Rumor: 現行iMacとMac miniの在庫僅少へ(UPDATEDx2)

AppleInsiderは、Appleが、販売店に現行iMacの全モデルとMac miniのローエンドモデルの在庫補充が出来なくなる旨を案内していると伝えています。Amazon.comでは、iMacとMac miniの全てのモデルが在庫切れになっています。なお、日本においてもヨドバシカメラではiMacとMac miniの全モデルの店頭在庫が僅少となっています。AppleInsiderは、遅くても10月中旬までにiMacとMacBookが刷新されると主張しています。

UPDATED:
上記記事が更新されました。AppleInsiderが確認した情報によると、Mac miniのローエンドモデルが製造終了となったとのことです。

UPDATEDx2:
Apple Online Store(U.S.)において、Mac miniのローエンドモデルの出荷予定日が1-3営業日になっています。TUAWでは、情報提供者によると、9月18日にMac miniを注文したところ、出荷予定日が10月9日というメールが来たとのことで、それより前にアップデートされるのではと予想しています。

関連:
Rumor: Appleが数週間中に新しいデザインのiMacを発表
Rumor: Appleが数週間中にiMac/MacBookをアップデート?
Rumor: 次期iMacについにBlu-ray搭載か
Rumor: 低価格のMacBook/iMacを発表か
スポンサーサイト

Rumor: 新しいAppleTVのためのタッチスクリーンリモート?

AppleRemote.jpg
(モックアップイメージ)

The Boy Genius Reportは、情報筋(iTunes 9に関する正確な情報を提供した筋[記事])によると、Appleは、新しいAppleTVのための新たなリモートコントローラを開発しており、タッチスクリーンになると伝えています。モックアップイメージでは、縦長のディスプレイを搭載しており、新しいAppleTVと同時に発表されるかもしれないとのことです。

あれまさか2.6インチ?

Rumor: Appleのタブレットデバイスに関する10の新情報

  • Day:2009.09.29 22:00
  • Cat:iPad
iLoungeは、信頼できる情報筋(第5世代iPod nano[記事]やiPhone 3GSについて正確な情報をスクープしたところ)からAppleのタブレットデバイスについての新しい情報を得たと伝えています。以下に列挙します。

1. Appleは少なくとも3つのプロトタイプ「iPad」を開発した。
2. 初代は7インチで作られたものの、ディスプレイが小さすぎると判断。最新では10.7インチ。
3. 「iPad」はiPhone OSで動く。
4. iPhoneのようなデザインで、背面は曲線を描いている。
5. 2つのバージョン。1つはiPhoneのような3G搭載モデル、もう1つはiPod touchのような非3Gモデル。
6. ディスプレイの解像度は書籍や雑誌、新聞をそのまま読めるくらい高く、iPhoneの7倍程度の大きさで、6倍程度の解像度。
7. 「iPad」は、iPhone/iPod touchのコンセプトを拡張するもので、すべての機能のポテンシャルを高める。
8. ネットブックと対抗する製品ではない(iPhone OS採用だから)。
9. Appleは「iPad」を2010年1月19日、もしくはそれ以前に発表し、宣伝期間を経て5月または6月に発売する(初代のiPhoneのように)。
10. 「iPad」はSteve Jobsのゴーサインを待っている。現時点で80%の確率で市場に出るだろう。

Column: あなたのiPhone導入への最後のアドバイス

  • Day:2009.09.27 09:25
  • Cat:iPhone
IMG_1713iphone.jpg

<iPhoneの現状>
日本でiPhoneが発売されて早くも2年目に突入した。昨年のiPhone 3Gからカタチを変えることなく登場したiPhone 3GSの売れ行きは凄まじいもので、在庫不足が続いている。販売台数は契約上公開されていないものの、ソフトバンクモバイルの孫正義社長が「端末の納品を確保できれば、契約の純増数を伸ばせたはずだ」と語っているほどだ。

1年をかけて、ようやく日本でもiPhoneが浸透してきた。街を歩いていても、男女問わず、iPhoneを片手に持っている人が増えた。これは一見、iPodが広まったときの現象に似ている。だが、iPodとiPhoneは決定的に運命を分かつことになる。それはなぜか。iPhoneが契約を要する電話であることに他ならない。したがって、iPodを皆が持っているように、iPhoneを皆が持つようにはならない。当たり前だが、携帯電話契約がiPhone導入の最大で最後の壁となる。

IMG_0345.jpg

iPhoneがU.S.でリリースされて以降、日本での販売を心待ちにしていた人は、おそらく昨年の発売と同時にiPhoneを購入したことだろう。私もその一人で、日本上陸までの1年間で「日本におけるiPhone発売を見守る会」を発足したほどだ。一方で、様々な事情で悩んで購入に至った人、至らなかった人もいるだろう。また、全く興味がなかったのに、何らかの影響で購入に至った人も大勢いるはずだ。

私は、Appleファンとしては比較的穏健派で、「何が何でも」という考えはない。ケータイについてのアドバイスを求められることが多々あるが、iPhoneを積極的に勧めたことはあまりない。それはiPhoneを利用しているがゆえに、その利点と欠点をある程度理解しており、どれほど好きでも、普通のケータイから乗り換える人に一概に「iPhoneが最高」とは言い切れないからだ。何事にも長短があるが、短所の方が後々気になることが多い。その点、確かにiPhoneは万人受けするケータイとは言えないだろう。これは販売から1年経った今でもそう感じている。

<購入決断のきっかけを>
今回のコラムでは、iPhoneを導入するか否かの「境界」について述べたい。このコラムは、まだiPhoneを持っておらず、買いたいけど「あと一歩」が踏み出せない方、あるいは聞いたことはある、興味はあるけどまだ買おうかどうか決めてない方に向けて書いている。一般のケータイと比較したアドバンテージである「利点」を専ら採り上げるが、この利点が検討中の方の「あと一歩」になれたら幸いだ。

さて、今回はある一点からiPhoneをアピールしたい。それはケータイでは今や普遍的機能かつメインとなったカメラ機能だ。カメラは、ケータイ普及期に「カメラ付きケータイ」として進化し、今やメーカーやキャリアがアピールするメイン機能の一つとして君臨している。早速だがiPhoneのカメラ機能のアピールポイントを紹介したい。一言で言える。今、ほとんどの方が持っているケータイのカメラより画質面で遙かに劣り、その代わりに自由を手に入れたということだ。

<iPhoneとケータイとカメラ>
日本のケータイの最新機種は1000万画素というデジカメレベルの画素数を誇り、それを最大の売りにしているケータイもある。ケータイにカメラ、という時代が10万画素から始まったことを考えると、素晴らしい進化であり、今後も伸びていくことだろう。だが「撮ったあと」についてはどうだろう。撮った写真をどうするか、実は数年前も今もそれほど大差はない。高画素化も素晴らしい、顔認識も素晴らしい、ワイヤレスプリントアウトも素晴らしい、メールで大容量添付も素晴らしい。だがそこまでだ。撮った写真はあくまで撮った写真。私はそれもありだと思う。私は日本のケータイが好きだから、高画素化には当然のようにわくわくするし、ワイヤレスプリントなどは近未来的で好奇心が高まる。

一方、iPhoneのカメラはどうか。iPhone 3GSでようやくオートフォーカスが付いた。昨年のiPhone 3G(今も併売されている8GBモデル)にはオートフォーカスすら付いていなかったのだ。しかも今年のモデルでも320万画素程度の画素数しか載っていない。このスペックは、NTTドコモの機種と比較するとなんと4年前には達成されているスペックだ。つまり今話題のiPhone 3GSのカメラのスペックは、所詮4年前のケータイレベルということになる。とてもじゃないが、画質でiPhoneをアピールすることは出来ない。その他の補助機能、たとえば顔認識なども備えていない。むしろある機能を挙げたほうが手っ取り早いだろう。iPhone 3GSが備えるカメラ機能は、フォーカスポイントをタッチして決定し、シャッターボタンを押す、早い話それだけなのだ。

では、なぜ私はそこまで劣っている機能をアピールするか。それは「劣っている」ことが数字で分かるだけに見えてこない、最大のiPhoneの醍醐味を伝えるためだ。iPhoneのカメラは単なる320万画素、4年前のスペックではない。そこには日本のケータイにはない「アプリケーション」という名の主要な楽しみが備わっている。私はこれがiPhoneの最もアピールすべきアドバンテージの1つであると思っている。

iPhoneはPCのiTunesを介して様々なアプリを追加することが出来る。それには無料のものもあれば、有料のものも並んでいる。ユーザーは自由にiPhoneに追加することが出来るのだが、これがiPhoneをおもしろくさせる大きな要素と言っていい。カメラについて話しているので、iPhoneのたかが320万画素のカメラが、なぜ日本の1000万画素カメラ搭載ケータイよりもさらに楽しく利用できるのかを説明したい。そのためにiPhoneで撮影した写真をアプリケーションとともに紹介していこうと思う。購入検討中の方の中には、文字を読む以上に写真を見て意欲が湧く人もいるかもしれない。

<iPhone 3GSで完結する楽しい写真>
では早速紹介していく。まずは、私のiPhone 3GSのスクリーンショットから、普段から利用しているカメラ関連のアプリケーションを見て欲しい。

IMG_0606app.png

実はカメラ関連だけで16個ものアプリケーションを常用している。有料、無料さまざまだが、どれも優れたアプリケーションで、このような楽しい経験を提供してくれるアプリの作者様には感謝してもしきれない。

さて、先ほど私はカメラで写真を「撮ったあと」について触れた。撮った写真は現像、もしくはケータイにそのままストックしておく、というのがこれまでの常道だった。だが、iPhoneはそれよりも先の経験を提供してくれる。次の写真を見ていただきたい。

IMG_0575sky.jpg

この写真はまさにiPhone 3GSで撮影し、iPhone 3GSに入れたアプリケーションで加工したものだ。加工に利用したアプリは上のスクリーンショットにある「TiltShift Generator(上段右から2番目)」だ。普通の写真にボケ具合を入れられるアプリで、写真の通り、遠くの景色がボケるように加工した。こうしたアプリは「ミニチュア風」写真を生成することでも広く知られている。さらに次の写真を。

IMG_0576skywide.jpg

これは先ほどの写真をさらに加工したもの。「Camera Bag(上段右から1番目)」では、あらかじめ用意された様々な効果を付けることが出来る。上写真の場合は「Cinema」という効果により、ワイドな写真に仕上がった。

IMG_0577cock.jpg

この写真もiPhone 3GSで撮影し、アプリケーションで加工したもの。「Polarize(下段左から2番目)」は、撮った写真をポラロイド風に仕上げるアプリで、好きなタグも書くことが出来る。写真の画質もまさに「ポラロイド」らしくなるのだ。

IMG_0586ball.jpg IMG_0588red.jpg

これらの写真も同様だ。アプリケーションには「ColorSplash(上から2番目、右から2番目)」を使用した。このアプリでは、撮った写真をモノクロ画質にして、任意の部分だけのカラーを取り戻すことが出来る。上画像では、左はフロアの模様のみがカラーに、右はデスクペンとペンスタンドのみがカラーになっている。

IMG_0592mo.jpg IMG_0593bridge.jpg

左は「CameraKit(上段左から2番目)」を利用して、撮影した画像にエフェクトや署名を入れた。エフェクトはモノクロやセピア、ビンテージなどをラインアップしていて、色合いも決められる。右は「SnapBox(下から2番目、左から1番目)」を利用して、撮影した画像に用意されているエフェクトをかけた。「Noir」というエフェクトにより、特にコントラストが強いモノクロ画像に仕上がり、味が出ている。

IMG_059jack.jpg

面白い合成アプリもある。「PhotoFunia(下段右から2番目)」では、用意された合成テンプレートに、選択した写真をうまい具合に合成出来る。私がiPhone 3GSで撮影したジャックに、ポスターのテンプレートを合成した。シワのエフェクトがリアルに出ている。

IMG_0600jack.jpg

今回は公になる記事のため、実際に撮影したポートレートを使用することは出来ないが、ポートレートを上手に加工出来るアプリもある。日本のケータイでのフレームと似ているが、多種多様に追加できる。その中でも気に入っているのがディズニーの「Cover Styler(下段右から1番目)」というアプリだ。ディズニーチャンネルのフレームと合成したり、スターなどの記号を追加できる。ポートレートで利用するとなかなか面白い。

IMG_0585ar.jpg

最後はAR(拡張現実)という最近流行のジャンルから。「セカイカメラ(下段左から1番目)」は、iPhoneのカメラを通して様々な情報を見ることが出来る。たとえば、街のビルにカメラをかざすとそのビルの名称が表示される。また、自分が撮影した画像をその場に残すことが出来る。たとえば私がレストランの料理を撮影し、その場に残すと、同じくセカイカメラを利用しているユーザーがその場でカメラをかざしたとき、私の残した写真が見えるのだ。利用方法は多岐に渡るが、未来を感じるアプリだ。

<あとは直感で>
iPhoneとカメラとアプリで何が楽しめるかの実例を紹介したが、最終的には直感がiPhoneの必要性を決めることになるだろう。上記写真や紹介をご覧になって直感的にiPhoneを欲しくなって頂けたなら私も嬉しい。または、iPhoneにさらに興味を持った方がいるならば、それも幸いだ。いずれにしても、料金プランやiPhoneへの移行の注意点などをクリアし、最終的に購入を悩んでいる方の判断のプラスになれたらと、このコラムを書いた。ここまで読んで下さってありがとうございます。

Rumor: 新しいiMacはSDスロット搭載/タッチ操作の新しいマウスを用意

MacRumorsでは、フランス語のウェブサイトMac4Everの情報筋によると、数週間中に発表される新しいiMacは、MacBook Proシリーズ同様にSDメモリカードスロットを装備し、CPUはクアッドコアプロセッサを採用すると伝えています。また、Xeonプロセッサをハイエンドモデルに搭載するかもしれないとしています。

情報筋はその他に、Appleが、100%タッチ操作の新しいマウスやアルミボディの新しいApple Remoteを準備していると述べています。

関連:
Rumor: Appleが数週間中に新しいデザインのiMacを発表
Rumor: Appleが数週間中にiMac/MacBookをアップデート?
Rumor: 次期iMacについにBlu-ray搭載か
Rumor: 低価格のMacBook/iMacを発表か

Rumor: MacBookも数週間中に刷新

AppleInsiderは、昨日レポートした新しいiMacの発表と同時、もしくはそれに近い時期に、AppleがMacBookを刷新すると伝えています。先行き不透明な経済情勢に対応すべく、新しいMacBookは「Appleの歴史で最も手頃な価格になる」だろうとしています。

MacBookシリーズのアップデートは、新しいiMacが発表されるのと同時期に行われるようです。新しいMacBookのデザインは、詳細が不明なものの、最新のバッテリー搭載により、薄く、滑らかな筐体になるとのことです。

AppleInsiderでは、以前、MacBook Whiteは、デザインを一新し、継続して販売されると伝えていました。

Rumor: Appleが数週間中に新しいデザインのiMacを発表
Rumor: Appleが数週間中にiMac/MacBookをアップデート?
Rumor: 低価格のMacBook/iMacを発表か

アップル, iPod touch(Late 2009)の32GB/64GBモデルを26日から販売開始

スクリーンショット(2009-09-25 18.20.17)

アップルが、9月上旬のメディアイベントで発表したiPod touch(Late 2009)の32GB/64GBモデルを明日26日から販売開始すると発表しました。iPod touch(Late 2009)は、iPhone OS 3.1.1を搭載し、32GB/64GBモデルでは、iPhone 3GSと同等のスピードを実現しており、Apple Earphones with Remote and Micを同梱しています。32GBモデルが29,800円、64GBモデルが39,800円となっています。

参考:
アップル、前モデルよりも50%高速化した「iPod touch (Late 2009)」の32GBと64GBを9月26日から発売開始/MACお宝鑑定団 blog (羅針盤)

Rumor: Appleが数週間中に新しいデザインのiMacを発表

AppleInsiderは、2人の情報筋の話として、新しいiMacが今月初旬に完成し、台湾の製造メーカーのラインに入ったと伝えています。情報筋のうちの1人は、新しいiMacは、より手頃な価格になり、現行デザインよりもさらに薄くなると述べています。また、LED Cinema Displayのデザインを取り入れた外観になる可能性もあるようです。

同サイトは、詳しい筋によると、Appleはここ数ヶ月の間にBlu-rayの採用を最終的に決定したようだとしています。AppleInsiderは、以前から「多くのMacユーザーが待ち望んだ」機能が次期iMacの新機能となると伝えており、Blu-rayのオプションが新しいiMacに加えられるかもしれません。

AppleInsiderは、新しいiMacが発表される時期についての正確な情報はないものの、来週から10月中旬の間、いずれのタイミングでも発表が考えられると述べています。

また、MACお宝鑑定団さんの情報では、Appleは、昨日発表されたIntelのモバイル向けクアッドコアCPU「Core i7」を採用したiMacおよびMacBook Proを10月に投入するようだとしています。

関連:
Rumor: Appleが数週間中にiMac/MacBookをアップデート?
Rumor: 次期iMacについにBlu-ray搭載か
Rumor: 低価格のMacBook/iMacを発表か

ウィルコム, 私的整理へ/1000億円の返済期限延長要請(OFFICIAL)

  • Day:2009.09.24 15:57
  • Cat:Others
NOW OFFICIALLY:
ウィルコムが、今後の事業再生と事業継続に向けた強固な収益基盤の確立および財務体質の抜本的な改善を図るために事業再生ADRによる事業再生をめざし、本日、事業再生実務家協会への事業再生ADRの手続を正式申請し、受理されたと正式に発表しました。

ウィルコムの債務は、2009年3月末時点で約1300億円、内訳は、社債が約350億円、金融機関への債務が約935億円となっており、事業再生ADR手続きでは金融機関への債務約935億円の返済期限延長を要請します。事業再生ADR手続きの利用により、サービスの継続は確保されます。

一方、格付投資情報センター(R&I)は24日、ウィルコムの発行体格付および既発社債の格付をデフォルトへの懸念から「CCC」へ格下げしたと発表しました。R&Iは、18日付でウィルコムの発行体格付および既発行債券の格付を「BBB-」へ格下げ、さらに19日には発行体格付および既発行社債の格付を「BB-」に格下げしています。

参考:
事業再生ADR手続利用のお知らせ(プレスリリース)
ウィルコム、債務の私的整理に向けて事業再生ADRへ(ケータイWatch)
ウィルコムをCCCに格下げ、モニター(格下げ方向)を継続(R&I/PDFファイル)

UPDATED:
ウィルコムが、本日の事業再生に関する報道についてコメントを発表しました。

本日、一部で、弊社の債務返済に関する報道がありましたが、弊社から発表したものではありません。さまざまな可能性を検討していますが、現在決まったものはありません。

Original Story: 2009.09.19 Sat. 07:53
国内PHS大手のウィルコムが、三菱東京UFJ銀行など取引金融機関に約1000億円の債務の返済期限延長を求める方向で最終調整に入ったことが、18日明らかになりました。日本経済新聞が報じました。記事によると、ウィルコムは裁判外紛争解決手続き(ADR)の1つである事業再生ADR手続きに入ることを主力銀行に伝えました。債務の株式化には踏み込まない模様です。来週にも正式な手続きに入る見通し。

ウィルコムは、現在約450万人のPHS加入者を抱えており、サービスを継続しながら経営再建を目指す方向です。ただ、1300億円近い有利子負債に加え、10月から本サービスを開始する次世代PHSサービス(XGP)への今後5年間の投資予定額、約1400億円の資金繰りが大きな課題となります。

ウィルコムは、2009年8月の契約者純増数で前月比4万500件減を記録しました。

ウィルコム、返済延長要請へ 私的整理、PHS継続し再建急ぐ(日本経済新聞)
ウィルコム 私的整理へ 銀行団に1000億円の返済期限延長要請(産経新聞)
ウィルコム、返済猶予要請へ=事業再生手続き検討(時事通信)
ウィルコム:事業再生ADR申請で最終調整 立て直しへ(毎日新聞)

関連:
ウィルコム社長交替、新社長は久保田幸雄氏(ケータイWatch/8月21日)
【ドラマ・企業攻防】ピッチのウィルコムが大ピンチ 社長更迭も前途多難(産経新聞/8月30日)

News: iPod nano(第5世代)で盗撮を試みた男を逮捕

R5051290.jpg

今月発売されたAppleのiPod nano(第5世代)のビデオカメラ機能を使い女性を盗撮しようとしたとして、生田署などは23日、県迷惑防止条例違反の疑いで、神戸市中央区の会社員の男(30)を現行犯逮捕しました。神戸新聞が報じました。逮捕容疑は、同市の書店で女子高生のスカート内を、iPod nano(第5世代)を紐の結び目に挟み込み、ビデオ撮影機能を利用して撮影しようとした疑いです。

多くの人が懸念していたことが現実に起こってしまいました。手に入りやすい小型のiPodに搭載されたビデオカメラが犯罪に利用されたことが社会的に問題となりそうです。私もiPod nano(第5世代)を購入し、新しいビデオ撮影スタイルを経験し、素晴らしい機能だと評価しているだけに、こうしたけしからんことに使われるのは極めて残念です。

iPodで盗撮試みる 容疑で男逮捕 神戸(神戸新聞)

App Store: 「セカイカメラ」遂に一般公開

  • Day:2009.09.24 07:51
  • Cat:iPhone
スクリーンショット(2009-09-24 7.43.24)

頓知・が開発し、長く話題になっていたAR(拡張現実)カメラアプリ「セカイカメラ」が遂にApp Storeに登場しました!App Storeへ申請されたものの、なかなか登場しないので心配していましたが、無事認可されたようです。Twitterでつぶやかれていた頓知・の@iguchiさん、おめでとうございます!

セカイカメラで出来ることは近未来的、デモなどでは拝見したものの実際に手元に来ると何をやろうか、思いつきません。早速触っています!

Apple, "iTunes 9.0.1" リリース/Mini Player表示も復活

Appleが、"iTunes 9.0.1" をリリースしました。ソフトウェア・アップデートまたはiTunesからダウンロードすることが出来ます。このアップデートでは以下の修正が実施されています。

• iTunes Store をブラウズするときの問題が解決されています。
• iTunes が応答しなくなるパフォーマンスの問題が解決されています。
• iTunes が突然終了する問題が解決されています。
• プレイリスト内の Podcast を iPod または iPhone と同期するときの問題が解決されています。
• 複数のディスクのアルバムを並べ替えるときの問題が解決されています。
• ズームボタンを押しても Mini Player に切り替わらない問題が解決されています。
• iPod touch と iPhone のアプリケーション同期が改善されています。
• Genius が Genius Mix を表示するように自動的にアップデートされます。

特に、iTunesが突然終了する問題や、Podcastの同期、ズームボタンでのMini Playerの表示など、指摘されていた不具合が一斉に修正された点、非常に助かります。

ウィルコム, 次世代PHSサービスの展開を東京都心限定へ

  • Day:2009.09.20 08:47
  • Cat:Others
先日「ウィルコム, 私的整理へ/1000億円の返済期限延長要請」でお伝えした件に関連して、ウィルコムが、2009年10月から本サービスを開始する次世代PHSサービス「XGP」の展開地域を当面東京都心部に限定することが明らかになりました。日本経済新聞が報じました。

記事によると、当初同時にサービスが開始される予定だった大阪、名古屋への展開は遅らせ、都内での加入端末数も1500台に限定します。加入端末は希望者に無償で貸与し、月額料約4,000円も今年度中は無料にする見込みです。

ウィルコムは、24日にも私的整理の1つである事業再生ADR手続きに入る方針で、基地局設置など必要な投資が遅れていたようです。

ウィルコムの高速無線「XGP」、地域を東京都心に限定(日本経済新聞)

Apple Accent: Episode 72 "ショートカット(後編)"

aa05.jpg

アップル専門ポッドキャスティング "Apple Accent" のエピソード72「ショートカット(後編)」を配信開始しました。iTunesの更新ボタンからマニュアルダウンロードが出来ます。登録されていない方はぜひApple Accent(iTunes Store)へ^^

「C+O+Eは強制終了の暗号」 うーん語呂悪いなあ。

Google, "Google Voice" はAppleが「却下した」と主張/Appleは直ちに反論

  • Day:2009.09.19 06:16
  • Cat:iPhone
Googleが、「Google Voice」アプリケーションがApp Storeで認可されなかった件についてのFCCへの文書を一般公開しました。それによると、同アプリケーションは『AppleのPhil Schillerから「認可しない」旨の連絡があった』としています。文書によると、AppleがGoogle Voiceを却下した理由は、iPhoneの主機能に接触する可能性があり、それは望ましくないからとしています。

この文書公開に対し、Appleは直ちに反論しました。Silicon Valley Insiderによると、Appleは、8月に公開したFCCへの回答と同じ表現で、「我々はGoogle Voice Appを却下していない」と改めて主張しました。

Google says Voice was "rejected" from iPhone App Store(AppleInsider)
Apple Says It Again: We Did Not Reject Google Voice iPhone App(Silicon Valley Insider)

Rumor: Appleが数週間中にiMac/MacBookをアップデート?

  • Day:2009.09.17 10:01
  • Cat:iPad
AppleInsiderは、Wedge Partnersのレポートとして、Appleが数週間中にiMacおよびMacBookをアップデートするだろうと伝えています。レポートによると、iMacはより薄く、滑らかなデザインに変更される可能性があるとしています。

これに関連してAppleInsiderは、以前同サイトが伝えた次期iMacの新機能である「多くのMacユーザーが待ち望んだ機能」や「セミプロオーディオ/ビデオユーザ向けの新機能」について改めて言及しています。また、同サイトは、MacBook Whiteのリデザインが準備されていることも引き続き述べています。

Appleは、昨年10月に「Notebook」イベントを開催し、新しいユニボディのMacBookやMacBook Proを発表しました。そして今年6月のWWDC 2009において、アルミニウムボディのMacBookをMacBook Proへ昇格させ、新たなカテゴライズを行っています。

そのほか、Appleは、長らく噂されているタブレットデバイスを来年2月にもリリースするとの噂があり、10インチ弱のタッチスクリーンが搭載されると伝えられています。

SoftBank, 「iPhone for everybodyキャンペーン」を再延長

  • Day:2009.09.16 17:51
  • Cat:iPhone
ソフトバンクモバイルが、「iPhone 3G」「iPhone 3GS」がよりお買い求めやすくなる「iPhone for everybodyキャンペーン」の受付期間を2010年1月31日(日曜日)まで延長すると発表しました。当初は今月末までとなっていました。同キャンペーンを新規契約時または機種変更時に申し込んだユーザーは、iPhone 3GSの本体価格が16GBモデルで実質11,520円、32GBで実質23,040円となります。また、iPhone 3Gの本体価格が8GBモデルで実質0円となります。さらに、パケット通信料定額サービスの上限料金が、通常 5,985円/月のところ4,410円/月で利用出来ます。以下、改めて注意点を抜粋します。

・本キャンペーンの適用には、ホワイトプラン(i)で2年単位のご契約をお約束いただく「2年契約(キャンペーン)」の加入が必要となります。「2年契約(キャンペーン)」は、2年単位のご契約となり、2年ごとの更新月にお申し出がない場合、自動更新になります。

・契約期間中に解約やホワイトプラン(i)以外への料金プラン変更、新スーパーボーナス用販売価格以外でSoftBank 3Gへ機種変更された場合、9,975円の契約解除料が必要になります。

「iPhone for everybodyキャンペーン」を延長(プレスリリース)

News: iPodが週間売れ筋ランキングで上位20位を独占

BCNランキングによると、9月7日~9月13日の集計期間で、AppleのiPodシリーズが売れ筋ランキング上位20位を独占しました。先月末のランキングではソニーのウォークマンシリーズが242週ぶりに首位になるなど、巻き返しが話題になっていました。私も先日、アップルストアにてメディアのインタビューを受けた際に「iPod v.s. ウォークマン」という軸についてのコメントを求められましたが、そもそもそういった対立構図に興味がないので、メディアの期待に応える回答はしませんでした。ただし、ここまで独占すると壮観なので、ランキングについて取り上げてみました。

01位 iPod nano 16GB ブラック MC062J/A
02位 iPod nano 16GB ピンク MC075J/A
03位 iPod nano 16GB シルバー MC060J/A
04位 iPod nano 8GB ピンク MC050J/A
05位 iPod nano 16GB ブルー MC066J/A
06位 iPod touch 8GB MC086J/A
07位 iPod nano 8GB パープル MB739J/A(第4世代)
08位 iPod nano 8GB シルバー MB598J/A(第4世代)
09位 iPod nano 8GB ブルー MB732J/A(第4世代)
10位 iPod nano 16GB パープル MC064J/A
11位 iPod nano 8GB ブラック MC031J/A
12位 iPod nano 8GB ピンク MB735J/A(第4世代)
13位 iPod classic 160GB ブラック MC297J/A
14位 iPod nano 8GB ブルー MC037J/A
15位 iPod nano 8GB シルバー MC027J/A
16位 iPod nano 16GB オレンジ MC072J/A
17位 iPod nano 16GB ブラック MB918J/A(第4世代)
18位 iPod nano 16GB グリーン MC068J/A
19位 iPod touch 8GB MB528J/A(第2世代)
20位 iPod touch 16GB MB531J/A(第2世代)

Apple iPod nano 第5世代 8GB ピンク MC050J/A 最新モデル
アップル (2009-09-10)
売り上げランキング: 161
おすすめ度の平均: 4.5
5 新機能について
4 満足しています
5 第5世代ipod nano

Apple, AppleTV(40GB)を販売終了/160GBモデルを100ドル値下げ

スクリーンショット(2009-09-14 18.20.13)

Appleが、Apple Online Storeにおいて、「AppleTV」(40GBモデル)の販売を終了しました。引き続き160GBモデルの販売は継続されており、価格を329ドルから229ドルへ値下げしています。

AppleTVは、今月初旬に40GBモデルの出荷予定が1~2週となり、販売終了が予想されていました。また、iTunesの新サービスである「iTunes LP」と「iTunes Extras」のフォーマットがAppleTV向けであることもレポートされており、近日中にソフトウェアのメジャーアップデートが行われる可能性もあります。

なお、現時点でApple Online Store(Japan)ではローエンドモデルの販売終了やハイエンドモデルの値下げ等は反映されていません。

News: NECカシオ モバイルコミュニケーションズ設立へ

  • Day:2009.09.14 16:47
  • Cat:News
NECとカシオ計算機、日立製作所の3社は、2010年4月に各社携帯電話部門を統合し、合弁会社「NECカシオ モバイルコミュニケーションズ」を設立すると発表しました。3社は新会社について、NECの携帯電話端末事業部門であるモバイルターミナル事業本部と、カシオ日立モバイルコミュニケーションズの販売・開発・製造・保守等の全事業を統合し、両社の高い技術開発力と商品企画力により、強い競争力のある商品群を持つ会社と説明しています。

プレスリリース:
NECの携帯電話端末事業とカシオ日立モバイルコミュニケーションズの事業統合について(日本電気株式会社、株式会社カシオ日立モバイルコミュニケーションズ、カシオ計算機株式会社、株式会社日立製作所)

関連:
NEC・日立・カシオ, 携帯端末事業を統合へ

iPod touch(Late 2009): カメラモジュール用のスペースが見つかる

F6hdqMRJ1wnvja.jpeg

MacRumorsでは、iFixitのレポートとして、iPod touch(Late 2009)を分解した結果、デバイスの上部に空のスペースを発見したと伝えています。このスペースは6mm x 6mm x 3mmと非常に小さなもので、iPod nano(第5世代)に搭載されたカメラモジュールとマッチするサイズとのことです。このスペースの位置が、発表前に幾度となく流出したiPod touchのケースと思われるイメージにあったカメラ用の穴の位置と一致することから、やはりiPod touch(Late 2009)は、ほぼ間違いなくカメラの搭載を最終的に見送られたと考えられます。

また、同サイトによると、iPod touch(Late 2009)には、802.11a/b/gに加えて802.11nもサポートするWi-Fi/Bluetoothチップ「Broadcom BCM4329」が搭載されているものの、Appleはその機能をアクティベートしていません。ちなみにiPhone 3GSは「BCM4325」を採用しており、こちらは802.11a/b/gのみのサポートとなっています。

iPod shuffle(光沢ステンレススチール仕様): 通常モデルより重い

R5051332.jpg

Apple Online Storeとアップル直営店のみで購入できる、iPod shuffleのスペシャルエディション「iPod shuffle(光沢ステンレススチール仕様)」は、重量が通常モデルよりも6.5g重くなっています。通常モデルのiPod shuffle(第3世代2009)は10.7gですが、iPod shuffle(光沢ステンレススチール仕様)は17.2gです。

確かに持ってみた感じでも、重量感がありますし、これまでのiPodシリーズに無い光沢感、高級感があります。

アップル, 「iPhone 3.1 Software Update for iPod touch」を600円で提供

スクリーンショット(2009-09-11 23.50.25)

アップルが、「iPhone 3.1 Software Update for iPod touch」を600円で提供しています。同アップデートは、iPod touchおよびiPod touch(第2世代)用に提供されるもので、iPhone OS 3.0にアップデートしていないユーザー向けに販売されます。

「iPhone 3.0 Software Update for iPod touch」は1,200円で販売されていましたが、今回の「iPhone 3.1 Software Update for iPod touch」は半額の600円になりました。

iPod shuffle(第3世代2009): パッケージが大きくなった

IMG_0537.jpg

Appleは新しい製品を出すたびにパッケージを小さくしてきました。最近の例では、Snow LeopardのパッケージがLeopardのものと比較して、さらに薄くなっています。

今回発表されたiPod shuffle(第3世代2009)では、iPod shuffle(第3世代)のパッケージと比較して横幅は変わらず、縦幅は長く、奥行きは厚くなりました。iPod shuffle(第3世代)では、本体とリモコンがディスプレイされているのに対し、iPod shuffle(第3世代2009)では本体、リモコン、ヘッドホンがディスプレイされているため、スペースの問題だと思われます。内容物は変わっていません。

結構大きくなっているので、なんだか違和感を感じます。ちなみに林信行さんもTwitterで書かれていましたが、iPod shuffle本体をパネルから取り外す際に結構苦労します。外し方によっては本体を傷つけるかもしれないので、注意が必要です。

Apple, "Mac OS X 10.6.1" リリース

Appleが、"Mac OS X 10.6.1" をリリースしています。Snow Leopardユーザーはソフトウェア・アップデートなどからインストール可能です。改善点は以下の通りです。

10.6.1 アップデートは、すべての Mac OS X Snow Leopard ユーザにお勧めします。このアップデートでは、お使いの Mac の安定性、互換性、および安全性を向上するオペレーティングシステムの全般的な修正が行われており、以下の問題の修正も含まれています:

・一部の Sierra Wireless 3G モデムとの互換性の問題
・DVD 再生が予期せず停止する可能性がある問題
・互換性のあるプリンタドライバの一部が、プリンタを追加するブラウザで正しく表示されない問題
・Dock から項目を取り除きにくくなる可能性がある問題
・Mail でアカウントの自動設定ができない場合がある問題
・Mail で cmd-opt-t を押した場合に、メッセージを移動する代わりに特殊文字メニューが表示される問題
・Motion 4 が応答しなくなる問題

iPod nano(第5世代): FMラジオ機能とビデオカメラ機能を試す

R5051314.jpg

iPod nano(第5世代)には新たにFMラジオ機能が搭載されました。FM機能はヘッドホン(種類問わず)を挿した状態で利用できます。チャンネルを登録するため、早送りボタンを長押ししてスキャンし、決定キー長押しで「よく使う項目」に登録します。登録されているチャンネルは周波数の右上に★印が付きます。

R5051315.jpg

ラジオの地域はもちろん日本で設定し、よく使う項目から登録した主要チャンネルを選択します。タグには対応していないようです。

R5051316.jpg

「ビデオカメラ」とあるように、iPod nano搭載のカメラではスチールは撮ることが出来ません。撮ったビデオはiPhotoなどに取り込むことが出来ます。また、撮影したムービーはiPod nanoで再生可能ですし、個別削除や全削除も出来ます。

R5051318.jpg

iPhone 3GSとは違い、iPod nanoはあらかじめエフェクトが数種類用意されています。撮影前に選択する必要があります。なかなかユニークなのが揃っています。


簡単に試し撮りしてみました。動画はなめらかです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。