Rumor: 最小・最軽量iPod shuffleが来月登場?

ピクチャ 6

ピクチャ 7
(PANTONEケータイ/イメージ)

MACお宝鑑定団さんの情報によると、第3世代iPod shuffleが来月のホワイトデー前後に発表されるようだとのことです。昨年の12月31日にも同様の記事を掲載されていましたが、プラスゲインの販売する「VOLX Palette U-MP3」の重量が7gで、カラーバリエーションも7色ということで、これよりも軽量のiPod shuffleを用意するためにバレンタインデー前後からホワイトデー前後へ発表時期が延びたようです。

以前の記事によると、第3世代iPod shuffleは20色以上のラインナップになる可能性もあるそうで、私はどうしてもソフトバンクモバイルのPANTONEシリーズをイメージしてしまいます。仮にそれくらいのカラーバリエーションを用意した場合、Appleがソフトバンクの影響を受けたのかもしれませんね。

関連記事:
Rumor: iPhone nano/iPod shuffle/安価なMacBookを用意
Rumor: 第3世代iPod shuffleは20色以上(PANTONE shuffle?)
スポンサーサイト

BlackBerry Bold: 発熱の不具合で一時販売停止(UPDATED)

ピクチャ 3
(NTTdocomo)

NTTドコモは、今月20日から販売しているRIM社製のスマートフォン「docomo PRO series BlackBerry Bold」において、携帯電話を充電中に発熱する場合があることを確認したことを受け、販売を27日から一時停止すると発表しました。同社によると、26日時点でユーザーから計30件の申告があったとのことです。火傷や発火などの人体への被害は確認されていないとしています。以下、主な事象を引用します。

1. 事象の内容
携帯電話を充電中に発熱する場合があります。
※本体のキーボード部分が発熱する事象です。
※本事象に伴う、火傷や発火等の事実は確認できていません。

2.事象の原因
詳細は現在調査中。

3.対象のお客様
「docomo PRO series BlackBerry Bold」をご利用の全てのお客様

4. 「docomo PRO series BlackBerry Bold」をご利用のお客様へのお願い
本事象に関して、弊社より該当のお客様へご連絡させていただくことがございますが、携帯電話を充電中に発熱した場合、使用・充電を中止いただき、下記のお問合わせ先までご連絡いただけますようお願いいたします。

5.お客様お問い合わせ先
「ドコモ・ブラックベリー・ケア」
【電話番号】 0120-045-360(携帯電話・PHSからもご利用いただけます。)
【受付時間】 午前9時30分~午後9時

「ドコモ インフォメーションセンター」
【電話番号】
・ドコモの携帯電話からの場合・・・(局番なし)151
・一般電話などからの場合・・・0120-800-000
【受付時間】 午前9時~午後8時

「113」
【電話番号】
・ドコモの携帯電話からの場合・・・(局番なし)113
【受付時間】 24時間受付

私は同事象で既にBBBをドコモショップにて初期不良交換しています。それに関連する記事はこちらです。

参考:
ドコモ、BlackBerry Boldに発熱の不具合で一時販売停止(Impress)


UPDATED:

RIM社によると、今回の事象はあくまで日本国内(ドコモ)向けのBlackBerry Boldが対象であり、海外で販売されているものについては、問題はないそうです。同社では、不具合については修復出来るものであり、国内での販売は「近いうちに」再開できるとしています。

一方、ドコモによると、BlackBerry Boldの当該事象について、あくまで本体の不具合であり、電池パックやACアダプタの不具合は確認されていないとのことです。また、原因は未だ調査中であり、販売再開についても目処が立っていないとしています。既にBlackBerry Boldを購入されたユーザーには、順次、同社から当該問題についての連絡があります。

現在同事象を確認しているユーザーは、直ちに使用するのを中止して、上記コールセンター、もしくは最寄りのドコモショップへご相談下さい。今回、現在出荷されている全てのBlackBerry Boldにおいて当該事象が発生する可能性があるため、ショップでは預かり修理扱いとなります。その際、代替機は通常のFOMAとなり、料金プラン等もそれに準じるものへ変更措置を行います。また、他機種への変更を希望されるユーザーへは、そのような対応を実施する用意があるようですので、そちらもご相談下さい。

私の事象では、BlackBerry Bold本体は「かなり」熱くなりました。現時点で発火は確認されていないそうですが、危険性は充分にあります。また、本体は火傷するくらい熱くなりますので、当該事象の恐れがある場合、直ちに使用を中止することを強くお奨めします。

SoftBank, iPhone 3Gの本体価格が実質0円から利用可能になる「iPhone for everybodyキャンペーン」を実施

  • Day:2009.02.25 20:14
  • Cat:iPhone
ソフトバンクモバイルが、「iPhone 3G」がよりお買い求めやすくなる「iPhone for everybodyキャンペーン」を、2009年2月27日(金)から5月31日(日)まで実施すると発表しました。同キャンペーンに新規契約時に申し込んだユーザーは、iPhone 3Gの本体価格が8GBモデルで実質0円(16GBモデルは11,520円)となります。さらに、パケット通信料定額サービスの上限料金が、通常5,985円/月のところ4,410円/月で利用出来ます。以下、注意点を抜粋します。

・本キャンペーンの適用には、ホワイトプラン(i)で2年単位のご契約をお約束いただく「2年契約(キャンペーン)」の加入が必要となります。「2年契約(キャンペーン)」は、2年単位のご契約となり、2年ごとの更新月にお申し出がない場合、自動更新になります。

・契約期間中に解約やホワイトプラン(i)以外への料金プラン変更、新スーパーボーナス用販売価格以外でSoftBank 3Gへ機種変更された場合、9,975円の契約解除料が必要になります。

なお、既にiPhone 3Gを利用しているユーザーは、4月1日(水)から5月31日(日)までの間に同キャンペーンに申し込むことで、翌請求月より「パケット定額フル」の上限料金が月額4,410円になります。本体価格の割引は適用外です。

UPDATED:
既にiPhone 3Gを利用しているユーザーは、上記期間内(4月1日~5月31日)に、「パケット定額フル(キャンペーン)」に加入することが出来ます。その際、パケット定額の上限額は4,410円/月となり、キャンペーン終了後も引き続き同価格が適用されます。但し、新規/買い増し/MNPユーザーと同様に、「2年契約(キャンペーン)」に加入する必要があるため、「パケット定額フル(キャンペーン)」適用月から2年以内に解除した場合、9975円の契約解除料が発生します。

BlackBerry Bold: 初期不良交換

BlackBerry Boldが充電できない問題で、ドコモショップにて初期不良交換をして頂きました。当初は修理扱いになる予定でしたが、ショップがBBBに関しての対応について発売から間もないため全てを把握していないようで、ショップとしても代替機貸し出し(BBBではない)よりも新品交換のほうが簡単だったのかもしれません。私としてもBIS向けのドコモ独自のメールサービスである "docomo.blackberry.com" を数週間利用できないのは困るので、交換の方が都合が良かったです。私の場合の充電に関する不具合の事象は次の通りです。

・充電中にBBB本体が異様に熱くなり、バッテリー充電量が急激に減る
・充電中にBBB付属のACアダプタが異様に熱くなり、BBBのバッテリー充電量が急激に減る
・BBBが「スタンバイモード」時に、本体が熱くなり、充電が見る見る内に減る
・BBBを操作中(フル充電時)に突然電源が落ち、起動しなくなる→数時間後、充電中に起動(バッテリー容量低下のマーク)
・映画鑑賞時、BBBの電源を切り、観賞後に入れようとすると起動しない(充電器に差し込むとバッテリー容量低下のマーク)

私はドコモショップにBBBとACアダプタを持参したため、両方が交換となりました。現在使用している限りでは上に挙げた事象のいずれも発生していないため安心しています。通常、交換対応の際は電池パックは交換されないと思いますが、BBBでは電池パックも交換して頂きました。なお、他の付属品もショップに持参すると交換してくれるそうです(私はUSB充電器などは使用していなかったため遠慮しました)。

BBBが特殊なケータイであるため、故障時には尚更BBBの貸し出し、もしくは柔軟な交換対応が必要だと感じます。BBBはビジネス用途を打ち出しているため、メールやスケジュールなど、他のiモード対応ケータイでは「代替」出来ないサービスが多いです。ドコモとしてBBBを以上のように売り出しているならば、故障時の対応はそれらをカバー出来る内容でないと、安心して所有できないと思います。任意の「ケータイ補償 お届けサービス」などの場合は尚更ですね(私も加入していますが、まだ利用したことはありません)。

今回はドコモショップの方が誠意ある対応をして下さり、無事トラブルを解決することが出来ました。

iTunes Store: "iTunes Pass" の提供を開始

ピクチャ 3

Appleが、iTunes Storeにおいて、新たな購入スタイル「iTunes Pass」のサービスを開始しています。「iTunes Pass」は、既に提供されている予約注文とは異なり、特定のアーティストに対してのみ提供され、ユーザーは「iTunes Pass」を購入することにより、定められた期限内にiTunes Storeにてリリースされた対象アーティストの楽曲・ビデオ・メイキングビデオなどを随時ダウンロード出来ます。コンテンツが追加された際、コンテンツの配信が全て終了した際にはメールで通知があります。なお「iTunes Pass」のコンテンツは全てiTunes Plus方式で提供されます。

サービス開始時には、"Depeche Mode" が対象アーティストとなっており、18.99ドルのiTunes Passを購入することにより、アルバム「Sounds of the Universe」を含む、2009年6月16日までにリリースされる将来のコンテンツを随時ダウンロード可能となります。

日本のiTunes Storeにおいては現時点で提供されていません。

Apple, "Safari 4" をリリース

ピクチャ 3

Appleが、MacとWindows PCのための世界で最も速く、革新的なウェブブラウザ、「Safari 4」のパブリックベータ版を発表しました。Safari 4に組み込まれたNitroエンジンによりJavaScriptの実行速度がSafari 3に比べ4.2倍速くなっています。Safari 4には、頻繁に訪問するページの美しいビジュアルプレビューを見ることが出来る「Top Sites」、最近閲覧したページのタイトルやウェブアドレス、そしてテキスト全体を検索することが出来る「Full History Search」、ウェブ履歴やブックマークをめくるようにして簡単に見ることが出来る「Cover Flow」、タブを使って閲覧をより簡単に、より直観的に行なうことが出来る「Tabs on Top」など、ブラウジングをより直観的で楽しいものにする革新的な新機能が搭載されています。

Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデントのフィル・シラー氏は以下のように述べています。

アップルがSafariを作りだしたのは、イノベーション、スピードそしてオープンスタンダードを再びウェブブラウザにもたらすためでした。そして今日、アップルはさらに大きな一歩を踏み出します。Safari 4は、MacとWindowsのための最も速く、効率的なブラウザであり、HTML 5やCSS 3ウェブスタンダードを見事に統合することで次世代のインタラクティブなウェブアプリケーションを可能にしています。

Safari 4はMac OS XおよびWindows用ともにパブリックベータ版です。本日より、www.apple.com/jp/safariから無料でダウンロードすることができます。

Rumor: EV-DO/CDMA対応のiPhoneがまもなく登場?

  • Day:2009.02.24 02:48
  • Cat:iPhone
MacDailyNewsは、ITExaminerのレポートとして、Appleの内部匿名筋の情報によると、近日中にEV-DO/CDMA対応でVerizon Wireless向けのiPhoneが発表されると伝えています。

同様のレポートは、昨年9月、9to5macがVerizon Wirelessの内部筋の話として伝えていました。その中で同ウェブサイトは以下の理由を根拠に挙げています(過去記事より抜粋)。

1. Appleは今に至るまで、ウェブにおいて、EV-DOとCDMAのエンジニアを求人している。
2. USにおいて、さらにiPhone市場を拡大させるためには、Verizon Wirelessを無視することは出来ない。
3. LTE(第3.9世代規格/日本でも統一)テクノロジーは2010年まで時間を要するため、AppleはそれまでW-CDMAのみで行くことは出来ない。
4. カナダのiPhone専売キャリア(Rogers)に誰も満足しておらず、EV-DOに対応することで、カナダの他のキャリアにiPhoneが開放される。
5. Verizon Wirelessは、AppleがiPhone販売の契約を交わしているVodafoneとの合併企業である。
6. 香港などのSIMフリーiPhone販売などの動向を考えると、AppleはiPhoneのキャリア選択に柔軟になりつつある。
7. Verizon Wirelessが、iPhone 3Gが出た当初、販売員向けに配布したiPhone対策のカンニングペーパーの出来が悪かった。また、Verizon Wirelessの社長によるSteve Jobsの批判が微妙な感じだった。VerizonとしてはAppleと仲良くしたいのかも。
8. 当初は、AppleはVerizon Wirelessと契約をする予定だった。(補足: その後AT&Tと契約。この決定は後の日本でのiPhone発売にも影響。)

"soon" というのがあやしい感じですが、将来的には出ても何ら不思議ではありません。

Gadget: "HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition"

  • Day:2009.02.23 03:06
  • Cat:Gadget
P2230388.jpg

アンサー。BlackBerryがあまりにMacに冷たいから、機としてネットブックを買いました!昨年から色々考えていて、考えている間にHPの「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」が出てたんですね、これ以外の選択肢は私の中ではあり得ませんでした。久しぶりのWindowsになぜか正直ワクワクしています。

その前に若干言いたいことが。量販店にViviを買いに行ったのですが、ネットブックコーナー凄いですね。イー・モバイルやドコモの文字が踊って、店員さんも携帯電話の社名入りのユニフォーム着ていて。値段も色々書いてあって。騒がしくて。データ同時加入を異様なまでに売りにして、携帯電話コーナー化しているのが、(PC分からないから)真剣に選んでいて、面倒でした。だってお客さんよりスタッフの方が多いんだもん。「100円」だの「9,800円」だの言ってるし・・・。ユニフォームが携帯電話キャリアのだから、ネットブックのこと聞いていいか分からないし・・・。まじで勘弁して欲しいです。。あと価格表示も分かりにくいから規制入れて欲しい。

さて、ネットブックで、この価格帯で、ここまでデザインにこだわったモデルというのは「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」以外にない、というのがViviを選んだ全ての理由です。それ以外の要素はWindowsに明るくない私には結局分かりません。

P2230375.jpg

このあたりのメッシュのデザインやディスプレイ周りの作りが丁寧です。

P2230378.jpg

トラックパッド周りも赤、というか、いたるところが赤。トラックパッドの上はトラックパッドを無効にするボタンです。

P2230377.jpg

Macユーザーならこのキーボードには親近感を持つはずです(が、微妙にフォント違いますよね)。現状USキーではありませんが、中央に英字がプリントされているので、見た目はすっきりしてます。

P2230380.jpg

Macとの縁でHPのプリンター使ってますが、本気で好きになりそう>HP

P2230382.jpg

MacBookとの大きさ比較。MacBookも片手で持てますが、Viviは私が使ったことのあるPCで一番小さいので一年遅いカルチャーショック。(でもViviはネットブックの中では若干重め)・・・あと背面お披露目。

P2230384.jpg

厚さ比較。まあこんなところかな。

P2230370.jpg

オリジナルのケースも。ただしあくまでキズからの保護目的な感じの素材。で幅に余裕なし。

P2210363.jpg

Windows初心者の私にとって、この付属オマケは嬉しすぎ。インプレス、グッジョブ。1ページ目から勉強しました。でも起動してアップデートして、更新プログラムをなんちゃらして、やれることはやったんだけど、これで良いのかどうか分からない・・・。詳しい人に聞いてみよう。。

で、Macで一切完璧に出来なかったアドレス移行やメディアの取り込み(対応ソフトでなぜか出来ませんでした)がViviでスムーズに出来ました。ネットブック、全然いいじゃん。

あとBlackBerry Boldに関して。アドレス移行完了、メディア取り込み成功。iTunesのプレイリストを読み込んでくれるので転送は楽。で、3.5mmイヤホンジャックがあるので、いつも使っているイヤホンを直に接続出来ます。この辺り、ノキアより簡単で良い感じ。音もiPod nanoと同じくらい綺麗。

BBBに関して若干の問題点は、ネットでも話題になっているけど、充電がうまく出来ないときがあります。私も3回ほど。最初はBBB自体が異常に熱くなっていて、充電機さしているのに充電やってない(セーフティで停止しているのかな?)。次は映画を観る前に電源を切って、終わって付けようとしたら付かない(勝手に放電?)。3回目は今日、普通に充電していたら、またしても充電されていない・・・今度はBBBではなく充電器がかなり熱い・・・。

全ての面で言えることは、BBBを普通に利用していて、あるいは待ち受け状態でも電池はそうそう減らないのに、充電していて異常が起こると電池が異様な減り方をします。原因不明なので、近いうちにドコモショップに相談するつもりです。

総務省, 大手によるMVNO抑制を検討へ

  • Day:2009.02.22 03:42
  • Cat:News
総務省が、24日からの情報通信審議会において、ベンチャー企業などが事業者の回線を借用して携帯電話など無線事業に参入できるMVNO(仮想移動体通信事業者)制度で規定している参入資格の見直しを検討することが明らかになりました。当初の目的である新規参入の促進が空洞化し、MVNO利用による大手事業者同士の提携が相次いでおり、市場の寡占化を強める恐れがあるからとしています。

MVNOによる携帯電話事業では、日本通信をはじめ、ウォルト・ディズニーによるディズニー・モバイル、ニフティなどが相次いで新規参入しています。一方、昨年12月、PHS最大手のウィルコムが、携帯電話最大手NTTドコモの回線を借りて高速通信に参入することが明らかになり、今年2月には、携帯電話第3位のソフトバンクモバイルが、同4位のイー・モバイルと提携して定額データ通信を提供することも発表され、大手同士のMVNO利用が盛んになってきました。

ソフトバンクによるイー・モバイルの回線借用については、社団法人テレコムサービス協会MVNO協議会が以下のような反対意見を表明しました。

周波数免許を付与されている事業者が他の通信事業者のモバイル通信網を利用したMVNOとなることは、そもそものMVNOの趣旨に反し、また、周波数免許に伴う責務の放棄につながることから、認められるべきではない

ただ、現行の規定では周波数免許を付与されている事業者同士のMVNOを制限する規定はなく、解釈により様々なシチュエーションでの利用が可能となっています。

参考:
大手の携帯事業者の「回線借り」抑制 総務省、制度見直しへ(産經新聞)

Gadget: "BlackBerry Bold(docomo PRO series)"

P2200357.jpg

念願のBlackBerry Boldに機種変更してきました。本日発売、ビックカメラにて。未だにサービスのシステムが分かってないような気がします。とりあえず、珍しく取説をウェブでダウンロードして見ているところ。Macユーザーは何かと大変そうな感じ。第一関門、電話帳。

Rumor: Mac miniとMac Proも3月にアップデート?

MACお宝鑑定団さんのアジア情報筋によると、Appleは、iMacに加えて、Mac miniとMac Proのアップデートを3月に行う準備を進めているそうです。新しいiMacが3月初旬に発表される可能性は高く、Mac Proについてもインテルのスケジュールから3月下旬にアップデートされるとの予想があります。今年に入り、Mac mini関連の噂が増えていましたが、来月にようやくアップデートされる可能性が出てきました。

20インチのApple Cinema Displayの販売が米国で終了したので、来月の新しいMac Pro/Mac miniといった外部ディスプレイを必要とする製品に併せて20インチや30インチのLED Cinema Displayが発表されることも考えられます。

Rumor: 新しいMac miniのリーク写真?

164552-00968_MacMini_122_978lo_425.jpg

AppleInsiderMacRumorsが、新しいMac miniと思われるリーク写真を掲載しています。AppleInsiderによると、その写真で確認できるのは、5つのUSBポート(現行は4つ)、mini DVIとmini DisplayPortコネクタ、FireWire 800などのインターフェイスで、この仕様は同ウェブサイトが今年初めに伝えた内容と同様であるとしています。また、MacRumorsにおいてもフォーラムにあるユーザーが同様のリーク写真を投稿しており、その投稿によるとスペックは以下の通りです。

- Intel Core 2 Duo
- 2GHz
- 3MB L2 cache
- 2GB RAM DDR III, 1066MHz
- SATA接続の光学式ドライブ

これらのスペックは過去の情報と照らしても一致しますが、リーク写真が本物か否かは分かりません・・・。

Apple, 20インチApple Cinema Displayの販売を終了

Appleが、Apple Cinema Display(20インチフラットパネルモデル)の販売を終了しています。昨年10月に新たに24インチLED Cinema Displayを発表しており、その際に将来的に、全ての製品へMini DisplayPortを採用する意向を示していました。現時点で30インチApple Cinema Displayは継続して販売されていますが、新たなMac ProやMac miniなどが発表されるタイミングで、LED Cinema Displayへと置き換わる可能性が高いです。

なお、日本のApple Storeでは、20インチApple Cinema Displayの注文を受け付けています。

Rumor: 3月初旬に新しいiMacを発表?

MACお宝鑑定団さんの情報によると、Appleは、3月初旬にもiMac(Early 2009)を発表するとのことで、昨年の4月28日に発表されたiMac(Early 2008)以来11ヶ月ぶりのモデルチェンジとなります。同情報によると、新しいiMacは、これまで同様の20インチ/24インチで構成され、クロック数はスライドし、BTOでQuad Coreを選択できるようになるそうです。

また、同様の情報は海外からも伝えられており、Sanford C. Bernstein & CoのアナリストであるToni Sacconaghiは、AppleのCOOやCFOと会談したうえで、早ければ来月初旬にも新しいiMacが発表されると述べています

カレンダーを見る限り、3月初旬というと3月3日(火曜日)あたりでしょうか。

Bento 2: Blu-ray整理テンプレート(レビューVol.2)

ピクチャ 5

レビューNo.1からかなり時間を空けてしまい、申し訳ないですが、既にMac Fanのウェブサイトに私の作成したBento 2用のBlu-rayディスク管理テンプレート「My Blu-ray」が掲載されています。このテンプレートの話の前に少々愚痴を。

映画好きにとって、次世代DVD規格がBlu-rayに決着してくれたことは非常に嬉しいです。しかし、実際にBlu-rayを買うとなると、話は別。現在、海外映画のBlu-rayバージョンは定価で約4,900円、ネットで一番安価で販売しているアマゾンでも26%OFFの約3,600円が主流になっています。邦画に至っては高いもので定価約7,000円、実売約5,200円にまでつり上がります。一方で、通常のDVDでは定価約4,000円の実売約3,000円が一般的です。

まあ次世代だし、こんなものなのかなーと思っていましたが、海外に目を向けると、日本の価格設定がとんでもなく思えてきます。例えばUSのアマゾンでは、最新の『チェンジリング』(日本では今週金曜から公開)のBlu-rayが26.99ドル(約2,400円)で販売されています。他のBlu-rayもこのような価格設定になっており、セール品になると約1,000円で販売されている名作もあります。

USやUKのアマゾンでは、海外からもBlu-rayを購入することが出来るので、最近、ウェブの情報を基に海外ストアでBlu-rayを購入しました。Blu-rayは基本的に日本とUSやヨーロッパのリージョンでは互換性がありますので(例外あり)、再生には問題ありません。問題と言えば、字幕ですが、日本語字幕が付いているものはウェブで情報がありますので、それを根拠に購入しています。日本語が入っているものには、他の様々な言語が入っており、Blu-rayのユニバーサルな面を実感します。

P1170312.jpg

そんなこんなでBlu-rayを格安で手に入れることが出来て、これまでDVDで所有していた名作などもBlu-rayにどんどん置き換えています。もともとBlu-rayは数枚しか所有していなかったので、増えていくたびに管理することはそれほど苦ではありません。むしろ管理しないと「何処の国で購入したものなのか」といった基本的なことすら分からなくなります。

ということで私の「My Blu-ray」テンプレートには「リージョン」選択欄や再生済チェック欄、再生時間情報の記入欄などを設けています。私も実際に管理していますが、結構どれも必要な情報で、いざというときに参照できるのは便利です。

ピクチャ 7

こうした選択欄を作るのもBento 2では簡単。選択項目を入力することで反映されます。今回の場合は「日本」「米国」「英国」のリージョンをデフォルトで入れています。

このテンプレートはBlu-rayをこれから管理したい方にオススメです。市販のBlu-rayはもちろん、レコーダーなどで収録している番組を管理するのにも利用できると思います。

My Blu-ray テンプレートダウンロード(Mac Fan)

BoA: ニューシングル "永遠/UNIVERSE/Believe in LOVE" 本日発売(UPDATED)

永遠/UNIVERSE feat.Crystal Kay & VERBAL(m-flo) /Believe In Love feat.BoA
BoA Crystal Kay VERBAL
エイベックス・エンタテインメント (2009-02-18)
売り上げランキング: 137

BoAの8ヶ月ぶりのシングル「永遠 / UNIVERSE feat.Crystal Kay&VERBAL(m-flo) / Believe in LOVE feat.BoA(Acoustic Version)」が本日発売されました。トリプルA面の今回のシングルには、ラブソング「永遠」をはじめ、Crystal KayとVERBALとのコラボ「UNIVERSE」、ravexとのコラボ「Believe in LOVE」のアコースティックバージョンなど6曲が収録されており、CD、CD+DVDの両バージョンがリリースされます。

1. 永遠
2. UNIVERSE feat.Crystal Kay&VERBAL(m-flo)
3. Believe in LOVE feat.BoA(Acoustic Version)
4. BEST HIT MEGA BLEND
5. 永遠(Instrumental)
6. UNIVERSE feat.Crystal Kay&VERBAL(m-flo)(Instrumental)

なお、3月18日には2枚目のベストアルバムに全米デビューアルバムをセットした「BEST&USA」が発売される予定です。

UPDATED:
ピクチャ 5

iTunes Storeにおいても取り扱いが開始されました。Sony系レーベル所属のCrystal Kay参加の楽曲もちゃんと配信されてます。

Rumor: 次世代iPhoneの背面写真?

  • Day:2009.02.13 11:47
  • Cat:iPhone
iphone2009collage.jpg
(The iPod Observer/MacRumors)

The iPod Observerが、次世代のiPhoneとみられる写真を掲載しています。写真は背面カバーを写しており、それによると、形は現行のものに近いものの、マット加工が施されており、機種番号は「A1303」(現行は「A1241」)となっています。

The iPod Observerは昨年の4月に、現行のiPhone 3Gのリーク写真を掲載しました。

App Store: "クーリエ・ジャポン for iPhone"

  • Day:2009.02.12 18:53
  • Cat:iPhone
ピクチャ 5

雑誌「クーリエ・ジャポン」が、同誌の記事などを閲覧することが出来るiPhone/iPod touch向けのアプリ "クーリエ・ジャポンicon" の配信を開始しました。特集記事などを全て掲載した有料版は350円で、一部の記事の閲覧が出来る無料のLite版もリリースされています。「クーリエ・ジャポン」アプリは毎月10日頃配信される予定です。

IMG_0001cj.jpg

使ってみましたが、単に拡大/縮小ではなく、個別にキャプションを閲覧できるので、なかなか作り込みが良い印象を受けます。目次機能もありますので、見出しで記事にジャンプできますし、自動回転を制御することもできるので、誤作動を心配する必要もありません。

雑誌でこうした試みは「クーリエ・ジャポン」が初めてとなりますが、他の雑誌にも広まり、App Storeに「雑誌コーナー」が設置されれば面白くなりますね。

iPhone: AppleがGoogleの「Android」でマルチタッチを採用しないように要請/Googleは受諾

  • Day:2009.02.11 04:03
  • Cat:iPhone
AppleInsiderでは、GoogleのAndroidチームの内部匿名筋の情報として、Appleが、Googleに対し「Android」においてマルチタッチの技術を採用しないように要求し、Googleがその要求に応じたと伝えています。Apple COOのTim Cookは、先月の2009年度第1四半期業績発表のカンファレンスコールにおいて、iPhoneの知的財産権について「あらゆる手段を用いてでも守っていく」と述べ、Palmのマルチタッチ搭載スマートフォンを牽制しました。

なお、Googleは、iPhoneへのYouTubeやGoogle Mapなどのサービスの提供、iLifeへの一部サービスの提供など、Appleと良好な関係を結んでおり、今回もそれに配慮した決定だとされています。

今月は賑やかになるのかな?

  • Day:2009.02.08 05:44
  • Cat:Apple
実は昨年のこの時期はAppleの新しい製品やサービスが毎週のように発表されていて、話題としても賑やかなものでした。こんな感じ↓

1月8日/現行「Mac Pro」を発表
1月16日/「Time Capsul」「iTunes Movie Rentals」「MacBook Air」を発表
1月22日/第3世代「iPod nano」にピンクを追加
2月5日/初代「iPhone」に16GBモデル、初代「iPod touch」に32GBモデルを追加
2月12日/「Aperture 2」を発表
2月13日/「AppleTV」をテイク2へアップデート
2月19日/第2世代「iPod shuffle」に2GBモデルを追加
2月26日/新しい「MacBook」「MacBook Pro」を発表
3月7日/「iPhone 2.0 Software Beta」を発表
3月17日/「AirPort Express Base Station with 802.11n and AirTunes」を発表
3月18日/「Safari 3.1」をリリース
3月28日/「Aperture 2.1」を発表
4月28日/現行「iMac」を発表

で、今年はこんな感じ↓まだ途中だけど。

1月7日/「iLife '09」「iWork '09」「Mac Box Set」「iWork.com」「MacBook Pro 17インチ」を発表
1月7日/iTunes Storeの全楽曲のDRMフリー化を発表/iTunes Storeの価格構成変更へ
1月21日/「ホワイトMacBook」をアップデート

スケジュール的には大きな違いはなくて、1月のMacworldでも様々な新製品・サービスが発表されました。ただ、なにか自分の中で物足りない感じがあるのは、Macworldが例年華々しい製品のお披露目の場になっていたので、今年の内容に相対的な不満足もありますが、来るべきアップデートがなかなか来ない、という方が強いかな・・・。

iMacにしてもMac miniにしても随分前にアップデートされていてもおかしくないのに、未だに音沙汰なし。Snow Leopardや、デュアルコアとクアッドコアの採用の問題が関係しているようですが、それにしてもスパンが開き過ぎと言わざるを得ません。もちろん2月/3月はこれらのアップデートに適切な時期なので、そろそろ本当に来るかもです。

この2月や3月に昨年のような忙しさを期待してます^^

Review: iPhoto '09(移行にある意味時間が・・・)

iLife '09の主要アプリケーション「iPhoto '09」は前バージョンに引き続き、大きな進化を遂げました。私はiPhoto '08で実装されたイベント機能が魅力的と感じ、写真の管理としてメインで利用しているので、今回の「人々」機能や「撮影地」機能に大きな期待を持っていました。実際にiPhoto '09へ移行してみると、操作感が若干変わっていたり、新機能を既存の写真に適用させていくには、意外と時間がかかります。ただし、iTunesでアルバムアートを揃えるような感じで、改めて写真を一通り見ることになるのは、結構楽しい作業ですよね。

ピクチャ 5
↑「iPhoto '08」ではイベントごとに写真を分類出来るようになりました。

ピクチャ 15
↑「iPhoto '09」では「人々」「撮影地」項目の追加のほか、FacebookとFlickrに対応しました。

ピクチャ 7

「iPhoto '09」の初回起動時にはこのようなメッセージが表示されました。「撮影地」機能を利用するには、iTunesのジーニアス機能を利用するとき同様、情報をAppleに送信する必要があります。

ピクチャ 11
「撮影地」は比較的はやく検索が終了します。「あれ、俺、北太平洋なんて行ってないけどなぁ?」・・・これはiPhoneのGPS情報が一時期おかしくなっていたものの反映でした。なんだ。

ピクチャ 13

「人々」機能の初回起動時には、顔の検出に、少々時間を要します。全ての写真をスキャンしていくので、写真の量によっても変わってくると思われますが、私はおよそ30分で終了しました。

「人々」機能のフェイス検出機能や当てはめの過程を見てみます。TIFFでの『少年メリケンサック』の舞台挨拶の写真で見てみます。

ピクチャ 20

このように、はっきりと顔が写っている写真はiPhotoが完璧に顔を認識してくれるので、初登場の人の名前を一つずつ入力していきます。

ピクチャ 21

で、他の写真を読み込んだ際に、iPhotoが判断した同人の可能性がある顔について「○○ですか?」と聞いてきますので、チェックマークでok/ngを選択します。このように、意外と優秀に顔を認識してくれます。

通行人など、知りあいではない「顔」も認識されますが、特にそのままにしておいても問題はありません。気になるようでしたら、個別に不必要な顔認識を消していくと良いでしょう。その他、既に登録した「顔」と類似する項目を示されたときに、チェックを外すことでも回避できます。

全ての写真で知り合いの顔を一つずつ確定していきましたが、結構な人数になりました。中には変な部分を「顔」と認識してしまうこともありましたが、多分笑えると思います。撮影地に関しては、現状、iPhone 3Gのジオタグぐらいしか私の環境では対応していませんが、ニコンの対応カメラや日本未発売のEye-Fi Explorer、iPhoneを利用したジオタグ付けなどの導入でも存分に利用できます。ちなみに、GPSほど正確ではないものの、iPhotoに取り込んだあとに個別に撮影地を入力することも出来るので、当分はこれで対応しようと思ってます。

SoftBank, イー・モバイルと提携で定額制データ通信導入へ

ソフトバンクモバイルが、イー・モバイルと提携し、定額制データ通信サービスの導入に踏み切る方向で最終調整に入ったことが明らかになりました。読売新聞によると、ソフトバンクは、イー・モバイルの回線を借りるMVNO方式で同社と提携し、新たに定額制データ通信を提供します。

イー・モバイルが業界最安水準の価格(2年契約で月額4,980円)で定額制データ通信を提供していますが、ソフトバンクもそれに近い価格設定で定額制データ通信を提供する見込みです。

両社の提携により、ソフトバンクは、定額制データ通信サービスに向けた巨額の追加投資を行うことなく、既存の回線を利用することが出来る一方で、イー・モバイルもソフトバンクからの回線使用料といった新たな収入源を確保出来ます。

ソフトバンクはこれまで定額制データ通信を提供していない唯一のキャリアで、他社と比較して見劣りがありましたが、この提携により、NTTドコモやKDDIの提供する既存の定額制データ通信の価格にも影響する可能性があります。なお、携帯電話キャリア同士のMVNO提携は初のケースです。

参考:
ソフトバンクも定額制データ通信、イーモバイルと提携へ(読売新聞)

Gadget: "Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic"

P1240323.jpg

実は先月、Appleの新しいカナル型イヤホン「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic」を購入してました。Apple製のイヤホンを「購入する」のは初めてで、前のモデルは使ったことがありません。今回、発売後の評判が非常に良かったことや、主に使っている第4世代iPod nanoとの組み合わせで便利な機能に対応しているため、ドキドキしながら注文。到着後、実際にiPod nanoで利用しているものの、未だに半ば「儀式的な」エージングをやっています。

昨年購入して愛用している「Image X10」とは価格が4倍も違うため、率直には、単なる比較ではImage X10のほうが音は良いと感じます。でもそれは「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic」を購入する動機を排除するものでないことは確かです。私もまだ「聴き比べ」を特定の曲でやったわけではないので、まだ音質どうこう、については書かないつもりです。ただ一つだけ誰もが確実に言えるのが、カナル型に抵抗がなければ標準のApple製イヤホンよりもワンランク上のこちらをオススメします。今回はパッケージを中心に。Appleのパッケージ+製品の中でも特に上質な雰囲気を出しています。

P1240325.jpg

三角形のケースが付属しており、こちらに収納されています。私にとって好印象だったのが、普通のイヤホンに比べて、コードのクセがすぐになくなったこと。iPod付属イヤホンもそうですが、最初から小さく片づけられているので、そのクセを直すのにいつも苦労します。このパッケージだと、とり出してすぐに違和感のないスマートなラインになりました。

P1240326.jpg

パッケージの美しさは上位を争うレベルと感じました。

P1240328.jpg

カプセル状のケースにはイヤーピースが入っています。出荷時にはMサイズが装着されており、カプセルには左右S/Lが収納されています。私はMサイズで丁度良かったです。ちなみにシリコン素材で、かなり柔らかいので、装着は楽。

P1240331.jpg

「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic」は、バランスド・アーマチュア型のカナル型イヤホンで、2ユニット搭載しています。この点だけ見ても「Image X10」は39,800円でシングル・バランスド・アーマチュアを採用しているので、いかに「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic」がコスト的に優れているかが分かります。

P1240332.jpg

マイク、リモコン機能が搭載されているのも、iPodとこのイヤホンを連携させる大きな利点となります。iPhoneに付属するイヤホンのリモコン部とは形状が異なり、サイドに音量調節の「+」と「-」が、中央に再生/停止ボタンがあります。中央のボタンは2回押しで「次の曲」、3回押しで「前の曲」というのは、iPhone付属リモコンと同様です。

P1240333.jpg

カナル型は汚れやすく、手入れがしづらいですが、この手のタイプはイヤーピースを常に洗っておけば大丈夫です。先端部にメッシュが装着されていますが、この予備が付属しています。

未だに「エージング」を続けているのは、やはり何処かに不満があるからでしょうが、それは長く「Image X10」を使っていたので、どうしてもそれと相対して考えているのだろうと思います。徐々に恣意的なエージングを止めて、普通に使っていくつもりなので、今後「(Image X10と比べて)どの点が不満なのか」を自分でも知りたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。