Report: iPadを全面活用したペーパーレス店舗「ノジマ六本木店」

  • Day:2010.11.27 15:52
  • Cat:iPad
IMG_1242pad.jpg

ノジマが、六本木交差点角の「ノジマ六本木でんわ館」を改装し、新たにAppleの「iPad」などをデジタルサイネージとして全面活用した、ペーパーレス型の携帯電話販売店を先日オープンしました。

店舗に設置された約70台の「iPad Wi-Fi」には、ケータイの販売価格、特徴などがPDFファイルで表示されていました。全てがDockケーブルに接続されており常時充電している一方、配線を出来るだけ感じさせない丁寧な内装です。

また、42インチ、60インチ程度のデジタルサイネージや、巨大ディスプレイに広告などが表示されています。契約時には、キャリアによっては専用のタブレット端末を使い、極力ペーパーレスで手続きが出来るみたいです。

IMG_1244son.jpg

店舗にはオープンを祝う花輪があり、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏も送っています。また、岡村製作所も送っていることから、同社が店舗内装に関わったと思われます。
スポンサーサイト

Gadget: Android au「IS03」(セレモニー&購入レビューVol.1)

  • Day:2010.11.27 03:42
  • Cat:au
DSC01031re.jpg

KDDIは、26日、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaにおいて、同日から全国で発売開始となった、シャープ製Androidスマートフォン「IS03」の記念イベント「Android au『IS03』解禁セレモニー」を開催しました。

セレモニーには、KDDI代表取締役執行役員専務の田中孝司氏、ヨドバシカメラ代表取締役社長の藤沢昭和氏、スペシャルゲストとして、SDN48の大堀恵、KONAN、加藤雅美、伊藤花菜が登壇しました。

KDDI田中氏は「発表から2カ月弱、今日発売になり感無量」と述べた上で、ネット上での「購入宣言」キャンペーンの応募総数が27万件に上ったことを明らかにしました。同氏は「KDDI始まって以来の数ではないか」とコメントしました。

DSC01058re.jpg

セレモニーの後、プレス向けに店内の様子が公開されました。auの販売コーナーはまさにIS03一色となっており、料金の案内やオススメプランなどのポップが目立ちました。店内で囲み取材に対応した田中氏は、IS03の供給体制は整っているものの、予想以上の予約に驚いているとした上で、Android 2.2へのアップデート時期を「来年3月末頃に」と明らかにしました。

IMG_5483.jpg

私は取材後、同店舗の当日販売分でIS03に機種変更しました。CEATEC JAPAN 2010でも比較しましたが、IS03は、iPhone 4よりも一回り大きなサイズです。ただ、丸みを帯びているため、差は感じさせません。

ディスプレイは、iPhone 4同様、3.5インチ(960x640ピクセル)とAndroidスマートフォンにしては極めて珍しい、いわゆる「Retinaディスプレイ」を搭載しています。また、つなぎ目無く、メモリ液晶を下部に搭載しており、こちらは常時点灯して、スリープ時は時間やバッテリー残量、ステータスなどを表示します。操作時には、一般的なAndroidスマートフォンのハードキーと同等のホームボタンやサーチボタンなど操作パネルに変わります。これらを併せてコンビネーション液晶と言います。

IMG_5487.jpg

実はこのコンビネーション液晶はとても便利で、デザイン上、ハードウェアキーを排除しているスマートさの他にも、実用面で魅力的です。通常、フィーチャーフォンは有機ELなどのサブディスプレイで時間表示などに対応しますが、スマートフォンの分野では、特にタッチディスプレイ系はそうしたものを設けておらず、わざわざボタンを押して確かめなければなりませんでした。

IS03は、バッテリーを殆ど消費しないメモリ液晶を設けているため、時計が常に表示されている状態です。しかも単なる飾りではなく、操作時には適切なボタンに変わります。

シャープ製Androidスマートフォンは、今季、NTTドコモとソフトバンクモバイルからも発売されますが、いずれも裸眼3Dディスプレイを搭載しました。コンビネーション液晶とどちらを選択するか、という際、KDDIは、実用面を重視したと言えます。ちなみにドコモとソフトバンクのモデルには、ディスプレイ下部にハードウェアキーボードが搭載されています。

また、着信などを通知するランプも搭載しています。ドコモのGALAXY Sにはこれが備えられておらず結構不便でした。

IMG_5486.jpg

背面には、HDムービー録画可能の960万画素CCDカメラ、FeliCaが内蔵されています。いずれもメイン機能で、前者はタッチフォーカスや顔検出、高感度撮影、シーン撮影などの切り替えを分かりやすいユーザーインターフェイスで搭載しています。

後者の、おサイフケータイも、ついにAndroidスマートフォンに搭載されました。主に交通系の一部サービスは厳しいチェックにより対応が遅れていますが、発売時点でWAONなどを利用可能です。

IMG_1226is.jpg IMG_1232is.jpg

シャープの「GALAPAGOS SQUARE」では、IS03の購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを実施しています。ポータルサイトとしては、KDDIの「au one Market」も用意されており、スマートフォンを初めて使うユーザーにも親切なアプリケーション提案をしています。

「Skype au」アプリケーションもダウンロードします。まだ試していませんが、インターフェイスは他のスマートフォン向けと同様なものの、電話帳連携や、そもそもの発信方法で他キャリアとは違います。Skype auサービスは、auの携帯電話網を利用するため、安定した通話品質を確保することが出来ます。詳細記事はこちら

IMG_1228is.jpg IMG_1238is.jpg

「きせかえtouch」など、フィーチャーフォン向けサービスも殆ど対応しました。これらは、必要に応じてダウンロード、インストールする形になっています。なお、Androidスマートフォンお馴染みの上部のステータスバーですが、IS03は独自仕様です。通知の他に「状態」を詳細に確認することが出来ます。

使用感ですが、半日使用してみて、製品版はかなり良い具合に仕上がったと感じました。Androidスマートフォンの基本仕様は割愛し、IS03独自の機能であるワンセグも、タッチインターフェイスによりスワイプでチャンネル移動出来るなど使いやすいです。

また、「Jibe」は、Twitter、Facebook、mixiなどSNSサービスを複数利用しているユーザーには便利そのものです。高度なことは専用のクライアントが必要ですが、大まかに把握するには最適と感じました。

レスポンスは許容範囲、このあたりは実はAndroidの多彩なアプリケーションでカスタマイズすることにより結構改良されます。例えば「LauncherPro」というホームアプリケーションをインストールするだけで、体感速度が上がります。

電池の持ちには若干懸念が残ります。容量が1020mAhと、他のスマートフォンと比較すると少ないです。ただ、こちらに関してもアプリケーションや設定により、かなり左右されると思います。26日までに「購入宣言」したユーザーには、もれなく電池パックがプレゼントされるキャンペーンも実施されていました。

余談ですが、本体下部のストラップホールには、珍しくストラップを付けてみました。フィーチャーフォンらしいAndroidスマートフォン「IS03」を、フィーチャーフォンのように色々試してみようと思います。

Gadget: 8時間連続通信可能のWiMAXルータ「AtermWM3500R」

  • Day:2010.11.26 19:10
  • Cat:Gadget
IMG_5492.jpg

NECおよびNECアクセステクニカが、国内市場のWiMAXや3G回線対応のモバイルルータの中で最長の、最大約8時間の連続通信が可能な、薄型・軽量のモバイルWiMAXルータ「Aterm WM3500R」を先日より発売しました。

連続通信時間の長さに惹かれて、現在利用しているビックカメラのBic WiMAX SERVICE「URoad-7000」を解約し、NEC製「WM3500R」をヤマダ電機のYAMADA Air Mobile WiMAXで契約しました。

1年契約でフラット方式の月額定額3,880円で、本体価格は2,800円。とても安価です。ちなみにビックカメラではまだキャンペーンを実施しておらず、20,000円弱でした。

IMG_5493.jpg

WM3500Rは、URoad-7000と比較し、重量は僅か3g重い程度で、大きさも手のひらで持てるサイズ。内蔵充電池が2500mAhと大容量を実現しているため、最大約8時間の連続通信が可能となります。また、eneloopなどの外部バッテリーにも対応しており、さらに長時間の利用が期待できます。

今後、外部バッテリーを含めて、連続通信時間を計測する予定です。

SoftBank, 「iPad for everybody」で「iPad Wi-Fi+3G」を実質0円から販売

  • Day:2010.11.26 16:36
  • Cat:iPad
ソフトバンクモバイルが、Appleの「iPad Wi-Fi+3G」が実質負担額0円から購入できるキャンペーン「iPad for everybody」を、2010年12月3日(金曜日)から2011年2月28日(月曜日)まで実施すると発表しました。本キャンペーンの開始にあわせてiPad取扱店を大幅に拡大し、12月末までに2,750店舗以上のソフトバンクショップおよび家電量販店でiPadの販売を開始する予定としています。

スクリーンショット(2010-11-26 16.32.50)

同キャンペーン適用後、iPad Wi-Fi+3Gは、16GBモデルで実質負担額0円(58,320円-2,430円x24)、32GBモデルで実質負担額9,600円(67,920円-2,430円x24)、64GBモデルで実質負担額18,960円(77,280円-2,430円x24)と設定されています。

なお、「iPad Wi-Fi」については、12月2日(木曜日)をもって分割払いによる販売を終了すると案内しています。

SoftBank, 都心での帯域制限を公式否定/CTO宮内氏の見解と矛盾

IMG_1208speed.jpg

ケータイWatchは、ソフトバンクモバイルが、東京都の都心部全域において、上りの通信速度を64kbps以下に制限しているのではないかとの最近の噂について、同社に事実関係を確認したところ、広報部から「都内全域、一部地域、全国を含めて制限していない。(帯域制限しているとの)Twitter上での回答は、通信量が著しく多かったユーザーに対する帯域制限に対するものでこれは勘違いである。」との回答を得たとした上で、帯域制限についての記事掲載を見送ったと伝えています。

一方、同社取締役専務執行役員兼CTOの宮川潤一氏は、Twitterにおいて「確認致しました。都内増設工事箇所にて、制御している局があるようです。来週には完了し、徐々に解除していくようです。確認に時間がかかり申し訳ありません。適宜アナウンスするべきでした。重ね重ね申し訳御座いませんでした。」と述べており、公式見解と異なる内容を案内しています。

ケータイWatchは、こうした経緯を踏まえて再度事実関係を確認した結果、ソフトバンクは、「都心全域の全てのユーザーに対して制御している事実はない。ただし、一部基地局の工事に伴って通信が一時的に制御されることはある。ある地域に集中して制限をかけるようなことはしていない。」との公式回答を得たとしています。

この「一部」や「一時的」では、どの程度のユーザーが対象になっているのか不明ですが、上りを制限している事実があるならば、キャリアとして速やかに公表して然るべき内容です。

ちなみに私が先週、渋谷区で速度測定したところ、1,433kbps(下り平均)/上り45kbps(上り平均)で、明らかに上りが不自然です。同じ計測を神奈川県相模原市で実施したところ、1,846kbps(下り平均)/上り153kbps(上り平均)でした。

また記事投稿時点での計測は、同じく渋谷区で、2,471kbps(下り平均)/上り58kbps(上り平均)と相変わらずです。

参考:
ソフトバンクが都心で上り通信規制? 公式に否定(ケータイWatch)
3Gハイスピード(ソフトバンクモバイル)

Sony, 電子書籍端末「Reader」を国内発表

  • Day:2010.11.25 15:03
  • Cat:Gadget
スクリーンショット(2010-11-25 15.40.16)
(Sony)

ソニーが、既に海外展開している電子書籍端末「Reader」を国内で発売すると発表しました。ラインアップは、約215gの「Reader Touch Edition」(6インチ)、約155g「Reader Pocket Edition」(5インチ)で、両モデルで光学式タッチスクリーンを搭載しています。また、ディスプレイには、最新のAmazon Kindleも採用する、E Ink社製の新世代電子ペーパー「E Ink Pearl」を搭載しています。

内蔵メモリは2GBで、書籍約1,400冊が保存可能です。上位のTouch Editionでは、メモリースティックやSDカードにも対応しているため、外部に32GBまで保存可能です。電子ペーパーは電力を殆ど消費しないため、通常利用時に約2週間の利用が可能です。

英和辞典(ジーニアス英和辞典 第四版)および英英辞典(New Oxford American Dictionary Second Edition)の2冊を内蔵しており、電子書籍上の英単語をダブルタップすることにより簡単に検索できます。

昨日リリースがあった、ソニー、凸版印刷、KDDI、朝日新聞社の4社による、株式会社ブックリスタなどと連携したオンラインブックストア「Reader Store」により新刊書を含めたラインアップを取り揃えて、Readerユーザーに提供するとしています。サービス開始時は、2万冊以上の書籍を用意しており、雑誌や新聞なども順次、追加する予定です。

市場推定価格は、Reader Touch Editionで25,000円前後、Reader Pocket Editionで20,000円前後、発売予定日は12月10日(金曜日)です。

Rumor: Apple、「iBooks」にフォルダ機能「コレクション」追加?ー9to5Mac

  • Day:2010.11.25 13:53
  • Cat:iPad
9to5Macは、先日、AppleのSteve Jobs CEOが、「iBooks」にフォルダ機能を実装して欲しいというユーザーからの要望に、機能を追加する用意があると返信した件について、iBooksの新機能「コレクション」に関するAppleの文書を入手したと伝えています。

詳細は以下の通りです。

「コレクション」の作成、名前変更、削除
→「コレクション」をタップしてコレクションリストを表示
→「新規」をタップして新しいコレクションを追加
→「編集」をタップしてコレクションを削除
→名前をタップして名称変更
→内蔵コンテンツ(iBooks/PDF)は名前変更、削除不可

本やPDFファイルを「コレクション」に移動
→本棚から「編集」
→移動したい本やPDFをタップしてチェックマークが表示されたら、「移動」をタップしてコレクションを選択
→アイテムは同時に複数のコレクションには入れられない

コレクションの閲覧
→「コレクション」をタップし、表示されるリストからアイテムをタップ
→iBooksではPDFファイルのメール送信、サポートするプリンタによる一部または全部の印刷が可能
→電子書籍ファイルは印刷不可

Sony、凸版、KDDI、朝日新聞社, 「ブックリスタ」設立/電子書籍配信を事業化

  • Day:2010.11.24 15:21
  • Cat:au
ソニー、凸版印刷、KDDI、朝日新聞社の4社が、2010年7月1日付で共同設立した電子書籍配信事業準備株式会社について、11月4日付で株式会社ブックリスタとして事業会社化したと発表しました。同社の代表取締役社長には、電子書籍配信事業準備株式会社の代表取締役であった今野敏博氏が就任しました。

ブックリスタは、コンテンツの収集・電子化および管理、顧客認証や課金システム、プロモーション業務など、コンテンツ販売に関連するサービスのためのオープンなプラットフォーム構築を目指します。端末メーカーおよびストア事業者は、オンライン上に各社のストアを設置して、それぞれの端末に向けたコンテンツの提供が可能となります。

同社では、サービス開始時に、文芸書、ビジネス書、エッセイなど多様なジャンルを取り扱い、今後、コミック・新聞・雑誌なども順次取り扱いを拡大する予定とのことです。

なお、ソニーは、電子書籍事業および製品発表会を、明日25日(木曜日)に開催します。発表会では、海外で既に展開している同社の電子書籍端末「Reader」を、国内で正式に発表する見通しで、2010年末にも発売される予定です。す。

関連:
東芝, 電子書籍事業で凸版と連携/発表予定のスマートフォンにソフト搭載へ

Rumor: Apple、12月にサブスクリプション方式アプリ課金システムをイベントで発表?ーDaring Fireball

  • Day:2010.11.24 01:58
  • Cat:iPad
Daring Fireballのジョン・グルーバー氏は、Appleが、12月にスペシャルイベントを開催し、News Corpのルパード・マードック氏など主要新聞社、雑誌社幹部などと共同で、サブスクリプション方式を採用する、アプリケーション向けの新しい課金オプションを発表するという情報を得たと伝えています。

同イベントでは、この方式を採用したNewsのiPad向け新聞「The Daily」が公表される見込みです。

レポートによると同氏は、スペシャルイベントの開催は12月9日(木曜日)と聞いたものの、通例に従うと、翌週の14日(火曜日)か、15日(水曜日)あたりが本命ではないかと推測しています。また、スペシャルイベントでは、同時に「Mac App Store」のオープンも発表されるかもしれないそうです。

加えて、9to5Macは、14日前後に開催されるAppleのスペシャルイベントにEAが招待されているとの未確認情報を得たと伝えています。

関連:
Rumor: Apple、12月にスペシャルイベント開催?

iPad: 「iOS 4.2」から技適マークを電磁的表示へ

  • Day:2010.11.23 23:29
  • Cat:iPad
IMG_0014ipad.jpg

Appleが、本日リリースした「iOS 4.2」をインストールした「iPad」から、日本国の技適マークが電磁的表示により付加されるようになりました。私の所持しているiPadの一つは、海外から輸入した技適マークのない(日本国に認証されていない)ものでしたが、このアップデートにより、認証されたことになります。

技適マークについて、総務省は、2010年4月28日付で、電気通信事業法(昭和五十九年法律第八十六号)の規定に基づき、端末機器の技術基準適合認定等に関する規則の一部を改正する省令(総務省令第五十九号)を公布、即日施行しました。

従来は端末機器の本体等に技適マークを表示させる必要がありましたが、施行後は、ディスプレイ表示などの電磁的方法により、技適認定を受けたことを示すことが出来るようになります。

同アップデートは、まさに上の方法に該当します。

関連:
総務省, 「技適」表示の電磁的方法を定めた改正省令を施行

Apple, iWork for iPadをアップデート/「iOS 4.2」新機能対応

  • Day:2010.11.23 05:05
  • Cat:iPad
Appleが、iPad向けのiWorkアプリケーション「Numbers」「Keynote」をアップデートし、本日リリースされた「iOS 4.2」の数々の新機能に対応しました。詳細は以下の通りです。なお、現時点で「Pages」のアップデートが配布されていませんが、後ほどリリースされる見込みです。

UPDATE:
「Pages 1.3」も配布が開始されました。

Keynote 1.3

・発表者ディスプレイの機能が向上し、外部ディスプレイに接続したときに、現在のスライド、次のスライド、およびノートを表示できるようになりました。
・スライドに既存の発表者ノートを読み込んだり、新たにノートを追加することができます。
・iOS 4.2のAirPrintを使用して、ワイヤレスでプリントすることができます。プリントするスライドの範囲や部数を指定したり、両面プリントしたりできます。
・iOS 4.2のマルチタスク機能に対応しています。
・ブラジルポルトガル語、デンマーク語、フィンランド語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、スウェーデン語、中国語(繁体字)にもローカライズされました。
・Keynote ’09およびPowerPointプレゼンテーションを読み込むときの信頼性が改善されています。
・ユーザビリティが向上しています。
・WebDAVサーバにアクセスできなくなるとサインアウトする、サーバアドレス内にポート番号が保存される、名前に無効な文字が含まれるファイルが保存されるなど、サーバを使用する際の問題を解決しています。
・iOS 4.2を使用することでPDFの書き出しが改善され、それによってWindows上での不明なフォントの問題も解決されます。

Numbers 1.3

・iOS 4.2のAirPrintを使用して、ワイヤレスでプリントすることができます。プリントするページの範囲や部数を指定したり、両面プリントしたりできます。
・プリントプレビューでは、「自動調整」などを使って、複数ページにまたがるシートのプリント方法を調整することができます。
・PDFの書き出しでは、プリントプレビューのページレイアウト設定を利用できます。
・関数の予測選択機能など、キーボードで数式を入力できます。
・iOS 4.2のマルチタスク機能に対応しています。
・ブラジルポルトガル語、デンマーク語、フィンランド語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、スウェーデン語、中国語(繁体字)にもローカライズされました。
・Numbers ’09およびExcelスプレッドシードを読み込むときの信頼性が改善されています。
・ユーザビリティが向上しています。
・WebDAVサーバにアクセスできなくなるとサインアウトする、サーバアドレス内にポート番号が保存される、名前に無効な文字が含まれるファイルが保存されるなど、サーバを使用する際の問題を解決しています。
・iOS 4.2を使用することでPDFの書き出しが改善され、それによってWindows上での不明なフォントの問題も解決されます。

Pages 1.3

・iOS 4.2のAirPrintを使用して、ワイヤレスでプリントすることができます。プリントするページの範囲や部数を指定したり、両面プリントしたりできます。
・iOS 4.2のマルチタスク機能に対応しています。
・ブラジルポルトガル語、デンマーク語、フィンランド語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、スウェーデン語、中国語(繁体字)にもローカライズされました。
・表がページ区切りをまたがる場合はレイアウトが自動的に調整されます。
・Pages ’09およびMicrosoft Word書類を読み込むときの信頼性が改善されています。
・フォントサイズの選択、ルーラ内のボールド、イタリック、アンダーラインインジケータなどのユーザビリティが改善されています。
・WebDAVサーバにアクセスできなくなるとサインアウトする、サーバアドレス内にポート番号が保存される、名前に無効な文字が含まれるファイルが保存されるなど、サーバを使用する際の問題を解決しています。
・iOS 4.2を使用することでPDFの書き出しが改善され、それによってWindows上での不明なフォントの問題も解決されます。

Review: 「AirPlay」を利用してAppleTVで映画を観る

  • Day:2010.11.23 04:06
  • Cat:iPad
IMG_0012play.jpg

Appleが、日本時間23日午前3時にリリースした「iOS 4.2 ソフトウェア・アップデート」の主要機能でもある「AirPlay」は、同じくAppleTV向けにリリースされた最新ファームウェアと併せて利用することにより、魅力的なファンクションになります。

iPadやiPhone側をiOS 4.2にアップデートしただけでは、AirPlayには「AppleTV」の項目は出てきません。そこで先程から配布が開始されたAppleTV向けの最新ファームウェアをAppleTVにインストールして、再起動させます。

アップデートが完了すると、iPadなどのデバイス側からAppleTVを選択できるようになります。AppleTVを選択すると、再生中の映画などのビデオ、音楽、写真が、AppleTVと接続されているHDTV側で再生されます。その間、デバイス側は専用の画面が表示される状態となっています。

IMG_5480.jpg

例えば映画の再生中、iPad側では、チャプターの移動は可能のようですが、音量調整などはHDTVに依存するようです。

Apple, 「AppleTV アップデート 4.1」リリース

IMG_1205tv.jpg

Appleが、先程から配布が開始された「iOS 4.2 ソフトウェア・アップデート」に併せて、「AppleTV」向けに「AppleTV アップデート 4.1」の提供を開始しました。AppleTVユーザーは、「一般」の「ソフトウェアをアップデート」からアップデート可能です。

同アップデートにより、iOS 4.2から対応する「AirPlay」機能に完全に対応し、iPadやiPhoneなどのiOSデバイスから、音楽やビデオ、写真をストリーミングすることが出来るようになります。

Review: 「iOS 4.2」の主な特徴(iPad篇)

  • Day:2010.11.23 03:17
  • Cat:iPad
Appleが、本日リリースした「iOS 4.2」により、発売から8ヶ月が経過しようとしている「iPad」は、新たなデバイスに刷新されたと言っても過言ではないほどの新機能が追加されました。iOS 4.0ラインを既に搭載していたiPhoneに追いついた、とも考えられますが、iPadならではの大画面を活かした工夫が各所に見られます。

なお、既に公開したエントリー「Review: 「iOS 4.2」の主な特徴(iPhone篇)」と機能的に重複するものもあるので、こちらでは、簡単に新機能をレビューしてみます。

IMG_0003ipad.jpg

まず、一番大きな新機能の1つである「マルチタスキング」は、iPadユーザーが待ち焦がれていた機能です。私も、iPhoneでその便利さを体感し、尚更iPadで欲していました。

IMG_0010ipad.jpg

iPhone同様、マルチタスキングのホームから右にスライドすると、左側に画面回転ロック、ディスプレイ照度、iPodコントロールとAirPlayアイコン、音量キー、iPodジャンプボタンが配置されています。この画面は、iPadを利用する上での環境設定が多く含まれているため重宝します。なお、今回から、iPadの右側面のボタンは、ミュートボタンに変更されました。

IMG_0005ipad.jpg

最大の新機能「フォルダ」は、iPadの利用法を大きく変えてくれる重要な要素です。iPhoneでも便利さを体験しましたが、iPad上では、もはや必須。iPadでは、最大20個のアプリケーションをフォルダで管理することが出来て、かつ、1画面に20個までフォルダを配置出来るため、iPadにインストール出来るアプリケーションの最大数は4,400個にまで増加しました。

これまでは出来なかったフォルダ管理で、単品で販売されている電子書籍を「電子書籍」というフォルダを作成して管理したり、iPadで最も活躍するレファレンス系のアプリケーションを統合することが出来るので、視覚的にも直感的にも更に効率の良いユーザビリティを得られます。

IMG_0011ipad.jpg

IMG_0006ipad.jpg

iPhone同様に、Safariのページ内テキストサーチにも対応しました。(上)また、新機能「AirPrint」にも対応しています。(下)

IMG_0007ipad.jpg

IMG_0008ipad.jpg

今月からiTunes Storeにおける映画配信が日本でも開始されましたが、iOS 4.2の新機能「AirPlay」では、購入した映画や、iPodに入っている音楽などをダイレクトにワイヤレススピーカーに飛ばすことが出来ます。AppleTVと連携させると、音楽、ビデオ、写真をワイヤレスでAppleTVにストリーミングすることも可能です。

Review: 「iOS 4.2」の主な特徴(iPhone篇)

  • Day:2010.11.23 03:11
  • Cat:iPhone
Appleが、本日リリースした「iOS 4.2」には、iPad/iPhone向けに多数の新機能が追加されています。主要機能を、iPhoneのスクリーンショットで見ていきます。

IMG_1198ios.jpg IMG_1199ios.jpg

まず、Safariにおいて、ウェブページ上のテキストサーチに対応しました。これはMac版Safariと同様のハイライト表示で分かりやすいグラフィックを採用しています。テキストサーチは従来の検索窓から可能です。

IMG_1200ios.jpg IMG_1201ios.jpg

また、大きな新機能の一つ「AirPrint」も追加されました。ウェブページ、メモ、写真などあらゆるアプリケーションで、ワイヤレスプリントが可能となります。この新機能には、HPの「HP Photosmart」「HP Laserjet Pro」「HP Officejet」シリーズが対応しています。

IMG_1196ios.jpg IMG_1195ios.jpg

さらに、同じく大きな新機能「AirPlay」も搭載しました。iPodの再生画面などに表示される三角形のアイコン(早送りアイコンの右)から、ワイヤレスで接続されているスピーカーを検索します。私の場合は、部屋でMacと共有しているスピーカーを同じネットワークでiPhoneでも利用出来るようにしました。

これまで、「Remote」Appを経由してMacを操作し、利用しているスピーカーに飛ばすという作業はありましたが、これからは、Macの電源が入っていなくとも、iPhoneやiPadからダイレクトに音や映像を飛ばすことが可能になります。

IMG_1192ios.jpg IMG_1191ios.jpg

「カレンダー」アプリケーションは、Yahoo!、Google、Microsoft Exchangeユーザーなどと連携して、イベント招待状の送信や返信に対応しました。同機能については、Appleは先月、新しいMobileMeカレンダーを正式公開しており、MobileMeカレンダーからのイベントへの参加依頼機能を搭載しました。この新機能と連携可能です。

IMG_1193ios.jpg IMG_1194ios.jpg

iOS 4.2からは、SMS/MMSの着信音を個別に変更することが可能になります。通知サウンドが刷新され、新たに17種類がラインアップされており、連絡先から特定の人の通知音を変更することが出来ます。(左)

「メモ」では、Marker Felt、Helvetica、Chalkboardなどの新しいフォントに対応しました。(右)

Apple, iOS 4.2から「iPhoneを探す」サービスを無料提供

  • Day:2010.11.22 22:51
  • Cat:iPhone
fmip20101116.jpg

Appleが、本日リリースした「iOS 4.2」から、「iPhone(iPad、iPod touch)を探す」機能を無料で提供すると発表しました。同社によると、iOS 4.2を搭載したすべてのiPhone 4、iPad、iPod touch(第4世代)で、無料の「iPhoneを探す」アカウントを作成できます。

条件を満たす1台のデバイスでアカウントを作成すれば、Apple IDとパスワードを使うことにより、iOS 4.2を搭載した他のデバイスでも「iPhoneを探す」を有効に出来るとのことです。

iPhone 4で「iPhoneを探す」を有効にする場合、「設定」から「メール/連絡先/カレンダー」の「アカウントを追加」を選択し、「MobileMe」を選びます。そこで、Apple IDとパスワードを入力します。Apple Online StoreやiTunes Storeを利用したことがあるユーザーはそのアカウントがここで必要なApple IDとなります。

Apple IDを持っていない場合は、「無料のApple IDを作成」を選択します。また、MobileMeメンバーは、そのアカウントを入力します。その後メールアドレスによる認証を行います。届いたメールの「今すぐ確認」でサインインして、MobileMeの画面に戻り「iPhoneを探す」をオンすると完了です。

iPadでも同様の作業で利用可能です。

スクリーンショット(2010-11-23 2.43.48)

以前から配布されていたアプリケーション「iPhoneを探す(Find my iPhone)」もアップデートされ、Apple IDを利用した無料のサービスを受けることが出来るようになりました。


関連:
Rumor: iOSユーザー向けに無料のMobileMeを用意?ーMacRumors

Apple, 「iOS 4.2 ソフトウェア・アップデート」リリース

  • Day:2010.11.22 22:45
  • Cat:iPhone
Appleが、現地時間22日(月曜日)、11月中にリリース予定の「iOS 4.2 ソフトウェア・アップデート」をリリースしたと発表しました。対象モデルは「iPhone 4」「iPhone 3GS」「iPhone 3G」「iPod touch(初代除く)」「iPad」となっています。

同社のSteve Jobs CEOは、プレスリリースで以下のように述べています。

iOS 4.2によりiPadはまったく新しい製品に生まれ変わります。ホリデーシーズンにちょうど間に合いました。iOS 4.2とiPadの組み合わせは、他のタブレットが、目指すことを望みながら、ほぼ到達できないであろう新たな目標を定義するものです。

主な変更点は以下の通りです。

・AirPrint
→ローカルワイヤレスネットワークにあるAirPrint対応プリンタで、メール、写真、やWebページなどをデバイスから直接プリントできます
・AirPlay
→AppleTVに、ビデオ、音楽、および写真を、ワイヤレスでストリーミングして再生できます
→AirPlay対応スピーカーやAirMac Expressなどのレシーバーに、音楽をワイヤレスでストリーミングして再生できます
・FaceTimeの機能が向上しました
→Voice Controlを使って発信できます
→SMSメッセージから発信できます
→Bluetoothアクセサリに対応しました
・SafariでWebページ内のテキスト検索できるようになりました
・メモで使用できるフォント設定が新たに追加されました
・SMS/MMSテキスト用の着信音が新たに追加され、連絡先ごとにカスタム着信音を設定できるようになりました
・ペアレンタルコントロールの制限項目が追加されました:
→アカウント設定
→Appの削除
→Game Centerの友達機能
→位置情報設定
・カレンダーで.icsファイルを読み込めるようになりました

以下の問題点が解決されています:
・iPod touch(第四世代)でのオーディオ録音時に時々生じていた異音が発生しなくなりました
・USB経由によるカーステレオでのオーディオ再生機能が向上しました

Rumor: iOSユーザー向けに無料のMobileMeを用意?ーMacRumors

  • Day:2010.11.20 13:44
  • Cat:iPhone
223724-mrme.png

MacRumorsが、昨日デベロッパ向けにシードされた「iOS 4.2.1 GM」のなかに、無料のMobileMeの存在を示唆するエラーメッセージが発見されたと伝えています。

エラーメッセージは、「AppleAccounts.framework」に存在し、「無料のMobileMeサービスを受ける権限がありません」「フリーアカウントが最大数に達しました」といった内容です。

無料のMobileMeについては以前から噂があります。

関連:
Apple, 「MobileMe Mail Beta」を発表

アップル, 「iTunes Card- The Beatles」を販売開始

スクリーンショット(2010-11-20 0.36.26)

アップルが、Apple Online Storeにおいて、スペシャルエディションとなる「iTunes Card- The Beatles」の販売を開始しました。デザイン違いの5,000円分と10,000円分が用意されており、いずれも2-3週での出荷予定となっています。

なお、Apple Retail Storeでも既に販売されているようです。

関連:
Apple, iTunes Card「The Beatles」スペシャルエディションを発売

Gadget: docomo STYLE series N-02C

IMG_5464.jpg

NTTドコモから昨日発売されたNECカシオ製「docomo STYLE series N-02C」は、STYLE seriesにカテゴライズされていますが、PRIMEなみの機能を有しています。ドコモのスペックシートでも、親子モード(ペアレンタルコントロール)以外は全て対応しており、本日から発売された「docomo PRIME series F-01C」に迫るスペックです。

IMG_5461.jpg

NECカシオの特徴でもあるアークラインを採用しており、曲線美を演出します。私はこれが大好きで、N900iのころから惹かれています。キーイルミネーションにも力が入っており、ボタンを押したときに波のように流れる「ボタン連動イルミネーション」や、筐体を傾けることによってキーが光る「スイングイルミネーション」など、多彩で美しいです。

その他、N-02Cは、以下の特徴を持ち、いずれも積極的に欲しいと願う機能です。

・防水(IPX5/IPX8)
・防塵(IP5X)
・「さくさくメール™」
・アクセスポイントモード対応Wi-Fi
・ホームU対応

ちなみに、私はフィーチャーフォンでキャリアメールやiコンシェルを主に利用しますが、最近は高機能化が進み依然動作がもっさりした機種が目立ちます。その中でN-02Cは「さくさくメール」をうたい、メールが快適に利用出来るというので、関心を持っていました。

実際に利用してみると、NECカシオ同士の比較は出来ないものの、手元にあるいくつかのフィーチャーフォンよりも格段に早くメール作成が起動し、打鍵も表示として付いていけるレベルです。絵文字呼び出し、デコメもなかなか戸惑うことなく利用出来ます。

一つには、テンキーデザインも寄与していると感じました。写真の通り、N-02Cのテンキーはフレームレスで比較的大きく、微妙な傾斜があります。一言で言うなら、メールを打ちやすいです。

IMG_5470.jpg

PRIMEに負けない1320万画素カメラは、ソニー製CMOSセンサー「Exmor for mobile」と自動高画質化エンジン「PictMagicIV」が特徴です。広告などでお馴染みの「瞬撮」は、今回初めて体験しましたが、ファンクションキー右上のカメラキーを押すと、0.5秒でカメラが起動するので、非常に快適です。

カメラ機能へのこだわりは各社様々なアプローチがあると思いますが、起動速度やWi-Fiによる連携というのも、ユーザーが興味を持ち、フラストレーション無く利用出来るアドバンテージの一つだと感じます。

IMG_5463.jpg

あえて残念な点を挙げるとすると、背面のカメラがやや膨らみを持たせた作りになっているため、デスクなど平面に置いたときに写真のようなアンバランスな状態になります。「デスクにおいて使う」といった利用は基本的に出来ません。

IMG_5458.jpg

最近では、「デザイン上の都合」や「省スペースのため」という理由、または防水対応させるために、microSDカードスロットを、側面ではなく電池パック側に配置する機種が増えています。N-02Cもまた、電池パック側に備えていますが、電池パックに干渉しない位置にあるため、電源を切って抜き差しする手間が無く、好感が持てます。

ついでに電池容量が780mAhと、やや少ないのが玉に瑕。イルミネーションが豪華なだけに、電池の持ちに不安が残ります。とはいえ、オーソドックスなデザインに高機能かつユーザビリティも良く、多くの人にオススメできるモデルです。

最後に、私はNECカシオの堅牢なヒンジが大好きなので、尚更オススメです。

Apple, デベロッパに「iOS 4.2.1 GM seed」を配布

  • Day:2010.11.19 06:25
  • Cat:iPhone
Appleが、デベロッパ向けに「iOS 4.2.1 GM seed」を配布しているようです。iOS 4.2は、今月中に正式リリースされる予定ですが、今月初旬にGM版がシードされて以降、先週、Wi-Fi関連の不具合を修正した新たなGM版がシードされており、正式リリースが遅れています。

今回、1週間というスパンで、iOS 4.2.1 GM seedが配布され、近日中に本リリースされることが期待されます。

LUMIX Phone P-03C: 撮影写真

「LUMIX Phone "P-03C" フォト体験ブロガーイベント」(主催・運営: アジャイルメディア・ネットワーク株式会社、協賛: パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社)で、私がP-03Cを利用して撮影した写真を掲載します。サイズの都合上、フルサイズでは掲載できませんが、写真をクリックすることで、ある程度拡大出来ます。

設定はオート、フルサイズでの撮影です。会場は、ホテルの宴会場です。

DCIM0023.jpg

DCIM0019.jpg

DCIM0024.jpg

DCIM0027.jpg

DCIM0008.jpg

DCIM0012.jpg

大きなサイズの写真をMobileMeにアップしました。是非そちらも合わせてご覧下さい。

関連:
パナソニック「LUMIX Phone "P-03C" フォト体験ブロガーイベント」参加

パナソニック「LUMIX Phone "P-03C" フォト体験ブロガーイベント」参加

DSC00990.jpg

NTTドコモが、12月に発売を予定している「docomo PRIME series P-03C」のメイン機能とも言える写真撮影にフォーカスされた「LUMIX Phone "P-03C" フォト体験ブロガーイベント」(主催・運営: アジャイルメディア・ネットワーク株式会社、協賛: パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社)に参加しました。

スクリーンショット(2010-11-17 14.45.08)

まず、パナソニックモバイルの携帯電話のラインアップについて説明がありました。同社は今季、ドコモとソフトバンクモバイル向けに「LUMIX Phone」を供給するほか、ドコモに「VIERAケータイ」と薄型ケータイを展開、ソフトバンクにシンプルラインを用意しました。

残念ながら、KDDI向けには「お休みしている」状況が続いています。本線とは外れますが、2002年3月に発売されたcdmaOne端末「C3003P」以来、2007年に久々に供給されましたが、2009年半ば以降、KDDI向けは停止された状態となっています。

スクリーンショット(2010-11-17 15.04.57)

さて、パナソニックのデジカメブランド「LUMIX」を関する、P-03Cには、どういった特徴があるのでしょうか。同社の商品企画担当の方は、次の点を指摘します。

・1,320万画素カメラ+Mobile VenusEngine
→人の肌を綺麗に撮れる、風景が鮮やかに撮れる、屋内撮影が綺麗に出来る、発色の良さ
・綺麗に撮った写真を仲間と楽しむ
→「ピクチャジャンプ」機能で、タッチ操作によるスムーズな写真共有
→3G通信を持つ携帯電話ならではの便利さ

スクリーンショット(2010-11-17 15.12.04)

また、操作性にもこだわりを持っています。まず、筐体デザインについては、まさに「カメラ」と言えるデザインですが、このことについて、担当者によると、LUMIX Phoneは、カメラ機能の操作性の向上を追求した結果、必然的にデジカメのようなデザインになったとしました。

また、ソフトウェアデザインとして、3.3インチのタッチディスプレイに、押しやすいバーチャルキーを設けて、撮影アシストをします。これは、初めてP-03Cを使って、数分でカメラ機能に関する操作性の良さが分かりました。

具体的には、一般のフィーチャーフォンでありがちな、サブボタンからメニューを呼び出し、階層を経由して難しい設定をしなければならない、これではストレスです。せっかくの高画素も利用したくなくなる、そのように思う機種もあります。

ですが、私がイベントを通じてP-03Cを利用する限り、同モデルは、「LUMIX」の名に恥じない操作性を有していると感じました。

・タッチズーム
→これはデジタルズームをディスプレイタッチで行う機能です。タッチしたところにフォーカスし、その部分をズームします。撮影時に、ズーム写真とオリジナル写真の2枚を自動保存してくれる機能も便利です。

・タッチシャッター
→これをONにすると、ディスプレイタッチによりシャッターを切ることが出来ます。通常は、押しやすいシャッターボタンでAFし撮影する流れです。

・動画撮影ボタン
→P-03Cは、静止画撮影時にワンボタンで動画撮影に切り替えることが可能です。これは、凄く便利な機能で、通常のケータイでは、階層が違うため起動時に選ばなければならないものが多数です。

・パワーLCD
→ディスプレイの感度を最高にして、撮影を補助する機能です。

DSC00997.jpg

イベントでは、カメラの起動から撮影写真のブログ投稿までを体験しました。カメラ機能の充実感はとても強いです。タッチディスプレイを搭載しても有効利用出来ていない、そういうフィーチャーフォンは数多いですが、P-03Cは、そうしたUIにも力を入れており、スペックだけではない、画素数だけではないカメラケータイだと感じました。

参加者は、パナソニックさんからmicroSDカードをそれぞれ頂いたので、P-03Cで撮影した写真は後ほど投稿したいと思います。

KDDI, 初のフラグシップショップ「au NAGOYA」をオープン

  • Day:2010.11.17 14:29
  • Cat:au
スクリーンショット(2010-11-17 14.28.12)
(KDDI)

KDDIが、au携帯電話をはじめとする最新商品やサービスを体験出来るショールーム、個々のユーザーに合った商品やサービスの提案、各種手続きや申込み、相談を承る受付カウンターを有する、初のフラッグシップショップ「au NAGOYA」を、全国に先駆けて、2010年12月1日(水曜日)にオープンすると発表しました。

「au NAGOYA」には、1Fに商品を展示し体験できるショールーム、2Fに各種受付カウンター(12ブース)、3Fに「KDDIケータイ教室」「Androidセミナー」などのセミナールームが設けられています。

オープニングキャンペーンとして、Androidスマートフォン「IS03」を「au NAGOYA」にて契約したユーザー先着100名に、「au NAGOYA限定IS03オリジナルカバー」をプレゼントします。また、その他のケータイの成約記念品、来店記念品が用意されています。

その他、名古屋開府400年祭煌めきの光ファンタジア事業「NAGOYA アカリナイト」の企画として、auが協賛する「NAGOYA アカリ JAZZ」のプレオープン公演チケットを150組300名にプレゼントします。

〈店舗概要〉
店舗名称: 「au NAGOYA」
所在地: 愛知県名古屋市中区錦3丁目24番20号
アクセス: 地下鉄東山線・名城線 栄駅 サカエチカ10番出口
電話番号: 0077-7056
営業時間: 10:00~20:00(年中無休)
※2010年12月1日(水曜日)のみ12: 00オープン
店舗面積:
1階(ショールーム)約220m²
2階(専用カウンター)約200m²
URL: http://aunagoya.jp
運営: KDDI株式会社

Apple, The Beatlesの楽曲を2011年まで独占的に配信ーAllThingsD

AllThingsDが、EMI MusicのスポークスマンのDylan Jones氏によると、Appleは、The Beatlesの楽曲をデジタル配信する独占的権利を2011年まで有していると報じています。同氏は、「2011年まで」という期間について、少なくとも2011年1月1日に失効するという意味ではないと語ったとのことです。

また、Appleの独占的権利が失効するとき、他のデジタル配信サービスでもThe Beatlesの楽曲がダウンロード出来るようになるかもしれない一方、引き続き、Appleと独占契約を継続する可能性もあるとしています。

Apple, The Beatlesのワシントン・コロシアムでのライブ完全版をストリーミング提供

スクリーンショット(2010-11-17 0.14.04)

Appleが、The Beatlesのスタジオアルバム全13枚のiTunes Storeにおけるリリースを記念して、同バンドが、1964年にワシントン・コロシアムで開催したアメリカ初のライブコンサートのパフォーマンスの完全版を、ストリーミングで提供すると発表しました。

さらに、このパフォーマンスは「The Beatles Box Set」の購入特典としてダウンロードすることが可能です。

その他、「ビートルズのヒストリー。」といったビデオも公開されています。

Apple, The Beatlesの楽曲配信に伴いTVCFを公開

スクリーンショット(2010-11-16 23.51.05)

Appleは、本日、iTunes StoreにおけるThe Beatlesの楽曲配信開始に伴い、TVCFを公開しました。TVCFは、5つのバージョンがあり、それぞれ「Coming to America」「Studio ― ‘All You Need is Love’」「Studio ― ‘Let it Be’」「Studio ― ‘Yesterday’」「Studio ― ‘Here Comes the Sun’」とのネーミングになっています。

TVCFは "The Band that changed everything" というコピーと共に、iTunes Storeで配信が開始されたことを案内する内容です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。