フォトレビュー: iPod touch (5th generation) 16GB/iSightカメラ&ループ非搭載モデル

DSC01321.jpg

Appleが、5月30日に発表して同日発売を開始した、iSightカメラとiPod touch loopがそれぞれ非搭載となるiPod touch (5th generation) 16GBモデルを入手したので簡単にフォトレビューします。

DSC01331.jpg

部品番号は「A1509」で、型番は「ME643J/A」です。

DSC01337.jpg

付属品は従来モデルと同様で、Lightningケーブル、Apple EarPods、クイックスタートガイド(当然、非搭載機能が省かれています)。

DSC01341.jpg

本体色はブラック&シルバーの1色。なお、通常のiPod touch (5th generation)にはこのカラーモデルは存在せず、背面がシルバーのモデルはフロントパネルがホワイトのホワイト&シルバーが用意されています。

DSC01346.jpg

ブラック&シルバーの配色は、初代iPhoneを思い起こします。ご覧のようにiSightカメラとiPod touch loopが省略された廉価モデルとなります。

DSC01353.jpg

DSC01355.jpg

通常のiPod touch (5th generation)との比較です。本体サイズは変わらないものの、iSightカメラとiPod touch loopの非搭載により、重量が2g軽くなりました。カメラまわりの段差がなくなったのでスッキリした印象です。
スポンサーサイト

Apple、円安基調を受けてiPad/iPodシリーズを最大1万6000円値上げ

Appleが、日本国内におけるiPad/iPodシリーズの販売価格を値上げしました。値上げ幅は、最大で16,000円となっています。

iPod touch (5th generation) 64GBモデル 39,800円(旧:33,800円)
iPod touch (5th generation) 32GBモデル 29,800円(旧:24,800円)

iPod nano (7th generation) 14,800円(旧:12,800円)

iPod shuffle (4th generation) 4,800円(旧:4,200円)

iPod classic 160GBモデル 24,800円(旧:20,900円)

iPad (4th generation) with Wi-Fi 128GBモデル 79,800円(旧:66,800円)
iPad (4th generation) with Wi-Fi 64GBモデル 69,800円(旧:58,800円)
iPad (4th generation) with Wi-Fi 32GBモデル 59,800円(旧:50,800円)
iPad (4th generation) with Wi-Fi 16GBモデル 49,800円(旧:42,800円)
iPad (4th generation) with Wi-Fi+Cellular 128GBモデル 93,800円(旧:77,800円)
iPad (4th generation) with Wi-Fi+Cellular 64GBモデル 83,900円(旧:69,800円)
iPad (4th generation) with Wi-Fi+Cellular 32GBモデル 73,800円(旧:61,800円)
iPad (4th generation) with Wi-Fi+Cellular 16GBモデル 63,800円(旧:53,800円)

iPad 2 with Wi-Fi 16GBモデル 39,800円(旧:34,800円)
iPad 2 with Wi-Fi+3G 16GBモデル 53,800円(旧:45,800円)

iPad mini with Wi-Fi 64GBモデル 52,800円(旧:44,800円)
iPad mini with Wi-Fi 32GBモデル 42,800円(旧:36,800円)
iPad mini with Wi-Fi 16GBモデル 32,800円(旧:28,800円)
iPad mini Wi-Fi+Cellular 64GBモデル 66,800円(旧:55,800円)
iPad mini Wi-Fi+Cellular 32GBモデル 56,800円(旧:47,800円)
iPad mini Wi-Fi+Cellular 16GBモデル 46,800円(旧:39,800円)

HTC、Googleリファレンスモデル「HTC One with Nexus experience」発表

HTC_One_Google-FEATURED.jpg

HTCが、同社のフラグシップスマートフォン「HTC One」をGoogleリファレンスモデルの「Nexus」シリーズにアレンジした「HTC One with Nexus experience」を発表しました。米国では、Google Playを通じて6月26日から発売を開始、価格は599ドルとなっています。

HTC One with Nexus experienceは、オリジナルのHTC Oneに標準搭載されているHTC Senseを省き、Android 4.2.2のネイティブ環境がプリインストールされています。

Apple、iSightカメラ非搭載の「iPod touch (5th generation)」を発表

スクリーンショット 2013-05-30 17.20.55

Appleが、iSightカメラとiPod touch loopが非搭載の「iPod touch (5th generation)」を発表しました。容量は16GBモデルのみ、カラーはブラック&シルバーの1色となっており、価格は22,800円で本日より出荷を開始します。

なお、ブラック&シルバーの組合せはiSightカメラ非搭載の本モデル限定となります。通常モデルにはホワイト&シルバーのみラインナップされています。

両モデルでサイズに違いはありませんが、重量が2g軽くなりました。

日本マイクロソフト、Surface Proを本日発表/6月上旬発売=日本経済新聞(更新)

  • Day:2013.05.29 00:22
  • Cat:News
surface-pro-black-keyboard.jpg

日本マイクロソフトは、同社のタブレット型PCの上位機種でWindows 8 Proを搭載する「Surface Pro」を国内で本日発表し、6月上旬より発売します。日本経済新聞が、29日付で報じました。

記事によると、Surface Proは、日本市場向けに「Office 2013」を標準搭載して10万円前後の見通しです。販売チャネルとしては、ヤマダ電機系、ビックカメラ系、ヨドバシカメラ、ケーズデンキ系、エディオン系と日本マイクロソフトの直営オンラインストアで展開します。

同社は、Windows RTを搭載する「Surface RT」を3月に国内で発売しましたが、Surface Proについては国内未発売状態でした。

更新:
574733_508624725858500_1253333824_n.jpg

渋谷のティーザー広告の文字が「Surface Pro」に変わりました。(via Surface Facebookページ

KDDI、「HTC J One HTL22」ホワイトメタルを6月1日発売

  • Day:2013.05.28 15:06
  • Cat:au
DSC01224.jpg

KDDIが、フルメタルボディのスマートフォン「HTC J One HTL22」を6月1日(土)より順次発売すると発表しました。

6月1日に発売されるのはホワイトメタルとなり全国で発売されます。ブラックメタルについては、6月上旬発売予定で、準備が整い次第順次発売するとのことです。

DSC01222.jpg

HTC J Oneは、OSにAndroid 4.1 Jelly Beanを採用した4.7インチフルHD(1920x1080ピクセル / 480ppi)ディスプレイ搭載のフラグシップスマートフォンです。CPUには、1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064T)を搭載しています。

関連:
レポート: HTC NIPPON「HTC J One HTL22」発売記念イベント "Meet the HTC Night"

レポート: HTC NIPPON「HTC J One HTL22」発売記念イベント "Meet the HTC Night"

  • Day:2013.05.25 08:35
  • Cat:au
DSC01265.jpg

KDDIが、2013年の夏モデル4機種のうちの1つとしてHTC製のフラグシップモデル「HTC J One HTL22」を発表した5月20日(月)、HTC NIPPONが主催するHTC J One発売記念イベント「Meet the HTC Night」が青山迎賓館で開催されました。

8771136638_8a45d44bd0_z.jpg

結婚式場としてお馴染みの青山迎賓館は、HTCのコーポレートカラーであるグリーンにライトアップされていました。

8766375451_8a29aeacf5_z.jpg

パーティー会場の円卓には発表されたばかりの「HTC J One HTL22」の実機が3つずつ置かれていて、自由に端末を触ることが出来ました。

8771069824_6b4b9d2b72_z.jpg

イベントは、HTC NIPPON代表取締役社長の村井良二氏のご挨拶後、来日したHTC Corporationのピーター・チョウCEOが、HTC J Oneと日本市場に込めた思いを語りました。

8770572893_c59a145c93_z.jpg

その後、スケジュールでは伏せられていたスペシャルゲスト、KDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登場して、チョウCEOとのツーショットトークが展開されました。チョウCEOは、日本市場向けにアレンジを加えたHTC J Oneに関して「(HTCとKDDIの)情熱を感じてほしい」と述べました。

DSC01239.jpg

乾杯の音頭はHTCとKDDIの両代表を交えて行われ、HTCコーポレートカラーのグリーンが鮮やかなオリジナルカクテルが振舞われました。

DSC01264.jpg

別の会場ではタッチアンドトライのコーナーも用意されていて、HTC J Oneのほか、各種アクセサリやモバイルバッテリーが展示されていました。

DSC01224.jpg

さて、今回の主役であるHTC J One HTL22についてレビューします。HTC J Oneは、OSにAndroid 4.1 Jelly Beanを採用した4.7インチフルHD(1920x1080ピクセル / 480ppi)ディスプレイ搭載のフラグシップスマートフォンです。CPUには、1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064T)を搭載しました。

筐体にはフルメタルボディを採用していて、その質感は「iPhone 」5に匹敵する完成度の高さだと感じました。(「フルメタルボディ」とはボディの一部に金属を使ったiPhone 5との違いをアピールしているのかもしれません。)また、スマートフォンには珍しく、ディスプレイの上下にステレオのデュアルフロントスピーカーを搭載しており、ムービー再生時などに音が自然にフロント側に響くようになっています。

DSC01222.jpg

特筆すべきは、1600万画素など高画素化が進むスマートフォンのメインカメラに、あえてライバルメーカーよりも低画素と言える400万画素「HTC UltraPixel Camera」を採用した点です。感度やF値など、各メーカーが暗所に強いカメラをアピールする中、HTCは1画素あたりの面積を一般的な1300万画素カメラの3倍にして、3倍の光を取り込む明るいカメラを実現しました。

IMAG0015_ZOE006_SHOT.jpg

なお、HTC J Oneで撮影した写真が上記で、感覚としては暗い所でもある程度の光があれば視認性が高い写真を撮ることが出来ると感じました。スマートフォンで撮った写真は主にソーシャルメディアへの投稿やスマートフォン内部での保存・閲覧に使われるため、画素数を抑えて感度を上げたことには私は「アリかな」と思います。(写真はリサイズされているのであくまで参考程度。)

DSC01246.jpg

HTC J Oneは、日本市場向けの赤外線通信、おサイフケータイ、ワンセグにも対応しています。リアカバーは写真のように取り外すことが可能で、グローバルモデルには存在しないmicroSDカードスロットも追加しました。

DSC01255.jpg

なお、写真は新しい機能「HTC Zoe」で保存することも出来ます。HTC Zoeは、写真を撮る1秒前から4秒間20枚の写真に加えて、3秒間のフルHD動画を記録します。その中からベストショットを選ぶこともできるほか、サムネイル画面ではひとつの動画として再生されるので、撮影時の前後のストーリーも保存できるという斬新な機能です。

端末についてはまた別の機会で詳しくレビューしようと思いますが、HTCが日本市場向けの端末に注力したKDDIの「HTC J ISW13HT」〜「HTC J butterfly HTL21」〜「INFOBAR A02 HTX21」を利用してきたユーザーとしては、HTCらしい金属感ある成熟したメタルボディを採用した新モデルを歓迎するとともに、4.7インチフルHDという高精細ディスプレイの実現、画素数では語れないカメラ機能の進化など、まさに「こんなの、はじめて。」というコピーに相応しい正統に進化したモデルと言えます。

INFOBAR A02 HTX21関連:
フォトレビュー: INFOBAR A02 (HTX21)

HTC J butterfly HTL21関連:
レビュー: HTC製フルHDスマートフォン「HTC J butterfly HTL21」(製品版総評)
★HTC J butterfly: iPhone 5向け「au Nano IC Card (LTE)」を利用可能
レビュー:HTC製フルHD搭載「HTC J butterfly HTL21」(筐体篇/製品版)
レビュー:HTC製フルHD搭載「HTC J butterfly HTL21」(小ネタ篇)
レビュー:HTC製フルHD搭載「HTC J butterfly HTL21」(超高解像度篇)
レビュー:HTC製フルHDディスプレイ搭載「HTC J butterfly HTL21」

HTC J ISW13HT関連:
レビュー: HTC J(ISW13H)ユーザーインターフェイス篇その2
レビュー: HTC J(ISW13H)ユーザーインターフェイス篇その1
レビュー: HTC J(ISW13HT)

NTTドコモ「GALAXY S4 SC-04E」スマートフォン販売過去最速ペース=日本経済新聞

DSC01277.jpg

日本経済新聞は、NTTドコモが本日から発売したサムスンエレクトロニクス製スマートフォン「GALAXY S4 SC-04E」が、同社スマートフォンの出足として過去最速で、年間100万台を優に超えるペースのようだと報じました。

ドコモは、夏モデルからスマートフォンの人気に応じて販促費に差をつけることで、人気モデルがより安価な価格帯となる手法を導入しており、Xperia A SO-04EとGALAXY S4の「ツートップ」をより購入しやすい価格帯に設定、なかでも高機能でブランド力も高いGALAXY S4を戦略スマートフォンと位置づけ、最も多くの販促費を投じています。

サムスンは、GALAXY S4の販売台数が、4月末のグローバルローンチからわずか1ヶ月足らずで1,000万台を突破したと発表しています。

関連:
サムスン:「日本市場でAppleを抜き首位を目指す」/販促費大幅拡大=日本経済新聞
サムスン日本法人、GALAXYシリーズの国内拡販強化=関係筋

フォトレビュー: GALAXY S4 SC-04E(Black Mist)

DSC01281.jpg

本日発売されたNTTドコモの夏モデル「GALAXY S4 SC-04E」を購入したので、簡単なフォトレビューを掲載します。なお、同モデルの一括価格は83160円で、新規契約で月々サポート2835円(24ヶ月合計68040円)、機種変更で月々サポート1995円(24ヶ月合計47880円)、MNPで月々サポート3465円(24ヶ月合計83160円)という価格設定となっています。
※特定条件を満たせば特別価格での購入も可能(参考:ドコモのツートップ

DSC01276.jpg

GALAXY S4 SC-04Eの化粧箱は、グローバルモデルと同様の木目調がベースになっており、同梱品の保証書やクイックマニュアルもカラーが統一されています。

DSC01277.jpg

GALAXY S4 SC-04Eは、ドコモの夏モデル「ツートップ」として大々的に売り出されており、販促費やインセンティブも他の機種よりかなり多く拠出されているため、メディア露出をはじめ、価格帯も攻撃的な実質負担額に設定されています。

「ツートップ」では、ハイエンドモデルの位置づけになっており、OSには最新のAndroid 4.2.2 Jelly Beanを、ディスプレイには5.0インチフルHD(1920x1080ピクセル / 440ppi)SuperAMOLEDを採用、GALAXYのフラグシップモデルでは初めてフルHDの解像度を採用しました。

DSC01297.jpg

また、CPUには1.9GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064T)を採用しています。グローバルモデルには、1.6GHzオクタコアプロセッサ(Exynos 5)を搭載したモデルもありますが、国内向けには安定したAPQ8064Tでクロック数を最大の1.9GHzとして最高のパフォーマンスを選択しました。

前モデルの「GALAXY S III α SC-03E」よりもディスプレイサイズは拡大しましたが、端末サイズは若干小さくなり、薄さも8mmとさらに薄くなりました。電池容量も2,600mAhに大容量化されています。

DSC01284.jpg

メインカメラには、1320万画素裏面照射型CMOSカメラを、フロントカメラには210万画素CMOSカメラを採用。おサイフケータイ、ワンセグなど国内仕様も搭載しており、今回GALAXYシリーズとして初めてNOTTVに対応させました。

OtterBox、LifeProofを買収

  • Day:2013.05.23 08:06
  • Cat:iPhone
otterbox-logo.png

米国の携帯電話向けアクセサリメーカー大手OtterBox(コロラド州)は、現地時間22日、防水iPhoneケースでお馴染みのLifeProof(カリフォルニア州)を買収したと発表しました。買収額など契約内容は明らかにされていません。

OtterBoxによると、今後1ヶ月でOtterBoxのラインナップにLifeProofの製品を取り入れていくとしています。

OtterBoxは、昨年11月、保護シートブランドのWrapsolを買収しています。

サムスン、ノジマ六本木で本日23時半から「GALAXY S4 SC-04E」発売カウントダウン開催/23日0時から国内最速発売

sc04e.jpg

サムスン電子ジャパンは、ノジマ六本木店内のGALAXYシリーズに特化したショールーム「GALAXY Station」において、本日午後11時30分より「GALAXY S4 SC-04E」発売カウントダウンイベントが開催されると案内しています。

GALAXY Stationでは、国内最速となる23日午前0時よりGALAXY S4 SC-04Eの発売を開始します。(MNPは午前11時からの受付)

関連:
サムスン:「日本市場でAppleを抜き首位を目指す」/販促費大幅拡大=日本経済新聞
ノジマ六本木、朝5時まで営業の国内初となるGALAXYショールーム「GALAXY Station」を開設
サムスン日本法人、GALAXYシリーズの国内拡販強化=関係筋

KDDI、ハイエンドモデル「HTC J One」など夏モデル4機種を発表

  • Day:2013.05.20 11:04
  • Cat:au
スクリーンショット 2013-05-20 11.05.17

KDDIは、本日開催された新商品発表会において、HTC製のハイエンドモデルを日本仕様にアップデートした「HTC J One HTL22」など夏モデルスマートフォン4機種を発表しました。

HTC J Oneは、グローバルモデル「HTC One」をベースに国内特化機能を搭載したアレンジモデルです。日本市場のニーズを踏まえておサイフケータイなどに対応します。

Xperia ULは、Xperia Zベースのハイエンドモデルで、基本機能は同様になっていますが、Xperia Zでガラス素材だった背面に変更があります。

HTC J One HTL22
htcjone.jpg

OS:Android 4.1 Jelly Bean
ディスプレイ:4.7インチフルHD(1920x1080ピクセル / 480ppi)
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064)
カメラ:400万画素カメラ(メイン)210万画素カメラ(サブ)
その他:赤外線通信、おサイフケータイ、ワンセグ
製造:HTC
発売時期:6月上旬


Xperia UL SOL22
xperiaul.jpg

OS:Android 4.1 Jelly Bean
ディスプレイ:5インチフルHD(1920x1080ピクセル / 443ppi)
CPU:1.5GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064)
カメラ:1310万画素カメラ(メイン)31万画素カメラ(サブ)
その他:おサイフケータイ、ワンセグ、防水、防塵
製造:ソニーモバイルコミュニケーションズ
発売時期:5月25日発売

URBANO KYY21
ubn.jpg

OS:Android 4.1 Jelly Bean
ディスプレイ:4.7インチHD(1280x720ピクセル / 312ppi)
CPU:1.5GHzデュアルコアプロセッサ
カメラ:1300万画素カメラ(メイン)97万画素カメラ(サブ)
その他:おサイフケータイ、ワンセグ、防水、防塵
製造:京セラ
発売時期:6月下旬以降

AQUOS PHONE SERIE SHL22
serie.jpg

OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:4.9インチHD(1280x720ピクセル / 300ppi)IGZO液晶
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064)
カメラ:F1.9 / 1310万画素カメラ(メイン)207万画素カメラ(サブ)
その他:おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、防水、防塵
製造:シャープ
発売時期:7月下旬以降

サムスン:「日本市場でAppleを抜き首位を目指す」/販促費大幅拡大=日本経済新聞

sc04e.jpg

サムスンエレクトロニクス社モバイル事業部門のイ・ヨンヒ副社長は、日本経済新聞のインタビューにおいて、5月23日にNTTドコモから発売される「GALAXY S4 SC-04E」の広告費を従来より約5割増やし、今年度中に最低100万台を販売する方針を明らかにしました。

サムスンは、家電量販店で専用の陳列棚を設けたほか、ノジマ六本木店内にGALAXYシリーズに特化したショールーム「GALAXY Station」をオープンさせました。

同氏は、インタビューのなかで、日本市場で1000万台超を販売するAppleを抜き首位を目指すとの目標を語りました。

関連:
ノジマ六本木、朝5時まで営業の国内初となるGALAXYショールーム「GALAXY Station」を開設
サムスン日本法人、GALAXYシリーズの国内拡販強化=関係筋

ノジマ六本木、朝5時まで営業の国内初となるGALAXYショールーム「GALAXY Station」を開設

nojima-roppongi.jpg
(ノジマ六本木店舗イメージ)


ノジマ六本木店は、5月16日(木)、国内初のサムスン「GALAXY」シリーズに特化したショールーム "GALAXY Station" をオープンしました。平日の営業時間は11時〜翌朝5時で、深夜でもスマートフォンを体験したり、アクセサリ類を購入することができます。

GALAXY Stationでは、5月23日に発売される「GALAXY S4 SC-04E」を国内最速の午前0時に販売開始します。

関連:
サムスン日本法人、GALAXYシリーズの国内拡販強化=関係筋

NTTドコモ、GALAXY S4をiPhone対抗の戦略スマートフォンに設定=日本経済新聞

sc04e.jpg

NTTドコモは、昨日発表した夏モデルでツートップに位置づけたサムスン製「GALAXY S4 SC-04E」およびソニーモバイル製「Xperia A SO-04E」のなかでも、特にGALAXY S4を戦略スマートフォンと定め、KDDIとソフトバンクモバイルが販売するApple製「iPhone 5」に対抗し、結果次第で同社はiPhone導入の選択肢を迫られる可能性があります。日本経済新聞が、16日付けの記事で言及しました。

ドコモは、夏モデルからスマートフォンの人気に応じて販促費に差をつけることで、人気のモデルがより安価な価格帯となる手法を導入、製造メーカーを大きく3つのグループに分け、事前調査で人気の高いXperia Aを実質価格5,000円程度、GALAXY S4を実質価格15,000円程度で販売し、最も多くの販促費を投じます。

主にKDDIとソフトバンクのiPhoneの存在により、ドコモからの顧客流出はここ数年顕著で、2012年度には他社への転出の超過数が過去最悪の140万件にのぼりました。

そのためドコモは、iPhoneへの対抗馬を明確にして今回の夏モデルでも「ツートップ」をより購入しやすい価格帯に設定し、なかでも高機能でブランド力も高いGALAXY S4を戦略スマートフォンと位置づけました。

ただ、スマートフォン市場において世界ではシェア30%以上を誇るサムスンも、国内ではAppleのシェア35%から大きく差を付けられシェア8%にとどまります。

今回の戦略が功を奏した場合、ドコモはiPhoneを導入しない独自路線を見いだせると同時にAppleとの交渉でも優位に立てる可能性がありますが、このツートップ戦略をもっても顧客流出に歯止めがかけられなかった場合は、Appleの厳しい条件を受け入れる形でiPhoneを導入する状況を迫られます。

ドコモは、夏モデルにおいてサムスン、ソニーモバイルをツートップとして重点的に販促費を投じる第1グループにカテゴライズし、第2グループにシャープ、富士通などを、第3グループにNECカシオモバイルコミュニケーションズなどを分類しました。

当ブログでは3月、サムスン電子ジャパンが国内の「GALAXY」シリーズの各種販売促進を大幅に強化する方針だと伝えていました。

関連:
サムスン日本法人、GALAXYシリーズの国内拡販強化=関係筋
NTTドコモ、2013年夏モデルなど11機種を発表
NTTドコモ、夏モデルより人気度で販促費を差別化/下位メーカーは統合再編不可避へ=日本経済新聞

NTTドコモ、夏モデル新サービスの特集ページに「iPhone」らしきスマートフォンが掲載されるミス(削除)

スクリーンショット 2013-05-16 12.28.26

NTTドコモが、昨日発表した夏モデルの新サービスを特集するウェブページに掲載されているイメージカットに、同社が現時点では取り扱っていないAppleの「iPhone」らしきスマートフォンが使用されています。

制作段階でのミスと考えられますが、早期に修正したほうが良いと思います。

更新:
スクリーンショット 2013-05-16 15.20.51

ドコモが、当該イメージを削除しました。

更新2:

スクリーンショット 2013-05-16 21.32.26

該当イメージが削除されて寂しい感じだった右側のスペースが、このように変更されました。

NTTドコモ、本日発表の夏モデル11機種の内覧会を東京・名古屋・大阪で開催

スクリーンショット 2013-05-15 12.01.31

NTTドコモは、本日発表した夏モデル11機種の新商品内覧会を東京、名古屋、大阪で今週末より順次開催します。一般ユーザーの参加対象者は、DCMX会員(DCMX mini除く)とドコモプレミアクラブ プレミアステージ会員となります。なお、同伴者は何名でも入場可能です。

地域別の開催日時は下記のとおりです。開催場所などの詳細はドコモのウェブサイトをご確認ください。

【開催日時】
・東京会場
2013年5月17日(金) 午後5時~午後9時
2013年5月18日(土) 午前10時30分~午後7時
2013年5月19日(日) 午前10時30分~午後5時
・名古屋会場
2013年5月24日(金) 午後6時~午後9時
2013年5月25日(土) 午前11時~午後6時
2013年5月26日(日) 午前11時~午後6時
・大阪会場
2013年5月31日(金) 午後5時~午後9時
2013年6月1日(土) 午前10時30分~午後7時
2013年6月2日(日) 午前10時30分~午後5時

関連:
NTTドコモ、2013年夏モデルなど11機種を発表

NTTドコモ、2013年夏モデルなど11機種を発表

スクリーンショット 2013-05-15 12.01.31

NTTドコモは、本日開催された2013夏モデル新商品・新サービス発表会において、夏モデルのAndroidスマートフォン11機種を発表しました。今週より順次発売を開始します。

夏モデルでは、全モデルがクアッドコアプロセッサを搭載しているほか、F-08Eを除く全モデルでNOTTVの視聴に対応しました。5インチ以上の大画面ディスプレイを搭載するモデルは3機種(タブレット1機種含む)となり、冬春モデルに比べて減少傾向にあります。今回、ARROWS NX F-06Eが、ドコモスマートフォンでは夏モデル最大となる5.2インチディスプレイを採用しています。

一方で、ELUGA P P-03E、AQUOS PHONE ZETA SH-06Eのように、4インチ後半のディスプレイサイズにフルHDの解像度を採用するモデルも見られ、P-03Eは468ppiを実現しています。

また、フルセグに対応するモデルが2機種ラインナップされました。

なお、今回発表された夏モデルから、これまでのドコモスマートフォンの「NEXT series」「with series」というカテゴライズが廃止され、ドコモスマートフォンとして一本化されました。

Xperia A SO-04E
OS:Android 4.1 Jelly Bean
ディスプレイ:4.6インチHD(1280x720ピクセル / 319ppi)Reality Display
CPU:1.5GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064)
カメラ:1310万画素カメラ(メイン)31万画素カメラ(サブ)
その他:おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、NOTTV、防水、防塵
製造:ソニーモバイルコミュニケーションズ
発売時期:5月17日

GALAXY S4 SC-04E
OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:5.0インチフルHD(1920x1080ピクセル / 440ppi)SuperAMOLED
CPU:1.9GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064T)
カメラ:1320万画素カメラ(メイン)210万画素カメラ(サブ)
その他:おサイフケータイ、ワンセグ、NOTTV
製造:サムスンエレクトロニクス
発売時期:5月23日

ARROWS NX F-06E
OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:5.2インチフルHD(1920x1080ピクセル / 423ppi)
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064T)
カメラ:1630万画素カメラ(メイン)120万画素カメラ(サブ)
その他:おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、フルセグ、NOTTV、防水、防塵、指紋認証
製造:富士通
発売時期:6月中旬

Disney Mobile on docomo F-07E
OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:4.7インチHD(1280x720ピクセル / 312ppi)
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064T)
カメラ:1310万画素カメラ(メイン)120万画素カメラ(サブ)
その他:おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、NOTTV、防水、防塵、指紋認証
製造:富士通
発売時期:7月中旬

らくらくスマートフォン2 F-08E
OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:4.3インチQHD(960x540ピクセル / 256ppi) White Magic液晶
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064T)
カメラ:メイン/サブ
その他:おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、防水、防塵
製造:富士通
発売時期:8月中旬

AQUOS PHONE ZETA SH-06E
OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:4.8インチフルHD(1920x1080ピクセル / 460ppi)IGZO液晶
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064)
カメラ:F1.9 / 1310万画素カメラ(メイン)207万画素カメラ(サブ)
その他:おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、NOTTV、防水
製造:シャープ
発売時期:5月24日

AQUOS PHONE si SH-07E
OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:4.3インチHD(1280x720ピクセル / 342ppi)
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064)
カメラ:F1.9 / 1310万画素カメラ(メイン)120万画素カメラ(サブ)
その他:おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、NOTTV
製造:シャープ
発売時期:6月下旬

AQUOS PAD SH-08E
OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:7.0インチWUXGA(1920x1200ピクセル / 320ppi)IGZO液晶
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064)
カメラ:808万画素カメラ(メイン)207万画素カメラ(サブ)
その他:ワンセグ、フルセグ、NOTTV
製造:シャープ
発売時期:7月下旬

Optimus it L-05E
OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:4.5インチHD(1280x720ピクセル / 326ppi)
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064T)
カメラ:1320万画素カメラ(メイン)
その他:おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、NOTTV
製造:LGエレクトロニクス
発売時期:6月下旬

MEDIAS X N-06E
OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:4.7インチHD(1280x720ピクセル / 312ppi)
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064)
カメラ:1310万画素カメラ(メイン)130万画素カメラ(サブ)
その他:おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、NOTTV、防水、防塵
製造:NECカシオモバイルコミュニケーションズ
発売時期:6月下旬

ELUGA P P-03E
OS:Android 4.2 Jelly Bean
ディスプレイ:4.7インチフルHD(1920x1080ピクセル / 468ppi)
CPU:1.7GHzクアッドコアプロセッサ(APQ8064)
カメラ:1340万画素カメラ(メイン)130万画素カメラ(サブ)
その他:ブラック ジルコニアキー搭載、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、NOTTV、防水、防塵、気圧センサー
製造:パナソニック モバイルコミュニケーションズ
発売時期:6月下旬

NTTドコモ、夏モデルより人気度で販促費を差別化/下位メーカーは統合再編不可避へ=日本経済新聞

  • Day:2013.05.15 02:38
  • Cat:iPhone
NTTドコモは、本日発表の夏モデルより、スマートフォンの人気に応じて販促費に差をつけることで、人気のモデルがより安価な価格帯となる手法を導入します。日本経済新聞が、15日付で報じました。

記事によると、夏モデルでは機種を大きく3つのグループに分け、事前調査で人気の高いソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia」の新機種とサムスンエレクトロニクス製「GALAXY」の新機種を、最も多くの販促費を投じる第1グループとして端末代金の実質価格を1万円程度とします。また、第2グループは富士通やシャープなどの新機種で実質価格は2万円以上になる見込みです。

NECカシオモバイルコミュニケーションズ製「MEDIAS」などその他のメーカーは第3グループに分類され、端末代金は実質価格で3万円以上になるとしています。

この手法の導入により、人気モデルは端末代金も安価になるため販売台数向上につながる一方で、人気モデルのないメーカーは高価な端末代金も要因に加わり販売台数の減少を免れないため、下位メーカーは統合再編を含めた抜本的な見直しを余儀なくされます。

ドコモでは、こうした手法により、KDDIとソフトバンクモバイルが販売する「iPhone」に対抗するほか、メーカーの切磋琢磨により国内メーカー勢の競争力向上に繋げたい考えです。

Apple、次期iPhoneのホームボタンにタッチセンサーと指紋認証機能のためサファイアクリスタルを採用?=Cult of Mac

  • Day:2013.05.14 21:47
  • Cat:iPhone
screen-shot-2013-04-02-at-1-47-15-pm.png

Cult of Macは、台湾のTechNewsが掲載したAppleのサプライチェーンからの情報として、次期iPhoneのホームボタンには、現在のiPhone 5のカメラ部分に採用されているサファイアクリスタルガラスを採用する可能性があると伝えています。

サファイアクリスタルについて、Appleは、iPhone 5の製品紹介で「透明な素材としてはダイヤモンドの次に硬い素材」としており、非常に傷がつきにくいとしています。

記事によると、Appleは、次期iPhoneのホームボタンに静電式タッチセンサーを搭載するとともに、指紋認証センサーを搭載するため、傷などに強いサファイアクリスタルを採用する可能性があると指摘します。

TechNewsによると、次期iPhoneは、廉価版iPhoneと同じく8月から9月にかけて発売されるとのことです。

関連:
Apple、複数の新しいiPhoneを9月頃に発売?/TD-LTE年内対応へ=モルガン・スタンレー
シャープ、6月にも「iPhone 5S」向け液晶パネルを量産=日刊工業新聞
サプライヤー国内各社、今秋発売の新しいiPhoneに向け部品増産=日本経済新聞
新しいiPhoneとiPad、発表は9月以降か=AllThingsD
Tim Cook CEO: 「素晴らしい製品を秋から2014年にかけて用意」=AppleInsider
Appleの「iPhone 5S」指紋認証を妨げないコーティング材をめぐり出荷遅延か=ロイター
Appleの2013年度製品ロードマップに遅延の可能性/「iPhone 5S」「廉価版iPhone」「新しいiPad mini」影響=AppleInsider

シャープ、白物家電を韓国サムスンにOEM供給へ=共同通信

  • Day:2013.05.12 03:15
  • Cat:Gadget
スクリーンショット 2013-03-05 23.58.45

経営再建中のシャープは、3月に資本・業務提携した韓国サムスン電子に、同社の白物家電をOEM供給する方針であることが明らかになりました。共同通信が報じました。

白物家電には、冷蔵庫や洗濯機などが含まれており、韓国でのサムスンブランドの知名度を活かして、白物家電の販売数を拡大したい狙いです。

関連:
シャープ、サムスン電子ジャパンとの資本提携を発表/中小型液晶パネルで協業強化

(PRODUCT) RED、オリジナルステッカーを期間限定で配布中

  • Day:2013.05.11 01:29
  • Cat:Gadget
pred.jpg

世界各国のメーカーが、対象製品の収益の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に寄付することで、アフリカのエイズ・プログラム支援に充てる寄付システム(PRODUCT) REDは、期間限定で、Facebookページに「いいね!」をしたユーザーを対象にオリジナルステッカーを世界各国に送付するキャンペーンを開催しています。

オリジナルステッカーは、2種類あり、赤地に白で「(RED)」と書かれたパターンと、白地に赤で「I'M INSPI(RED)」と書かれたパターンから選べ、ステッカーを身近で貼って意思表示や啓発に利用できます。

ステッカーは、任意の国・地域の住所に送付可能になっています。

(PRODUCT) REDには、Apple、コカ・コーラ、スターバックスのほか、トウス、mophie、バガブーなどが参加しています。

NTTドコモ、商号を通称の「株式会社NTTドコモ」へ正式に変更へ

docomo_rogo.jpg

NTTドコモは、定款上の商号「株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ」を、6月18日開催予定の第22回定時株主総会の承認をもって、商号を「株式会社NTTドコモ」へ変更することを取締役会で決議したと発表しました。

同社はこれまで、定款上の商号と、通称の「株式会社NTTドコモ」を併用していました。

商号変更は、2013年10月1日に実施されます。

なお、英文表記については、従来と同じ「NTT DOCOMO, INC.」が用いられます。

Google、フルHD搭載の第2世代「Nexus 7」5月発表/第2世代「iPad mini」発売遅延見越す=AppleInsider

IMG_7406.jpg

AppleInsiderは、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleの「iPad mini (2nd generation)」の発売遅延が予想される中、Googleは、5月15日から開催されるデベロッパカンファレンス「Google I/O」において第2世代となるASUS製「Nexus 7」を発表すると伝えています。

第2世代Nexus 7は、7インチフルHD(1920x1200ピクセル)ディスプレイを搭載し、323ppiの高精細ディスプレイに進化します。また、CPUにはクアルコム社「Snapdragon S4 Pro (APQ8064)」プロセッサを、カメラには500万画素の背面カメラを新たに搭載します。

また、第2世代Nexus 7では、すでにNexus 4で対応しているワイヤレス充電規格「Qi」に対応させます。

価格帯は、これまで同様のエントリーレベルである199ドル前後となります。

同氏は、Google I/Oでは、Android 4.3(Jelly Bean)が公開され、Android 5.0 (Key Lime Pie)は披露されないだろうと予測しています。

関連:
Google、第2世代「Nexus 7」を7月発売=ロイター

Apple、複数の新しいiPhoneを9月頃に発売?/TD-LTE年内対応へ=モルガン・スタンレー

  • Day:2013.05.08 22:04
  • Cat:iPhone
screen-shot-2013-04-02-at-1-47-15-pm.png

AppleInsiderは、モルガン・スタンレーのアナリストKaty Huberty氏の最新レポートによると、Appleは、複数の新しいiPhoneを9月ごろに発売すると予測していると伝えています。

同氏は、次期iPhoneラインナップの1つでローエンドの価格帯となるiPhoneは、中国で強力な販売台数が予想されるとしており、TD-LTEライセンスの認可および対応モデルの発売も年内までに完了するだろうとしています。

本日、日刊工業新聞が、シャープは6月にもAppleの次期スマートフォン「iPhone 5S」向けの液晶パネルを量産する見込みだと報じたほか、先日は日本経済新聞が、エルピーダメモリや村田製作所など国内の電子部品メーカー各社は夏までにモバイル用DRAMやSAWフィルターの生産能力を引き上げて、今秋発売される次期iPhoneに備えると報じました。

関連:
シャープ、6月にも「iPhone 5S」向け液晶パネルを量産=日刊工業新聞
サプライヤー国内各社、今秋発売の新しいiPhoneに向け部品増産=日本経済新聞
新しいiPhoneとiPad、発表は9月以降か=AllThingsD
Tim Cook CEO: 「素晴らしい製品を秋から2014年にかけて用意」=AppleInsider
Appleの「iPhone 5S」指紋認証を妨げないコーティング材をめぐり出荷遅延か=ロイター
Appleの2013年度製品ロードマップに遅延の可能性/「iPhone 5S」「廉価版iPhone」「新しいiPad mini」影響=AppleInsider

シャープ、6月にも「iPhone 5S」向け液晶パネルを量産=日刊工業新聞

  • Day:2013.05.08 08:11
  • Cat:iPhone
screen-shot-2013-04-02-at-1-47-15-pm.png

シャープは、6月にもAppleの次期スマートフォン「iPhone 5S」向けの液晶パネルを量産します。日刊工業新聞が、8日付で報じました。

年末から年始にかけて各所で報じられていたように、Apple「iPhone 5」の需要薄により稼働率が低下していた、事実上Apple向け液晶パネル専用の亀山第1工場で、ゴールデンウィークから量産準備に着手しました。

記事によると、iPhone 5Sは、現行モデルのiPhone 5と仕様が近く、iPhone 5と同様のシャープ、ジャパンディスプレイ、LGエレクトロニクスが液晶パネルを受注しており、すでに量産に着手したサプライヤーもあるとのことです。

先日、日本経済新聞は、iPhone 5Sは今秋発売で、エルピーダメモリや村田製作所など国内の電子部品メーカー各社は、夏までにモバイル用DRAMやSAWフィルターの生産能力を引き上げると報じました。

関連:
サプライヤー国内各社、今秋発売の新しいiPhoneに向け部品増産=日本経済新聞
新しいiPhoneとiPad、発表は9月以降か=AllThingsD
Tim Cook CEO: 「素晴らしい製品を秋から2014年にかけて用意」=AppleInsider
Appleの「iPhone 5S」指紋認証を妨げないコーティング材をめぐり出荷遅延か=ロイター
Appleの2013年度製品ロードマップに遅延の可能性/「iPhone 5S」「廉価版iPhone」「新しいiPad mini」影響=AppleInsider

Apple日本法人、本日より六本木ヒルズ森タワーにて業務開始

  • Day:2013.05.07 08:12
  • Cat:Apple
スクリーンショット 2013-05-07 9.23.42

Apple日本法人のApple Japan合同会社は、5月7日付で、本社を新宿の東京オペラシティから六本木ヒルズ森タワーに移転し、業務を開始しました。

MACお宝鑑定団さんによると、Apple Japanは36階と40階の2フロアに入居していて、受付は40階とのことです。

p9037793.jpg

なお、子会社のファイルメーカー株式会社と、現在Apple Store, Shibuyaが入る公園通りビルにオフィスを構えているiTunes株式会社も六本木ヒルズ森タワーに移転します。

関連:
Apple Japan: iTunes社やファイルメーカー社も六本木ヒルズ森タワーに移転=MACお宝鑑定団
Apple Japan、オフィスを六本木ヒルズに移転へ=ブルームバーグ

サプライヤー国内各社、今秋発売の新しいiPhoneに向け部品増産=日本経済新聞

  • Day:2013.05.04 10:01
  • Cat:iPhone
screen-shot-2013-04-02-at-1-47-15-pm.png

エルピーダメモリや村田製作所など国内の電子部品メーカー各社は、サムスン製のスマートフォン「GALAXY S4」が発売以来好調なのに加え、Appleが今秋にも発売する新しいiPhoneに向けて、モバイル用DRAMやSAWフィルターの生産能力を引き上げます。日本経済新聞が、4日付けで報じました。

国内の有力サプライヤーは記事の中で、今秋までに投入される次期iPhoneに向けて「夏までに部品のApple向け生産が立ち上がる」とコメントしています。

関連:
新しいiPhoneとiPad、発表は9月以降か=AllThingsD
Tim Cook CEO: 「素晴らしい製品を秋から2014年にかけて用意」=AppleInsider
Appleの「iPhone 5S」指紋認証を妨げないコーティング材をめぐり出荷遅延か=ロイター
Appleの2013年度製品ロードマップに遅延の可能性/「iPhone 5S」「廉価版iPhone」「新しいiPad mini」影響=AppleInsider
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。