RUMOR: Apple、2013年に5インチRetinaディスプレイ採用モデル発表?=MACお宝鑑定団

  • Day:2012.03.31 13:15
  • Cat:iPad
MACお宝鑑定団さんは、中国の信頼出来る情報筋によると、Appleの液晶パネルサプライヤーは、5インチRetinaディスプレイパネルの開発を行っているようだと伝えています。

同情報によると、5インチRetinaディスプレイを採用した製品は2013年に発表される予定とのことで、解像度は1600x960ピクセル(800x480)もしくは、1280x960ピクセル(640x480)になるとのことです。

関連:
Weekend: 3.5/5.3/7.0/9.7インチ
スポンサーサイト

Gadget: モバキャスNOTTV対応「docomo NEXT series AQUOS PHONE SH-06D」(UI篇)

スクリーンショット 2012-03-31 12.39.41

日本初のスマートフォン向け放送局NOTTVに対応するNTTドコモ「docomo NEXT series AQUOS PHONE SH-06D」の評価機をレビューしている。今回は、NOTTVの評価ということで、その他の機能にアクセスできないように設定されていた。

IMG_6803.jpg

ロック画面は、標準的なシャープ製Androidスマートフォンのように上にスライドして解除するデザインだった。他の機能にアクセスするショートカットは用意されていない。

IMG_6807.jpg

標準のホーム画面では、NOTTVのウィジェットが配置されている。番組情報などが流れている。なお、Androidマーケットは、標準でGoogle Playストアになっていた。

IMG_6809.jpg

ステータスバーでは、WiFi、BluetoothなどのON/OFFボタン、バッテリー残量、ベールビューなどの設定が行えるようになっており、その手のウィジェットを導入しなくても標準でアクセスできるのは便利だ。

IMG_6816.jpg

付属の卓上ホルダに装着し、ロッド式アンテナを伸ばした。かなり力強い外観だったが、31日時点で発射されているNOTTVの試験電波をマンション屋内のリビングで受信することは出来なかった。ベランダに移動すると受信された。

IMG_6817.jpg

卓上ホルダは、端末のカラーに合うものが付属しており、評価機はホワイトだったので、シルバーベースになっている。デザインが一体化しており、卓上ホルダで利用するときもスマートだ。屋内でNOTTVが受信出来なかったので「現在、放送波を受信できません。」と表示されている。

関連:
Gadget: モバキャスNOTTV対応「docomo NEXT series AQUOS PHONE SH-06D」(筐体篇)
NTTドコモ, モバキャス「NOTTV」対応のスマートフォンなど2機種発表

Gadget: モバキャスNOTTV対応「docomo NEXT series AQUOS PHONE SH-06D」

IMG_6780.jpg

日本初のスマートフォン向け放送局NOTTVに対応するNTTドコモ「docomo NEXT series AQUOS PHONE SH-06D」の評価機が届いたので、今回は簡単にフォトレビューしていく。

SH-06Dは、モバキャスNOTTV対応のスマートフォンで、もう1つの対応機種「MEDIAS TAB N-06D」がタブレット端末なので、現時点では唯一のモバキャス対応スマートフォンということになる。

4.5インチHDディスプレイ(720×1280ピクセル)にデュアルコアCPU「OMAP4460(1.2GHz)」を搭載しているのでスペック面でも申し分ない。

IMG_6785.jpg

800万画素カメラ、FeliCa、赤外線通信、防水・防塵など、取りこぼしのない機能満載の機種で、FOMAのなかでの全部入りの部類に属する。

IMG_6789.jpg

この機種は、NOTTV対応であることが全て。本体側面にロッド式アンテナを備えている。

IMG_6791.jpg

電池容量は1520mAhで、連続待受時間は約420時間(3G接続時)、ワンセグの連続視聴時間は約220分となっている。microSDカードおよびドコモminiUIMカードスロットは、電池パックを外して装着できる配置となっている。

IMG_6810.jpg

IMG_6815.jpg

付属の卓上ホルダは、モバキャスを視聴しやすいように適切な角度で端末を固定できる。卓上ホルダにも大型のアンテナを備えているので、より安定した受信ができる。

卓上ホルダにも充電端子が付いているが、こちらは通常のFOMA充電端子。端末はmicroUSB端子経由で充電するので、なぜ統一されていないのか不明だが、付属品で変換アダプタも同梱されている。

関連:
NTTドコモ, モバキャス「NOTTV」対応のスマートフォンなど2機種発表

地方自治体、北朝鮮のミサイル発射で「緊急速報メール」発報の可能性

  • Day:2012.03.27 22:03
  • Cat:News
北朝鮮が「人工衛星」と称してミサイルの発射を予告している問題で、政府は26日、「全国瞬時警報システム(J-ALEART)」を活用して、ミサイル発射情報を自治体に速報する方向で検討していることを明らかにしました。(日本経済新聞

J-ALEARTは、内閣官房が緊急情報を発信した場合、日本の人工衛星を経由して自治体の専用受信端末に1~2秒後に届くシステムで、緊急情報に基づく警報が自治体の防災無線やケーブルテレビなどに瞬時に流れます。現在は主に緊急地震速報に活用されています。

上記のJ-ALEARTによる緊急情報は、移動体通信キャリアが提供する緊急速報メールサービスとの連動にも対応しており、各社「エリアメール(NTTドコモ)」「緊急速報メール(KDDI)」「緊急速報メール(ソフトバンクモバイル)」に対応する携帯電話やスマートフォンで受信できます。

地方自治体に確認したところ、今回北朝鮮がミサイルを発射した際にJ-ALEARTが速報した場合、緊急速報メールなどで携帯電話やスマートフォンに地方自治体が警報を発報する可能性は当然にあるとのことです。

ただし、緊急速報メールのなかの地方自治体からの災害・避難情報は、対象エリア内にいるユーザーのみに発報されるため、仮に北朝鮮のミサイルが発射されても、緊急速報メールが必ず発報されるわけではなく、発報された場合でもユーザーの現在地によって配信の有無が異なる可能性があるので注意が必要です。

なお、緊急速報メールの災害・避難情報、津波警報は地方自治体により発報されますが、昨年3月に発生した東日本大震災の際には、国が「政府 内閣官房」「内閣官房(節電啓発等担当)」名義で節電などの呼びかけを配信しました。

緊急速報メールの災害・避難情報は、対応する携帯電話に向けて配信されます。ドコモでは「エリアメール」としてサービスしており、905iシリーズ以降は基本的に全ての機種で対応しています(一部スマートフォンは緊急地震速報・津波警報のみ対応)。

KDDIとソフトバンクは「緊急速報メール」としてサービスを提供しています。ドコモと同様、一部スマートフォンは緊急地震速報のみに対応しているため災害・避難情報を受信できません。また、AppleのiPhoneシリーズも緊急地震速報のみに対応しており、災害・避難情報、津波警報には対応していません。

先に記述の通り、仮に北朝鮮のミサイルが発射されても、緊急速報メールが必ず発報されるわけではなく、発報された場合でもユーザーの現在地によって配信の有無が異なる可能性があります。

神奈川県、NTTドコモ「エリアメール」津波警報を誤発報

神奈川県は、27日午後8時ごろの岩手県と宮城県北部で震度5弱の揺れを観測した地震にあわせて、同県の相模湾、東京湾沿岸部のNTTドコモユーザーに、緊急速報「エリアメール」の津波警報が誤って発報されたことを明らかにしました。ケータイWatchが伝えています。

ドコモでは、気象庁から津波警報や津波注意報は受診しておらず、同社としてもエリアメールは発報していないと説明していますが、神奈川県では「気象庁の発表があってエリアメールが反応した」と説明しています。

詳しい原因は調査中で、神奈川県は「気象庁からのデータの表題に反応したのではないか」として、ドコモと調整して、エリアメールにて先に受信したユーザーへ誤報を通知するとしています。

ドコモは、今年2月24日よりエリアメールで気象庁が発表する「津波警報」の配信を開始しており、気象庁が発表する津波警報(予想される津波の高さが高いところで3m程度以上となる場合に発表される津波警報(大津波)、および予想される津波の高さが高いところで2m程度となる場合に発表される津波警報(津波))を、津波警報の対象エリアの携帯電話やスマートフォン等に対しエリアメールで配信します。

神奈川県は、3月15日からドコモのエリアメールで津波警報の配信を開始しています。

関連:
NTTドコモ, 「エリアメール」津波警報の発報に対応

レビュー: 「docomo with series Disney Mobile on docomo P-05D」

IMG_6753.jpg

NTTドコモが販売するパナソニックモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォンで、Disney Mobile on docomoブランドの「docomo with series Disney Mobile on docomo P-05D」は、同ブランドでは2モデル目となります。

端末としては、P-05Dは、パナソニックモバイルのグローバルモデルをベースにした「docomo NEXT series P-04D」(3月29日発売)を更にベースにしています。結果的にP-05Dのほうが先に販売開始となったので、同社のグローバルモデルを体験できる初めての端末になりました。

DSC00153.jpg

では、Disney Mobileとして、どのような特徴があるのか見ていきます。P-05Dは、電池パックが取り外し不可のタイプを採用しているため、リアカバーはありません。そのラウンド形状の背面にミッキーシルエットおよびDisney Mobileロゴが印刷されています。

また、その下には各種認証機関の認証マークが薄く印刷されています。

なお、筐体の材質はポリカーボネートで、UV塗装されています。薄さや重量から金属感が表現されていて、高級感があります。

DSC00161.jpg

Disney Mobileが標準搭載する「Disneyアラーム」アプリのウィジェットを配置しました。ミッキーシルエットには、現在時刻をアナログ表示するほか、右耳に日付、左耳にアラーム時間が表示されます。

また、静止画なのでわかりづらいですが、壁紙にはライブ壁紙のエレクトリカルパレードを設定しました。常にパレードがホーム画面のバックグラウンドで動いているので、ディズニーファンにはいたせりつくせりかもです。

ディスプレイ面にフィジカルキーは搭載されず、タッチセンサー式で3つのファンクションキーを用意、ホームボタンはミッキーシルエットです。

DSC00163.jpg

Disney Mobileユーザーは、Disneyが提供する有料サービスやアプリケーションを無料で利用することができます。その1つに、メールクライアントアプリ「Disney mail」があります。通常は、Gmailなどのクライアントとして使用するサービスですが、Disney Mobile on docomoでは「@disneymobile.ne.jp」ドメインのメールアドレスが付与され、同クライアントで利用できます。

「@disneymobile.ne.jp」は、購入後、ユーザー自身で設定する必要があります。同ドメインとspモードメールとの連携機能などは備わっていないほか、現時点ではプッシュに対応していません。よって、まだ発展途上のサービスで、今後改良されていくようです。

DSC00167.jpg

DSC00164.jpg

こうしたDisney Mobileユーザー向けサービスは、Disneyマーケットを通じてダウンロードすることができます。ライブ壁紙やテーマ、ウィジェットなど多数のディズニーコンテンツが用意されているので、購入後、まずはアクセスして登録することをおすすめします。

スクリーンショット 2012-03-26 23.10.14

そのほか、Disney Mobile on docomo限定で、ディズニーの名作映画を視聴することが出来る「Disney cinema」が用意されています。ダイジェスト版を配信しているのかと思っていましたが、オリジナルのフルバージョンを視聴できます。

確認した時点では『プリティ・プリンセス』『ポカホンタス』『フラバー』『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『ふしぎの国のアリス』『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』『ダンボ』『魔法にかけられて』『おしゃれキャット』『101』『ノートルダムの鐘』『タイタンズを忘れない』などが全てフルバージョン配信されていました。

なお、Disney Mobile on docomoユーザーには、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーなど東京ディズニーリゾートと連動した特典が提供される予定で、第1弾は今春提供される見込みです。一部報道では、東京ディズニーリゾート内での「ディズニー・ファストパス」のようなものとされています。

DSC00169.jpg

先述の通り、P-05Dは、スマートフォンとしてもパナソニックモバイルのグローバルモデルをいち早く体験できるもので、機能面でも優れており、4.3インチAMOLEDディスプレイ(540×960ピクセル)、IPX5/IPX7の防水性能、IP5Xの防塵性能、Android 2.3、TI OMAP4430 1.0GHz、820万画素裏面照射型CMOSカメラを採用しています。

ディスプレイには防指紋コーティングを施したガラスを採用しているので、傷や指紋を気にすることなく利用することができます。

国内向けの機能としては、緊急速報「エリアメール(緊急地震速報のみ)」や、おサイフケータイにも対応しているので申し分ありません。

ようやくDisney Mobileがドコモで利用できるようになって、これまでMVNOキャリアへの変更がハードルだったユーザーは、ドコモ内ブランドのDisney Mobile on docomoの登場により、気軽にDisney Mobileに乗り換えることができるのではないでしょうか。

関連:
Disney Mobile on docomo, 限定特典に東京ディズニーリゾートの「ディズニー・ファストパス」を検討
Gadget: 「docomo with series Disney Mobile on docomo P-05D」
Column: Disney Mobileのポリシーを改めて尊重する
Gadget: "Disney MobileオリジナルプレミアムQUOカードセット"
Disney, 光の魔法ケータイ "DM003SH" を発表
Disney Mobile: "いっしょに入ろうキャンペーン" ご紹介について
Disney, シンデレラケータイ "DM002SH" を発表
Disney Mobile: 購入レポート&ファーストインプレッション
Disney Mobile: サービス開始直前まとめ
Disney Mobile, Hilary Duff起用のCMを放映開始(UPDATED)
Disney, Disney Mobileのブランドビジョンを公表
Disney, ミッキーケータイ "DM001SH" を発表
Disney, Disney MobileのHPを公開
Disney Mobile, 3月1日スタート
SoftBankとDisney, "Disney Mobile" を正式発表
Disney, 来春にも日本ケータイ事業新規参入へ

Gadget: 「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」

IMG_6776.jpg

NTTドコモが販売するサムスン電子製Androidタブレット端末「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」を購入しました。私は、前モデルの「GALAXY Tab SC-01C」も持っており、タブレット端末ならば7インチが最適だと考えているため、今回もSC-02Dを選びました。

現在ドコモは、MNPで同社に転入するユーザー向けに月々サポートを増額する施策を行なっており、その一環でタブレット端末もMNPでかなり安く利用できます。

私は都内の大手量販店で購入しましたが、元々の一括購入での端末代金は約5万円、そこから様々な施策を適用して0円でした。また、月々サポートも増額されているので、月々3,990円の割引が24ヶ月にわたり、総額95,760円適用されます。

SC-02Dは、FOMA端末のため「定額データプラン スタンダード2 バリュー」と「定額データ スタンダード割2」を申し込んで、月額最低利用料2,500円となり、プロバイダのspモードやその他のオプションと合わせても、月々サポートの割引内におさまるので、基本的に無料でタブレット端末を活用できます。

MNP向けの月々サポート増額施策は5月中までとなっているため、タブレット端末をコストかからずに使いたい方はお早めに。

Weekend: エリアメール対応「フォトパネル 04」

IMG_6746.jpg

NTTドコモが、3月6日に発売を開始したデジタルフォトフレーム「フォトパネル 04」を購入しました。新規契約0円(同時購入の携帯電話が10000円割引)でした。

フォトパネルは、01からマイナーチェンジが繰り返されており、なかには携帯電話契約時の割引施策として利用されていましたが、今回の04からはドコモの緊急速報「エリアメール」に対応したことから、その価値が一気に高まりました。実際に、私もその機能を部屋に常備するために導入を決めました。

なお、04からムービーの再生にも対応しています。

IMG_6749.jpg

04の背面は扇型で、ON/OFFスライドボタン、スタンド、AC端子が配置されています。フォトパネルは、ディスプレイ下部のタッチ式ボタンで操作します。

Gadget: 「docomo with series Disney Mobile on docomo P-05D」

IMG_6764.jpg

NTTドコモが、3月22日より発売を開始したDisney Mobile on docomoブランド「docomo with series Disney Mobile on docomo P-05D」を購入しました。

Disney Mobileについては、ソフトバンクモバイルのMVNO「Disney Mobile on SoftBank(現)」サービス開始時より愛着があり、当ブログでもたびたび紹介してきました。

Disney Mobile on docomo P-05Dは、パナソニックモバイルコミュニケーションズのグローバル再参入モデルをベースにしており、国内向けの機能としては、緊急速報「エリアメール」や、おサイフケータイに対応しています。ワンセグと赤外線通信には非対応です。

4.3インチAMOLEDディスプレイ(540×960ピクセル)、IPX5/IPX7の防水性能、IP5Xの防塵性能、Android 2.3、TI OMAP4430 1.0GHzを採用しています。

IMG_6761.jpg

カメラに820万画素裏面照射型CMOSセンサーを搭載、ミッキーマーク、Disney Mobileロゴ、docomoロゴのほか、電池取り外し不可の端末のため、各種認証マークを印字しています。

物理ボタンは、右側面のパワーボタンとボリュームボタンのみのシンプルな構成ですが、ディスプレイ下部のタッチセンサーキーのうち、ミッキーマークがついているホームボタンをタッチホールドによるスリープ復帰にも対応しています。

IMG_6765.jpg

厚さ7.8mmの超薄型ボディです。背面の突起はカメラ部のみで、基本的に凹凸のないシンプルなデザインになっています。ラウンド形状なので、薄さで奪われがちなホールド感も維持しています。

この構成を見ても、やはりソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia NX」は、投入に時間を要した割にはサイズも機能も突出して優れている部分がないように感じます。

IMG_6771.jpg


IMG_6772.jpg

Disney Mobile on docomoの化粧箱および同梱物です。同梱物には、ウェルカムレター、2種類のディスニーデザインの着せ替えカバーが付属します。着せ替えカバーは、私が購入したホワイトモデルと、もう1つのブラックモデルでデザインが異なるものが同梱されています。

IMG_6775.jpg

同梱品で面白かったのが、上写真のmicroSDカードアダプタです。Disney Mobile on docomo P-05Dは構造上、miniUIMカードスロット、microUSB端子、イヤホン端子を除いて、インターフェイスが存在せず、電池パックも取り外し不可のデザインのため、microSDカードを利用するために外付けアダプタが用意されています。

microUSB端子を利用して本体に接続し、もう一方のUSBメス端子にmicroSDカードアダプタを装着して使用します。本体メモリが16GBあるので、基本的に必要ないと感じていますが、ユーザーの中にはコンテンツデータを移行するのに不可欠な場合もあるので、このような用意はありがたいかもです。

Samsung, 3月28日に新製品発表会/「GALAXY Note SC-05D」発表へ

サムスン電子ジャパンが、3月28日(水曜日)午前11時より「GALAXY WORLD TOUR JAPAN」新製品発表会を開催すると案内しています。

同発表会では、NTTドコモ向けの「GALAXY Note SC-05D」が発表される見込みです。

GALAXY Note SC-05Dは、Xiに対応しており、下記特徴を含みます。

1.5Ghz デュアルコア(Snapdragon S3)
5.3インチ HD SuperAMOLED WXGA(1280×800)
16GBのストレージ(microSD対応)
アウト:800万画素カメラ/イン:200万画素カメラ
Bluetooth 3.0+HS、Wi-Fi a/b/g/n、NFC
GSM/GPRS(900/1800/1900Mhz)、3G(800/2000Mhz)、LTE(2Ghz)
147×8.3×9.7mm(178g)

関連:
NTTドコモ, 「GALAXY Note SC-05D」ホワイトカラーを発売当初から販売へ
レビュー: 「Samsung Galaxy Note」は最高のメモタブレット端末
NTTドコモ, Samsung製「GALAXY Note LTE SC-05D」開発

Weekend: Sony「Cyber-shot DSC-WX100」

  • Day:2012.03.23 23:41
  • Cat:Camera
IMG_6713.jpg

ソニーのサイバーショット「DSC-WX100」を購入しました。用途から光学10倍ズーム以上でかつコンパクト、キヤノンの「IXY 3」と比較検討し、WX100を選びました。

IXY 3は、復刻デザインや塗装に力を入れていて、肝心のズーム感もWX100より繊細に扱えただけに、小型化による細かい仕様変更、例えば物理キーの極端な排除、micro SDカードの採用、バッテリー容量などが残念です。

IMG_6734.jpg

WX100は、サイズも92.3x52.4x21.6mm(124g)と、IXY 3の87.1×53.9×19.2mm(155g)とほぼ同等ながら、30g近くも軽量です。10倍ズームでこのくらい小型のコンデジはこの2モデルくらいしかないので、最後まで悩みました。

いまのコンデジはmicroUSB経由で充電できるのが普通なのでしょうか。

レポート: BlackBerry Bold 9900国内発売記念「BlackBerry Night」

DSC00116.jpg

Research In Motion社製スマートフォン「docomo NEXT series BlackBerry Bold 9900」の発売記念イベント「BlackBerry Night(主催:リサーチ・イン・モーション・ジャパン株式会社)」が、3月22日、都内ホテルのバーラウンジで開催されました。

DSC00142.jpg

今回のBlackBerry Nightは、BlackBerry Bold 9900の発売記念イベントでしたが、あまりスペック等の話には重きをおかず、あくまで国内発売を祝うパーティーのような感じでした。

DSC00118.jpg

DSC00137.jpg

イベントの中で、リサーチ・イン・モーション・ジャパンのマーケティング担当によるBBB 9900についてのプレゼンテーションがありました。

参加者から、未だ明らかになっていないBBB 9900の発売日についての質問に、同担当者は、NTTドコモが昨年秋の新商品発表会でBlackBerry Boldを発売することを高らかに宣言したものの、発売時期が当初から2月~3月だったことを指摘した上で、もうすぐ3月は終わるが「ドコモを信じている」と述べるにとどまりました。

DSC00144.jpg

私は、同じ日の記事で、BlackBerry Bold 9900が3月24日に発売され、本日報道発表が出ると書きました。結果的に後者は誤りでしたが、発売日については、複数の販売店が上記日程を案内していることを確認しています。

本日、報道発表がなかったことから、何らかの要因で発売日が一週間ほど延期になったとも考えられます。いずれにしても発売日は当初予定通り3月中で、さらに近日中であることは間違いないです。

DSC00147.jpg

BlackBerry Bold 9900は、マルチタッチ対応のタッチスクリーンを搭載しており、BlackBerry OS 7.1や1.2GHz CPUも寄与して動きは滑らかでした。BlackBerryの基本的なカタチを踏襲し、より使い勝手の良い端末に仕上がっています。

国内向けには、spモードメールや、エリアメールに対応しているため、おサイフケータイおよびワンセグが必要ないユーザーは、その他の点でBlackBerry Bold 9900を選択肢に入れてもいいかもしれません。

ちなみに私は実際に触ってみて、現在使っているフィーチャーフォンをBlackBerry Bold 9900に機種変更しようかな、と考えているところです。

DSC00152.jpg

なお、イベントのおみやげには、BON sweets & congrats!のオリジナル「BlackBerry」クッキーが用意されていました。

NTTドコモ, 「BlackBerry Bold 9900」を3月30日発売(更新)

blackberry-bold-9900-00.jpg

NTTドコモは、Research In Motion社製スマートフォン「docomo NEXT series BlackBerry Bold 9900」を3月24日(土曜日)に発売する予定です。

BlackBerry Bold 9900は、1.2GHz Snapdragon CPUにBlackBerry 7.0 OSを搭載します。また、マルチタッチ対応24ビットVGAディスプレイを採用しています。カメラには、オートフォーカス対応500万画素CMOSカメラを装備します。

なお、FOMAハイスピードに対応し、下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbpsでの通信が可能で、ドコモネットワークによるテザリングにも対応します。

更新:
初出時より記事を更新しました。同日、国内で発売記念内覧会を開催したリサーチ・イン・モーション・ジャパン社は、質疑応答のなかで、発売日に関する質問に「3月発売といっているドコモを信じている」と述べるにとどまり、具体的な発売日は明らかにしませんでした。

私は、発売日について、複数の販売店で上記日程を案内していることを確認しているので、3月24日発売予定だったものの何らかのドコモ側の都合により1週間ほど延びたのではないかと推測しています。ただし、3月中に発売することはほぼ間違いないようです。

ここに、記事を上記のように訂正します。

更新2:
3月27日、ドコモはBlackBerry Bold 9900を30日(金曜日)に発売すると発表しました。これを受けて、記事タイトルを更新しました。

日本通信, 他キャリアの過度なMNP施策に公開抗議=報道発表

  • Day:2012.03.22 01:45
  • Cat:News
日本通信株式会社は、本日、他キャリアの過度なMNPインセンティブに対する公開抗議として、同社提供の音声付きSIMサービス「talkingSIM U300」および「talkingSIMプラチナ」(マイクロSIM版を含む)の提供条件を変更し、2012年3月20日16時以降の申し込みについては、1年間の最低利用期間を設定し、1年未満の解約について10,500円の違約金を設定したと発表しました。

報道発表において、同社は「キャリアは、事業者間競争が激化する中、MNPによる転入に対して、キャリアショップ等と連携して1回線あたり3万円から7万円程度のキャッシュバックを支払って」いるとした上で「状況を利用することにより、最低利用期間がない当社のSIMを申し込み、直後にMNPで携帯キャリアに移動し、それを即座に解約することで、1回線あたり数万円のキャッシュを手に入れる」ことを許していると指摘しています。

同社は、上記の状態でも、最低利用期間の定めのないSIMについて、ルールに則った契約事務手数料、通信料、及びMNP手続き手数料を請求しているため、短期間でのMNPによる転出があっても、経営的には問題ないとしているものの、「通信業界の健全な発展に貢献するためにMVNO事業モデルを実現し、この事業モデルによって今後の成長戦略を推進していく企業として、本件のような通信業界の問題についても、適切に問題提起し、解決を訴えて」いくと述べています。

同社は、今回の措置について、本件の問題提起を行うことで、キャリア自身が自律性を発揮すること、または総務省が事後規制として何らかの対策をとることを期待した上での、あくまで一時的な措置であることを付け加えています。

レビュー: マグネット内蔵iPadスタンド「magnus (マグナス) for iPad」=PR

  • Day:2012.03.22 00:25
  • Cat:iPad
スクリーンショット 2012-03-21 23.55.17

その名を「magnus(マグナス)」といいます。筆者所属のフォーカルポイント株式会社が販売する、Ten One Design社のマグネット内蔵式iPadスタンドです。実は、昨日からTwitterやFacebookで私一人で盛り上がっていて、何とかこの魅力をお伝えしようと、居ても立ってもいられなくなり、今回記事にしました。

※この記事では、新しいiPadを使用しています。

IMG_6684.jpg

magnusは、筐体にアルミニウムを採用したiPadと一体感のあるデザインのスタンドです。1つの金属の塊が美しい曲線をともなうプロダクトになっています。

IMG_6691.jpg

スタンド部分は、iPad 2/新しいiPadのためだけに削られていて、この部分にマグネットを内蔵しています。iPad 2/新しいiPadにはスマートカバーを装着するためのマグネットが内蔵されていますが、その機構をうまく活用しています。

IMG_6694.jpg

magnusにiPadを装着するためには、シンプルにスタンド部分にiPadの側面を合わせるだけで終わりです。あとは、マグネットが作用して、独特のスナップ音と共に貼りつくような感覚でiPadを固定します。カチッと。

IMG_6698.jpg

このように、iPadを支えています。iPad 2/新しいiPadのためだけにデザインされているので、一寸のくるいもなく、アルミニウムの一体感を持って、その場に存在します。

IMG_6710.jpg

純正のiPad Dockでは、どうしてもiPadに合わない白い本体部分が見えてしまいますが、このmagnusは、縁の下の力持ち、殆ど姿を表すことなく、iPadをデスクの上などで惹き立てます。

AofOfOeCIAEbK6_jpg-large.jpeg

AofJ5EJCIAAUzL-jpg-large.jpeg

せっかくの機会なので、Twitterに投稿した写真もアップします。オフィスでiPadをデスク横で利用する際に、magnusを活用しています。

iPadユーザーには、デザインに人一倍気を配る方が多いです。弊社ではそうしたニーズにお答えできるアクセサリを選りすぐってご提案しておりますが、このmagnusはその中でも、私の今季の押しアクセサリです。

Ten One Design magnus for iPad 2(新しいiPadにも対応)は、弊社の楽天市場店OUTLOUDでも販売中です。

NTTドコモ, 「GALAXY Note SC-05D」ホワイトカラーを発売当初から販売へ

スクリーンショット 2012-03-22 1.16.01

NTTドコモは、韓国サムスン電子製Xi対応スマートフォン「GALAXY Note SC-05D」を開発しており、間もなく発表する見込みです。同社は、発売当初よりセラミックホワイトをラインナップします。

移動体通信に詳しいBlog of Mobile!!によると、SC-05Dは、FCCを3月20日付で通過しました。

スクリーンショット 2012-03-22 1.16.54

一部ボタン配置が海外版と異なる雰囲気です。

関連:
レビュー: 「Samsung Galaxy Note」は最高のメモタブレット端末
NTTドコモ, Samsung製「GALAXY Note LTE SC-05D」開発

Apple,「新しいiPad」発売4日間の販売台数が300万台を突破

  • Day:2012.03.20 09:45
  • Cat:iPad
ipad_heronewipad.jpg

Appleは、本日、3月16日(金曜日)に発売した同社の新型タブレット端末「新しいiPad」が、発売4日間で300万台を販売したと発表しました。

新しいiPadは、米国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、香港、日本、プエルトリコ、シンガポール、スイス、英国と米国領ヴァージン諸島で発売されています。

また、新たに、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、マカオ、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペインとスウェーデンで今週金曜日に発売されます。

なお、初代iPadは、発売後60日以内に200万台を販売していました。

関連:
Apple、iPad発売後60日以内で200万台販売
Apple、iPadの販売台数が100万台に

シャープ, Apple向け液晶パネルの出荷遅延を認める=日本経済新聞

  • Day:2012.03.19 21:32
  • Cat:iPad
シャープの次期社長で常務執行役員の奥田隆司氏は、19日、都内で記者会見を開催し、亀山第2工場で量産準備中のApple「iPad」向け新型液晶パネルについて「できるだけ早く出荷したい」とコメントし、これまで2月中としていた従来計画より遅れていることを認めました。日本経済新聞が報じました。

今年1月、韓国etnews.comは、「新しいiPad」向けの液晶パネルに、サムスン電子とLGディスプレイが採用され初期出荷が開始されているものの、シャープはAppleの検査基準をパス出来なかったと報じていました。

関連:
東芝・ソニー・日立, 中小型液晶の新会社で大筋合意/明日発表
Apple, シャープ亀山工場に10億ドル投資の可能性ーReuter
日立, 東芝・ソニー液晶統合に合流へ/世界シェア21%超ー日本経済新聞
日立DP, Foxconn(鴻海)とApple向けディスプレイで提携へ/東芝・シャープ対抗
東芝・ソニー, スマートフォン向け液晶統合/年内に新会社ー日本経済新聞
シャープ, Appleから「iPad」向け高精細パネルを受注/亀山工場を中小型パネル用に転換へ
シャープ, 2012年発売の「iPhone 6」向けに液晶供給ー日刊工業新聞/先報道に謝罪
Apple, 「iPhone」向け液晶を東芝に絞るー日刊工業新聞/シャープは抗議声明
Rumor: Apple、LCDで東芝・シャープなどに約3,200億円投資?
東芝・シャープ, Apple向けに有機ELディスプレイを生産へー日刊工業新聞
Rumor: Apple、裸眼3D液晶ディスプレイ製品を市場投入?ーMACお宝鑑定団
日立DP, Foxconn(鴻海)とApple向けディスプレイで提携へ/東芝・シャープ対抗
シャープ, Apple向け液晶パネル生産ラインを亀山に新設/Appleが投資額1,000億円の多くを負担
東芝, 石川県にスマートフォン用液晶新工場を建設へ/Appleも投資額一部負担

Apple, 約8兆円の手元資金に関するカンファレンスコールを開催

Appleが、現地時間3月19日(月曜日)午前6時よりカンファレンスコールを開催し、手元資金の使途について説明すると案内しています。

カンファレンスコールには、ティム・クックCEOおよびピーター・オッペンハイマーCFOが出席します。

同社には、現在、使途不明の手元資金約980億ドル(約8兆円)があります。

「Windows Phone IS12T」を模倣したAndroidスマートフォンが認証通過=中国

o0273045411859586173.jpg

深セン市京崎通信技術有限公司製のAndroidスマートフォン「TOOKY T1981」(上)が、中国工業情報化部の認証を通過しました。移動体通信に詳しいBlog of Mobile!!が伝えました。

IMG_5946.jpg

同モデルは、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製Windows PhoneでKDDIが昨年夏に発売した「Windows Phone IS12T」(上)の意匠を完全に模倣しています。

フォトレビュー: 「eggshell for iPad (第3世代)/iPad 2 fits Smart Cover」=PR

  • Day:2012.03.16 22:30
  • Cat:iPad
DSC00079.jpg

新しいiPadは、これまでのiPad 2に比べて0.6mm厚くなっている。また、Rも微妙に異なるため、アクセサリ選びには注意が必要だ。新しいiPadに対応していることをうたっている製品をオススメする。

DSC00081.jpg

弊社の新製品「eggshell for iPad (第3世代)/iPad 2 fits Smart Cover」を新しいiPadに装着した状態。縁も含めて綺麗にiPadを保護している。

DSC00083.jpg

DSC00084.jpg

iPad 2に比べて画質が向上したカメラはレンズ穴が大きくなっているが、そちらにも対応。細部に至るまで綺麗に縁取りしており、極力カバーできないところを少なくしている。そのため、今回から、Smart Coverを使わないお客様のために「エッジプロテクター」というSmart Cover取り付け部分の保護シートを同梱している。

DSC00085.jpg

DSC00086.jpg

Smart Coverを装着したときのフィット感はこんな感じ。違和感なく、まるでひとつの製品のようにeggshellがSmart Coverとマッチする(Smart Coverに年季が入っているのはご愛嬌。)

★「eggshell for iPad (第3世代)/iPad 2 fits Smart Cover

「新しいiPad」本日発売/アップルストア銀座レポート

  • Day:2012.03.16 09:06
  • Cat:iPad
Appleが先週発表した「新しいiPad」が、本日3月16日(金曜日)日本を含めた世界各国で発売されます。すでに日本では発売日を迎え、午前8時からApple Retail Storeや一部のソフトバンクショップで発売が開始されました。

DSC00060.jpg

発売日のApple Retail Storeは全国で行列ができた模様で、発売開始の時点の銀座店でも長蛇の列に加えて報道陣の多さで、大変賑わいをみせていました。


午前8時になると、Apple Retail Storeのスタッフが盛大な拍手で先頭集団を迎え、ブロックごとに入店させていました。

DSC00065.jpg
(手続き完了後、取材陣に応じる購入者)

また、購入してストアから出てきた最初のお客様には、報道陣が取材をするために、中央通り挟んで真向かいの松屋銀座の前あたりで囲みをしていました。

DSC00075.jpg
(恒例だが、GIZMODOの方々も)

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D』本日公開

本日3月16日(金曜日)から、TOHOシネマズ日劇ほか全国で『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D』が劇場公開されます。


同映画は「スター・ウォーズ」全エピソードの3D化プロジェクト第1弾で、オリジナルは1999年に公開されました。

一般公開に先立ち、昨日、前夜祭上映が行われた劇場もありました。

なお「スター・ウォーズ」3D化プロジェクトでは、1年に1エピソード公開する方針を明らかにしているため、今後の予定として、2013年には『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 3D』が公開される見込みです。

NTTドコモ, 主力スマートフォンを本日より値下げ=SankeiBiz

NTTドコモは、本日から主力スマートフォンを最大18000円値下げすることがわかりました。SankeiBizが報じました。

価格改定では、Xi対応の「GALAXY S II LTE SC-03D」「MEDIAS LTE N-04D」「Optimus LTE L-01D」の3機種を約1万円に値下げします。

また、FOMA対応のスマートフォンでは、「Xperia arc SO-01C」「Xperia ray SO-03C」など4機種が値下げされます。

この値下げは、当面は3月末までの予定です。

関連:
続・AppComing読者キャンペーン

富士通, Androidスマートフォン版「らくらくホン」開発=日本経済新聞

富士通は、中・高年齢層向けの携帯電話ブランド「らくらくホン」をAndroidスマートフォンとして今夏にも発売します。日本経済新聞が、12日付で報じました。

スマートフォン版らくらくホンは、高年層でも使いやすいように機能を絞り込み、利用前の設定作業を極力簡素化します。また、健康管理機能として、体重計や血圧計といった外部の健康測定機器とスマートフォンを連動させてデータの閲覧や医療機関に提供できる機能を搭載します。

同社は、スマートフォン版らくらくホンを、年内にも米国、欧州市場に投入する計画です。

なお、富士通は夏モデルとして、上記端末の他に、Android 4.0にクアッドコアプロセッサを搭載したハイエンドモデルなどを開発しており、複数のキャリアに投入します。

関連:
富士通, フィーチャーフォンの新規開発を中止へ/スマートフォン開発注力=日本経済新聞

東日本大震災から1年、携帯電話、生きるための災害対策を知る。

東日本大震災により犠牲となった方々へ心よりご冥福をお祈り申し上げます。震災により負傷された方々、避難されている方々に、心よりお見舞い申し上げます。

未曾有の東日本大震災から1年。この1年で我々の災害に対する意識は大きく変化した。あの日、ライフラインの携帯電話はまさにパンク状態で、メールさえも遅延して正常利用は困難だったが、一方で、唯一の緊急連絡手段として、大震災は携帯電話に対する認識を変え、事業者の意識を変え、携帯電話を変えた。

ソフトバンクモバイルは、それまで、緊急地震速報に対して消極的だった。2010年8月の時点で対応機種はたったの1機種、対応拡大については「市場の状況を見て判断する」というものだった。しかし、同社は震災を受け方針を転換し、原則として発売する全ての携帯電話、スマートフォンを緊急地震速報に対応させた。

fig_main-visual.png

上記方針は当時独占販売していたiPhoneも例外ではなく、既に販売されていた機種を含め、緊急地震速報に対応した。また、チャリティホワイトというオプションサービスにより、10円を毎月の請求に加えて、ソフトバンクと計20円を毎月義援金として寄付するサービスを開始している。

image_13.jpeg
(NTTドコモ)

NTTドコモKDDIは、震災の前から殆どの機種を緊急地震速報に対応させていたが、この1年で災害対策を見直し、ドコモではパケットで音声を送ることが出来る「災害用音声お届けサービス」を開始、緊急速報サービス「エリアメール」では、自治体からの災害・非難情報に加え、津波警報にも対応させた。

スクリーンショット 2012-03-11 10.54.18

KDDIも同様のサービスとして、津波警報への対応を2012年3月以降に、災害用音声お届けサービスの提供を5月末に見込んでいる。Googleは、消息情報を登録、確認できる「Googleパーソンファインダー」を提供した。パーソンファインダーは、本日限定で試験運用として公開されており、KDDIは、本日から、auの災害用伝言板に「Googleパーソンファインダー」と「NTT東西災害用ブロードバンド伝言板(web171)」のリンクを掲載した。

大震災はサードパーティの災害への対応も変えた。アプリケーション「ゆれくるコール for iPhone」は当時緊急地震速報に対応していなかったiPhoneに緊急地震速報サービスを提供した。ヤフージャパンは、「防災速報」という地震、津波、豪雨情報などの速報をプッシュ配信するアプリケーションをリリースしている。

1年前の今日、私は家にいた。普通の1日のはずだった。14時46分、微弱な揺れを感じつつも、それでも横になっていたが、徐々に強くなる揺れに異常を感じ、テレビをつけようと起きたところで大きな揺れが来た。立っていられないほどの揺れだった。

2005年に福岡県西方沖地震を経験していたが、比較にならないほどの揺れにテレビのリモコンにすら足が届かない。必死の思いでリモコンをつかみテレビをつけると各局が地震速報を伝えていた。私の足は震えていた。


その震えを決して忘れないために、これからも災害に備えることが不可欠だ。いざというとき、たとえ繋がらなくとも、携帯電話はライフラインの1つ、その意識のもと備えることは知ることにほかならない。自分が持つ携帯電話がどのような災害時サービスに対応しているのかを把握し、そのためにどのようなアプリケーションがインストールされているのか知っていなければならない。緊急時、説明書を読む暇はないのだ。

緊急速報にはそれぞれの音が決められている。その発報音を把握することも、咄嗟の判断のために有効的だ。緊急地震速報、津波警報と災害・避難情報の発報音、テレビ、ラジオの緊急地震速報の発報音、一度だけでも試聴しておき、記憶の片隅に残してほしい。

その上で、キャリアは災害対策をユーザーに周知する必要がある。現状、契約時にそのような周知が徹底されているとは到底言えない。複雑化する携帯電話の機能のなかでも、緊急性の高い機能は契約時の確認必須事項として取り入れることが望ましいだろう。

大震災は我々から平常を奪い、大切な人の命を奪い、ふるさとを奪った。しかし、同時に、あのような天災がいつ何時きても不思議ではないということを再認識させた。

我々は1年前の大惨事の教訓を忘れないために、今一度、生きるための手段を知らなければならない。

Gadget: 「ROBERU×VIVA JAPAN レザーカードケース」=VIVA JAPAN

  • Day:2012.03.11 01:54
  • Cat:Gadget
DSC00053.jpg

オンラインセレクトショップVIVA JAPANが販売する、革製品を創るROBERUの「ROBERU×VIVA JAPAN レザーカードケース」を購入しました。

私が選んだのは、ネイビーで、スティッチは赤系。デザインを引き締めていて、ラインが美しいです。革製品の味を満喫できるキャメルカラーも用意されています。どちらもヌメ革を使用しています。

この商品はVIVA JAPAN限定のため、ROBERUとのダブルネームで刻印が入っており、こちらも金箔がかっこいいです。

DSC00054.jpg

実はこちらが表側とのことです。スリーブタイプのため、レザーベルトのストッパーが付いています。レザーベルトを引くことで名刺を取り出せる仕組みです。外観はシンプルなデザインで、胸ポケットなどにスマートに入れられます。

DSC00055.jpg

両端を押してパカッと広げて出し入れします。革製品なので、柔らかく自然に開きます。スティッチが赤いので、ケースの裏側もおしゃれに飾ります。

DSC00056.jpg

ネイビーのヌメ革にワックス加工を施しているので、独特の艶もあり、光のあたり方によって表情を変える美しい名刺ケースに仕上がっています。

関連:
VIVA JAPAN(ROBERU商品ページ)
レビュー: ずっと触っていたい革製品。ROBERU「キー&コインケース」「グラウンド コインケース」

Gadget: EMOBILE「Dell Streak Pro(GS01)」=AppComingキャンペーン

  • Day:2012.03.11 01:26
  • Cat:Gadget
DSC00028.jpg

イー・アクセスが、イー・モバイルブランドで8日から販売を開始したDELL製Androidスマートフォン「Dell Streak Pro(GS01)」を購入した。

今回、スマートフォン情報ポータルAppComingとテルルモバイル大岡山、テルルモバイル秋葉原2号店、徳島県のドコモショップ末広店の計3店舗で実施している「続・AppComing読者キャンペーン」により、新規一括19,800円(アシスト無し)で契約することができた。この価格は現時点での最安水準。

ちなみに、同キャンペーンは3月18日(日曜日)まで開催しており、NTTドコモのXiスマートフォン「Optimus LTE L-01D」がMNP一括2,800円(月々サポート計83,160円付)の案件など、大変お買い得なものが多いので、MNP転出やスマートフォン、タブレットを購入検討している場合は要チェックだ。

DSC00030.jpg

GS01は、Dell Streak Proというスマートフォンのイー・モバイル版だが、同ブランドのスマートフォンはSIMロックフリーのため、他キャリアのSIMでも利用できる。一方、同スペックのソフトバンクモバイル版「DELL Streak Pro 101DL」は、SIMロック版で、かつテザリング機能が殺されている。

Dell Streak Proの購入を検討しているなら、特段の事情が無い限り、イー・モバイル版を選ぶほうが料金的にも機能的にも電波的にも良いだろう。

DSC00032.jpg

Dell Streak Proは、ユーザーで電池パックを脱着できない仕様となっており、ディスプレイ部を除くボディにはシリコンラバーコーティングが施されている。SIMスロットやmicroSDカードスロットは右側面に搭載されている。

SIMカードには、イー・モバイルでは初めてmicroSIMタイプを採用しているため、SIMフリーとはいえ運用に注意が必要だ。

先日、キャンペーン当選して入手したIIJのLTEに対応したデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」で発行されるmicroSIMカードを使用して通信サービスを利用できることを確認した。

DSC00038.jpg

Dell Streak Proは、4.3インチQHD(960×540ピクセル)のSuperAMOLEDディスプレイ(Gorilla Glass)を採用している。ディスプレイ面にはハードウェアキーは搭載せず、ファンクションキーもタッチセンサータイプだ。

CPUには、Qualcomm MSM8260 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載しており、操作はかなり快適だ。

DSC00048.jpg

ホーム画面は、イー・モバイルの標準仕様だ。テザリングサービスを利用することも可能だ。ファンクションキーの配列は、左から「戻る」「メニュー」「ホーム」「検索」の4つとなっている。国内スマートフォンやサムスン製、LG製では3つがほぼ標準仕様となっているが、DELLやHTC、Motorola製では4つのタイプも多い。

今回、「続・AppComing読者キャンペーン」により、イー・モバイルのDell Streak Proを格安で手に入れることができた。先述の通り、同キャンペーンでは、ドコモスマートフォンやドコモタブレットも安価で入手できるので、この機会にスマートフォンやタブレットを持ちたいユーザーは必見だ。

KDDIの田中社長、次期会長に選任=電気通信事業者協会

  • Day:2012.03.10 11:41
  • Cat:News
電気通信事業者協会(TCA)は9日、KDDI株式会社代表取締役社長の田中孝司氏を次期会長に、株式会社NTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏を次期副会長に選任すると発表しました。任期は、2012年4月1日から来年度の最初の通常総会(平成25年6月開催予定)の終結時までとなっています。

なお、改選に伴い、現在TCA会長を務めるソフトバンクテレコム株式会社代表取締役社長兼CEO、ソフトバンクモバイル株式会社代表取締役社長兼CEOの孫正義氏、および副会長のスカパーJSAT株式会社代表取締役執行役員社長の高田真治氏が退任します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。