディスプレイモデル」について、明日午前6時からオンラインで予約受付を開始すると案内しています。

予約したiPad mini Retinaディスプレイは、直営店にて当日受け取りが可能とのことです。

Apple、iPad mini Retinaディスプレイモデルを今週より出荷開始

  • Day:2013.11.12 17:06
  • Cat:iPhone
miniretina.jpg
http://www.apple.com/jp/ipad-mini/

Appleが、10月のメディアイベントで公表した「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を、米国や日本などの国と地域で発売開始しました。出荷予定日が16GBモデルと32GBモデルで1-3営業日となり、今週より出荷されます。64GBモデルと128GBモデルは5-10営業日での出荷ステータスが出ています。

Apple、曲面ガラスを使用した4.7インチ/5.5インチのiPhoneを来年発売?=Bloomberg

  • Day:2013.11.10 20:15
  • Cat:iPhone
Bloomebergは、計画に詳しい情報筋の話として、Appleは、異なる圧力を感知できるセンサーに大画面の曲面ガラスを使用した新しいデザインのiPhoneを開発していると報じました。

情報筋によると、来年第3四半期に発売予定の新しいiPhoneは、4.7インチと5.5インチのスマートフォンサイズとファブレットサイズをそれぞれ用意し、ディスプレイのエッジ付近がカーブしてラウンドしている曲面ガラスを採用するほか、異なる圧力を感知できるタッチセンサーを搭載していると述べています。

ただし、これらのモデルはテスト段階で完成しておらず、プランも決定しているわけではないとのことです。

Appleは、近年、様々なサイズのiPhoneをテストしていると報じられていますが、そのサイズは4.7インチ〜6インチと幅広く、市場のニーズに合致したディスプレイサイズを検討していると見られます。

今年6月、ロイターは4.7インチと5.7インチのiPhoneを来年中に市場投入する見込みだと報じていました。

訂正:
一部翻訳に誤りがあったため訂正しました。

関連:
Apple、6インチディスプレイのiPhoneを開発=WSJ
Apple、新しいiPhoneを8月下旬から出荷開始?/大きなディスプレイモデルも試作=WSJ
Apple、4.7インチと5.7インチのiPhoneの市場投入を検討=ロイター

NTTドコモ、iPhone向け「しゃべってコンシェル」をリリース/全キャリアで利用可能

NTTドコモが、従来からAndroidスマートフォン向けに提供している音声コントロールアプリケーション「しゃべってコンシェル」のiOS版をリリースしました。サービスは無料で提供され、全キャリアのiPhoneで利用できます。

syabecon.png syabecon2.png

しゃべってコンシェルは、映画情報や地域の飲食店の検索、交通情報、乗り換え案内、終電検索など幅広いジャンルで使用できます。上記のスクリーンショットはその一例です。

iPhoneに搭載されているAppleのSiriが国内ではあまり役に立たないので、ドコモの「しゃべってコンシェル」が現状では音声検索系では優れたサービスだと思います。

ドコモは、しゃべってコンシェルを全キャリアのiPhoneに提供しました。

関連:
NTTドコモ: 音声コントロールの決定版「しゃべってコンシェル」

サムスン、販促費拡大も「GALAXY Note3」「GALAXY J」販売不振

DSC01822.jpg

サムスン電子ジャパンが、秋冬モデルとして投入した「GALAXY Note3」「GALAXY J SC-02F」の販売状況が芳しくありません。

関係者によると、NTTドコモとKDDIの両キャリアから販売しているGALAXY Note3 SC-01F/SCL22および、ドコモから販売しているGALAXY J SC-02Fは、発売からの販売台数が他の人気機種と比較して少数で推移しているとのことです。

要因としては、前者は5インチ後半のファブレット端末というカテゴリのため万人受けするモデルではないこと、後者は5インチクラスとは言え夏モデル「GALAXY S4 SC-04E」ベースのマイナーチェンジモデルであることやドコモの強力な販促が含まれていないこと、ドコモがiPhone販売に参入したことが考えられます。

情報では、サムスン日本法人は販促費を拡大し、販売店へのテコ入れを進めていますが効果は薄いようです。

今後は、同社が販売店にメーカー独自の契約インセンティブを投入して端末価格を調整する可能性も出ています。

関連:
レポート:「GALAXY Note3 + Gear WORLD TOUR 2013 TOKYO」(前編)
レポート:「GALAXY Note3 + Gear WORLD TOUR 2013 TOKYO」(後編)

先行レビュー:
先行レビュー:GALAXY Gear + GALAXY Note3 SC-01F(ムービー)
先行レビュー:サムスン製国内オリジナルモデル「GALAXY J SC-02F」
先行レビュー:NTTドコモ向けのサムスン製「GALAXY Note3 SC-01F」
先行レビュー:KDDIが販売するサムスン製スマートウォッチ「GALAXY Gear」
先行レビュー:auから発売予定のサムスン製ファブレット端末「GALAXY Note3 SCL22」
KDDI、サムスン製ファブレット端末の最新モデル「GALAXY Note3 SCL22」およびスマートウォッチ「GALAXY Gear」発表

Nexus 5:通常使用でおよそ約1日の電池持ち/フル充電時間は90分

DSC01861.jpg

Googleが、11月1日(金)に発表した同社ブランドのスマートフォン「Google Nexus 5」は、Qi対応で2,300mAhのバッテリーを搭載しています。

NTTドコモなど国内キャリアから販売されるスマートフォンは3,000mAhを超えるバッテリーを搭載して「3日間使える」と強気なコピーを打ち出しており、それと比較すると心もとない容量ですが、実際にどの程度使用できるのか試してみました。

Nexus 5には、ドコモのSIMカードを挿入して、mopera.net経由でLTEデータ通信を使用できるようにしています。

スマートフォンの充電状況が100%の状態から、残量が0%になるまで継続して使用しました。なお、この場合の使用とは「通勤の際に音楽を聴きながらブラウジング、メール、SNSなどを楽しむ」や「電話をかける、受話する」、また「アラームを設定」するなど、およそドコモの提示している基準と同様です。

そのためヘビーな使い方ではないことをご承知おき下さい。

Screenshot_2013-11-06-21-49-28.png

グラフを解説すると、5日の14時50分ごろに充電器から外して使用を開始して、9時間後の日付が変わるころに45%程度となりました。また、その後は緩やかに減少していき、6日の16時40分ごろに残量0%となりました。

私の使用環境下では、Nexus 5は、約1日連続して使用できる結果が出ました。

なお、グラフの赤い部分は充電を示します。0%になったのち、充電時間を計測するために最大2.1Aの電源アダプタでNexus 5の充電を始めました。18時10分に100%の充電が完了、フル充電までの時間はおよそ90分で、Nexus 5が急速充電された結果が示されました。

関連:
レビュー:Google Nexus 5 (KitKatの新機能)
レビュー:Google Nexus 5

レビュー:Google Nexus 5 (KitKatの新機能)

DSC01860.jpg

Googleが、11月1日(金)に発表した同社ブランドのスマートフォン「Google Nexus 5」のレビューを引き続き掲載します。

Nexus 5は、Android 4.4(KitKat)を初めて搭載するGoogleブランドのスマートフォンで、ディスプレイには5インチフルHD(1920×1080ピクセル)IPS液晶を、CPUには2.3GHzクアッドコア(MSM8974)を採用しています。

Screenshot_2013-11-03-12-29-38.png Screenshot_2013-11-03-12-29-48.png

Android OSは、Android 1.5(Cupcake)以降、アルファベット順に「Donut」「Eclair」「Froyo」「Gingerbread」「Honeycomb」「Ice Cream Sandwich」「Jelly Bean」とお菓子の名前から採用され続けていました。

今回、Android 4.4は頭文字が「K」ということで、当初は「Key Lime Pie」がGoogle内で使用されていましたが、最終的なローンチの際はネスレの有名なお菓子ブランド「KitKat」を使用許諾を得たうえで採用しました。

Androidスマートフォンでは、端末情報のバージョンの欄を連打することで現れるバージョンごとの隠し待受的なコマンドがありますが、Android 4.4を搭載したNexus 5で試すと、頭文字「K」が大きく表示された後に続けて連打をすることで「K」が回転し、最終的に製品「キットカット」と同じフォントを使用した「Android」が表示されます。

Screenshot_2013-11-03-13-09-20.png Screenshot_2013-11-03-13-09-46.png

Android 4.4の新機能を少しだけご紹介すると、電話アプリに検索窓が設置されました。これは飲食店や法人に電話する際に電話帳に登録されていない番号でもすぐに検索し、発信する際に便利な機能と言えます。位置情報も取得しているので近くの店舗が検索されました。

さらに、着信時に電話帳に登録がない電話番号はGoogleマップで自動的に検索し、ヒットした際は結果が表示されます。よく「03-xxxx-xxxx」などと知らない番号からかかってきて、結果的に修理に出していた店舗だったり、取引先だったり、あるいは飲食店だったりすることが多いと思いますが、Android 4.4では着信中にどこから電話がかかってきたか判断されることになります。

Screenshot_2013-11-03-15-01-02.png Screenshot_2013-11-03-15-02-17.png

また、Android 4.4のホームスクリーンでは、右にスワイプすることでGoogle Nowが表示されるようになりました。英語環境では「Ok, Google」と話しかけることでGoogle Nowを起動する機能も搭載されています。

関連:
レビュー:Google Nexus 5

レビュー:Google Nexus 5

DSC01844.jpg

Googleが、11月1日(金)に発表した同社ブランドスマートフォンで、LGエレクトロニクスと共同開発したAndroidスマートフォン「Google Nexus 5」が、本日届いたので簡単なレビューを掲載します。

なお、Nexus 5は直販のGoogle Playにて1日午前6時前に注文、同日午後7時過ぎに発送されました。2日未明に香港から国内に輸送され、同日夕方に羽田空港に到着しました。

DSC01860.jpg

Nexus 5は、Android 4.4(KitKat)を初めて搭載するGoogleブランドのスマートフォンで、ディスプレイには5インチフルHD(1920×1080ピクセル)IPS液晶を、CPUには2.3GHzクアッドコア(MSM8974)を採用しています。

DSC01861.jpg

メインカメラには、800万画素カメラを採用しています。カメラ部分はデザイン上強調されており、若干リアパネルよりも盛り上がっています。

ブラックモデルはラバーコーティングが施されています。また、「NEXUS」「LG」ロゴがエンボス加工で刻印されています。

DSC01854.jpg

Nexus 5は5インチのIPS液晶(1920×1080ピクセル)を搭載しており、4.7インチ(1280×768ピクセル)の「Nexus 4」よりも大画面化、高精細化がはかられています。

一方で、本体サイズは137.84 x 69.17 x 8.59 mm(130g)となり、Nexus 4の133.9 x 68.7 x 9.1 mm(139g)と比較しても、大画面化に伴う僅かな高さ/幅のサイズアップはありますが、厚さは約0.5mm薄くなり、重量も9g軽量化されています。無線通信機能では、Wi-Fi(2.4G/5G)802.11 a/b/g/n/acに対応しています。

スクリーンショット 2013-11-03 11.12.34

なお、筆者は初代のGoogleスマートフォン「Nexus One」(HTC製)から「Nexus S」「GALAXY Nexus」(サムスンエレクトロニクス製)、「Nexus 4」(LGエレクトロニクス製)と使用してきましたが、コンセプトが変わること無く安定かつ快適なピュア・ネイティブスマートフォンを維持しているという点で、今回のNexus 5にもパフォーマンスの面を期待しています。

関連:
Gadget: Google Nexus One
Gadget: Android 2.3搭載Google「Nexus S」
Weekend: Japanese Version of Galaxy Nexus [Photo]

KDDI、福岡天神に直営店「au FUKUOKA」来年2月オープンへ

  • Day:2013.11.02 22:12
  • Cat:au
来年2月、福岡天神地区に直営フラグシップショップ「au FUKUOKA」がオープンすることが明らかになりました。Blog of Mobileが報じました。

求人情報により明らかになったもので、au FUKUOKAは福岡県中央区天神の西通り沿いに店舗を構えます。運営はKDDIエボルバが行います。

au FUKUOKAは、渋谷区の「KDDIデザイニングスタジオ」、名古屋市の「au NAGOYA」、大阪市の「au OSAKA」に続く4店舗目となります。

スクリーンショット 2013-11-02 22.07.12

中央区天神の西通りは500mも無い短くて狭い通りですが、アパレル系のおしゃれな店舗が立ち並ぶほか、通信キャリア系では「ドコモスマートフォンラウンジ福岡」や、「ソフトバンク福岡天神西通り店」のほか「ウィルコムプラザ福岡」「イー・モバイル天神西通り」など、大手通信キャリアのキャリアショップが勢ぞろいしています。

また、いまや携帯電話キャリアの重要なパートナーとなったAppleの「アップルストア福岡天神」も西通りに位置します。

サムスン、六本木ヒルズ 10th Anniversary Christmas「けやき坂イルミネーション」に協賛

  • Day:2013.11.02 20:10
  • Cat:News
サムスン電子ジャパンは、六本木ヒルズが11月5日〜12月25日までの期間に開催される「六本木ヒルズ 10th Anniversary Christmas」のけやき坂イルミネーションに、今年も協賛すると発表しました。

IMG_1271galaxy.jpg
(2010年のイルミネーションの様子)


同社は例年このイベントに協賛しており、けやき坂は「SNOW&BLUE」イルミネーションに包まれますが、今年は六本木ヒルズの10周年セレブレーションカラーである「Red, Umber, Candle」のコンセプトで彩られる初めてのイルミネーションも披露されます。

イルミネーションの点灯式(報道関係者向け)は11月5日(火)に開催されます。

<開催概要>
期間:11月5日(火)~12月25日(水)
時間:17:00~23:00 ※毎時0分から10分間は「Red, Umber, Candle」のイルミネーション、それ以外の時間は「SNOW&BLUE」のイルミネーション
場所:六本木けやき坂通り

レポート:サムスン電子ジャパン「WHITE IMAGINATION展 inspired by GALAXY」in TOKYO DESIGNERS WEEK 2013

  • Day:2013.11.02 17:34
  • Cat:News
IMG_4503galaxy.jpg

サムスン電子ジャパンが、明治神宮外苑絵画館前特設会場で開催中の「TOKYO DESIGNERS WEEK 2013」に出展している「WHITE IMAGINATION展 inspired by GALAXY」に行ってきました。

WHITE IMAGINATION展 inspired by GALAXYは、先月国内で発売を開始した「GALAXY J SC-02F」と「GALAXY Note3」の独特な機能やコンセプトを3Dプロジェクションマッピングアートで映像表現した展示内容です。

IMG_4498galaxy.jpg

来場者には、まずGALAXY Jを模したまっさらなモックアップが渡されます。WHITE IMAGINATION展 inspired by GALAXYは、このモックアップを中心としたエキシビションとなります。

IMG_4481galaxy.jpg

会場に入ると、ポリゴン風の手が複数展示されていて、このモックアップをちょうどスマートフォンを握るように設置することができます。設置した瞬間に3Dプロジェクションマッピングがスタートします。以下の動画をご覧ください。


この映像作品は、GALAXYの機能やコンセプトにインスピレーションを受けた日本人アーティストら10人が今回の展示のためだけに制作したもので、ホワイトモックアップは、瞬く間にGALAXY Jを映し出して、全面を使用したアート作品が展開されます。

なお、この展示で使用されている3Dポリゴン風の手は、3Dデジタルツールの企画を手がけるケイズデザインラボ社のスタッフの手を3Dスキャンした上で、それをベースにデザインしたものを同社が3Dプリンターで作成したそうです。

IMG_4497display.jpg

プロジェクションマッピングの展示を楽しんだあとは、外に設置されている大きなタッチスクリーンに行きます。先ほどのホワイトモックアップをかざすことで、プロジェクションマッピングの展示で鑑賞したムービーをツリー上に表示することが出来ます。こちらも映像があるのでご参照ください。


ホワイトモックアップには非接触系のICチップが埋め込まれており、それで鑑賞ログをとっていたようです。

IMG_4510galaxy.jpg

会場には、最新のGALAXY Note3、GALAXY Jのほか、スマートウォッチ「GALAXY Gear」を全色展示しているので、これらを含めて最新のエキシビションを体験したい人は、この連休中まで開催のTOKYO DESIGNERS WEEK 2013に足を運んでみたらいかがでしょうか。

▼会場
TOKYO DESIGNERS WEEK 2013 

会場:明治神宮外苑絵画館前特設会場
会期:2013年10月26日(土)~11月4日(月・祝)/ 11:00~22:00(予定)

iPad Air:インプレッション

  • Day:2013.11.01 23:21
  • Cat:iPad
IMG_4709air.jpg

Appleおよび、KDDI、ソフトバンクモバイルが本日から発売を開始した「iPad Air」について簡単にインプレッションを掲載します。撮影に使用したのは、iPad Air Wi-Fiモデル(ホワイト)。

IMG_4712air.jpg

Pros:
1) 挟額縁設計による小型化
2) 発色の良い安定したIPSディスプレイ
3) iOS 7を存分に発揮できる64ビットアーキテクチャ
4) Wi-Fi + Cellularモデルの同時発売

1) iPadは初代以降は、iPad 2〜iPad (4th generation)まで基本的なデザインに変更がなかった。2012年にiPad miniが発売されて以降は、ベゼルの幅や本体の大きさの面でどうしてもiPad miniと比較した際の見劣りがあったが、iPad Airでは「iPad miniの9.7インチ版」ならぬ瓜二つのフォームファクターを採用した。その結果、2本指でつまむ形でも持ち上げられるほどの重量や薄さを実現している。

2) IPS液晶は非常に発色が良く、視野角も広い。Retinaディスプレイは美しく、映画や電子書籍、写真のほかウェブサイトなどを閲覧するのに最適なタブレット端末だ。

3) A7/64ビットアーキテクチャを採用しているため、iMovieなどの重たいアプリケーションでも編集作業がサクサク動く。おそらく伝わりづらい特徴の1つがベンチマーク関連のスペックアップだが、iOSが持つアプリケーションはユーザーの財産であり、その財産をより快適に動かすことができるベースとなるのがまさにiPad Airだ。

4) 今回はWi-Fiモデルに加えて、Wi-Fi + Cellularモデルが同時発売された。これまで「どちらのモデルで」と悩んでいたユーザーは発売日が並んだことで親切な状況を得た。昨日、ある1例を示した簡単なiPad Air維持費の比較表を掲載したが、両モデルで悩んでいる場合、個人的にはWi-Fi + Cellularモデルを、すでに所有しているiPhoneとセット割を組んで契約することをオススメしたい。

IMG_4718air.jpg

Cons:
1) 価格が高い
2) 「Touch ID」非搭載

1) iPad Airは価格設定が高い。Wi-Fiモデルの16GBで51,800円から、容量が32GB、64GB、128GBとなるにつれて1万円ずつ機種代金が上がっていく。単純比較は出来ないが、競合のGoogle Nexus 7 (2013) が27,800円(16GB)〜販売されていることを考慮すると、iPad Airの価格は2倍弱となる。

2) iPhone 5sで搭載された「Touch ID」が非搭載だった。iPhone 5sを1ヶ月使用していて、このシステムならばiPadでも有効だと感じていただけに、指紋認証の搭載が見送られたのは残念。今後発売されるモデルで採用されることを望みたい。

関連:
iPad Air:「Wi-Fi」「Wi-Fi + Cellular」の維持費を比較/月額費は3,000円弱の違い

ノジマ六本木と「GALAXY Station」が先月末で閉店していた

  • Day:2013.11.01 15:29
  • Cat:News
六本木交差点に店舗を構えていたノジマ六本木店が先月末で閉店していたことが分かりました。ノジマ六本木には、今年5月に国内初のサムスン「GALAXY」シリーズに特化したショールーム "GALAXY Station" がオープンしましたが、ノジマ六本木の閉店に伴う形で閉鎖されました。

サムスン日本法人は、国内におけるGALAXYシリーズの販売促進の拠点としてノジマ六本木内に深夜でもスマートフォンを体験したり、アクセサリ類を購入することができるショールームを設置しましたが、秋モデルでも続いているGALAXYシリーズ不振のなか、閉鎖に至りました。

関連:
ノジマ六本木、朝5時まで営業の国内初となるGALAXYショールーム「GALAXY Station」を開設

Google、Android 4.4(KitKat)搭載の「Nexus 5」を発売

nexus5.png

Googleは、最新のAndroid 4.4(KitKat)を搭載したLGエレクトロニクスとの共同開発スマートフォン「Nexus 5」を発表し、本日より発売を開始しました。国内でも、Google Playにおいて39,800円(16GB)、44,800円(32GB)で販売されています。

Nexus 5は、Android 4.4(KitKat)を初めて搭載するGoogleブランドのスマートフォンで、5インチフルHD(1920×1080ピクセル)IPSディスプレイを採用し、CPUには2.3GHzクアッドコア(MSM8974)を採用するほか、NFC、Bluetooth LEに対応しています。メインカメラには、1,300万画素カメラを採用しています。

なお、国内ではキャリアを通じての販売も予定されています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。