ディズニー、ルーカスフィルムを買収へ/『スター・ウォーズ エピソード7』2015年公開予定

DisneyLucasFilm_489x295_0.jpg

The Walt Disney Companyは、ルーカスフィルムを40億5000万ドルで買収することで合意したと発表しました。

同社は、スター・ウォーズのサーガを描き続けるとともに将来より良いフランチャイズの成長のために、続編『スター・ウォーズ エピソード7』の2015年公開を目指します。

ルーカス氏は30日の買収合意の声明で、「スター・ウォーズを新しい世代の映画制作者に受け継いでもらう時が来たということだ」(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版より)と述べました。
スポンサーサイト

NTTドコモ、11月1日より「ドコモnanoUIMカード」提供

200804-docomo-logo.jpg

NTTドコモが、11月1日(木)より、「ドコモnanoUIMカード」の提供を開始すると発表しました。

同社のnanoUIMカードは、現時点では、nanoSIMを採用するAppleの「iPhone 5」および、11月下旬以降に発売が予定されている「iPad mini」(いずれもSIMロックフリー版)での利用が想定されていると考えられます。

新規回線契約を伴う場合は事務手数料3150円が請求され、カード発行料は無料となります。

また、公式には案内されていませんが、既存回線ユーザーは12ヶ月に1回まではUIMカードのサイズ変更を無料で申し込むことができるので、nanoUIMカードについても同様とみられます。

関連:
TIPS: UIMカードのサイズ変更は12ヶ月に1回無料で出来る(NTTドコモ)

パナソニック、携帯電話事業を大幅縮小/欧州市場から撤退へ=日本経済新聞

  • Day:2012.10.26 05:29
  • Cat:News
IMG_6753.jpg

パナソニックは、不振が続く携帯電話事業を大幅に縮小する方針で、今年4月に再参入した欧州市場から早ければ2012年中にも撤退します。日本経済新聞が、26日付で報じました。

報道によると、同社は、日本国内の携帯電話事業について、売却や他社との提携を含めて見直しを検討しているとのことです。

パナソニックモバイルは、今年4月、2005年に一度撤退した欧州市場に再参入し、国内外に対応できるグローバルモデルのスマートフォンで巻き返しをはかる計画でしたが、販売では苦戦が続いています。

また、同社は国内においても、キャリア各社の秋冬モデルにスマートフォンの新機種を投入することができませんでした。

Amazon、日本市場で電子書籍事業開始/「Kindle」11月から順次発売

  • Day:2012.10.24 18:33
  • Cat:au
スクリーンショット 2012-10-24 18.30.11

Amazon.comは、日本市場で電子書籍事業の「Kindle」サービスを開始すると正式に発表しました。まずは、10月25日(木)に電子書籍ストア「Kindle Store」をオープンさせ、専用の電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」など4機種を11月より順次発売します。

Amazonは、専用の電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を11月19日(月)から販売し、Android OS搭載のタブレット端末「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」を12月19日(水)に発売します。

Kindle Paperwhiteは、6インチの高解像度E-Inkディスプレイ(212ppi)を搭載した白黒表示の電子書籍専用端末で、ディスプレイに内蔵ライトを搭載します。WiFiモデルと、契約不要で接続無料の3G搭載モデルの2種類が用意され、前者は8,480円で、後者は12,980円で販売されます。

Kindle FireおよびKindle Fire HDは、Android OSを搭載するタブレット端末で、それぞれ12,800円、15,800円(16GB)で販売されます。

日本市場への参入に伴い、明日25日より電子書籍ストア「Kindleストア」がオープンします。同社によると、5万冊を超える日本語書籍の中に、オリコン週間ランキング入りしている書籍・文庫・漫画が最も多く揃っているとのことです。

また、同社は、Facebook限定でのキャンペーンも予告しています。

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite
posted with amazlet at 12.10.24
Amazon Digital Services, Inc - JP (2012-11-19)
売り上げランキング: 2

レポート: モトローラ「RAZR M 201M」イベント

IMG_2069.jpg

モトローラ・モビリティが、ソフトバンクモバイル向けの冬モデルとして発表したAndroidスマートフォン「RAZR M 201M」のタッチ&トライイベントが、ITmediaで開催されたので参加させていただいた。発売前というタイミングでの開催のため、RAZR Mに関心のあるユーザーが30名ほど集まっていた。

ここでは、RAZR Mの特徴を担当者のプレゼンテーションや、実機のレポートを含めてレビューする。なお、本レビューでは発売前のモデルを使用しているため、製品版と仕様が異なる場合がある。

IMG_2086.jpg

RAZR Mの最大の特徴として狭額縁設計の採用にある。狭額縁設計により、4.3インチ(540x960ピクセル)Super AMOLEDディスプレイを採用しながら、約61mmという他のスマートフォンと比較してもコンパクトな横幅に収まっている。このデザインは、筐体のサイズだけでなく、映画など長時間の視聴でディスプレイのみに集中できることも想定されている。

IMG_2135.jpg
(「オクトバ」による比較スライドから。iPhone 5との比較がわかりやすい。)

実際のサイズ感を比較するために、4インチディスプレイのiPhone 5、RAZR Mと同じ4.3インチディスプレイのXperia AX SO-01Eの横幅を引用してみた。

iPhone 5(4.0インチ/58.6mm)
RAZR M(4.3インチ/約61mm)
Xperia AX SO-01E(4.3インチ/約65mm)

同じディスプレイサイズであるXperia AXとの比較で、狭額縁設計の効果が顕著に現れている。

IMG_2087.jpg

さて、モトローラのRAZRといえば、端末のマテリアルにもこだわりがあるイメージがあるが、RAZR Mではどのような素材が使われているのだろうか。

IMG_2106moto.jpg

まず、RAZR Mのディスプレイにはスマートフォン向け強化ガラスとして有名な「Gorilla Glass 2」が採用されていて、傷が付きにくい。端末全体に撥水コーティングが施されており、防滴に対応する。

IMG_2101moto.jpg

ブラックモデルの背面には防弾ベストなどにも採用されていて鋼鉄の5倍の強度があると言われるケブラー繊維素材を使用しており、より堅牢性の高いデザインとなっている。

IMG_2079moto.jpg

なお、ホワイトモデルにはケブラーが使われていないが、担当者によると「ケブラーではホワイトカラーを出すことが出来ないため」とのことだ。背面素材の違いから、RAZR Mの筐体の厚さは、ブラックモデルとホワイトモデルで差があり、ブラックモデルのほうが約0.4mm薄い8.4mm(ホワイトは8.8mm)となっている。

IMG_2084moto.jpg

なお、RAZR Mは、下り最大76MbpsのTD-LTE方式「SoftBank 4G」に対応している。また、プロセッサには、1.5GHzデュアルコアCPU「MSM8960」を搭載しているため、通信速度面でも動作速度面でもサクサク感を得られた。

IMG_2083moto.jpg

この「4G」は、ソフトバンクのスマートフォンでは、現時点ではファーウェイ・ジャパンの「STREAM 201HW」のみ対応している。RAZR Mは未発売のため、ネットワークが混雑していないこともあってか、とても快適な通信速度を得られた。

なお、今回のイベントでモトローラの担当者は頻りに「モトローラはGoogle傘下」であることをアピールしていた。具体的な恩恵は「Googleの最新サービスをいち早く端末にお届けできる」ということだった。

RAZR Mは、おサイフケータイに対応するなど国内特化機能へのカスタマイズも施されているが、Android 4.1へのアップデートも予定されている。Google傘下のモトローラならではの素早いアップデートを期待したい。

Apple専門のPodcast「Apple Accent」、Episode 110「iPhone 5 Part 1」を配信

aatitleimage2.jpg

アップル専門ポッドキャスティング「Apple Accent」のエピソード110「iPhone 5 Part 1」を配信開始しました。

ポッドキャスターはブログ「おかゆ MacBook」のJackさん、当ブログRINGO-SANCOのFujiryuの2名でお送りいたします。

今回は、発売ほやほやのiPhone 5について、ゲットした2人のブロガーがその魅力に迫ります。



※途中、ノイズがはいっている箇所があります。申し訳ございません。
※MacではSafari、iOSデバイスではSafariやSoundCloudのアプリでお聴きいただけます。

Apple、メディアイベントを現地時間10月23日に開催=発表

mainimage.jpg

Appleが、メディアイベントを現地時間10月23日午前10時(日本時間24日午前2時)に開催すると、AllThingsDなど各メディアに案内しています。メディアへの招待状には「We’ve got a little more to show you.」と書かれています。

イベントは、サンノゼのCalifornia Theatreで開催されます。

関連:
RUMOR: Apple、メディアイベントで13インチMacBook Pro Retinaも発表へ=AllThingsD
RUMOR: Apple、10月23日に「iPad mini」発表へ=WSJ
RUMOR: 「iPad mini」米国先行発売?=MACお宝鑑定団
RUMOR: Apple、1000万台の小型iPadを発注=WSJ
KDDI、11月発売のiPad mini販売へ=日本経済新聞
RUMOR: Apple、iPad miniを量産開始=WSJ
RUMOR: Apple、iPad miniをブラジル工場で生産開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: KDDI、次世代モデル発売のタイミングで「iPad」を販売開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 「iPad mini」10月発表を確認=AllThingsD
RUMOR: 現行の「新しいiPad」micro Dockにアップデート?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 新しいサイズの「iPad」は「iPad mini」?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 次期iPhoneとiPad miniは別のメディアイベントで発表?=Daring Fireball
RUMOR: Apple、9月12日に新製品発表会を開催へ=ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
一部のiPad販売店、今週から「新しいiPad」を拡販対象に指定=情報筋
RUMOR: Apple、Google「Nexus 7」発売前夜に「iPad mini」情報をリーク?=9to5Mac
RUMOR: 「iPad mini」ブラジルのFoxconnで9月製造開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 7.85インチiPadは199ドル?=Daring Fireball
RUMOR: 小型iPadは、7.85インチ(1024 × 768)ディスプレイ?=Daring Fireball
RUMOR: Apple、8インチ未満の小型iPadの9月量産をサプライヤーに伝える?=WSJ
RUMOR: Apple、7〜8インチの小型iPadを開発?=Bloomberg
Rumor: Apple, 8インチの小型「iPad」開発?=WSJ

レポート: ファーウェイ「STREAM」と「Ascend」ブランド名について

huaweilogo.jpg

先日、ファーウェイ・ジャパン株式会社で開催されたソフトバンクモバイル向け冬モデル「STREAM 201HW」のタッチ&トライイベント(主催:ファーウェイ・ジャパン、協力:エクシズ株式会社)に出席した。

ファーウェイは、グローバルでは「Ascend(アセンド)」というブランドでスマートフォンを展開しており、NTTドコモが秋モデルとして発表した「Ascend HW-01E」も同シリーズであることを示している。

スクリーンショット 2012-10-16 18.41.58

ファーウェイのウェブサイトには、Ascendのブランド名について下記の説明があった。

"上昇する" を意味し、ファーウェイがグローバル展開するスマートフォンのシリーズ名。ファーウェイの最新のテクノロジーを駆使し、常に上を目指す人たちの日常生活を、より豊かなものへと導くキモチ昂るスマートフォンブランドです。


一方、今回ソフトバンクモバイルが発表した「STREAM 201HW」は、その名からも分かるようにAscendブランドではない。

スクリーンショット 2012-10-16 18.54.30

では、なぜ201HWは「STREAM(ストリーム)」という新たなブランド名で展開するのか、ファーウェイ・ジャパンの担当者にうかがった。

それによると、「STREAM」という単語には「速さ」というイメージがあり、ソフトバンクとブランドネームを検討した結果、最終的に「STREAM」の人気が高かったとのことだ。

イー・アクセス向けのGS03も「Ascend」ブランドを利用していないが、今回の201HWでは、何らかの理由でAscendを使えなかったのか、あるいは敢えてSTREAMを使ったのか、明確な回答はいただけなかった。

なお、「STREAM」は、小川、(モノ、人の)流れ、などの意味がある。

関連:
レポート:ファーウェイ・ジャパンとは
レビュー:ファーウェイ「STREAM 201HW」(高速起動篇)

ITmediaで開催のモトローラ「MOTOROLA RAZR M 201M」イベントに参加

001mmotoro.jpg

ITmediaが主催する、モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社のソフトバンクモバイル向け冬モデル「MOTOROLA RAZR M 201M」のタッチ&トライイベントに参加します。

当日は、モトローラの担当者の講演のほか、Androidアプリのレビューサイト「OCTOBA」編集部によるセッションが予定されています。

RAZR Mは、Android 4.0に1.5GHzデュアルコアプロセッサを採用しながらも、4.3インチSuper AMOLED(qHD)ディスプレイを搭載するコンパクトスマートフォンです。

また、スマートフォンとしては大容量の2000mAhバッテリーを搭載するほか、日本市場特化機能としておサイフケータイにも対応します。

ディスプレイには傷が付きにくい「Gorilla glass 2」を採用しているほか、背面部には、米デュポン社の高強度素材ケブラーファイバーを使用しており、堅牢性も備えます。

RUMOR: Apple、メディアイベントで13インチMacBook Pro Retinaも発表へ=AllThingsD

The Wall Street Journalの記者ブログAll Things Digitalのジョン・バツコウスキ氏は、Appleの計画に詳しい関係者の話として、Appleが10月23日に開催するとされているメディアイベントにおいて、iPad miniに加えて、Retinaディスプレイを採用する13インチMacBook Proが発表されると報じました。

関連:
RUMOR: Apple、10月23日に「iPad mini」発表へ=WSJ
RUMOR: 「iPad mini」米国先行発売?=MACお宝鑑定団
RUMOR: Apple、1000万台の小型iPadを発注=WSJ
KDDI、11月発売のiPad mini販売へ=日本経済新聞
RUMOR: Apple、iPad miniを量産開始=WSJ
RUMOR: Apple、iPad miniをブラジル工場で生産開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: KDDI、次世代モデル発売のタイミングで「iPad」を販売開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 「iPad mini」10月発表を確認=AllThingsD
RUMOR: 現行の「新しいiPad」micro Dockにアップデート?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 新しいサイズの「iPad」は「iPad mini」?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 次期iPhoneとiPad miniは別のメディアイベントで発表?=Daring Fireball
RUMOR: Apple、9月12日に新製品発表会を開催へ=ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
一部のiPad販売店、今週から「新しいiPad」を拡販対象に指定=情報筋
RUMOR: Apple、Google「Nexus 7」発売前夜に「iPad mini」情報をリーク?=9to5Mac
RUMOR: 「iPad mini」ブラジルのFoxconnで9月製造開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 7.85インチiPadは199ドル?=Daring Fireball
RUMOR: 小型iPadは、7.85インチ(1024 × 768)ディスプレイ?=Daring Fireball
RUMOR: Apple、8インチ未満の小型iPadの9月量産をサプライヤーに伝える?=WSJ
RUMOR: Apple、7〜8インチの小型iPadを開発?=Bloomberg
Rumor: Apple, 8インチの小型「iPad」開発?=WSJ

ソフトバンク、米国スプリント社の買収を発表

スクリーンショット 2012-10-11 20.16.58

ソフトバンク株式会社が、米国の移動体通信事業者で第3位のスプリント・ネクステル社を買収することで最終合意したと発表(PDF)しました。同社は、本日午後5時から都内で緊急の記者会見を開催しました。

同社によると、スプリント社の事業買収額は約201億ドル(約1兆5709億円)とのことです。

本取引の方法は下記のとおりです。

ソフトバンク株式会社は、米国子会社として新たにStarburst I社(米国持株会社)を設立するとともに、その子会社としてStarburst II社(新スプリント)を、新スプリントの子会社としてStarburst III社(合併子会社)をそれぞれ米国内に設立しました。

スクリーンショット 2012-10-16 0.38.10
(同社リリースより)

ソフトバンクは、本日の発表後速やかに、新規に発行されるスプリントの転換社債(本社債)を新スプリントを通じて、31億ドル(利率は1.0%、償還期間7年)で引き受けます。

スプリントの株主総会決議及び米国監督官庁の承認を受け、その他の前提条件が充足(又は放棄)された後、ソフトバンクは、米国持株会社を通じて新スプリントに対する約170億ドルの追加出資を実施するとともに、合併子会社を消滅会社、スプリントを存続会社とする合併を実施します。同合併の対価として、約121億ドルが既存株主に支払われます。

上記合併の結果、スプリントは、新スプリントの完全子会社となり、新スプリントは、スプリントを承継してニューヨーク証券取引所に上場し米国における上場会社になる予定です。

本取引終了後、ソフトバンクは、米国持株会社を通じて新スプリントの株式の約70%を保有し、スプリントの既存株主は新スプリントの株式の約30%を保有します。また、新スプリントのCEOには、現在のスプリントのCEOであるダン・ヘッセ氏が就任します。

本取引は、2013年半ばまでに完了する予定です。

関連:
ソフトバンク、米国スプリント社の買収を今夕発表=日本経済新聞
ソフトバンク、米国スプリント社の株式70%を約1.6兆円で取得へ=Bloomberg
ソフトバンク、米国携帯電話5位メトロPCSの買収も検討=日本経済新聞
スプリント・ネクステル、ソフトバンクと交渉段階であると発表/経営権への影響にも言及
ソフトバンク、米国携帯電話3位スプリント・ネクステル社を買収検討=日本経済新聞

レポート;Apple「Passbook」利用のANA SKiPサービス

  • Day:2012.10.15 16:04
  • Cat:iPhone
apple-passbook-ios6-1.jpg

先日開催された、AUGM沖縄2012のエアチケットをANAでとっていたので、Apple「Passbook」を利用した10月スタートのチェックインサービスを利用した。

スクリーンショット 2012-10-15 14.44.19

予約後のPassbookインストール方法については、前回の記事を参照していただくとして、ここでは実際のチェックインサービスについてレポートする。

ANAの提供するPassbookサービスは、SKiPサービスのQRコードをPassbook上で管理するとともに、フライト情報、運航状況のリアルタイムアップデートが用意されている。

利用方法は、保安検査場、搭乗時にQRコードリーダーにかざすだけだが、1点注意しておきたいことがあった。

スクリーンショット 2012-10-15 14.44.28

筆者は、保安検査場を通る前に、サービスカウンターに手荷物を預けたのだが、そのときに「ANA搭乗案内書」が発行される。その場合、PassbookのQRコードは、保安検査場および搭乗時に利用できなくなる。その旨は、搭乗案内書にも記載されている。

上記はPassbookに限ったことではないが、管理上のこととはいえ、せっかくのペーパーレスのSKiPサービスだ。イチからジュウまでPassbookで済むように今後改善して欲しいところだ。

また、実際に使用してみて分かったことで、ANAのPassbookでは、搭乗日、便名、出発時刻、運航状況、座席がリアルタイムアップデートで表示されているが、ここで搭乗ゲートの情報も参照できると尚便利と感じた。

関連:
レビュー: ANAが本日から提供開始した「Passbook」搭乗券をインストール

ソフトバンク、米国スプリント社の買収を今夕発表=日本経済新聞

スクリーンショット 2012-10-11 20.16.58

ソフトバンクは、米国の移動体通信事業者で第3位のスプリント・ネクステル社を買収することで大筋合意しました。日本経済新聞が、15日付で報じました。

既にソフトバンクでは、午前に開かれた取締役会において決議されており、今夕にも正式に発表します。

同社は、スプリント社の株式を来春までに7割取得し、米国に新会社設立後に合併させます。今後、スプリントが出資する高速無線通信キャリアのクリアワイヤ社への出資比率を過半に引き上げるほか、スプリントを通じて米国第5位のメトロPCSコミュニケーションズ社の買収に着手します。

ソフトバンクがイー・アクセスを買収し、スプリント・ネクステル、メトロPCSを傘下におさめた場合、世界の携帯電話事業者の売上高では、中国のチャイナ・モバイル、米国のベライゾン・ワイヤレスに次いで第3位になり、日本国内では第1位に踊り出ます。

関連:
ソフトバンク、米国スプリント社の株式70%を約1.6兆円で取得へ=Bloomberg
ソフトバンク、米国携帯電話5位メトロPCSの買収も検討=日本経済新聞
スプリント・ネクステル、ソフトバンクと交渉段階であると発表/経営権への影響にも言及
ソフトバンク、米国携帯電話3位スプリント・ネクステル社を買収検討=日本経済新聞

ソフトバンク、米国スプリント社の株式70%を約1.6兆円で取得へ=Bloomberg

スクリーンショット 2012-10-11 20.16.58

Bloombergによると、CNBCが、ソフトバンクがスプリント・ネクステル社の株式の70%を200億ドル(約1.6兆円)で取得すると報じました。

報道によると、両社の合意ではソフトバンクがスプリントから80億ドル相当の株式を直接購入し、120億ドル相当の株式を株主から買い付けます。買付価格は1株当たり7.30ドルとなります。

関連:
ソフトバンク、米国携帯電話5位メトロPCSの買収も検討=日本経済新聞
スプリント・ネクステル、ソフトバンクと交渉段階であると発表/経営権への影響にも言及
ソフトバンク、米国携帯電話3位スプリント・ネクステル社を買収検討=日本経済新聞

レポート:ファーウェイ・ジャパンとは

huaweilogo.jpg

先日、ファーウェイ・ジャパン株式会社で開催されたソフトバンクモバイル向け冬モデル「STREAM 201HW」のタッチ&トライイベント(主催:ファーウェイ・ジャパン、協力:エクシズ株式会社)に出席した。

イベントでは、Android総合情報サイトGAPSIS編集長の長田卓也氏がファーウェイ製品の進化についてのプレゼンテーションをされたので、そのスライドを引用して、改めてファーウェイ・ジャパンについて紹介する。(引用するスライドは全てGAPSIS編集長の長田卓也氏によるものだ。)

IMG_1828.jpg

ファーウェイ・ジャパンは、中国の華為技術有限公司の日本法人で、スマートフォンが主流となる以前から国内キャリアに様々な端末を供給している。

上のスライドは、ファーウェイの端末リストおよび供給先だが、同社がNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスなど殆どの国内キャリアに数多くの端末を提供していることが確認できる。

IMG_1833.jpg

特に、イー・アクセス向けの「Pocket WiFi」や、ドコモの「キッズケータイ」もファーウェイ製で、そのシェアはほぼ独占と言っていい。

mainphoto.png


また、各キャリアがリリースしているフォトパネル系も、すべてファーウェイ製だ。そのほか、ソフトバンク向けには家庭向けセキュリティシステム「みまもりホームセキュリティ 101HW」を供給するなど、その端末開発力は独特で幅広い。

IMG_1835.jpg

国内スマートフォンの分野では、S31HWやS41HWなど、当初はイー・アクセス向けのPocket WiFi機能がメインであるスマートフォンを投入していたが、ソフトバンク向けのVision 007HW、イー・アクセス向けのGS02、GS03で「Androidネイティブ」系のスタンダードスマートフォンメーカーとしての存在感を出し始めた。

top_img5.png

ドコモ向けに今秋投入する「Ascend HW-01E」は、同社初のおサイフケータイ、ワンセグ、NOTTVなど日本特化機能に対応したモデルで、スペックも他の機種に引けをとらない。もちろん、docomo LTEの「Xi」にも対応する。

img01_dl01.jpeg

そうした歴史を持つファーウェイ・ジャパンが、ソフトバンク向けに投入した「STREAM 201HW」が、次はTD-LTE方式の「SoftBank 4G」対応第1号機ということで、注目を集めている。

当ブログでも、レビュー『ファーウェイ「STREAM 201HW」(高速起動篇)』を公開しており、今後も順次レビューを掲載する。また、評価機をお借りできた際には、詳細な端末レポートも掲載する予定だ。

関連:
レビュー:ファーウェイ「STREAM 201HW」(高速起動篇)

RUMOR: Apple、10月23日に「iPad mini」発表へ=WSJ

  • Day:2012.10.13 11:11
  • Cat:iPad
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、複数の関係者によると、Appleは、10月23日(火曜日)にメディアイベントを開催し、「iPad mini」を発表すると報じました。

詳細は明らかになっていないものの、イベントはApple本社のタウンホール・オーディトリアムにて開催されるとのことです。

なお、Appleは、公式な案内をしていません。

関連:
RUMOR: 「iPad mini」米国先行発売?=MACお宝鑑定団
RUMOR: Apple、1000万台の小型iPadを発注=WSJ
KDDI、11月発売のiPad mini販売へ=日本経済新聞
RUMOR: Apple、iPad miniを量産開始=WSJ
RUMOR: Apple、iPad miniをブラジル工場で生産開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: KDDI、次世代モデル発売のタイミングで「iPad」を販売開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 「iPad mini」10月発表を確認=AllThingsD
RUMOR: 現行の「新しいiPad」micro Dockにアップデート?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 新しいサイズの「iPad」は「iPad mini」?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 次期iPhoneとiPad miniは別のメディアイベントで発表?=Daring Fireball
RUMOR: Apple、9月12日に新製品発表会を開催へ=ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
一部のiPad販売店、今週から「新しいiPad」を拡販対象に指定=情報筋
RUMOR: Apple、Google「Nexus 7」発売前夜に「iPad mini」情報をリーク?=9to5Mac
RUMOR: 「iPad mini」ブラジルのFoxconnで9月製造開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 7.85インチiPadは199ドル?=Daring Fireball
RUMOR: 小型iPadは、7.85インチ(1024 × 768)ディスプレイ?=Daring Fireball
RUMOR: Apple、8インチ未満の小型iPadの9月量産をサプライヤーに伝える?=WSJ
RUMOR: Apple、7〜8インチの小型iPadを開発?=Bloomberg
Rumor: Apple, 8インチの小型「iPad」開発?=WSJ

レビュー:ファーウェイ「STREAM 201HW」(高速起動篇)

IMG_1817.jpg

ソフトバンクモバイルが、冬春モデルとして発表したファーウェイ・ジャパン製Androidスマートフォン「STREAM 201HW」のタッチ&トライイベントが、発表翌日の10日(水)にファーウェイ・ジャパン株式会社で開催されたので、参加させていただいた。(主催:ファーウェイ・ジャパン、協力:エクシズ株式会社)

今回より、201HWのレビューを数回に渡り当ブログでお届けする。

まず、第1回は、201HWの特徴で売りの一つでもある「高速起動」を検証してみた。ファーウェイ・ジャパンによると、本機は「高速起動」に対応しており、電源をオフにした状態から約5秒での起動を実現するとのことだ。

そこで、タッチ&トライの際に実際に電源をオフにした201HWを起動し、ロック画面が表示されるまでに、つまり起動に要する時間を測定、様子をムービーで記録した。


結果は、ボタン長押しで起動→Androidのロゴが表示される画面(電源オン)の状態から、ロック画面が操作可能になるまで約5秒だった。ファーウェイが謳っている通りの結果だった。

ところで、この高速起動はどのような仕掛けなのだろうか。イベント参加者からそうした趣旨の質問があがり、担当者は概ね以下のように回答した。

つまり、高速起動の際は完全に電源がオフになっているわけではなく、限りなくオフに近い待機電力でバッファをとっているため短時間での起動が可能になるのだそうだ。

IMG_1840.jpg

したがって、あくまで高速起動は機能面でのオプションとなり、設定から「オフ」にすることもできる。また、かなり深いスリープモードという特性上、電池パックを外すなどの電源オフ状態からの高速起動は、機能そのものが切断された状態のため対応していないという。

特に国産スマートフォンでありがちだが、キャリアロゴが表示され、シリーズが表示され、メーカーロゴのあとに防水の注意書きというとても長い起動時間でフラストレーションがたまることが多々あるなか、こうした高速起動を実装している端末は珍しく、無駄な時間の短縮にもつながるので、筆者としては201HWで一押しの機能の1つとして挙げたい。

ソフトバンク、米国携帯電話5位メトロPCSの買収も検討=日本経済新聞

スクリーンショット 2012-10-12 2.20.27

ソフトバンクは、買収する方向で協議に入ったスプリント・ネクステル社を通じ、米国の移動体通信事業者で第5位のメトロPCSコミュニケーションズの買収も検討していることが明らかになりました。日本経済新聞が、12日付で報じました。

現在、メトロPCSは欧州通信大手のドイツテレコム傘下のT-Mobile USAが経営統合協議を進めており、今月に入って、合意に至ったと報道されています。

ソフトバンクは、スプリント社を通じてメトロを対抗買収する検討に入り、T-Mobileよりも魅力的な条件を示し、メトロ株主の理解を得たい考えです。

スプリントは、今回のソフトバンク買収交渉が報道される以前から、メトロの対抗買収を模索していました。

関連:
スプリント・ネクステル、ソフトバンクと交渉段階であると発表/経営権への影響にも言及
ソフトバンク、米国携帯電話3位スプリント・ネクステル社を買収検討=日本経済新聞

RUMOR: 「iPad mini」米国先行発売?=MACお宝鑑定団

  • Day:2012.10.12 02:04
  • Cat:iPad
MACお宝鑑定団さんは、Appleから発売されると噂されている「iPad mini」について、iPadとiPad 2の発売時と同様に、米国で先行発売され、1週間遅れでその他の主要国で発売されると考えられると伝えています。

レポートでは、Apple純正のアクセサリについては、iPad Smart Coverのみが用意されるかもしれないとのことです。

また、現行の「新しいiPad」について、The Guardianは、新しいiPadの4G/LTEが、iPhone 5同様にワールドワイドバンド対応となり、従来のDockコネクタからLightningコネクタに変更されると伝えていましたが、MACお宝鑑定団さんによると、それ以上の変更は行われない可能性が高そうだとしています。

関連:
RUMOR: Apple、1000万台の小型iPadを発注=WSJ
KDDI、11月発売のiPad mini販売へ=日本経済新聞
RUMOR: Apple、iPad miniを量産開始=WSJ
RUMOR: Apple、iPad miniをブラジル工場で生産開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: KDDI、次世代モデル発売のタイミングで「iPad」を販売開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 「iPad mini」10月発表を確認=AllThingsD
RUMOR: 現行の「新しいiPad」micro Dockにアップデート?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 新しいサイズの「iPad」は「iPad mini」?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 次期iPhoneとiPad miniは別のメディアイベントで発表?=Daring Fireball
RUMOR: Apple、9月12日に新製品発表会を開催へ=ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
一部のiPad販売店、今週から「新しいiPad」を拡販対象に指定=情報筋
RUMOR: Apple、Google「Nexus 7」発売前夜に「iPad mini」情報をリーク?=9to5Mac
RUMOR: 「iPad mini」ブラジルのFoxconnで9月製造開始?=MACお宝鑑定団
RUMOR: 7.85インチiPadは199ドル?=Daring Fireball
RUMOR: 小型iPadは、7.85インチ(1024 × 768)ディスプレイ?=Daring Fireball
RUMOR: Apple、8インチ未満の小型iPadの9月量産をサプライヤーに伝える?=WSJ
RUMOR: Apple、7〜8インチの小型iPadを開発?=Bloomberg
Rumor: Apple, 8インチの小型「iPad」開発?=WSJ

スプリント・ネクステル、ソフトバンクと交渉段階であると発表/経営権への影響にも言及

スクリーンショット 2012-10-11 20.16.58

米国の移動体通信事業者で第3位のスプリント・ネクステル社は本日、日本のソフトバンク株式会社との間で、大規模な投資について交渉を行なっていることを発表しました。

交渉の内容については明らかにしておりませんが、実現した場合は、同社の経営権が変更されることもあり得るとしています。また、同社は合意に至るまでこれ以上のコメントは出さないとのことです。

なお本件をめぐっては、日本時間11日に、ソフトバンクがスプリント社を買収する方向で検討していることが明らかになったと、日本経済新聞とNHKが相次いで報じました。

ソフトバンクは、現時点では「一部で、弊社とスプリント・ネクステルについての報道がなされましたが、憶測に基づいたものです。当社から発表したものではなくコメントはありません。」と声明しています。

関連:
ソフトバンク、米国携帯電話3位スプリント・ネクステル社を買収検討=日本経済新聞

ファーウェイ・ジャパン「STREAM 201HW」レビューを開始

IMG_1825.jpg

ソフトバンクモバイルが、冬春モデルとして発表したファーウェイ・ジャパン製Androidスマートフォン「STREAM 201HW」のタッチ&トライイベントが、発表翌日の10日(水)にファーウェイ・ジャパン株式会社で開催されたので、参加させていただいた。(主催:ファーウェイ・ジャパン、協力:エクシズ株式会社)

STREAM 201HWは、ソフトバンクのラインナップでは初めて「SoftBank 4G (TD-LTE方式)」に対応するスマートフォンとなり、4.3インチSuper AMOLEDディスプレイ(qHD)、1.5GHzデュアルコアCPUに、高速連写可能な裏面照射型CMOSセンサー搭載800万画素カメラを搭載するほか、電源オフの状態から5秒の高速起動を実現している。

詳しいスペックは、ソフトバンクの製品情報に譲るとして、当ブログでも今後数回にわたって、イベントレポートを含めた201HWのレビューを掲載する予定だ。

なお、201HWを評価機としてお借りできる予定で、その際には詳細な使用感等もお伝えできる見込みなので、201HWが気になっている方、検討している方には参考にしていただけるとありがたい。

関連:
STREAM 201HW(ファーウェイ・ジャパン)

ソフトバンク、米国携帯電話3位スプリント・ネクステル社を買収検討=日本経済新聞

スクリーンショット 2012-10-11 20.16.58

日本経済新聞は11日、ソフトバンク株式会社が、米国の移動体通信事業者で第3位のスプリント・ネクステル社を買収する方向で協議に入ったと報じました。

ソフトバンクは、TOBによるスプリント社の発行済み株式の全株取得を目指し、6月末時点での純有利子負債は1兆1544億円(時価総額は1兆2000億円)となり、買収総額は買収総額は2兆円を超えるとみられます。

今後、スプリントの株価が急激に上昇した場合は買収を断念する可能性もあります。

ソフトバンクは、スプリントの買収により、スマートフォンを共同調達することによる端末調達コスト削減のほか、基地局発注も共同で行うことによるコスト低減を目指します。

スプリントは、契約者数が約5600万件で、首位のAT&T社、第2位のベライゾン・ワイヤレス社から大きく数を開けられています。また、2011年12月期まで5期連続で最終赤字となっています。

更新:
ソフトバンクがコメントを発表しました。

一部で、弊社とスプリント・ネクステルについての報道がなされましたが、憶測に基づいたものです。当社から発表したものではなくコメントはありません。

Microsoft、Windows Phone 8搭載スマートフォンの日本市場投入計画を延期=日本経済新聞

  • Day:2012.10.11 04:23
  • Cat:News
l_os_lumia920-02.jpg

Microsoftは、今冬にも予定していたWindows Phone 8の日本市場投入が先送りする方針を決めました。日本経済新聞が、11日付で報じました。

報道によると、先送りの理由は、先行するiPhoneやAndroidで市場が成熟している一方、Windows Phone 8搭載スマートフォンを投入する場合は国内メーカーが中心になることから、他社追撃には力不足と判断されたとのことです。

NTTドコモやKDDIなどのキャリアも今冬の導入を計画していましたが、Microsoftの方針転換に応じて導入を見送ることになりました。

また、サムスン電子やNokiaなどWindows Phone 8搭載スマートフォンを発表しているメーカーも、日本発売を先送りする方針です。

Microsoftでは、今後、日本語対応するWindows Phone 8の国内投入を、今月下旬に発売予定のWindows 8搭載PCやタブレットの販売状況を見極めたうえで決定するとのことです。

ソフトバンクモバイル、SoftBank 4G対応第1弾「STREAM 201HW」明日発売

fig_main-visual.jpg

ソフトバンクモバイルは、本日公表した冬春モデルのAndroidスマートフォン「STREAM SoftBank 201HW」を明日発売すると発表しました。

STREAM 201HWは、ファーウェイ・ジャパン製のAndroidスマートフォンです。201HWは、明日発売のため、ソフトバンクのラインナップでは初めて「SoftBank 4G」に対応するスマートフォンとなります。

201HWは、4.3インチSuper AMOLEDディスプレイ(qHD)、1.5GHzデュアルコアCPUに、裏面照射型CMOSセンサー搭載800万画素カメラを搭載するほか、電源オフの状態から5秒の高速起動を実現します。

1,930mAhの大容量バッテリーと省電力技術を搭載しているため、SoftBank 4Gを利用していても長時間使用することが可能です。

なお、ファーウェイ・ジャパンは、明日10日(水曜日)、11日(木)に、東京都内で「Android搭載スマートフォン新製品タッチ&トライ2012Autumn」を開催します。

関連:
ファーウェイ、Androidスマートフォン新製品タッチ&トライ2012Autumnを開催
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。