Apple Accent: 登録者数が30,000人を突破

a3000.png

アップル専門ポッドキャスティング "Apple Accent" は、本日2008年6月30日に登録者数30,000人を突破しました。2007年11月29日の配信開始から215日での達成となります。本日付けでの配信数は27エピソードです。これも皆様のおかげです。ご登録をしていただいて本当にありがとうございます。Apple Accentでは今後も面白い企画を用意しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

iPhone 3G: SoftBankがQ&Aを公開(UPDATEDx2)

  • Day:2008.06.30 16:30
  • Cat:iPhone
ソフトバンクモバイルが、ウェブサイトのQ&Aコーナーに "iPhone 3G" の項目を設けています。既知の内容ですが、依然アップルから詳細が公表されておらず、問い合わせが多いための対応と思われます。項目ごとの回答は以下の通り。

UPDATED 06/30/08: ソフトバンクがQ&Aを最新の情報に更新しています。

Q: 「iPhone 3G」の発売日を教えてください。
A: 「iPhone 3G」の発売日は、2008年7月11日(金)を予定しております。

Q: 発売前に予約はできますか?
A: ソフトバンクショップおよびソフトバンク取扱店でのご予約受付については、未定となっております。なお、オンラインショップでのご予約についても、未定となっておりますが、ホームページ上で随時ご案内いたします。(後日オンラインについての記述が削除)

Q: 価格はいくらですか?
A: →情報更新/プレスリリース参照

Q: 「iPhone 3G」について詳しく掲載されているページはありますか?
A: 「iPhone 3G」の特長や仕様などについては、アップル社ホームページをご覧ください。

UPDATED:

Q: 料金プランはどのようなものがありますか?
A: 「iPhone 3G」向けの基本料金プランは、「ホワイトプラン(i)」となります。そのほかにも、「ブループラン(i)」(計10種)や「オレンジプラン(i)」(計12種)も提供予定です。

Q: Eメールサービスはありますか?
A: 「ホワイトプラン(i)」では、「iPhone 3G」専用に「Eメール(i)」を提供します。(利用料無料)こちらはソフトバンクオリジナルの受信通知付きメールサービスで、「@i.softbank.ne.jp」のメールアドレスが付与されます。

Q: 「iPhone 3G」専用のパケット定額サービスはありますか?
A: 「iPhone 3G」では、Webフルブラウジングはもちろん、動画や地図サービスなど、通信料金を
気にすることなくご利用できる新サービスとして、「パケット定額フル」(税込5,985円/月)を提供します。※「iPhone 3G」のご利用には、「パケット定額フル」・「S!ベーシックパック(i)」(税込315円/月)の加入が必須です。

Q: 「iPhone 3G」専用のオプションサービスはありますか?
A: 別々に申し込むと、税込735円/月となるオプションサービスをセットにしたお得な「基本オプションパック(i)」(税込498円/月)を提供します。

Q: 購入後のサポートはありますか?
A: 「iPhone 3G」を購入されたお客さまには、90日間の無償電話サポート(期間中1解決)を提供予定です。さらに、他のアップル社製品と同様のより手厚いサポートを実現するため、有償の電話サポートの導入も検討中です。

Q: S!メールは使えますか?
A: 「iPhone 3G」では「S!メール」はご利用いただけません。

Q: 「ホワイト学割」は適用されますか?
A: 恐れ入りますが、「iPhone 3G」は「ホワイト学割」の対象外です。

Q: 「iPhone 3G」への機種変更はできますか?
A: 「iPhone 3G」は、専用のUSIMカードとなるため、SoftBank 3Gからの機種変更(買い増し)は可能ですが、専用のUSIMカードに切り替える必要があります。なお、専用USIMカードは、「iPhone 3G」以外ではご利用いただけません。

UPDATED:
いつの間にか、2つ目の質問の回答から「オンラインショップでの予約」についての記述がなくなっています。これが意味することが何なのか・・・不明です。。

BoA LIVE TOUR 2008 ~THE FACE~(東京国際フォーラム/最終日)

IMG_0299.jpg

BoA LIVE TOUR 2008 ~THE FACE~公演最終日を友人と東京国際フォーラムに観に行ってきました。写真は会場に展示されていた花輪です。浜崎あゆみ、倖田來未など同じレーベルの方や、仲の良いCrystal Keyも。

IMG_0298boa.jpg

昨年からコラボしているEd Hardyからも。今年もコラボのキャップやTシャツが受注生産されました。

IMG_0302.jpg

あとは毎リリースのたび出演しているテレ朝のミュージックステーションや、音楽マガジンからも。

今日は最終日ということもあってか、会場の雰囲気がいつもと違う・・・なんかものすごい熱気を感じました。私自身、2004年の "LOVE&HONESTY", 2005年の "BEST OF SOUL" x2, 2006年の "BoA THE LIVE", 2007年の "MADE IN TWENTY" に参加していますが、最終日は初めて、東京公演も初めて、そしてゲスト登場も初めてでした。内容は今年も最高です。来年はどんな形になるのかな^^ もちろんグッズも↓

IMG_0307.jpg

パンフレット、ストラップ、オリジナルクッキー、オーガニックコットンTシャツ、コットンバッグ、ポスター。

IMG_0309.jpg

そしてこの話には全く関係ないけれど、BoAのライブの前に有楽町で観た映画『歩いても 歩いても』のパンフレット。予告編から観ようと決めていた映画。昨日だったら舞台挨拶だったとか。ちょっと残念。それにしても客層がものすごい!若者の姿が殆どない。かなり浮いていました。もちろん映画へのリアクションでも浮いてました。

IMG_0313.jpg

そしてもう一つ。デュアルショック3。ようやく手に入れました。MGS4のため。

column: iPhone 3Gをようやく冷静に考える vol.2 ~折角だから最大限活用~

  • Day:2008.06.28 11:37
  • Cat:iPhone
前回はたくさんのコメントをいただきありがとうございました。今回は「折角8,000円払うのだから、最大限に活用しようじゃない」をテーマに考えてみました。具体的なことは使ってみないと分からないので、とりあえず今ある情報のなかから活用してみましょう、ということで。

・vol.1を考える
先日エントリーしたvol.1では、iPhone 3Gの基本的な部分について改めて考えてみた。本体価格、料金プラン、そしてそれらに対する不満などなど。一つ補足しておきたいのは、vol.1で「iPhone 3Gはケータイであり、通常はいま利用しているケータイにリプレイスされる」と書いたが、これはあくまで2年間の利用料を考慮したときの場合なので、特にスマートフォンのみを利用している人以外には、iPhone 3G単独使用はオススメ出来ない。それにはメール仕様やPC必須、料金プランなど様々な要因がある。私もDisney Mobileとの二つ持ちで計画している。私の場合、いまのところ友人とのメインメールをどちらで行うかは定まっていない。"i.softbank.jp" のおかげで、"me.com/mac.com" や "gmail.com" などを友人に知らせて「何これ」という反応を聞かずには済む。でも日本のケータイ文化である絵文字に対応していないので、絵文字を織り交ぜたメールを多用する若者には不便かもしれない。キーボードが改善されたとは言え、ケータイの操作に慣れているというのも事実だ。この辺の問題は実際に利用してみて決めていきたい。こうした点からも、iPhone 3G一本で、というのは少々不安だ。当然iPhone 3Gだけでも約8,000円かかるので、もう一方は最低プランにするなりで安価に収めるのも賢明かもしれない。

・最大16GBということ
iPhone 3Gは現状でどんなに頑張っても16GBまでのストレージしかない。これはケータイというよりもむしろiPodとして考えたときに十分な容量とは言えない。その昔、iPodがもたらした新しい概念というのは、CDやMDとは違い、好きな曲もそうでない曲も取りあえず入れておき、いつでも気ままに選択できるという点だった。私の現在のiTunesのデータ量は5,828項目・43.80GBだ。到底16GBには収まらない。今使っているiPod touchも同様だが、出来るだけ曲を入れたいと思い、ビデオや写真は極力省いている。"for iPod touch" というスマートプレイリストを作っていて、レートが3以上のアルバムを自動的にアップデートするようにしているので、こちらが15GBくらいになると、そこからさらに削る必要があるのだ。

容量のことを嘆いても今更どうしようもないことは、昨年10月から実感しているので、今回iPhone 3Gを導入するにあたり特にショックであるようなことはない。どのような使用法にするかをiPod touchで勉強してきたつもりだ。だからここではポジティブなことを書こうと思う。

・MobileMeとiPhone 3G
iPhone 3GがiPod touchと違う最大の特徴の一つはキャリアのネットワークを利用して、どこからでも通信が出来るという点だ。これを最大に活用すると、容量の問題にもやさしく、iPhone 3Gを最大限に活用することが出来る。そこでは ".Mac" の後継サービスとしてAppleから発表された "MobileMe" が活躍する。MobileMeは.Macとは違い、iPhone/iPod touchとの幅広い連携が出来る。例えばメールではプッシュメールに対応し、iPhone 3Gからも "me.com(mac.com)" のメールをリアルタイムでチェックすることが出来る。これは私にとってかなり大きなポイントだ。大学から帰ってくるとPCに重要なメールが入っているということがよくある。iPhone 3Gの導入により、どこからでも閲覧などが出来るのは大変便利だ。

電話帳なども同様だ。私は未だにMacで電話帳を管理することに慣れていない。というのもやはりモバイルしているのはケータイで、その習慣はかれこれ10年弱続いている。簡単に変わるわけがない。私の場合、ほとんどがケータイの電話番号やメールアドレスが入った電話帳をMacで利用することなどないのに、一度ケータイの電話帳をバックアップしたときに、Macのアドレスブックに保存された。綺麗に整えたい私は当然 "姓名" の部分やフリガナを編集していく。その過程で普段PCでメールする人のアドレスも登録していく。そうすると最終的にある程度実用可能なアドレスブックが出来上がるのだ。しかもiPod touchではそれを同期出来た。使わないにしても、iPhone 3Gでの利用イメージが分かるのだ。

なにが不満かというと、ケータイに絶えず入ってくる新しいメールアドレスや電話番号をその都度Macに同期するなんてマメなことはしないので、いつのまにかMacの情報は古くなっている。そうすると最早アドレスブックの意味をなさない。それが今回からiPhone 3Gはもちろん電話やメールが出来て、かつMacと無線経由で情報を常に最新の状態に保ってくれるのだ。Appleの示すお手本では「外出先でiPhone 3GのGoogle Mapからお気に入りのレストランを検索して、そこに電話でリザーブ、さらに電話帳に番号を登録して、Macにも自動的に同期~」というような優雅な利用法がある。これからはそうしよう。

そして私にとって最も興味深いのが "MobileMe ギャラリー" だ。これは写真を共有してMacでもiPhone 3GでもiPod touchでもWindows PCからでも閲覧することが出来るというサービス。Macに入っている写真をMobileMeにギャラリーとしてアップロードしておくと、iPhone 3Gからいつでも閲覧が出来る。逆にiPhone 3Gで撮った写真をアップロードするという使い方も可能だ。

このサービスは写真をiPhone 3Gに常に同期させておく必要がなくなる点にもメリットがある。つまりiTunes経由でiPhotoの写真を同期しておかなくても、データをとることなくギャラリー経由でiPhone 3Gでの閲覧を可能にさせる。自分で撮影した写真はもちろんのこと、例えばメモ代わりにMacで保存した画像を "メモ" という項目をつくって、iPhone 3Gから見ても良い。地下鉄の路線図を保存すると便利そうだ。とにかくiPhotoの写真を自由に見られることに魅力を感じる。さらに写真にiPhone 3Gの貴重な容量を費やす必要もなくなるのだ。

・iPhone 3Gを活用する
これはMobileMeとも関連があるが、具体的な部分はvol.3以降に考えてみたいと思う。ここでは総論的なことに触れたい。iPhone 3Gを欲しいとする方は何に魅かれているのだろうか。Safariがいつでも使えることか、GPSとGoogle Mapの組み合わせか、App Storeか、タッチスクリーンiPod機能か、原点に返って電話か。前からも述べているようにAppleファンの中には、とにかく使わないけどiPhoneを持ちたいという方もいるようだ。iPhoneはボタンを押すだけでインターネットの世界に繋がる。それはSafariだけではなく、メールにしてもApp Storeにしても、MobileMeとの連携にしても。プリインストールの株価や天気もそうだ。正直なところiPhoneを持ちたいだけの人はUSIMがないiPhoneをどこからか手に入れた方が安全で良い。

iPhone 3Gの魅力的な部分を最大限に活用するという人もなかなかいないだろうが、せっかく付いている機能、日本のケータイのような要らない機能ばかりでメニューが膨れ上がっていないので、気軽に楽しめるはずだ。iPodはもちろん、これを機に友人を一人ずつ写真にとって、電話帳の画像に簡単に登録したり、どこかに行ったときの写真を友人と見てみたり、気になるニュースをいつでもチェックしてみたり。使い方の幅は十分にある。せっかく8,000円払うのだから、思う存分使ってやる、というのが私の目標かもしれない。

column: iPhone 3Gをようやく冷静に考える vol.1 ~基本的な部分~

  • Day:2008.06.26 19:45
  • Cat:iPhone
iPhone 3Gについてようやく冷静に・・・ということで基本的な部分を最初から考えてみました。後半はiPhone 3Gを購入しようか迷っている方に、考えて欲しいことを書いてみました。一部はきつい表現がありますが、率直な感想なのでご了解ください。もちろん異論反論もありがたく頂戴します。それと、新スーパーボーナスなどのシステムがよく分からない、という方も是非読んで頂けたら幸いです。
※事実誤認はご指摘お願いいたします。

・iPhone 3Gの発売時期
iPhone 3Gは発表からわずか一ヶ月余りで日本に上陸することになった。これにはさすがに殆どの方が驚いたことだろう。私も驚いた。早くても秋と考えていたので、身辺整理(汗)というか、心の準備というか、様々な準備が整っていないのが事実だ。おそらく皆さんの中にも、発売日まで一ヶ月、料金発表、発売日には完売する、など小出しの情報を次から次へと受け入れていくと結局どうすればいいのか分からない、そうしている内に7月11日がやってくるというようなシチュエーションを予測して不安に思っている方がいると思う。この早期発売は嬉しい反面で、正確な判断を鈍らせる効果も持っているかもしれない。

・iPhone 3Gの本体価格
これを書いている時点では、まだリテールのアップルストアに限られた端末料金、契約体系が明らかになっていないので、あくまでソフトバンクショップや量販店で購入した場合の本体価格・料金プランについて述べたいと思う。

まず、iPhone 3G本体の価格だが、本家USでは199ドル/299ドルという価格設定になっており、他国もこれに準じるとSteve Jobsはキーノートで述べた。実際に日本での価格も実質負担額で23,040円/34,560円と設定され、日本メーカーのハイエンド機種や海外メーカーのスマートフォンよりも遥かに安く提供されることとなった。

だが、ここで問題となってくるのはソフトバンクモバイルが導入している割賦斡旋方式だ。特にソフトバンクユーザーでない方は「分割金」「特別割引」の意味をご存知ないこともあるのではないか。簡単に言うと、「分割金」とは月々の請求書にケータイの使用料にプラスして毎月(26ヶ月契約の3ヶ月目より24ヶ月間)請求される本体価格のことだ。iPhone 3Gの8GBモデルを例とすると、「分割金=2,880円」なので、26ヶ月間で「計2,880円×24カ月=69,120円」をソフトバンクに納めることになる。これが本来の本体価格だ。

もちろんそれではあまりに高い。そこで用意されているのが「特別割引」という制度。この制度ではユーザーが同じ機種を使用している限り、「分割金」が発生する月に「特別割引」が同時に発生する。iPhone 3Gの8GBモデルの場合、「特別割引=1,920円」なので、26ヶ月間連続で利用した場合「計1,920円×24カ月=46,080円」の割引がなされることになる。つまり "iPhone 3Gが23,040円から" という文句は「(分割金ー特別割引)x 24=960円×24カ月=23,040円」というところから来ている。

では26ヶ月を待たずにこのiPhone 3Gを手放した場合どうなるのか。それは単純に、(26ヶ月ー契約月数)分の「分割金」を支払うこととなり、一方で「特別割引」が打ち切られる。つまり仮に12ヶ月を残して解約した場合、発生する違約金は「2,880円x12ヶ月=34,560円」で、当該ユーザーは解約まで「960円x12ヶ月=11,520円」を支払ったのだから、最終的にiPhone 3Gに払った金額は「34,560円+11,520円=46,080円」ということになる。

この新スーパーボーナスという制度には一括支払も設けられているので、ユーザーは購入時に店頭で「2,880円×24カ月=69,120円」を支払うことも可能だ。この場合、月々の使用料に「分割金」は当然加算されないため、3ヶ月目から26ヶ月目まで「特別割引」のみが適用されることとなる。つまり毎月の使用料から単純にマイナスが発生するのだ。もちろん満期利用時の実質負担額に変わりはない。しかし一括支払にはメリットがある。大手家電量販店ではポイント制度が導入されており、大抵が10%還元だ。仮に一括で購入した場合、ポイントで6,912円が還元されることになり、分割支払では発生することが出来ない金額をポイントという形ではあるが実質還元されることになる。

・iPhone 3Gの料金プラン
先日iPhone 3G専用の料金プランが発表された。現行ソフトバンクのプランを殆ど利用できるが、ここでは詳細が分かっているホワイトプラン(i)での契約の場合についてのみ述べる。

ホワイトプラン(i)は語尾に何かがついているものの、基本的にはオリジナルとなんら変わりはない。月々税込み980円が基本料となり、これによりソフトバンク電話への通話が1時から21時の間で無料となる。また、家族割引加入の場合は24時間無料だ。そしてiPhone 3Gではメインとなるであろうパケット通信料だが、こちらは新設されたパケット定額フルにより、フルブラウザを定額5,985円で利用することが出来、こちらは必須だ。また、ソフトバンクではウェブ利用に必須とされるS!ベーシックパック(i)にも315円で加入する必要がある。ソフトバンクはiPhone 3G専用のメールアドレス "@i.softbank.jp" を付与することも発表した。こちらはMMS非対応のiPhone 3Gをなるべく他のケータイメールと同じ感覚で利用できるようにソフトバンクが努力してくれた部分だ。着信通知もあるので、わざわざメールチェックをする必要はない。ただしMMSではないので、ソフトバンク間のメールでもiPhone以外の相手には受信のパケット料がかかることには注意が必要だ。その他、Apple製品で一般の90日間の無料電話サポートも付属、Apple Careも別途導入予定としている。

・パケット定額必須などに対する反発について
述べた通り、iPhone 3Gを導入する場合、ホワイトプラン+パケット定額フルを必ず契約する必要があり、固定料+実質負担端末料だけでも月8,240円(8GBモデル)を負担することになる。このことに多数の方が不満を持っているようだ。例えば「2台目としてとり合えずホワイトプランで所有したかった」とか、「パケット定額が変動制でないから使わなくても金がかかる」など。後者の主張はともかく、前者の主張は私から言わせるとナンセンスに他ならない。

前者の主張がナンセンスである理由は山ほどあるが、iPhone 3Gの立場から考えてみる。iPhone 3Gはシンプルに説明すると「iPod touch+電話機能+通信機能」である。Steve Jobsが初代iPhone発表時に述べたように、iPhoneの魅力の一つは独立したインターネットデバイスであるということだ。それを考えると仮にホワイトプランのみで契約して、インターネットはWi-Fiで楽しむというとき、電話機能にどれほど価値があるのだろうか。そして仮にそのような利用を望むユーザーがいたとしたら、残念ながらそのユーザーには本体価格23,000円では提供できない。

その理由は2つほどある。ソフトバンクモバイルは通常よりも高いARPUを得られるからこそ販売奨励金を出して23,000円という安価で販売することが出来るのだ。仮に月980円のみでの所持を望むユーザーがいるとすれば、彼らには本体価格約7万円をまるまる負担してもらうこととなる。

さらに新スーパーボーナスのシステムを考えた場合に根本的にナンセンスであることが分かる。それは前述の「特別割引」というのはソフトバンクでは「(最大)~円」というような表記になる。これは仮にiPhone 3Gの請求額が980円だった場合(もちろんそんなことはないが)、「特別割引=980円」という計算になり、最大1,920円の「特別割引」は受けることが出来ず、結果としてiPhone 3Gの実質負担額が2倍近く上がることになる。つまりWi-Fiのみ利用、通話しない、基本料のみという所有方法はシステムを見ても、iPhone 3Gを23,000円から購入することは出来ないのだ。

・検討中の方はもっと検討してみて下さい
中にはこんなことを主張している方がいる。「iPhone 3Gに20万円(8,240円x26ヶ月=214,240円)出すのは納得がいかない」ざっと計算したらそんなところだろうか(実際は最初の2ヶ月は負担金が発生しない)。確かに満期で利用すると最小でもその額を支払うこととなる。しかしこれまたナンセンスなのは、iPhone 3Gはケータイであり、通常はいま利用しているケータイにリプレイスされるはずだ。相対的に考えても、この「理由」はiPhone 3Gのみの話ではなく、どんなケータイを買っても24ヶ月という長期のスパンで考えたら、月8,000円の利用で20万円は軽く超えることになる。そして現在のケータイでそれほどの料金に達しないというユーザーは、そもそもiPhone 3Gのコンセプトに沿わないのでiPhoneを求める必要がない。iPod touchと他のケータイを持つことが一番経済的と思われる。

初代iPhoneは一年前の1月に発表された。そのときから興味を持っていた方は、iPhoneの何かに魅かれたから日本での発売を待ち望んだのだろう。そして現にiPhone 3Gとして日本での展開も発表された。そのときはまだ上記の不満は聞こえてこなかった。明らかに料金プランが発表された後に出てきた声だ。彼らはiPhoneに何を求めたのか。果たして自分に必要なものなのだろうか。少々きついことを言って申し訳ないが、iPhoneは欲しい、端末価格は安く、月額料金も安く、というのは少々虫が良すぎやしないか。iPhone 3Gの本体価格(製造コストではなく)は約7万円だ。もし単にコレクションで所有したい場合は白ロムを高価だけど手に入れればいい。

私はiPhoneにインターネットデバイスとしての魅力だけでなく、総体的に見た可能性を感じたから、USでの発売以来ずっと見守ってきた。仮に現行のケータイでパケット通信をそんなにしないというユーザーは、そもそもiPhoneが必要である理由なんて最初からなかったのだ。もちろん「現行ケータイであまり使用していないけど、iPhoneになるとやれることがいっぱいある」というユーザーもいるだろう。こうしたユーザーにとっては、孫社長が言うようにiPhoneがライフスタイルを変える役目を担ってくれることだろう。私もその一人である。

Apple Accent: Episode 27 "Coffee Talk"

aa05.jpg

アップル専門ポッドキャスティング "Apple Accent" のエピソード27「Coffee Talk」を配信開始しました。iTunesの更新ボタンからマニュアルダウンロードが出来ます。登録されていない方はぜひApple Accent(iTunes Store)へ^^

私のブログこそがiPhone一色!(汗)どうしてもそうなっちゃう。。
この収録はiPhone 3Gのプランが発表される前に収録しました。私の発言に事実誤認があったので訂正いたします。
※ソフトバンク社の株主総会は26日ではなく25日でした。
※三菱電機の「音声シャッター」機能はD905iには付いていません。私はD506i以降、ずっと付いていると勘違いしていました・・・。

ところで、Apple Accentは、お便りコーナーを新設しました^^ 以下公式サイトからの引用です!

【お知らせ】
ポッドキャスト「Apple Accent」では、リスナーの皆様からのお便りをお待ちしております。いただいたお便りは番組の中で紹介させていただきたいと思います。

メールアドレスはこちら。
mail_2.png
リスナーのみなさん、お気軽にメールください! ハンドルネームもあれば添えてください。
(なおいただいた個人情報の扱いには十分に気をつけます。)

なんでも書いて送って下さい^^ 例えば、「おい!ryu!もっと高性能のマイク買えよ!」とか「ブログで書いたこと間違ってるじゃねーか!」とか^^; 嘘です。いや嘘じゃないですけど、個人的にはもう少し優しい感じがいいです・・・(苦笑)

MGS4: Macが至る所で登場~

PS3専用のゲーム "METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS" には様々なシーンでAppleの製品が登場します。公式にコラボをしているiPod(第5世代)はもちろん、MacBook ProやMac Pro、Cinema Displayまで完璧に再現されています。

IMG_0297mac.jpg

例えばこのシーンでは、MacBook Proとちゃんと刻印されていますし、iSightだって付いています。Appleのほかにもバイクブランドや栄養ドリンク、ケータイではソニー・エリクソンとコラボをしていますので、PS3のHD画質で製品を観ることが出来て、ある意味妙な気分です^^; クレジットにもちゃんとAppleのロゴ関係の表記があるので、なかなか面白い。というか映画にしてもゲームにしてもテレビにしても、私はクレジットタイトルを最後まで観るのが好きなんですね。隅々までチェックしてしまい、逃すと悔しいです。。

ゲームの話になりますが、ホントはiPodを装備して余裕をかましつつ、昔のMGSの音楽を聴きつつ、敵を排除していく、というクールさが欲しいところですが、残念ながら私にはそんなスキルがないので、そうそうiPodを装備することが出来ません。。残念。

iPhone 3G: 11日の午前8時から発売開始?(UPDATED)

  • Day:2008.06.25 15:55
  • Cat:iPhone
The Boy Genius Reportは、AT&Tストアのマネージャーの話として、AppleのiPhone 3Gは7月11日の午前8時から発売されるようだと伝えています。同サイトでは、情報提供者は発売開始は中部時間(シカゴ、ダラスなど)の午前8時と述べているものの、昨年を考慮すると、現地時間の同時刻になるのではないかとしています。

以前、午後6時からの販売という未確認情報もありました。それと全世界で午前8時なのかどうかについても記載が見られません。ただ、ストアでのアクティベーションを伴うということを考えた場合、午後6時からの販売というのは少々微妙・・・。ということで午前8時のほうが都合がいいかも。。といってもかなり早い時間ですね。

UPDATED:
Engadget.comでは、信頼できる情報筋によると、ニュージーランドではiPhone 3Gの販売が現地時間7月11日午前0時1分から開始されるとのことで、世界で最も早くiPhone 3Gを入手できるだろうと伝えています。同時刻はUSのクパティーノで10日5時1分、ロンドンでは10日13時1分なので、みんなニュージーランドに行こう!とのこと^^ ちなみに日本時間は10日21時01分です。同サイトの読者には「USのほうが1日も遅いなんて間違っている!」とか「AppleはUSの会社だ!」とか「いやApple(Corps)はUKの会社だ!」など不満を漏らす方も^^;

日本も世界的には早い時間にiPhone 3Gを手に入れることが出来ますが、USのみなさん、iPhone未発売地域であることに免じて、ちょっとだけ待って下さい^^

SoftBank株主総会: iPhone 3Gを説明, 発売日完売も, 孫社長は既に使用中

  • Day:2008.06.25 13:33
  • Cat:iPhone
ソフトバンクの定時株主総会が本日東京国際フォーラムで開催されました。同社としては、iPhone 3Gの発売をアナウンスして以降、初めての公の場での会見ということもあり、iPhone 3Gに関する説明にも時間が割かれました。

これまでプレスリリースのみだったiPhone 3Gについて、孫正義社長は初めて公で見解を述べました。同氏はiPhone 3Gについて、「世界で最も先進的な機種がiPhone 3Gである。発売と同時に初期出荷量は売れてしまうだろう」と述べ、発売日に初回出荷が完売することを示唆しました。

株主総会では、孫社長自身が既に使用しているiPhone 3Gを株主にアピールしつつ、WWDCでのAppleによるiPhone 3Gのデモストレーションを上映。同氏はiPhone 3Gの魅力を以下のように述べています。

iPhoneは電話としても、音楽マシンとしても最高の機能を持ち、インターネットにアクセスする意味でも最高の機能を持っている。電話機能は、触るだけで便利にかけることができる。これは驚きの快適さである。メールも、タッチするだけでさまざまな文字を入力でき、閲覧でき、快適にサクサク見られる。みなさんもiPhoneを使ってみると、その快適さに驚くはずだ。インターネット利用については、指で触るだけで、拡大、縮小、そして画面を動かすことができる。パソコンを使ってインターネットを見るよりも自由に見られる。これには私も驚いている。パソコンを使ってネットを見るということが急激に減った。みなさんのライフスタイルが変わると信じている。

また、iPhone 3G導入後のビジネスモデルについても以下のように述べています。

これまでのケータイは、音声通信で利用され、収入も音声通話が圧倒的大半だった。だが、これからはデータ通信の収入が大半を占める時代がやってくる。 iPhoneの料金体型は、音声収入よりも、データ収入に力点をおいたものであり、これが新しいビジネスモデルの流れになる。1年半前に、ソフトバンクは、割賦販売方式を新たに生み出したが、もはやドコモもauも右ならえになっている。iPhoneによって提案する、データ通信中心のモデルも、彼らは目指していくことになるだろう。これが世界的な流れになる。米国でのAT&Tの事例を見ても、一般ユーザーからの通信収入は、iPhoneの場合、通常の端末より1.8倍の収入を得ている。経営面でも魅力的なものである。

参考:
Impress Watch

iPhone 3G: アップルストアでも販売へ(UPDATEDx2)

  • Day:2008.06.24 17:02
  • Cat:iPhone
ピクチャ 1

UPDATEDx2(6/24/08):
朝日新聞によると、ソフトバンクモバイルから登場するAppleのiPhone 3Gは、ソフトバンク取扱店、家電量販店の他、直営のアップルストアでも販売するとのことです。また、Bloombergは、直営のアップルストアでの価格・契約体系はソフトバンクが先日発表した価格とは別になると伝えています。

リテールのアップルストアで販売されることもほぼ確定のようですね^^

UPDATED:
ITProによると、ソフトバンクの孫社長はインタビューにおいて、iPhoneの販売方法について「製品は,ソフトバンクショップのほか,アップルストアでも販売する」とコメントし、直営のアップルストアでも販売する方針を明らかにしました。ちなみにUSのAT&Tも直営のアップルストアで購入/アクティベートをすることが出来ることを発表しています。

依然、アップルからiPhone 3Gの購入方法に関する詳細が発表されていません。そのせいなのか、ソフトバンクショップへの問い合わせが殺到しています。というか私も2件ほど電話させていただきました。直営ではない代理店では、独自の判断で受付をしているようですが、アナウンスによると、販売方式すら不明とのことです。ショップの方はMVNOの可能性をおっしゃっていましたが、私はMVNOを採用する可能性は低いと思います。

さて懸念はその販売方法なのですが、ソフトバンクショップでのアナウンスはどの程度まで行うのか、在庫状況はどうなのか、手続きはどのようなものになるのか(特に機種変更)などなど。

最初にアナウンスに関してですが、iPhone 3Gは他のケータイとは違う特殊なケータイであることは間違いありません。ショップはどういった説明をされるのでしょうか。一般的なケータイと同じ手続きで、かつ説明に時間がかかるとなると、手続きは円滑に行うことが出来るのか、など不安な点は多いです。

USでは、iPhone 3Gに関してはAT&Tストアや直営のアップルストアで販売するとアナウンスしています。前のモデルはオンラインでも販売されて、自宅でアクティベートといった手順でした。3Gではお店で行うのが必須のようです。

では日本ではどうなるのか・・・。ちなみに当初掲載されていた「ソフトバンクショップでお求め下さい」という情報はITmediaによると誤報だったようで、削除されたみたいです。ということは・・・だけじゃないテイジン(最近あのCM見ないな・・・)・・・じゃなくて、もしかすると他のストアでも販売するかもしれません。というかソフトバンクショップだけでは対応できない気が・・・。

というところにこういった情報が、GIZMODO Japanに。

アップルストアの人によると、7月11日当日にアップルストアで売るらしいです!
● アップルストアの中にSB店員が混じって契約手続きをする(ビックカメラなどと同じ形式)
● アップルストアの店員がSB店員みたいな作業をする
のどれですかね…[いちるさん(11日時点)]

この情報が正確だとすると、アップルストアスタッフによる手続きがありうるかもしれません。でもどちらも結構厳しいかも・・・。機種変更限定で、ということなら手続きは簡単かもしれませんが、新規はどうでしょうね。。書類をアップルストアで書きますか??可能性低いです・・・。

ただし、変な情報で仮予約殺到状態よりは、アップルストアに順当に並ぶのが個人的には落ち着きます(と言いつつ仮予約してますが・・・)。でもアップルストアがある地域は非常に限られているので、ソフトバンクショップでの販売も確実です。

また、プランに関しても様々なことが言われています。孫社長自身も語っていました。しかしアップルはソフトバンクに「シンプル」を求めると思います。面倒で細かいプランは適用しないような感じです。

ただしプランよりもまずは販売方法ですね・・・。やはり。。

iPhone 3G: キャリアに厳しい情報統制

  • Day:2008.06.24 06:13
  • Cat:iPhone
産経新聞によると、Appleは、iPhone 3Gに関して、Appleのウェブサイトにのみ端末の情報を掲載し、ソフトバンクモバイルのウェブサイトへの掲載を制限したそうです。現在ソフトバンクモバイルのウェブサイトにはiPhoneのバナーが掲載されているものの、リンク先はアップルのiPhone 3Gページとなっています。その他にも、Appleはソフトバンクに対して、発売に関するプレスリリース発表の時期やその体裁まで指定。端末価格についても完全にAppleの指定した価格に従う形で決定しました。

また、依然交渉を続けているとされるNTTドコモに対しても、徹底した情報統制をしいているようで、同レポートによると、関係者は「二股交際をかけられた上、『おれと付き合っていることは口外するな』といわれているような屈辱」と嘆いているそうです。

Appleによる統制は今に始まったわけではないですが、なかなかの黒船ぶりですね。。ただ、ソフトバンクモバイルのウェブサイトへの情報掲載はいずれ行う可能性もあります。昨日発表した新料金プランも未だに反映されていませんが、こちらは近いうちにアップデートされるでしょうね^^;

iPhone 3G: 販売方法詳細(UPDATED)

  • Day:2008.06.24 03:15
  • Cat:iPhone
読売新聞によると、本日ソフトバンクモバイルが発表した料金プランを受けて、孫社長は「アップルからの供給量が不明で、しばらく品切れが続く懸念がある」として、ソフトバンク直営店や家電量販店で販売するも、事前予約を受け付ける予定はないという見解を示しました。

依然、リテールのアップルストアでの販売についてはアナウンスがありません。(ない、ということも考えられます。。) ただ、孫社長は先日「製品は,ソフトバンクショップのほか,アップルストアでも販売する」と述べていたため、まだ追加でいろいろ発表されるかもしれません。

CNET Japanによると、ソフトバンクモバイルは、iPhone 3Gに関して、8GBモデル・16GBモデルともに7月11日(金)に発売され、新規契約・機種変更(買い増し)を受け付けるとしています。予約販売をしない方針については読売新聞のレポート同様の見解を示していますが、既に予約を受け付けている代理店などの今後の措置については「なんともいえない」としたそうです。

RBB TODAYによると、iPhone 3Gのリテールのアップルストアでの販売については、両社で検討中とのことですが、まだ決定していないとのことです。

MACお宝鑑定団さんによると、iPhone 3Gを販売できるソフトバンクショップには条件があるようで、以下の3点がiPhone 3Gの販売に必須の条件だそうです。

・GINIE(契約手続きなどのためのタブレット端末)を設置している店舗で月30台以上の販売実績があること
・6万円程度の専用の什器を購入すること
・スタッフが最低1人、研修を受けていること

ジニーという端末は、ソフトバンクを契約したことがある方なら一度は見たことがあると思いますが、タブレット型のPCで、契約のサインなどを含めて、その端末で進行することが出来ます。この条件を適用すると、やはり全てのソフトバンクショップが該当することにはならないので、地方の小さな店舗では取り扱うことが出来ないかもしれません。また、逆に解釈すると、アップルストアでもできちゃったりするかもです。ジニーとスタッフさえいれば。。

iPhone 3G: 私の場合の導入後料金試算

  • Day:2008.06.24 00:54
  • Cat:iPhone
本日ソフトバンクモバイルから発表されたiPhone 3Gの料金プランは概ね好評のようで、私も以前からXシリーズの10,000円弱のパケット定額適用はありえないのでは、と述べてましたから、希望通り(というか希望以上に)フルブラウザ向けパケット定額料が下がったことは大歓迎です。それに加えてソフトバンクのメリットであるホワイトプランや他のプラン、実質負担金の程度などを見ても、特に文句をつけるところは見当たりません。先にも書きましたが「i.softbank.jp」も頑張ってくれたなぁと思います。

さて、iPhone FAN(仮)(そろそろ正式版に移行へ!?)さんのエントリー "iPhone 3G導入後の私の月額料金。" に便乗して、私も現在使っているケータイとの料金比較をやってみました。以下の請求書は4月の利用分です。

ピクチャ 1

私はディズニーモバイルなので、若干表記が異なる部分もありますが、だいたい毎月こんな感じです。ちなみにこれは契約2ヶ月目の料金なので、まだスーパーボーナスの特別割引が反映されていません。一括購入だったので現在は多少引かれているはずです。

請求金額が記されていませんが、合計は17,869円です。内訳もソフトバンクの請求書は見づらいので以下に晒し挙げます^^;

・ホワイトプラン(D) 934円
・Wホワイト(D) 934円
・パケットし放題(D) 4,200円 
・請求通話料 9,670円(24,390円ー14,720円)
・Disneyベーシックパック 300円
・Disneyあんしん保証パック 475円
・情報料 400円
・ユニバーサル手数料 6円
・請求書手数料 100円

私の場合、パケット料金というよりもむしろ通話料の方が高いのが反省しなければならないところですが、これは単にケータイではパケットをそんなに使う機会がないということを意味します^^; とくにDisney Mobileの機種ではjigなどが対応していないので、なおさら。iPhone 3Gになると莫大にパケット料が増えるだろうな、というのが今の考えです。通話料が未知なので詳しくは試算できませんが、こんな感じになるでしょうね。↓

・ホワイトプラン(i) 980円
・パケット定額フル 5,985円
・S!ベーシックパック(i) 315円
・留守番電話サービス(i) 315円
・16GBモデル負担額 1,440円
・ユニバーサル手数料 6円

計 9,041円+(定額外通話料)=?

しゅん爺さん同様、そう変わるものではありませんね。というかソフトバンク系なら変わらないのが普通かも。ただしMobileMeへのお布施も考慮しないと^^

SoftBank, iPhone 3G専用の料金プランを発表(追記)

  • Day:2008.06.23 21:42
  • Cat:iPhone
ソフトバンクモバイルが、iPhone 3Gの料金プランを発表しました。以下に詳細を記述します。

・料金プラン

基本料金プランは、iPhone 3G向けに「ホワイトプラン(i)」を適用し、月額980円でソフトバンクモバイル間の通話が1時から21時まで無料となります。また、Eメールアドレス「@i.softbank.jp」が付与されます。iPhone 3Gユーザーは新たなパケットプラン「パケット定額フル」への加入が必須となり、こちらは月額が5985円と設定されています。また「S!ベーシックパック(i)」へも同様に加入する必要があり、こちらは月額315円です。

また、iPhone 3Gはホワイトプラン(i)に加えて、現在ソフトバンクが提供している他のプラン(ブループラン、オレンジプラン)にも対応します。

「基本オプションパック(i)」(月額498円)では、留守番電話サービスで、iPhone 3Gの独自機能「ビジュアルボイスメール」にも対応しています。

・iPhone 3Gの価格設定

<8GBモデル>
分割金 月々2,880円×24カ月=69,120円
特別割引 月々1,920円×24カ月=46,080円
実質負担金 月々960円×24カ月=23,040円

<16GBモデル>
分割金 月々3,360円×24カ月=80,640円
特別割引 月々1,920円×24カ月=46,080円
実質負担金 月々1,440円×24カ月=34,560円

・特記事項

※iPhone 3GはS!メールには対応していません。
※90日の無償サポートが付属します。
※有償電話サポートについても検討中です。
※iPhone 3G利用の場合は専用のUSIMとなるため、機種変更時には切り替えが必要です。また専用USIMはiPhone 3Gのみで有効となります。
※iPhone 3Gはホワイト学割キャンペーンの対象外です。

・iPhone 3G利用額/月

iPhone 3Gはホワイトプランに加入した場合、月々以下の額で利用できます。

・ホワイトプラン(i)基本使用料 980円
・パケット定額フル 定額料 5,985円
・S!ベーシックパック(i)基本料 315円
・iPhone 3G月額負担料 960円/8GB 1,440円/16GB

計 8,240円/月(8GB), 8,720円/月(16GB)

なかなか良い料金プランではないでしょうか。諸外国と比較しても見劣りのないプランです。販売店については特に限定がないため、ソフトバンク取扱店(直営店含む)で販売されると思われます。アップルストアについては詳細が書かれていません。

「@i.softbank.jp」についてもなかなかやってくれます。MMSには非対応といえ、me.comやgmail.comがケータイ感覚で利用できないことへの抵抗感も、またsoftbankとついていることから伝える相手にも違和感を感じさせることのないメールアドレスを提供してくれました。

追記:
また、iPhone 3Gにパケット定額が必須ということに対して(結構)多くの方が残念とのコメントをされていますが、私はある意味当然のものと理解します。というのもiPhone 3Gは他のスマートフォンと比較しても勝手にパケット通信をする機会が多く(例えばiTunes Store, App Store, YouTube, 株価, 天気, その他もろもろ)、ましてケータイと比較するとそれはもう。今も昔もパケット代金に関するトラブルが多発する中で、ユーザーにも事業者にも都合のいい設定でしょう。確かに電話のみ(+Wi-Fi)での使用を考えていた方もいたでしょうが、これは今後も変わることないと思います。たとえドコモから出ても同様でしょうね。。

あと、大手の家電量販店で購入することを考えている方は、長い目で見ると、明らかにスーパーボーナス一括購入の方がお得です。一括の場合、16GBモデルで80,000円程度ですが、ヨドバシやビックなどのポイントサービスで、購入時に8,000円還元されます。分割の場合は頭金0円なので、当然ポイント自体がありません。

Gadget: "WWDC2008 記念Tシャツ" from macinfo

  • Day:2008.06.22 00:44
  • Cat:Gadget
IMG_0291.jpg

相互リンクをさせて頂いているmacinfoさんが、WWDC2008開催中に実施された読者プレゼントで、私が運良く先着3名の中に入ることが出来たみたいで、幸運にもWWDC2008の記念Tシャツをプレゼントして頂きました!macinfoさん、お忙しいスケジュールのなかで、ありがとうございます^^

macinfoさんが現地会場のApple Company Storeから調達して下さった、正真正銘のWWDC2008グッズで、本当に嬉しいです!このカリフォルニアの香り・・・というのは分かりませんが、とにかくファンにはたまらないです^^

今年のWWDC2008はMacとiPhoneがテーマだったので、TシャツにもiPhoneのディスプレイの中に "WWDC08 Featuring OS X iPhone, OS X Leopard, June.9-13, Moscone West San Francisco" と書かれています。

IMG_0295t.jpg

WWDC 08の刻印も。ヤッホー!

ということでmacinfoさん、本当にありがとうございました^^

ドコモ株主総会: 中村社長がiPhone発言を釈明

  • Day:2008.06.20 17:40
  • Cat:iPhone
NTTドコモの定時株主総会が本日開催され、山田隆持氏の新社長への選任、定款一部変更、自己株式取得などの議案が決議されました。また質疑応答ではiPhone 3GやBlackBerryの展開に関する質問が相次ぎました。

iPhone 3Gについては、辻村清行取締役常務執行役員が、これまで同様、発売の可能性を検討していくとした上で、「iPhoneは、ユーザーインターフェイス方式にタッチパネルを採用しており、それが魅力であり、一定のアップルファンには訴求力がある。NTTドコモとしても、検討し、取り組んできたが、iPhoneの一番の特徴である全面タッチパネル方式の端末は、すでにLGのプラダフォン、シャープのSH906iという形で投入しており、十分に対抗していけると考えている。また、タッチパネル端末を増やしていきたいとも考えている。アップルとの交渉内容については、アップルと秘密保持契約を結んでいるため、回答を控える。」と述べました。

また、中村社長がiPhone 3Gに関する取材の際にiPhoneを手に取り「重たい」と発言したことについて、社長は「取材の際には旧機種だったので、重たいと発言した。新しい製品は、130gと重量としては魅力的になっている。今後、新しい電話機に関して話すことになるので、発言は障害にはならない」と釈明しました。BlackBerryの個人投入についても前向きに検討しているとしています。

その他にも料金施策については、他社が対応しているパケット定額の2段階課金について検討していくとコメント。また、長期利用者の優遇に関して、ドコモ宣言を元に、今年10月から10年以上契約していて同一機種を1年以上利用のユーザーに無料で電池パックを提供するとしました。

参考:
Impress Watch

iPhone 3G: 新しい日本語入力方式

  • Day:2008.06.20 06:47
  • Cat:iPhone
7月11日に世界で同時発売となるiPhone 3Gに、現行にない新しい日本語入力システムが搭載されていることは、既にアップルのウェブページなどでも明らかになっていますが、より詳しい操作方法が判明したようです。ウェブの複数の情報によると、iPhone 3Gに搭載されているケータイ入力は、ボタンを「ら・り・る・れ・ろ」と5回入力(正確にはタップ)する方式に加えて、「ら」をタップ後、上下左右にそれぞれ「り」「る」「れ」「ろ」を表示し、そこに指をドラッグすることで目的の文字が入力出来るシステムが搭載されています。つまり「ろ」を入力したいときも画面に触れる回数は一回で済むということになります。

ピクチャ 2

一方、正式発表以前、同じくSDKから明らかになった、日本語入力にT9のようなシステムを導入しているスクリーンショットも公開されたため、機能を選択して利用できるのか、どちらも常用できるのかが気になるところです。それにしてもこの入力方法、結構、というよりかなり楽になるのではないでしょうか^^ YouTubeにムービーがアップされていますので、そちらもご参照下さい。

iPhone 3G: ソフトバンクスタッフ向け資料

  • Day:2008.06.19 23:48
  • Cat:iPhone
iPhone FAN(仮)さんが、iPhone 3Gに関するソフトバンク販売員向けの暫定資料をアップされています。私もイメージを拝借しました。ソフトバンクショップの一部代理店ではiPhone 3Gを予約した方にこの資料をカタログとして配布しているそうです。資料自体はアップルのウェブページの情報を元に作成されており、特に新しい情報はありませんが、一点、気になる表記が。

ピクチャ 3
※S!メールについては6/12現在、情報が確定しておりません。

もしかすると何らかの方法でMMSに対応させてくれるかもしれません。というか対応してくれたら、一気に使う幅が広がります^^;

iPhone 3G: アイホン社によるライセンスを表記

  • Day:2008.06.19 22:35
  • Cat:iPhone
ピクチャ 2

アップルのiPhone 3Gページの下部に、「iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。」という表記が追加されています。これは今年3月のアップルとアイホン社との合意に基づくもので、内容は「アイホン社は、日本国内におけるアップルの "iPhone" 商標の使用についてアップルに使用許諾を行う」といったもの。広く知られていますが、この関係で、日本ではiPhoneを「アイフォン」ではなく「アイフォーン」と呼ぶ商標が登録されています。

Apple Accent: Episode 26 "WWDC 2008(後編)"

aa05.jpg

アップル専門ポッドキャスティング "Apple Accent" のエピソード26「WWDC 2008(後編)」を配信開始しました。iTunesの更新ボタンからマニュアルダウンロードが出来ます。登録されていない方はぜひApple Accent(iTunes Store)へ^^

WWDC 2008キーノート後記、後編みたいなやつです^^ 来月の今ごろにはちゃんとiPhone 3Gゲット出来ているんでしょうか・・・^^;

ドコモ, 8月に個人向け "BlackBerry" を発売へ

blackberry_8800_gammaray.gif

産経新聞によると、NTTドコモが、今年8月に個人ユーザー向けに、RIM社製の人気スマートフォン "BlackBerry" を発売することが明らかになりました。同社は2006年に法人向けに提供を開始していましたが、個人向けでは初となります。同紙によると、ソフトバンクモバイルのiPhone 3Gに対抗する狙いもあるとしています。

BlackBerryにも憧れがありますね~私は^^;

memory of: "A3014S"

a3014s1.jpg

久しぶりに昔のケータイのエントリーを。前回はドコモのD209iを紹介させていただきましたが、今回はKDDIの "CDMA 2000 1x" に対応するソニー・エリクソン製の "A3014S" を。当時のソニエリの特徴でもあり、そして現在もファンが支持しているオリジナリティは「着せ替え」と「ジョグ」でした。この機種も搭載しています。そしてディスプレイ側はこんな感じでした。

a3014s2.jpg

ディスプレイ下のくぼみが当時のソニエリの象徴でもあったわけですが、もちろん最近のジョグ搭載機種ではさらに小型化されてくぼみも必要なくなりました。この機種はかなり光沢があり、今でも凄く良好な状態で残っていました。auのロゴも古いやつですね。スピーカーも大きくていわゆる「爆音」でした^^

今後の国内のソニエリの動向(OEM供給とか)は大変残念ですが、海外では魅力的な端末をリリースしているので、日本でもそのような機種が発売されると良いですね。

Firefox 3: 本日正式リリース(UPDATED)

Mozilla FIrefox 3の正式版が本日深夜2時(18日)にいよいよリリースされます。Mozillaでは "Download Day" と題したキャンペーンで、「24時間以内に最も多くダウンロードされたソフトウェア」としてのギネス世界記録に挑戦すると案内していましたが、もう間もなく記録への挑戦時間となります。

また、日本では "Firefox 3の灯" といったキャンペーンも行われ、こちらはリアルタイムで日本列島にダウンロード状況を「灯」として反映していきます。

tomoshibi3x268.png

既にダウンロード出来るみたいですが、記録に反映される24時間以内に私もダウンロードしたいと思ってます^^ Firefox 3も楽しみですね~。

Download Day - Japanese

UPDATED:
午前2時、正式版がリリースされました。

.Mac: サービスが一時的に利用不可に(復旧)

ピクチャ 2

Appleが、.Macのサービスを一時的に利用できないとアナウンスしています。復旧をしているようですが、9to5macでは、Mobile Meのためのサーバーアップグレードではないかと予想しています。私の環境では、.macメールは通常通り利用できます。

UPDATED:
復帰したようです。ただのメンテナンスでしたね^^;

iPhone 3G: 来週にもSoftBankが詳細を発表か

  • Day:2008.06.17 20:54
  • Cat:iPhone
MACお宝鑑定団さんの情報によると、来週にもソフトバンクモバイルが、iPhone 3Gに関する詳細を発表するようです。iPhone 3Gの販売価格および料金プラン、初回時に販売される店舗の情報などが明らかになります。

初回時に販売される店舗・・・ということはやはり限定的なものになるのでしょうか。

iPhone 3G: 7月11日の午後6時から発売か

  • Day:2008.06.16 18:38
  • Cat:iPhone
iPhone Alleyでは、未確認の情報として、複数の読者がアップルストアで聞いた話によると、iPhone 3Gは7月11日の午後6時から発売されるだろうと伝えています。USにおいてiPhone 3Gは、直営のアップルストアとAT&Tストアでのみ購入することが出来ますが、アクティベーションの環境を整えるために一時閉店をするだろうとのことです。初代iPhoneのときと比べると、販売に時間がかかるとしています。

MacRumorsではこの情報をもとに、仮に全ての国が現地時間の午後6時に発売を開始するということになると、一番最初にiPhone 3Gを入手できるのはニュージーランドのユーザーということになると述べています。また、アクティベーションに関しても未確認情報を伝えており、既存のiPhoneユーザーは別の列で並び、iPhone 3Gのパッケージに記載されているIMEI(International Mobile Equipment Identity/携帯電話識別番号)を提供することで、あとは自分で、iPhone 3GにSIMカードを移してiTunesでアクティベートすることが出来るかもしれないとのことです。これが本当だとすると購入時間の短縮に繋がります。

日本でも午後6時から、ということになるのでしょうか。もしそうだとすると、直営のアップルストアはともかく、ソフトバンクショップは一体どうなることやら・・・。IMEIの話が日本でも適用できれば機種変更しやすいのに。。無理かな・・・。

column: "日本におけるiPhone~"コラムを検証

2ヶ月ほど前、私は "column: 日本における3G iPhone" と題したエントリーを掲載しました。結局、日本におけるiPhone関係の最後のまとめコラムのようなものになりましたが、発表された今、一体何を書いていたか検証(というか反省)をしてみようと思います。特に予想が外れたところにスポットを当ててみます。

海外メディアの中には3G iPhoneの必要性に関して「3Gネットワークが必要不可欠な地域での販売」を挙げているものある。何を意味しているか、つまり日本での展開を踏まえての3G iPhoneだということだ。

まあ間違ってはいないのですが、iPhone 3Gが提供される地域は最終的に70カ国を超えることになり、予想を遥かに超えたワールドワイドな展開になりました。日本も重要な地点ではありますが、オーストラリアや欧州、南米なども同様です。その意味では少々井の中の蛙のような記述ですね。。

最初にアジアで登場する国(もしくは地域)とされているのは日本だ。これはケータイ大国を自負しても異論ないと考えるイチ日本人である私からしてみても当然のことに思えるが、その思いはおそらく日本の大手キャリアも感じているに違いない。すなわちiPhoneの発売で中国や韓国、インドなどに遅れてはならない

これはある意味正しかったと言えます。例えばソフトバンクモバイル孫社長の掲げる「アジアと携帯を制した者が、世界のインターネットを制するだろう」という方針から考えても今回のiPhone獲得+早期発売は順当な計画のようです。来月7月11日には発売してしまうという予想以上に早い登場には驚きましたが、それだけ裏でソフトバンクが頑張っていたのでしょう。やはり韓国での発売は予定に含まれていませんでしたが、中国では特別区で日本と同日に発売されます。

私はWWDCよりも前に3G iPhoneは発表されるのではないかと思っている。それはWWDCの特徴を考えたときに、果たして3G iPhoneの初のお披露目の場所にふさわしいかどうかに疑問符が付くからだ。つまりWWDCのステージとしては「既知の3G iPhone」に関するデベロッパ向けのカンファレンスであることが望ましいのではないか。

これは見事に外れました。しかしWWDC 2008のキーノートでiPhone 3Gの発表に費やした時間は約20分。やはり事前に発表しておいてもよかったのではないでしょうかと思ってます。ただし先ほど書いたように、発売自体がかなり早いので、iPhone 3Gそのものの発表時期は今更問題ではないですね。。

AppleのSteve Jobsは突如来日する。私の予想では8月上旬。2005年にiTunes Store Japanの発表のために来日したように。そして日本向けの3G iPhoneに関して再度プレゼンテーションを行う。Jobsは独占キャリアの発表とともにそのキャリアの最高責任者を壇上へ招く。

当時はキャリアがプレスリリースを出していなかったので、欧州同様に各国ずつの展開になると思っていました。その後プレスリリース多発で、最終的に70カ国以上の展開となった今、個別に発表会をすることは考えにくいです。さらに、この後に孫社長と中村社長が壇上へ・・・と書いていますが、中村社長はその時期には退任することが明らかになりました。。

アクティベートはiTunes経由で行う。つまり日本でのこれまでの販売スタイルは通用しなくなるのだ。契約に関する意思表示をPCの画面に向かって行わなければならない。店舗での手間が省ける一方、より高いリテラシーが要求される。もちろん販売する側も最低限のアナウンス(要件など)をする必要もあるだろう。

アクティベートをiTunes経由で行うというシステムは本国USでも今回から無くなり、全て店頭ということになりました。日本も例外ではないでしょうから、ありえません。オンラインのアップルストアでも販売はされません。現在はソフトバンク取り扱い店とリテールのアップルストアで販売される予定になっていますが、私は既に述べているように、手続きが円滑に進むかについて疑問を感じます。もしかするとiPhone 3Gには完全なロックがかかっていて、アクティベートはアップルストアでも可能で、契約自体はソフトバンクショップへ、という流れがあるかもしれません。ソフトバンクショップではその両方が可能とか。まだ詳細が分かりませんね。

こんな感じですね。一番ショックだったのはやはり発売が早いこと。早すぎです。嬉しい誤算。個人的には販売方法が気になるのですが、例えばアップルストアで購入したiPhone 3Gが転売されるのではないか、ということに対しては、「契約を前提とした購入」ということで、本人確認を元に氏名・生年月日などを記録した認証ナンバーを発行したりすると、とりあえずは当人しか使えないことになります。あくまで妄想ですが。

孫社長は今月中に詳細を公表するとしています。このティザー広告な感じが不安な一方、楽しさも与えてくれますね。

iPhone 3G: ソフトバンクショップに予約中止要請へ

  • Day:2008.06.14 02:21
  • Cat:iPhone
日刊スポーツによると、ソフトバンクモバイルの孫社長は、7月11日に発売予定のiPhone 3Gに関して、販売店に「当初端末がどのくらい入ってくるか分からない」との理由で現時点での予約受付を中止するように要請したとのことです。これまで直営店以外の販売店では仮予約などを独自に受け付けていました。

自分も一応仮予約しておきながらこう言うのもなんですが、こうした対策は当初から行っておくべきだったと思います。。もしかするとアップルやソフトバンクには、販売方法に関しての何らかの施策があるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。