Rumor: Appleのエンジニアが中国を頻繁に訪問?

  • Day:2009.10.30 07:11
  • Cat:iPad
The Business Insiderは、情報筋の話として、最近、Appleのエンジニアが頻繁に中国を訪問していると伝えています。ホリデーシーズンにも訪中は予定されており、同レポートでは、Appleがタブレットデバイスの準備を進めているのではないかと予想しています。

AppleInsiderでは、ホリデーシーズンのスケジュールは、同サイトが信頼筋から受けた「Appleが、10インチのディスプレイを搭載した3Gネットワーク対応のタブレットデバイスを、2010年1月~3月にかけて発売する準備をしている」との情報を裏付けるとしています。
スポンサーサイト

Apple, "AppleTV 3.0 software" および "iTunes 9.0.2" リリース

スクリーンショット(2009-10-30 6.54.13)

Appleが、ユーザーインターフェイスを一新し「iTunes Extras」と「iTunes LP」のフルスクリーン再生に対応する「AppleTV 3.0 software」の提供を開始しました。併せて、AppleTV 3.0に対応した「iTunes 9.0.2」をリリースしています。iTunes 9.0.2では、新たにグリッド表示に「暗い背景」オプションを追加しました。

Apple Introduces Apple TV 3.0 Software With Redesigned User Interface(Apple)

KDDI, カシオ製新機種の発売を延期/有機ELに不良品

  • Day:2009.10.29 20:50
  • Cat:au
KDDIが、10月30日(金曜日)より販売を予定していた「EXILIMケータイ CA003」および「EXILIMケータイ CA004」について、有機ELディスプレイの表示不良が確認されたため、発売を延期すると発表しました。同社によると、確認作業を行い、11月中旬までに販売を開始する予定としています。なお、「SH003」「SA001」「S002」は予定通り30日に発売されるとのことです。

10月中に新モデルが発売されることが重要だっただけに、主力製品の発売延期は残念です。

任天堂, 4.2インチディスプレイ搭載のDSi LLを発表

  • Day:2009.10.29 17:35
  • Cat:Gadget
スクリーンショット(2009-10-29 17.33.22)

NOW OFFICIALLY:
任天堂が、ディスプレイサイズを4.2インチに大型化した新しいDS「ニンテンドーDSi LL」を11月21日から発売すると発表しました。カラーラインアップは「ダークブラウン」、「ワインレッド」、「ナチュラルホワイト」の3色で、価格は20,000円です。

Original Story: 2009.10.27 Tue. 08:25
任天堂は、年内にも「DSi」のディスプレイを大型化した新製品を発売し、国内外でのDSシリーズの販売テコ入れに乗り出します。日本経済新聞が報じました。若年層に加え、高齢者の需要も掘り起こすほか、2009年度中にも中国と韓国で、海賊版ソフトの使用を制限する機能を高めたDSiを投入するなど、ラインアップ拡充により、ソニーやAppleに対抗します。

DSiは販売から1年が経過し、売り上げも鈍化しています。新しいDSiは、4インチのディスプレイを搭載するという情報があります。

携帯型ゲーム機、任天堂がテコ入れ iPhoneに対抗(日本経済新聞)

"Wireless Mouse Software Update 1.0" 適用で「Magic Mouse」をフル活用可能に

スクリーンショット(2009-10-28 16.37.06)

Appleが、"Wireless Mouse Software Update 1.0" をリリースしました。このアップデートは、簡単に言うと、現時点でのiMac(Late 2009)以外のMacにおいて「Magic Mouse」を使用する際に、搭載する機能を全て利用可能になるという内容です。

以前、iMac(Late 2009)に付属のMagic MouseをMacBook Airに接続して使ってみましたが、システム環境設定のマウス設定が従来のものが表示され、ポインタ移動やクリックなどの基本機能しか認識されませんでした。

このアップデートをMacBook Airに適用して再度トライしてみると、システム環境設定のマウスのアイコンがMagic Mouseライクに変更され、接続するとiMac(Late 2009)でも表示されるチュートリアルや電池残量が表示されるようになり、Magic Mouseの全ての機能がアクティベートされました。

単品での出荷が近い「Magic Mouse」を従来のMacでも利用可能にするためのアップデートです。

NTTドコモ, 「メール使いホーダイ」発表/KDDIとSoftBankに対抗

NTTドコモは、KDDIが先週発表したEメール無料の新プラン「ガンガンメール」およびソフトバンクモバイルの同様新料金プラン「シンプルオレンジE」に対抗し、新料金サービス「メール使いホーダイ」を2009年12月1日から提供すると発表しました。

「メール使いホーダイ」は、新設の専用料金プランの基本料金とiモード付加機能使用料(315円)の組み合わせにより、iモードメールの送受信が無料になります。専用料金プランは、「タイプシンプル バリュー」が月額1557円、ベーシックコース用の「タイプシンプル」が3237円ですが、「ファミ割MAX50」や「ひとりでも割50」加入により、それぞれ月額780円、月額1620円となります。他社同様、パケット定額もパッケージされています。

KDDIの「ガンガンメール」に競合他社が追随する形となりました。

iモードメールが無料で利用可能な新料金サービス「メール使いホーダイ」を提供開始(プレスリリース)

関連:
KDDI, Eメール送受信が無料になる「ガンガンメール」を提供
SoftBank, au「ガンガンメール」対抗の新プランを発表

Rumor: 「Aperture X」を11月末にリリース?

Hardmacは、複数の情報筋によると、Appleは次期Apertureを「Aperture X」とネーミングし、11月末にリリースすると伝えでいます。ただし、これ以上の詳細は得ていないとのことです。

AppleInsiderは先週、Amazon.comにおいて「Apple Aperture X (3) - UNDER NDA: A Workflow Guide for Digital Photographers (Paperback)」という書籍の予約を受け付けていると伝えました。

イデアインターナショナル, 東京ミッドタウンにApple Premium Reseller「Idea Digital Studio」をオープン

  • Day:2009.10.26 20:18
  • Cat:Apple
スクリーンショット(2009-10-26 20.06.19)

イデアインターナショナルが、11月12日(木曜日)東京ミッドタウンガレリア3Fに、Apple Premium Reseller「Idea Digital Studio」をオープンすると案内しています。同社によると「Idea Digital Studio」は、Apple製品を一堂に揃えつつ、セレクトしたデジタルアクセサリーを同時に販売する事により、「デザイン」「ライフスタイル」「音楽」をキーワードにしたライフスタイル提案型の新しいApple Premium Resellerだとしています。

なお、オープン記念として、11月12日に先着100名にアップルオリジナルグッズをプレゼントするほか、8,000円以上お買い上げの方の中から先着150名に「Düller」の2010年ビニールポケットダイアリーをプレゼントするとのことです。また、オープンニングイベントも開催されます。

Apple Premium Reseller「Idea Digital Studio」

Nokia, Appleを特許侵害で提訴

  • Day:2009.10.26 01:44
  • Cat:iPhone
フィンランドの携帯電話世界最大手Nokiaは米国時間10月22日、同社が保有すると主張する携帯電話関連の特許10件を侵害したとして、Appleを米国デラウェア州の米連邦地方裁判所に提訴したと発表しました。

Nokiaは、Appleの「iPhone」の全てのモデルが特許侵害にあたるとしており、ライセンス契約の締結についてAppleが協力を拒否する姿勢を示したため、最終手段を講じたとしています。Appleは正式なコメントを発表していません。Appleに侵害されているとする特許には、無線データ、音声符号化、セキュリティ、暗号化に関するものが含まれているとのことです。

ロイター通信は、アナリストのレポートとして、Appleは最大で10億ドル(約920億円)の賠償金をNokiaに支払う可能性があると述べたと伝えています。

Nokia sues Apple in Delaware District Court for infringement of Nokia GSM, UMTS and WLAN patents(プレスリリース)
Nokia could seek up to $1 billion for iPhones: analysts(Reuters)

iMac(Late 2009)の写真に使われているデスクトップピクチャ

スクリーンショット(2009-10-21 1.13.21)

アップルのウェブサイトのトップなどに出ているiMac(Late 2009)の広告には、地球のデスクトップピクチャが使われています。一方本家などテレビ番組配信地域では、スタートレックのHDを再生している様子です。日本などのサイトで使われている地球のデスクトップピクチャはMacには含まれていません。

ですが!検索していると、同じ写真と思われるものがあったので、紹介しますね。

スクリーンショット(2009-10-24 15.08.17)
http://www.newvistawallpaper.com/space/earth/pacific-ocean_2.html


写真の詳細は不明ですが、とりあえず上記サイトに掲載されています。

UPDATED:
どうやらiMac(Late 2009)に利用されているデスクトップピクチャは、NASAが公開している宇宙飛行士が撮影した写真のようです。NASAのウェブサイトに掲載されています。
http://eol.jsc.nasa.gov/scripts/sseop/photo.pl?mission=ISS007&roll=E&frame=10807

(とおりすがりさん、ありがとうございます!)

iMac(Late 2009)のメモリを8GBに増設

IMG_2063.jpg

iMac(Late 2009)のメモリを標準の4GB(2x2GB)から8GB(4x2GB)に増設しました。今回からiMacは4つのSO-DIMMスロットを装備しているので、2GBx4で8GBにすることが出来ます。これまで同様、ディスプレイ下部からアクセスして換装します。

IMG_2066.jpg

引き続きネジを緩めて取り外します。大きめの+ドライバーで軽くまわすだけで簡単に取れました(以前やったときは失敗して力づくの手段をとってしまいました・・・)。あとは慎重かつ丁寧にメモリモジュールを差し込みますが、結構力を入れて奥まで入れないといけません。一回目は甘かったのか、起動しませんでした。

スクリーンショット(2009-10-23 21.53.43)

これで初めての8GB!前のiMacは標準の4GBで使っていましたが、FireFox/iTunes/Mail/NetNewsWire/iPhotoでギリギリになることがあったので、これで快適です。

Rumor: 「Aperture X」を2010年にリリース?

スクリーンショット(2009-10-23 23.54.52)

AppleInsiderが、Amazon.comにおいて「Apple Aperture X (3) - UNDER NDA: A Workflow Guide for Digital Photographers (Paperback)」という書籍の予約を受け付けていると伝えています。発売日が2010年5月26日となっていることから、Appleが「Aperture」の次期バージョンを来年5月までにリリースする可能性があります。

SoftBank, au「ガンガンメール」対抗の新プランを発表

ソフトバンクモバイルは、KDDIが今週発表したEメール無料の新プラン「ガンガンメール」に対抗し、新料金プラン「シンプルオレンジE」を12月16日から提供すると発表しました。基本使用料は月額1560円で、2年契約の「新・自分割引」に加入後に月額780円となり、月額315円の「S!ベーシックパック」に加入することで、Eメールが無料となります。また、パケット通信は月額最大4410円の定額制となっています。

新料金プラン「シンプルオレンジE」を提供(プレスリリース)

美しいフォルムのAppleマウス「Magic Mouse」

IMG_2052.jpg

「Magic Mouse」単品ではまだ販売されていないようですが、新しいiMacには「Magic Mouse」と「Apple Wireless Keyboard(2009)」が付属しています。購入時の状態でiMacをワイヤレスに使えるようになったのは、実用的な面でも、美しさの面でも良いことだと思います。iMacには「指を使うときのヒント」というMagic Mouseのマニュアルが入っています。

IMG_2054.jpg

Magic Mouseは、「Mighty Mouse」にあったホイールはなくなりました。これは多くの人が待ち望んでいたことです。また、非常に滑らかなボディになり、薄くなったため、コンパクトさが際立ちます(サイズは若干大きくなっています)。

スクリーンショット(2009-10-22 13.28.08)

マルチタッチ技術を採用しているため、これまで同様に、左右クリックは場所で認識されますし、新たに慣性スクロール(滑らかな部分を上下することでページのスクロール可能)を搭載しています。また、任意のキー+スクロールで画面の拡大縮小にも対応。2本指の操作としては、左右スワイプを利用したiPhotoなどでの写真送りや、ブラウザなどでの「戻る」「進む」に対応しています。

ページのスクロールは、iPhoneのように加速度付けられるので、思ったように動作します。

IMG_2060.jpg

背面はアルミ。電源スイッチとバッテリーインジケーターが上部にあります。電池は単三x2ですが、これまでのように1本だけで利用することはできなくなっています。重さは全く感じさせません。

現時点ではエクスポゼやダッシュボードなどに割り当てる仕様がないため、これまでのマウスで利用していた人は不便な場面があるかもしれません。ちなみに表面の滑らかな部分はスクロールしやすい程度の傾斜、触り心地なので、マウスとしては使いやすいです。

Review: iMac(27-inch, Late 2009)フォトレビュー

IMG_2043.jpg

本日発表された「iMac(Late 2009)」の27インチC2Dモデルを購入しました。アップデートが確実になってきた先月の今頃、3月に購入したiMac(Early 2009)を下取りに出し、約1ヶ月の間はMacBook Airと生活をともにしていました。

今回は大胆なアップデートになり、24インチモデルが姿を消したことから、単純な乗り換えにはなりませんでしたが、同じ価格帯の27インチC2Dモデルを選びました。実は乗り換えに必要だったのは、実質2万円~3万円程度で、ディスプレイは大きくなり、CPUは3GHzを超え、HDDは640GBから1TBになるなど、充分補えたと思います。

IMG_2048.jpg

つなぎ目のないユニボディとなった新しいiMacは、背面もこれまでのブラックからシルバーへ。とても美しいです。壁掛けの出来る環境なら、それもありかもしれません。

IMG_2049.jpg

27インチモデルの外部入力で最大の特徴は、Mini DisplayPortが入力にも対応したこと。これにより、iMacを外部ディスプレイとして利用できることになります。

IMG_2062.jpg

また、MacBook Proシリーズと同様にSDカードスロットがドライブの下に搭載されました。デジカメからのデータ転送などに便利かもしれません。

IMG_2057.jpg

なかなかデカイですが、24インチに慣れていると、第一印象で「首が痛い」というようなことはありませんでした。薄くなったので、奥行きも大差ないから、幅だけが注意点です。

Apple, 「Time Capsule」「AirMac Extreme」をアップデート

Appleが、Macラインの刷新に併せて、「Time Capsule」と「AirMac Extreme」をアップデートしています。いずれも変更点は、アンテナデザインの変更によるパフォーマンス向上で、Wi-Fiのパフォーマンスが最大50%向上し、通信範囲が最大25%拡大しました。

また、価格もそれぞれ値下げされています。

Time Capsule(2TB): 50,800円→49,800円
Time Capsule(1TB): 30,800円→29,800円
AirMac Extreme Base Station: 18,400円→16,800円


Apple, 「MacBook Pro」と「MacBook Air」を値下げ

Appleが、新しい「iMac」や「MacBook」「Mac mini」などの発表に併せて、現行の「MacBook Pro」と「MacBook Air」の販売価格を値下げしています。

MacBook Pro 13インチ(2.26GHz): 134,800円→118,800円
MacBook Pro 13インチ(2.53GHz): 168,800円→148,800円

MacBook Pro 15インチ(2.53GHz): 188,900円→168,800円
MacBook Pro 15インチ(2.66GHz): 218,800円→198,800円
MacBook Pro 15インチ(2.80GHz): 248,800円→228,800円

MacBook Pro 17インチ(2.80GHz): 278,800円→248,800円

MacBook Air (2.13GHz): 198,800円→178,800円
MacBook Air (1.86GHz): 168,800円→148,800円

Apple, 新しい「Mac mini」を発表

Appleが、新しい「Mac mini」を発表しました。これまで同様、2モデルをラインアップする他、今回新たに、Snow Leopard Serverを搭載したMac miniを追加しています。

新しいMac miniの仕様は以下の通りです。

2.26GHz : 160GB(62,900円/2.26GHz Intel Core 2 Duo/2GBメモリ/160GB HDD/NVIDIA GeForce 9400M)
2.53GHz : 320GB(84,900円/2.53GHz Intel Core 2 Duo/4GBメモリ/320GB HDD/NVIDIA GeForce 9400M)

いずれのモデルも24時間以内の出荷予定となっています。

Apple, デザインを一新した新しい「MacBook」を発表

スクリーンショット(2009-10-21 1.14.54)

Appleが、筐体にユニボディを採用した新しい「MacBook」を発表しました。新しいMacBookは、13.3インチLEDディスプレイ、ガラス製マルチタッチトラックパッドを搭載し、重量は2.13kgと、前モデルから0.14kg軽量化されています。

13.3インチ(98,800円/2.26GHz Intel Core 2 Duo/2GBメモリ/250GB HDD/NVIDIA GeForce 9400M)

24時間以内の出荷予定となっています。

Apple, 27インチ/21.5インチの新しい「iMac」を発表

スクリーンショット(2009-10-21 1.13.21)

Appleが、新しい「iMac」を発表しました。新しいiMacは、27インチモデルと21.5インチモデルから構成されており、デザインもより薄い筐体になりました。

新しいiMacのラインアップは以下の通りです。

27インチ(198,800円/2.66GHz Intel Core i5/4GBメモリ/1TB HDD/ATI Radeon HD 4850)
27インチ(168,800円/3.06GHz Intel Core 2 Duo/4GBメモリ/1TB HDD/ATI Radeon HD 4670)
21.5インチ(148,800円/3.06GHz Intel Core 2 Duo/4GBメモリ/1TB HDD/ATI Radeon HD 4670)
21.5インチ(118,800円/3.06GHz Intel Core 2 Duo/2GBメモリ/500GB HDD/NVIDIA GeForce 9400M)

全てのiMacにSDカードスロットが追加されているほか、「Apple Wireless Keyboard」および、本日発表された「Magic Mouse」が同梱されています。Core i5のハイエンドモデルのみ、11月出荷予定で、その他のモデルは1-3営業日の出荷予定となっています。

Apple, マルチタッチ対応の「Magic Mouse」を発表

スクリーンショット(2009-10-21 1.22.08)

Appleが、マルチタッチ対応の新しいマウス「Magic Mouse」を発表しました。Magic Mouseは、Bluetooth対応のワイヤレスマウスで、マルチタッチジェスチャーにより操作出来ます。全ての新しいiMacに標準搭載されるほか、6,800円で受注を開始しており、5-7営業日の出荷予定となっています。

スクリーンショット(2009-10-21 1.25.46)

Apple Store: "We'll be back soon."

  • Day:2009.10.20 22:12
  • Cat:Apple
title_backsoon1.jpg

Apple Online Storeが、新製品の発表に先立ち、メンテナンス状態になりました。本日は、Windows 7の発売を前に、またホリデーシーズンへのラインナップ強化のため、新しいデザインの「iMac」や「MacBook」の発表をはじめ、「Mac mini」「MacBook Pro」のアップデートや、マルチタッチ技術搭載の新しいマウス(「Magic Mouse」?)を含めた新製品の発表が予想されています。

22時14分現在、日本とオーストラリアでメンテナンスになっています。
22時41分現在、全ての国と地域のApple Online Storeがメンテナンスになりました。

Gadget: "iPower Slider Case"

  • Day:2009.10.20 20:46
  • Cat:iPhone
IMG_2037.jpg

Cut & Pasteの「iPower Slider Case for iPhone 3G/3GS」を購入しました。私は既に同様の商品でフォーカルから出ている「Juice Pack Air for iPhone 3G」を使っていますが、こちらの容量1200mAhに対し、「iPower Slider Case」は1800mAhと、iPhoneをフル充電出来るパワーを持っています。

ただ、ご覧のように、iPod touchとの比較ですが、非常に厚くなるため嵩張りそうです。フォーカルの「Juice Pack Air」はスリムで、分かりやすいことが利点だと思います。「iPower Slider Case」は、ファンクションキーの充実や価格が7000円弱と安価(私は期間限定で3900円で買いました)なのが特徴です。

残念ながら普段使いは、あまりオススメできないというのが私の率直な感想ですが、コストパフォーマンスは良いと思います。

Rumor: 新しい「iMac」や「Magic Mouse」を本日発表?

Daring FireballのJohn Gruberが、現地時間20日の朝(日本時間21日の夜)に、Appleが、新しいデザインのプラスチック「MacBook」と「iMac」、アップデートされた「Mac mini(OS X Server搭載モデルを含む)」、マルチタッチ技術を採用する新しい「Magic Mouse」を発表するようだと伝えています。

また、同レポートでは、詳細不明ながら、デスクトップMac向けの「マルチタッチトラックパッド」デバイスも用意されているかもしれないとしています。

関連:
Apple, 今週にもMacラインを刷新へ

Apple, 今週にもMacラインを刷新へ

複数のレポートによると、Appleは今週にもMacラインを刷新する見込みです。MACお宝鑑定団さんの情報によると、Appleは、22日に発売されるMicrosoftのWindows 7を受けて、それより前に新しい「iMac」「Mac mini」「MacBook」「MacBook Pro」を発表し、仕様と価格を改訂すると伝えています。Appleは、Switchキャンペーンを大々的に行う予定とのことで、市場アピールを強調する目的と、強いメッセージ性を打ち出すため、発表方法も新しくなるとのことです。

「iMac」と「MacBook」は魅力的なアップデートとなるそうですが、発表方法の変更も気になります。これまではメディアイベントを開催しない場合は、ウェブページでプレスリリースとともに受注を開始していましたが、今回はどのような方法になるのでしょうか。

KDDI, Eメール送受信が無料になる「ガンガンメール」を提供

  • Day:2009.10.19 11:13
  • Cat:au
KDDIが、「EZ WINコース(月額315円)」と併せて加入することで、送受信相手や写真・動画の添付の有無にかかわらず、Eメールが無料で利用できる新料金プラン「ガンガンメール」を2009年11月9日(月曜日)から提供すると発表しました。「ガンガンメール」では、パケット定額サービスがパッケージされているため、別途定額サービスに加入する必要はありません。最小構成では、「プランEシンプル」と「EZ WINコース」を組み合わせた場合、合計1,095円(Eメール無料)から利用可能となります。

また、同社はauのイメージキャラクターとして、新たに歌手で女優の土屋アンナさんを起用すると発表しました。2009年10月21日(水曜日)以降、順次CMが展開されます。

KDDI, auの秋冬モデルなど13機種を発表

  • Day:2009.10.19 11:02
  • Cat:au
スクリーンショット(2009-10-19 11.01.32)

KDDIが、新商品発表会において、auの秋冬モデルなど計13機種を発表しました。新たなに追加されたモデルは、秋冬モデルとして「EXILIMケータイ CA003」「AQUOS SHOT SH003」「BRAVIA Phone U1」「EXILIMケータイ CA004」「SH004」「SA001」「T003」「BRAVIA Phone U1」「S002」、春モデルとして「AQUOS SHOT SH006」「SH005」「URBANO BARONE」「mamorino」「K004」の計13機種です。

EXILIMケータイ CA003スクリーンショット(2009-10-19 11.36.16)
→国内最高クラスの12.2メガカメラを搭載
→20枚/秒の高速連写など、デジタルカメラに迫る多彩な撮影機能

AQUOS SHOT SH003スクリーンショット(2009-10-19 11.39.24)
→12.1メガ超高解像度&高感度CCDカメラ
→3.4インチのタッチパネル対応NewモバイルASV液晶を搭載

BRAVIA Phone U1スクリーンショット(2009-10-19 11.41.18)
→防水対応のブラビアケータイ
→5.1メガAFカメラを搭載

AQUOS SHOT SH006スクリーンショット(2009-10-19 11.43.17)
→Wi-Fi+12メガCCDカメラ搭載

高知工業高専, 全学生にiPod touchを貸与

高知工業高等専門学校が、AppleのiPod touchを学生全員に無料で貸与する方針を固めました。共同通信が報じました。来春までに教員を含めた約1000人に貸し出します。同高専によると、辞書や電卓機能としてはもちろん、インターネットや音楽、ゲーム(授業中は禁止)など使い方は自由とのことです。映像や音声を使った実験教材や、宿題を学生に配信するなどの取り組みも始めるとしています。

また、先日発表された、青山学院大学社会情報学部による、iPhone 3Gへの「Handbook」を通じた講義資料配信は既に実施されているようで、講義で指定されたキーコードをアプリで入力することで、レジュメなどの資料をアプリ内で閲覧することが出来ます。

「iPhone情報整理術」の先にある有望なタブレット

  • Day:2009.10.17 04:28
  • Cat:iPad
先日、「Lifehacking.jp」の堀正岳氏、「ライフハック心理学」主催の佐々木正悟氏による新著「iPhone情報整理術」を当ブログで紹介し、iPhoneユーザーにとってバイブルのような書籍であると述べました。そこには、あなたが持っているiPhoneやiPod touchをより生活に密着させる賢いツールにするための方法が詳しく書かれています。

物理的コレクションが好きな私は、これまでのエポックメイキング的デジタル化の度に、その壁にあたっていたように思えます。例えば、音楽のデジタル化は、日本においてもiTunes Music Storeのオープン後、急速に拡大していきます。一方で、Amazonが電子ブックリーダーの「Kindle」のインターナショナル版を今月から受注しており、日本からでも遂に購入することが出来るようになります。より身近なところでは、ケータイ向け電子ブックサービスは日本でも数年前から存在しているのですが、私は馴染めませんでした。画面が小さいということもありますが、頭が古いのか、やはり本は本で、という思いが強いです。ポッドキャスト「Apple Accent」でも何度か申していますが、今でもそう感じています。

「iPhone情報整理術」では富士通のScanSnapを利用したライフハックが紹介されています。これは紙資料を裁断し、すべてデジタル化してiPhoneに同期させるというもので、これには魅力を感じます。棚を見ると「いらないのに捨てられない書類」がたくさん残っていて整理の都度、毎回ペンディングです。このようなグレーゾーン資料をデジタル化すると、気兼ねなく捨てられます。

また、青山学院大学が導入したiPhone向けの講義資料配付もそうですが、10枚程度コピーして持って行かなければならない作業を、資料をiPhoneに入れるだけで済ませられるならば、そのほうが断然効率が良いわけです。ファイリングして、ラベルを貼りまくるよりも、iPhoneでタグ付けをして管理した方がスマートです。

さて、ここで「iPhone情報整理術」の先にある私の一つの理想を紹介します。同書のようなiPhoneによるライフハックは、iPhoneユーザーならば一度は試してみる価値のある代物ですが、これはもっと応用できます。私が注目しているのが、Appleが来年にも発売すると思われるタブレットデバイスです。

Appleのタブレットデバイスは10インチ程度だと言われています。仮にそうだとすると、iPhoneの6倍の情報量を扱える広さを備えていることになります。となると「iPhone情報整理術」を利用して出来たベースを、タブレットデバイスでも同様に採り入れると、作業効率は一気にアップしそうです。先ほどのように、紙媒体をスキャンしてデジタル化したものをタブレットデバイスに入れると、iPhoneの数倍のディスプレイで閲覧することが出来るのです。

具体的にはこんな感じです。今、あなたは電車で座っています。鞄から取り出したタブレットデバイスの電源を入れ、既にデジタル化して同期済みのファイルから、今日必要な書類を選択し目を通し始めます。ここは重要、ラインを引きます。ここは訂正する必要がある、メモを付けます。メールにより新たなスケジュールが入ると、カレンダーを開き、予定を追加します。そして余った時間はタブレットデバイスで新聞を読んでも良し、読書をしても良し。

重要なのは、タブレットデバイスへ価値を注ぎ込むことです。Appleからタブレットが出る、と言われても正直どのように使えばいいのか、そもそも必要なのかという疑問は多くの人が持っていることでしょう。どうやらAppleは本格的に電子ブックに参入しそうで、既にUSの紙メディアに話を持ちかけているとの情報があります。タブレットデバイスの主要価値になるでしょう。日本でもiPhoneの「産経新聞」アプリのように、新聞紙面をそのまま読めるサービスが普及したら、iPhone OSのタブレットでは効果を発揮します。また、雑誌や電子ブックも同様です。

ですが、それにプラスアルファで、自分なりのツールに出来ると、タブレットは次世代のデバイスになり得ると思います。同書を読んで、私はそこにタブレットの価値を感じました。ScanSnapによるデジタル化にしても、スケジュール管理にしても、iPhoneを利用したライフハックはそのままタブレットに応用できるのです。

まだまだ実践したての情報整理術を自然にライフスタイルに採り入れることが出来たとき、iPhoneや将来のタブレットデバイスの価値は格段に上がり、視野は格段に広がるに違いありません。

KDDI, 新商品発表会を19日に開催へ

  • Day:2009.10.16 15:55
  • Cat:au
KDDIが、2009年秋冬モデルの発表会を10月19日(月曜日)に開催すると案内しています。同社では、新たな試みとして、昨日発表されたTwitterの携帯電話正式対応を受けて、公式アカウント(@au_official)にて発表会に関するつぶやきをアップします。

15機種程度の秋冬モデルおよび春モデルを発表する予定で、今月末から販売を開始します。以下は発表予定機種の情報です。

スクリーンショット(2009-10-16 15.20.52)

EXILIMケータイ CA003
→1217万画素カメラ/3.3インチ有機ELディスプレイ(FWVGA)
EXILIMケータイ CA004
→809万画素カメラ/3.1インチ有機ELディスプレイ(FWVGA)

スクリーンショット(2009-10-16 15.30.40)

AQUOS SHOT SH003
→1210万画素CCDカメラ/3.4インチFWVGAディスプレイ(タッチパネル)
SH004
→800万画素CCDカメラ/3.0インチFWVGAディスプレイ

スクリーンショット(2009-10-16 15.36.32)

SA001
→世界最薄ワンセグスライド(最薄部11.9mm)/3.1インチFWVGAディスプレイ/321万画素カメラ

スクリーンショット(2009-10-16 15.38.54)

T003
→世界最薄防水ケータイ(最薄部11.6mm)/3.0インチFWVGAディスプレイ/322万画素カメラ

スクリーンショット(2009-10-16 15.41.41)

BRAVIA Phone U1
→防水ケータイ/3.0インチFWVGAディスプレイ/514万画素カメラ
S002
→世界最小ワンセグケータイ/グローバルパスポートGSM

これらの秋冬モデルのほとんどを10月末までに発売する予定です。

また、2010年春モデルとして以下の5機種を発表します。

SH005(スリム防水ケータイ)
AQUOS SHOT SH006(1210万画素カメラ/Wi-Fi)
K004(簡単ケータイ)
mamorino(ココセコム対応/ジュニアケータイ)
URBANO BARONE(ソニー・エリクソン)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。