Apple、「10.4.8」アップデータをリリース

Appleが「Mac OS X 10.4.8アップデータ」をリリースしています。 ソフトウェアアップデートから可能となっています。PowerPC版でサイズは22.3MBとなっています。主な改善点を引用させていただきます。

すべての対象ユーザの方々に、10.4.8 アップデートの適用を推奨します。このアップデートには、オペレーティングシステムの全般的な修正のほか、次のようなアプリケーション、サービス、テクノロジーに関する修正が含まれています:

- EAP-FAST プロトコルを使用したワイヤレスネットワークとの接続
- Apple USB モデムの信頼性
- Microsoft Word での OpenType フォントの使用
- 他社製 USB ハブとの互換性
- スキャナ利用時の性能
- RAW カメラサポート
- アジア圏言語でファイル名が付けられた書類ファイルのプリント
- 「翻訳」ウィジェットの性能
- ブロードバンドネットワーク利用時の性能
- セキュリティアップデート

このアップデートの詳細については、こちらを参照してください
セキュリティアップデートの詳細については、こちらを参照してください


早速してみますかね・・・アップデートってワクワクします。
スポンサーサイト

ATOK初体験!

先日リリースされた「ATOK 2006 for Mac」の体験版を使って書いています♪なんか体験版でせこい感じもしますが、生まれて初めてのPCでの「ATOK」です。

WindowsのころはIMEの誤変換にイライラしつつも単漢字変換には満足で、さらにあの重たいOSで変換ソフトにまで余裕はありませんでした。

ではMacにしてからはどうか、ということになりますが、これまた「ことえり」が優秀で、「ATOK」の優秀さは重々承知なんですが、不必要かな~と思ってました。

ATOKを身近に利用しているのはケータイです。最近のケータイはATOKを採用するものが軒並みふえてきており、ドコモでは三菱と富士通(と一部NEC)が、auではカシオと日立と旧鳥取三洋系が搭載しています。

今回体験版使用で少しでもPCのATOKを実感できたらと思い、徒然と文章を書いていますが、滅多なことを書かないので、正直実力を垣間見るのがなかなか難しいです。と書いていると便利なものを発見!「control+A」で出てくる連想変換という機能良いですね!同義語がズラリと並び、それぞれの微妙な解釈の違いも教えてくれます(*^^)v・・・ってなこともできるようになりました。

試用期間30日間、フルに使って購入までたどり着けたらいいなーと思っています。。

ついでに最近読んだ本の紹介をさせていただきます。。。滅多に本のことなんか書かないので(かなり読んではいるのですが)偶にはいいかな(^0^;)

アフターダーク
アフターダーク
posted with amazlet on 06.09.29
村上 春樹
講談社 (2006/09/16)
人気の本ですいません^_^; 久しぶりに村上春樹の小説を読んで、改めて同氏の偉大さを実感したのでついつい・・・。『アフターダーク』今思えば単行本で出ているときに読んでいればよかったと後悔しています。そのくらい感慨深い内容でした。小説や映画の類には「読み終わってスッキリするもの」と「謎が残るもの」があります。この作品はその点では断然後者でした。ひとつひとつの表現に意味を持たせ、あとは読者の思うがままに・・という後々にも断片的な疑問が残り続ける作品です。

ファンの間では不評も見受けられますが、私は特にそうは思いませんし、むしろ『東京奇譚集』への布石として最良の長編と感じられました。

いま、思い出したかのように書棚から『ノルウェイの森』を取り出し、再読しています。かなり久しぶりです。同列に『風の歌を聴け』などもありました。当分は村上春樹を読んで過ごそうと思います。もちろんiPodで最適なサウンドスケープを探し求めながら・・・。

「iLife」をアップデート Aperture1.5に互換

Appleは「iLife」のアップデータを配布しています。ソフトウェアアップデートから更新が可能です。iWebを含む5項目に及び、変更点・改善点は以下の通りです。

■iWebアップデート[1.1.2][24.1MB]■
このアップデートは、iWeb での Aperture 1.5 コンテンツのアクセスに関する互換性の問題に対処しています。
■iPhotoアップデート[6.0.5][57.7MB]■
このアップデートにより、アップルプリントサービスで利用可能な、新しいカレンダー、グリーティングカード、およびポストカードのテーマ(ホリデーカードなど)が、「iPhoto」に追加されます。 また、「Aperture 1.5」のコンテンツに「iPhoto」からアクセスするための互換性にも対処しています。
■iMovie HDアップデート[6.0.3][7.0MB]■
このアップデートは、iMovie HD での Aperture 1.5 コンテンツのアクセスに関する互換性の問題に対処しています。 また、全体的な安定性が向上し、その他の小さな問題にも対処しています。
■iDVDアップデート[6.0.3][6.6MB]■
このアップデートは、Aperture 1.5 のコンテンツを iDVD で利用する際の互換性の問題を解決します。
■GarageBandアップデート[3.0.4][30.5MB]■
このアップデートは、Aperture 1.5 のコンテンツを GarageBand で利用する際の互換性の問題を解決します。

主に先日リリースされた「Aperture 1.5」への互換性への対処のためですが、iMovieなどは一部の不具合を修正、安定性向上なども為されているようです。

手法までAppleっぽく? ソフトバンクの新機種発表

先のエントリーでもお伝えしましたように、本日SoftBankはボーダフォンの秋冬モデル13機種を一斉に発表しました。さらに同社の提供するポータルサービス「Yahoo!」をケータイのサービスに取り入れるなど、MNP前の商戦を意識した内容となりました。

しかし当然といえば当然、残念と言えば残念ですが「iPhone」の姿はありません。先日のスペシャルイベントに孫社長が姿を見せていることと、新iPod nanoとの抱き合わせ販売を即日スタートしていることから、なんらかの交渉はあるようですが、難航しているみたいです。

さて、今日の発表会で孫社長は興味深い発言を何個かしています。
以下ImpressWatchの記事を引用しました。

孫社長「(薄型ケータイに音楽機能を)一緒にして端末をぶ厚くする必要はない。音楽を聴くならiPodをセットにした方がよい。これからも薄型端末にはiPodを続々と付けていく。

ケータイのキャリアが言っちゃいけないこと言ったって感じです・・・。音楽機能を売りにしているソフトバンクの他機種(例えば910Tなど)の立場が否定されることに繋がりかねません。音楽機能がついているとしても910Tは重すぎますから・・・。孫社長は「薄型」に限る話ということでの発言ですが、音楽ケータイ不要論という持論も伺えます。

>また同氏は発表会終了間際に、当初の予定にない内容としてさらに2機種・10色の追加も明らかにしたが、端末の概要などは何も明らかにされず、どういったタイプの端末かすら分からない2機種が発売されるとだけ説明された。

一番気になるのはこの部分でした。まさにAppleのJobs氏のお得意手法「One More Thing」を倣ったかのような気になる発言。先日のスペシャルイベントでは「iTV」なるもののチラ見発表がされましたが、それを踏襲するかのように終了間際でこの発言です。

この「2機種」・・・いろいろな憶測があります。例えば今回の豊富なラインアップに1つもなかった「ワンセグケータイ」を投入する、といったものです。でもそれだったらなぜ勿体ぶる必要があるのでしょうか(あるいは、905SHの延命措置かもしれませんが)。

当然期待したいのは「iPhone」の登場です。仮にこれだとしたら、SoftBankが勝手に発表するわけにもいかず、されるとなると共同発表、あるいはAppleのプレスリリース後に発表、という流れが予測できます。

しかし前述のように両社の交渉が難航しているというのが実態のようですし、先日の「iPhoneをCingularが独占販売する」といった噂も重なり、いよいよ厳しい感じです。

含みを持たせたこの最後の発言、ふと頭の中に過るのは、MacBook Proが発表された『Macworld Expo』の最後の最後にJobs氏が『2人のJobs Steveが写るスライド』(JJさんご指摘ありがとうございます!)を映し、「2006年4月1日でApple Computerは創立30年を迎える」ということをアナウンスしたことです。。

結局4/1にはなにも起こりませんでしたが・・・。

ソフトバンクが13端末54色の新機種を発表

SoftBankはA-Wモデルとして13端末54色に及ぶ新機種を発表しました。
SBmobile.jpg
また、ソフトバンクは秋冬モデルの発売にあわせ、Yahoo!メッセンジャーなどが利用できるアプリの提供や、コミュニティサービス、HTMLメールなどのサービスを発表しました。主な新サービスは以下の通りです。

・Yahoo!メッセンジャーおよびYahoo!メールを1つにまとめたアプリ「Yahoo! mocoa」
・3Dの仮想空間の中でチャットやミニゲームが楽しめる「S!タウン」
・デコレーションしたHTMLメールがやり取りできる「アレンジメール」
・受信相手にメール内容の感情を知らせる「フィーリングメール」
・トランシーバーのように音声でコミュニケーションできる「サークルトーク」


ソフトバンク(ボーダフォン、J-PHONE)のサービス名って連想しにくいのが多いような気がします。。全面的にYahoo!と連携をしたサービスを打ち出してきています。

新機種についても以下にメーカーごとにまとめてみます。
■シャープ■
・910SH--5Mピクセルカメラ/光学3倍ズーム/VGA液晶/
・810SH--2Mピクセルカメラ/VGA液晶/
・811SH--2Mピクセルカメラ/VGA液晶/
■東芝■
・910T---3Mピクセルカメラ/無線音楽/内蔵メモリ1GB/
・810T---3Mピクセルカメラ/かんたんケータイ/
・811T---3Mピクセルカメラ/無線音楽/
■NEC■
・705N---2Mピクセルカメラ/厚さ16mm/
■NOKIA■
・705NK--2Mピクセルカメラ/ストレート型/
■パナソニック■
・705P---2Mピクセルカメラ/厚さ14.8mm/
■サムスン■
・705SC--2Mピクセルカメラ/厚さ12.9mm/
・706SC--2Mピクセルカメラ/厚さ12.3mm/
■HTC■
・X01HT--WindowsMobile/HSDPA/
■セイコーインスツル■
・C01SI---HSDPA/CF型データ端末/

auのときも思ったのですが、MNPの焦りからか端末数を増やすという傾向があります。ユーザー視点で見ると新サービスの混在で非常に把握しにくい、分かりにくいというのが率直なところです。消費者がショップに行って全部の中から探す、といったことも困難になるのではないでしょうか。こうした傾向はいくらか懸念ではあります。

端末について。当然ですが「iPhone」なるものも、類似品もありません。いつもどおりシャープが大部分を支配していて、あとを他社が分け合うという感じでしょうか。

ハイエンドの910SHは日本初の500万画素カメラやその他の新サービス全てに対応している「全部入り」となっています。デザイン的には保守的で905SHのような斬新性は見受けられません。

910Tもハイエンドモデルですが、これは・・・もうすこしスマートにできなかったのかな~という感じです。以前の超デカモデル904Tを見事に踏襲してしまったみたいですね。

その他の機種は珍しい所や老舗から「薄型」や「音楽」といったケータイが混雑しており、ほぼ運で選ばれるのではないか・・・とも思っちゃいます。

ドコモの903iシリーズ発表が近いですが、同社の中村社長も「今年度中に20機種」を発売すると発言するなど、焦りも見え隠れしています。ナップスターの定額配信も対応予定で、その他の共通仕様としては、防犯の面で総務省が準強制としているGPSの搭載くらいでしょうか。ようやくですが・・・。MNPまで目が離せません。

Apple、「iTunes7.0.1」を配布 さて不具合は!?

itunes7icon.png
Appleは「iTunes 7 の安定性及びパフォーマンスの問題を解決します。」としている「
iTunes7.0.1」をリリースしています。

早速ソフトウェアアップデートからアップデートしてみました。サイズは25.7MBで、1分程度で完了。再起動の必要はないみたいでしたが、一応再起動しました。

どう変わったか・・・あまりに不具合が多すぎて一つずつの確認は出来ませんが、分かる範囲でチェックしてみました。

■アルバムアート一括設定■
これはブラウズでアルバムを指定した際、左下のアルバムアート・ウィンドウに画像をD&Dすると一括してアルバムアートを設定してくれるという便利な機能ですが、iTunes7では不安定で設定できたり、できなかったりで大変でした。

どうやらiTunes7.0.1では解消されているようです。いくらか試してみましたが、できないということはありませんでした。

■曲最後20秒の音飛び問題■
これはiTunes7上で再生している曲の終わり20秒程度が再生されず、次の曲にスキップしてしまうという問題です。かなり頻発しました。

これもいまのところ発生していません。今後も動向要チェックです。

■CoverFlowの安定性■
"重たい"というイメージしかありませんから、これはアップデート後も変わらずです。「メモリが足りないから重たい」というのはiTunesらしくないですし、導入するのであればそれなりに満足できるものにしてもらいたいです。。

目立つ不具合をチェックしましたが、少しは「改善」されているようです。今回のAppleの対応は結構早いと思います。この調子でどんどんiTunesを善くしていってくださいね!!!

iTunes Storeに松浦亜弥などが登場

iTunes Store, Japanに松浦亜弥などのハロプロ系?が追加されています(すいません、詳しくないです)。確認できるのは

松浦亜弥/気がつけば あなた
松浦亜弥/BEST 1
GAM/Thanks!

これら全て「UP-FRONT WORKS」という配信元で、Wikiによると「zetima」というレーベルを所有、ソニー系のようです。ソニー参加の兆しみたいなものでしょうか。

いつか中島美嘉などがiTunes Storeで配信される日が来るのを祈ります。ソニーも方針転換した方が良いと思うのに・・・。

「iPhone」が日本で販売される日は来るのか

Think Secretが情報筋の話として、AppleとCingular Wirelessが、CingularをAppleの携帯電話の独占キャリアとすることで合意したようだと伝えています。独占契約期間は2007年の上半期で、下半期は他のプロバイダーにも販売権が与えられるとのこと。

また、Appleは米国以外のキャリアとの交渉も行っているらしいです。

さてそろそろ現実味を帯びてきた「iPhone」の噂話ですが、日本に住む我々の懸念は「RAZR」のとき同様、キャリアの壁/世界の壁により『関係ない話』になるのではないか、というところです。

日本のキャリアが「iPhone」の販売権を取得するとするとドコモかソフトバンクとなるわけですが、ドコモはナップスターの定額配信を903iシリーズで本格的に導入する意向を示しているので、まず可能性は薄いでしょう。

残ったのはソフトバンク、いま転換期を迎えている同社はなんとしてでも「違う端末」を出したいに違いありません。新サービスで出だしから迷走していますが、ここでAppleとの契約を勝ち取ると半年は持つでしょう。

問題なのは端末側です。ワールドワイドにOSを展開しているAppleにとって、ケータイ電話のインターフェイスを各国が「言語を換えるだけで」受け入れられるようにするのは訳ないようでもありますが、その他にも様々な問題があります。

その一つに必ず「日本向け」に端末をカスタマイズしなくてはならないということです。「あかさたな」はもちろんのこと、内部の言語変換機能なども「ことえり」を引き継げるのか疑問です。なんかMacのモバイル版みたいになるのが理想かもしれませんが・・・。

SIMロックの問題もあります。国内では当然SIMフリーにするわけにはいきませんし、最近のボーダフォン端末問題もありましたので、ソフトバンク側が厳しいロックをすることが予想されます。

ソフトバンクと契約した、と仮定した場合の話ですし、iPhoneがまたしても日本と無縁になる可能性も。ソフトバンクの可能性ですが、先日のスペシャルイベントで孫社長が姿を見せていたり、iPod nanoとの抱き合わせ販売を行ったり、接点はぼちぼち見られますが、これが限界との見方もあります。

スペックは2.2インチで3メガピクセルのカメラ、iTunesとiSyncを搭載するとのことですが、インターフェイスに一番の期待が行きますね。

サプライズはMacBook Proの発表なし...ってこと?

  • Day:2006.09.26 07:06
  • Cat:Apple
どうやらMacBook Proは発表されなかったみたいですね。。在庫がないのは偶然なのかな~。昨年みたいに、この時期はスペシャルイベント乱発なので、もう一回くらい期待したいですね。

発表されたのは「Aperture 1.5」でした。主要な変更点は以下の通りです。
  • iLife、iDVD、iWorkとの統合
  • iTunes、iPodとの統合
  • iPodへの写真転送機能
で、もちろん編集機能の向上や編集画面の改良等もあります。

現行Apertureユーザーは無料でアップデートが可能、一般ユーザー向けは299ドルで提供とのこと。今週中にも配布するようです。日本円では...34,000円くらい?

冒頭にも書きましたが、MacBook Proのアップデートは発表されませんでしたが、いまだ在庫薄の店舗があるところをみると、なにかしらありそうです。

今夜にもMacBook Proのアップデートの発表が

日本時間26日から開催される「photokina 2006」に初参加のAppleは、同イベントの開幕直前に基調講演を予定しており、そこでは写真加工ソフト「Aperture」とCore 2 Duo搭載の「MacBook Pro」が発表されるみたいです。
photokia.jpg
何時頃からなんでしょうか。いつもみたいにa.m.1時とかですかね。ApertureもMacBook Proも個人的には関係薄いですし、高価ですし、眠たいから寝ようかな~。。

まさか変なサプライズはないですよね。。

「iPod Shuffle」の発売日は10月20日らしい

Amazon.jpは、新iPod Shuffleの発売日を10月20日とアナウンスしています。
shuffle
これまでアバウトに10月との表現に留まっていた発売日の詳細が明らかになりましたが、Apple Storeの発売日とAmazon.jpの発売日が同一であるかどうかは分かりません。いつもはAmazonのほうが遅いですが...。

価格は9,800円。Amazon.jpでは10%還元ですか・・・。気になるのは手に取ったときの大きさの実感とそのものの質感です・・・はやいとこ実物を見てみたいです。

iTunes Store,US はオトク!:事例1

iTS-USを本格的に利用し始めてから1週間程度が経ちました。

最初100ドルで始めたUSストア生活、いまの残高は66.03ドルです。購入したのはボブ・ディランの『Modern Times』、John Legendの『Get Lifted』でどちらも日本のストアにはありません。私と洋楽を結んでくれるのはAppleのようです。それくらい洋楽には疎いんで...。

昨日はJohn Legendのニューアルバム『Once Again』のPRE-ORDERをしました。10月24日発売らしいですが、どのようにダウンロードされるのでしょうか...よく分かりません。にしてもJohn Legendと私を近づけてくれたAppleには感謝しないと。
lejend
さて、USストアではJ-Popも一部取り扱っており、例えば宇多田ヒカルは最新アルバム『ULTRA BLUE』もパーシャルではありますが、配信されています。

注目したいのは価格です。パーシャルなので一つ一つダウンロードしないといけないのですが、
1曲の価格は0.99ドル
全13曲で0.99x13=12.87ドル
只今1ドル=116.55円なので
12.87ドルx116.55円=1499.99円

と、約1500円でアルバムが購入できます。日本のストアでは2000円なので、アルバム一つで500円もオトクに購入できるんです!!

他にも日本での有名どころ「浜崎あゆみ」なども充実していますし、もちろんUSのアルバムは大抵が9.99ドル、ビデオ付きのリミテッド版でも11.99~13.99ドルで購入できるので、利用して損はないと思います。My Sleepless Nights in the Big Appleさんのところで購入がカンタンにできるので試しにいかがでしょうか。いろいろな音楽に出会えますよ。

やっと届いた「バッテリー交換」 でもちょっと無責任では

  • Day:2006.09.23 15:10
  • Cat:Apple
先月に手続きをしていた「PowerBookおよびiBookのバッテリー交換プログラム」により、本日交換バッテリーが届きました。これでようやくPowerBook本来の力が発揮されます。
バッテリー
それはいいとして、つくづくAppleは「無責任」だなと感じました。バッテリー交換プログラムにより代替品が送られてくるまで「4-6週間」というかなりアバウトなアナウンスだけで、それ以降なにも連絡はなし、それで今日突発的に来ました。

まずオンラインのApple Storeが、利用する運送業者を「福山通運」だと正式に記述していなかったり、問い合わせ番号はもちろんのこと、「発送しました」というメールさえ送らない、運送業者と「交換」の取引をしなければならないのに、です。

不在の場合、家族の者が出た場合といろいろな状況が考えられますが、「ただの荷物の受け渡し」ではないので、家族の者にいつ来るかも分からない宅配の話をして、責任を押しつけるわけにもいきません。結局、家族の者が引き取ったのですが、PCのバッテリー等については分からないため、福山通運さんが後ほど引き取りにくるということで解決したみたいです。

Appleは現場の苦労を何もわかっていません。バッテリーがソニーの不祥事だろうとAppleの不祥事だろうとユーザーはどうでもいいです。ただ「購入したAppleのPCの電池が火を吹く恐れがある」という事実だけが問題となります。せめて発送したというメールを送るくらいの誠意は見せるべきでしょう。

話は変わり、バッテリーの放電についてですが、ここは同封のカミキレに『放電をしてご返却ください』と書かれていたので今放電しています。

なんでも、「システム環境」→「省エネルギー設定」→「最大パフォーマンス」にしてCDなりDVDなりを再生すると早く放電します、らしい(当たり前だ)のでDVDを再生しています。

今後はここまでの手間を取らせないように、ソニーの電池なんかできれば使わないように、メールはちゃんと送るように、やってほしいものです。

「新iPod Shuffle」の衝撃

先日のスペシャルイベントで誰もが予想しなかったのは「iPod Shuffle」のアップデートだと思います。大手の噂サイトでも情報は全く皆無で、あのイベントでのサプライズの一つとなり得ました。

アップデートがあったとしても、例えばカラーバリエーションだったり、液晶搭載だったりと、いわゆる「機能向上」の意味のアップデートをするのでは、と思っていましたが、アップルが選んだのは、やはりアップルらしい半歩先を行く「アップデート」となりました。

アップルが選んだのは高機能ではなく「超小型化」。iPod nanoの登場により失われつつあった、もともとのiPod Shuffleのアイデンティティを見事に取り戻した形になりました。

iPod Shuffleの主要な部分、つまりボタン部だけを残して、言ってしまえば「見た目なにもなかった部分」をすべて削っちゃいました。これぞ究極の小型化、もはやこれ以上は無理でしょう(これ以上はパロディみたいになってしまいそうです)。

Macin' Blogさんの記事で「新しいiPod Shuffleはパーソナライズできる」ということを知ったので、私もやるだけタダということで、やってみました。。
ipod shuffle
私はこれまで「iPod」に刻印をしたことがないのですが、理由に「あとで後悔するんじゃないか」との懸念があるからです。一時の感情(しかも大抵が発表直後)で思いついた言葉っていうのは後で恥ずかしいものもあります。自分の名前はかっこわるいので尚更です。

しかし、iPod Shuffle、もし買うのであればパーソナライズをと考えています。上の写真をみると意外と悪くないし、値段も安価、より親近感の持てるiPodを~みたいなことを思いました。

それにしてもクリップから音楽が聴こえるって、めちゃくちゃ体験したいです。iPodのような大きなものから音楽が聴こえるのは不思議でもないんですが、「小さいものから」という驚きは何にしても同じです。ケータイでも。

むかしのMDプレーヤーのリモコンよりも小さい「iPod Shuffle」、使い道に関しては多種多様だと思います。iPodを持っていても、クリップつけてて良いじゃない。気軽に、イヤホンを差し替えて、「シャッフル アンド ゴー」です。

「iPod」の使い分けを考える

様々なところで複数のiPodの使い分けについて語られているので、私も考えてみたいと思います。
現在私が利用しているiPodは3つです。

  • 5G iPod (80GB)
  • 2G iPod nano (4GB)
  • iPod Shuffle (1GB)
これらをどう使い分けているかですが、正直「iPod Shuffle」の存在感は薄れてきています。以前はちょっとしたジョギング、ウォーキング、近場への買い物の際に『特定のプレイリスト』を転送して利用していました。

しかし2G iPod nanoの購入により、その役目を譲り渡した状態です。とくに朝のウォーキングなどのために『30分以内でスマートリスト』とか工夫して作ったプレイリストを何個かnanoに転送しておいて、気分によって液晶を見て選曲するのがとても便利です。

さらにコンパクトでクリックホイールを備えているので、iPod nanoは今やウォーキングには欠かすことの出来ないアイテムとなっています。

5G iPodはメイン中のメインで、いつもジーパンにぶら下げてます。iTunes上のデータ全てを転送しており、その他スケジュールやアドレス帳もバックアップを兼ねて移しています。さらに最近では「ゲーム機」という頭角も現しはじめたようで、無限の可能性を備えています。

このように、私は「5G iPod」をメインバンク/iPod nanoをウォーキングなどのお供として気軽な仲間/iPod Shuffleは求職中といった感じですが、なんとかシャッフル君にも場を提供したいです。。

W43Hを購入!

  • Day:2006.09.21 23:38
  • Cat:au
予定通り本日発売の「W43H」を新規で手に入れました。

新規は年割の加入で17,000円、MY割に入ると13,000円でしたが、必要ないので前者で契約しました。これにサービスでACアダプタを付けてもらったので、かなりオトクに購入できたと思います。

いま充電している最中ですが、いつものように写真を。。
w43h1.jpg
まず標準付属品。ドコモとは大違いで、充実した内容。手前から、平型変換ケーブル兼FMラジオアンテナ、USBアダプタ、SONY製イヤホン「MDR-E0931」。ドコモも音楽ケータイやPC連携をうたうならこれくらいは付属しないと。それでさえ価格は高いというのに。
w43h2.jpg
ホワイトを購入。質感は化粧ビンを想像するとシックリきます。
w43h3.jpg
新サービス「EZニュースフラッシュ」を2.6インチのWQVGAで。
w43h4.jpg
フレームレスキーを採用。押しやすい構造ですがちょっと硬いかも。
w43h5.jpg
くせ者の裏面。質感のおかげで汚れが付きやすい。想像以上でした。
w43h6.jpg
卓上ホルダも付属。イタセリツクセリの内容。これが横向きスタイル。
w43h7.jpg
そして縦向きに。動作は気軽にできるので、まあ便利。

まだmicroSDが届いていなかったり、いま眠かったりで適当なレビューしかかけませんでした。詳細レビューは追ってしたいとおもいます。。では。。

Apple、松任谷由実+平原綾香のスペシャルインタビュー掲載

Appleが「Friends of Love The Earth 2006」の参加アーティストである松任谷由実と平原綾香のスペシャルインタビューを掲載しています。

同企画の楽曲はiTunes Storeで現在先行配信されています。

なお初めての試みなのか定かではありませんが、同インタビューのページから「スペシャルメッセージ」と題したiPod Videoをダウンロードすることができます。このビデオの内容は松任谷由実さんと平原綾香さんのインタビューでした。

これからもインタビューをiPod用動画で配信してほしいですね。どうせならスペシャルイベントも。。

iTunes7の不具合に悩まされる...

itunes7icon.png先日Appleよりリリースされた「iTunes 7」の不具合が各所で話題になっており、私も先日エントリー内で『曲の終わり20秒ほどがスキップされる』現象を確認したことを書きました。

その時はiTunesの再起動でなんとか通常再生に戻ったのですが、やはり「iTunes 7」は不安定なのでしょうか、次から次に不具合が出ちゃいます。

まず、この前確認したのが『iPodを接続しても再生回数に反映されない』という現象です。iPodで聴いた曲の再生回数/再生時間などが同期されないのです。あれ~と思い、iPodを接続解除して再度接続すると、反映されました。

あとこれは問題なのですが、ある日iPodで音楽を聴いていると、特定の曲だけ最後の20秒くらいが再生されず、スキップするのです。「転送中にファイルが壊れたのかな」と考え、iTunesから再度iPodに転送しました。が、直らず。もしやと思い、iTunesで再生すると見事に切れているではありませんか!つい最近までどーってことなかったのに。。ソース音源をQuickTimeで再生すると普通なので、やはりiTunesの問題なのかな。。とりあえず消して、入れ直しました。再生回数がリセットされたのが悔しい。。

こんなふうに次々に不具合がおきてます。。iTunes 6に戻すという手もありますが、せっかくAppleが最新のを出したんですから、それは使います。。でも早めにアップデートしてもらいたいです。。。

本命ベスト電器のau新機種価格!

  • Day:2006.09.19 23:55
  • Cat:au
本命のベスト電器でau秋モデルの価格が提示されていました。
以下の価格は『年割+EZweb』契約が条件です。共通ACアダプターは今回もサービスされるようです。

・W43H---19,100円
・W43CA--13,100円
・W43S--- 10,100円


やはりベストは破格です。期待以上でした。おそらくさらに値下げしてくれて、W43Hで15,000円くらいになると思います。なんか秘密のシステムでもあるんでしょうか。。

「U2 iPod」は密かにアップデートされている

u2 ipodまず始めに「U2 iPod」が販売終了、とエントリーでお伝えしたのは誤報で、正確にはひっそりと販売は続けられていました。お詫びして訂正致します。

さて、各所で「U2 iPod」が「新iPod」に合わせてアップデートされているという噂が流れていますが、おそらく本当でしょう。輝度60%アップなど(でももともと前モデルのiPodよりU2 iPodのほうが明るかったんですけどね)や、検索機能も追加されているらしいです。

ただし、現在はApple Storeも値下げをしての販売を続けていますから、本当にアップデートされているかは定かにはなりませんね。どうせプレスも出さないでしょうし。

追記:
APPLE LINKAGEさんによると『「iPod U2 Special Edition」の製品番号が、「MA452J/A」から「MA664J/A」に変わっている』とのことで、私もオンラインのApple Storeで確認したところ、製造番号が「MA664J/A」でした。やはりアップデートされているみたいですね。

W43Hは21日発売で新規23,100円!

  • Day:2006.09.18 21:35
  • Cat:au
W43H本日ビックカメラ天神でW43Hの新規価格および発売日がアナウンスされていました。





新規は「MY割または家族割加入」という条件で23,100円
発売日は今月の21日とアナウンス

発売日に買いにいくつもりですが、ビックは考えていません。W43Hの元々の価格は「29,100円」らしいですが、さまざまな割引があるようですね。

ベスト電器は「意外な安さ」+「共通ACアダプタサービス」などの独自のサービスが色々あるので、おそらくベスト電器で買うと思います。

microSDも1GBを購入しようと思いますが、引っかかるのは、W43H側のスロットが電池パックの裏にあることです。取り出しにくい!。マスストレージクラスがMacに対応していることを祈るしかないです。。

iPodが「ゲーム機」になるとき

iPodが「ゲーム機」になるとき、私はついにそれを体験しました。

先日iTunes Storeで購入した「DUMA」はかなり中毒性があり、iPod用にベストカスタマイズされた商品でした。iPodでの起動は『エクストラ→ゲーム』で、MusicQuizなどと同列で置かれているのですが、まったく別世界です。
movie5.jpg
起動後、『ZUMA』の画面になり約10秒くらいローディング。そして、一般にケータイゲームのオープニング画面のようなものが現れて、あとは遊ぶだけです。もちろん全ての操作をスクロールホイールでできるようになっており、それがまたマッチしているんです。無理矢理感がない!

W-ZERO3[es]をメインとして以来、ゲーム全般から遠ざかっていましたが、まさか「iPod」に呼び止められるとは思ってもいませんでした。特に『ZUMA』は繰り返し、続けたくなるようなゲームなので、いつやめるかもポイントです。私は単純ですが、イヤホンで聴いている曲で「ここまで」というようにゲームを終わらせるようにしています。セーブも自動でやってくれているようです。

これからも定期的にゲームの配信があるかもしれないですが、複雑なゲームは据え置きの家庭用に任せて、シンプル且つ飽きのこないゲームが「携帯型ゲーム」を支えていると思うので、ハマれる(600円払ってよかったと思える)ゲームの追加を密かに期待しています。

あと追記になるのですが、iTunes7の調子が悪いです。いろいろなところで議論されているようで、来週にもアップデータが出るとか出ないとか。。

ちなみに私は『曲が最後まで再生されないで次に行く』という不具合が時々でます。「重たい」と感じていた動作は徐々に安定してきたようです。これからの改善に期待ということで。。

「80GB iPod」を購入&フォトレビュー!

ビックカメラ天神に在庫があった(ヨドバシカメラは予約受付中でした)ので、躊躇せず「80GB iPod」を購入しました。カラーは久しぶりのホワイトです。価格は42,800円、ポイント還元5%でした。
iPod1
パッケージにはU2に替わりジョニーデップが。
ipod2
新iPod nanoのパッケージと比較。
ipod7.jpg
セット内容。付属のカバーは標準でブラックに。汚れの関係かな~。

80GBというとiPod史上でも最大の容量なのですが、私もこれまでは常に安いモデルを選んで購入していたので、上位モデルを買ったのは初体験です。でも、容量が足りない上に映画配信が始まったとなると、もう躊躇うこともないです。前モデル60GBより+20GBで-4,000円なのですから。
ipod6.jpg
輝く「80GB」の刻印。もう何でも入れられる!

家に帰り、まずは箱開けの儀式。結構几帳面なのでカッターとかを使ってキレイに開封。
iPod本体を『音楽を盗用しないでください』カバーから取ります。この『音楽を盗用しないでください』というのは伝統的なはずなのですが、「新nano」にはありませんでした。
ipod5.jpg
『音楽を盗用しないでください』しないでね!

Dock経由でMacと接続。アップデータなどを確認後、自動で曲を更新させます。いまiTunesに2325曲で約18GB、Movie含めると約21GBのファイルがあるので、これをすべて同期となると、かなりの時間がかかりました。
tune2.jpg
データの状況は分かりやすい色分けグラフで。

その間に映画とゲームをダウンロード。映画はもちろんUSストアで、ゲームは取扱説明書が英語では困るので日本ストアで。何にしようか迷ったあげく、映画は『Flight Plan』を$9.99で、ゲームは好評の『ZUMA』を600円で購入しちゃいました。
映画のダウンロードは1GBのファイルに約60分かかっており、いかに自宅のネットが遅いのか分かりました。ゲームはダウンロードするとヤケに詳しい取扱説明書をiTunes上で見ることが出来ます。
tunes1.jpg
ダーっと説明が。まさかiPodでゲームをするとは思っていなかったです。

あとはiPod本体のインターフェイスを写真でまとめたいと思います。
movie1.jpg
映画再生画面。ファイルは「ビデオ→ムービー」に。映画がワイドのため、液晶を生かせない。
movie2.jpg
新機能の検索。nanoより情報量が多い。
movie3.jpg
検索結果。上に件数も。アイコンで「アーティスト」「アルバム」などを区別。
movie4.jpg
イニシャルサーチ。どういったときに機能するか、いまいち分からない...。
movie5.jpg
ダウンロードした「ZUMA」はエクストラのゲームに追加。なんかiPodにゲームは違和感が。

まだ実際にiPodで映画もゲームも体験していませんので、そこらへんはまた今度書きたいと思います。いま気になっているのは『ドット欠けが2つもあった』ことです。運悪い...。

「80GB iPod」の販売が開始されたみたい

80gb ipod様々な情報によると、ほぼ全国的に「80GB iPod」を含める「新5G iPod」の販売が開始されているそうです。 ビックカメラ各店には既に在庫があるようで、ヨドバシカメラも同様とのこと。ただし入荷数は多くはないようなので、確実に入手したい方は最寄りのApple Storeが確実かもしれません。

私も明日見に行こうと思います。「80GB iPod」で大きさ的に不便がなければ購入も考えているところです。さすがに30GBでは足らなくなりました。やはり試したいことは
  • iTunes映画の視聴
  • iTunesゲームのプレイ
  • 640×480のMovie視聴
  • ギャップレス再生
こんなところでしょうか....価格は42,800円でポイント5% (2140円)も考慮すると、Apple Storeよりはお得に買えそうです。。在庫があって、無事買えたらフォトレビューしたいと思います(違いは無さそうですが...)

「iTunes Store, US」を利用してみる vol.1

「iTunes Store」は非常に便利ですが、「正直iTS-Jでは物足りないなぁ」と最近思い始めていました。邦楽が少ない、Sonyが参加しない、Music Videoが少ない、TV Showsがない、などなど要するにコンテンツ不足(というよりUSのみが飛躍している)なのが現状かもしれません。

いままでは洋楽あまり聴かないので不便はなかったのですが、いざハマると「iTunes Store, US」がいかに魅力的か、実感しました。そこで以前30万アクセスの件でお世話になった『My Sleepless Nights in the Big Apple』さんにiTunes Card (US)の代理購入を依頼し、$100.00分のギフトをゲットしました(毎度お世話になります)。

USストアのアカウントを作成して、早速$100.00を自由に利用できるように...。楽曲が多彩にあり、迷いに迷ったあげく、記念すべき最初のダウンロードはボブ・ディランのニューアルバム『Modern Times』に。CDと同様に通常版と限定版があり、通常版は曲のみで$9.90、限定版は曲+4ビデオ+1ブックレットで$13.99でした。もう迷わず限定版を買いました。本当にお得です。

さらに、ストア内をウロウロしていると、TV Showsで「Million Hit Lowdown」という企画があり、1時間以上に及ぶドラマ「LOST」の最新シーズンの最終回をフリーダウンロードで提供しています(他にもデスパレートな妻たちなどもあります)。このムービーが640×480に対応しているみたいで、全画面再生でも綺麗な映像で視聴することができるんです。もう、なんて太っ腹。ただしダウンロードには30分はかかります。

今後も様々なコンテンツを見つけてみようと思います。では現在のステータスを。。
『Bob Dylan/Modern Times(Limited Edition)』$13.99
Bob Dylan

『LOST/Live Together, Die Alone』$Free
Bob Dylan

Apple純正イヤホン: 新旧をカンタンに比較

先日発表された「2G iPod nano」「5G iPod」「2G iPod Shuffle」から付属の純正イヤホンが新しくなりました。これまでもマイナーチェンジは行われていましたが、今回のようにデザインが一新され、公式発表をしたのは初めてのことではないでしょうか。

この前のiPod nanoフォトレビューのときに使用した比較写真をもう一度持ち出してみます。
nano11
左が旧イヤホン、右が新イヤホンです。大きさで比較すると、新モデルは一体感のあるデザインとなっていて、曲線的なため、スマートに見えますが、実際はご覧の通り少し大きいです。

装着感は旧モデルの方がしっくりきました。慣れの問題もあるでしょうね。私は普段純正イヤホンを使用していないことに加え、旧モデルは「新品状態」ではない為、音質に関しては比較できませんが、若干新モデルの方が「音がこもっている」ような気がします...。

素材についてですが、白の部分はほぼ同じなのですが、灰色の(いわゆるiPodイヤホンのデザインの核ともいえます)部分がラバーになっています。ながく利用していると汚れてきそうな感じです。[R] [L] 表示は写真では見えない裏のスティック部分に刻印されています。

なお、これは旧モデルの5G iPodを最近購入した方から寄せられた情報なのですが、付属の旧イヤホンが『LのほうがRより若干長かった』とのことです。ちなみに1年ほど前に購入したときに付いてきたイヤホンは『両方同じ長さ』でした。そして今回の新イヤホンも『Lが若干長い』です。なにか理由があるのかな。

iPodのトレードマークの一つのイヤホンが新しいものに変わりました。前のデザインも名残惜しいですが、ここにきてデザインを変えたAppleの思惑はどういったものなのでしょうか、少し気になります。ところで、この新イヤホンを電車ではめていたら「iPodのパチもの使ってる」とか思われないでしょうかね(汗)

新iPod nano(ブルー) を早速フォトレビュー!

買ってきました...新iPod nano。予定より少し遅れて昼過ぎにApple Storeに到着しましたが、とくに在庫薄とかはありませんでした。キレイに並べてありました。なお同日発表の5G iPodはまだ店頭には並んでおらず、店員さん曰く「10月上旬までには」とのことです。今のところオンラインのほうが早そうです。

カラーは結局ブルーを買いました。価格は23,800円なり。8GBモデルがブラックのみというスペシャル仕様ですが、iPod miniのブルーを懐かしく思い、4GBモデルに。早速写真を撮ったのでアップしたいと思います。

nano1
パッケージも新しく。ポップな感じでiPod nanoがケース越しに露出。
nano2
横から見たケース。従来のより厚さは増すも、コンパクトに。
nano4
ケース上部のシールを剥がし、開けてみる。下部がヒンジに。
nano6
付属品もケースの中に。説明書はiPod nanoと同じくらいの大きさ。
nano7
上下をケースに包まれるiPod nano。ケースには外し方が記載。
nano8
カードと比較。なんかカードの方が大きい。。
nano9
さらに薄ーく。折れそう。
nano10
鮮やかなブルーの背面。iPod miniを思い出させます。
nano11
新旧イヤホンの比較。曲線的に。音質は普通~かなぁ。
nano12
iPodの新機能「検索」スクロール+決定で文字入力ができる。
nano13
「BOA」と入力。1文字ごとに絞られていく。左の「DONE」で「BoA」へ。

こんな感じでしょうか。「薄い」というのが最大の印象です。これからいじってみようと思いますので、なにか気がついたらまた書きます。紹介できなかった写真を下に(拡大します)
nano5 nano3

やはり販売終了の「U2 iPod」...おつかれさま

当ブログのエントリーでもお伝えしましたが、本日Appleは「新iPod nano」「新5G iPod」「新iPod Shuffle」を発表しました。

これに伴い5G iPodの30GBモデルとして販売されてた「U2 iPod」は販売終了となりました。。。短い期間でしたが、復活は最高に満足のいくものでした。おつかれさまでした。

以前より『U2 iPodは9月までに無くなってしまう』という持論を主張し続けてきましたが、やはり無くなってしまいました。残念ですが、またの復活を願います!

私が今回の発表で受けた感想は「ワイドiPodないのは残念だけどnanoの薄さ、5G iPodの安さ」に感動しています。iPodは80GBを、nanoは4GBを購入しようとも検討中です(なにぶんiTunesの容量がやばいもので...)

iPod nanoに関しては明日Apple Store, Fukuoka Tenjinに朝一に購入しにいきますので、見かけたら声でもかけてください(笑) 赤いメガネが目印ですw

それとiTunes 7をインストールしたのですが、重くないですかこれ(汗) なんか妙にエフェクトに凝りすぎている気もします...。気のせいだったらいいんですが。

It's showtime!

755人を収容する会場をほぼ満席で迎えた(そりゃ満席でしょう!私だって行きたいのに)なか今回の「ショータイム」はスタートしました。

■5G iPodのアップデートを発表
  • 30GB:29,800円/80GB:42,800円
  • ゲームを4.99ドルで販売
  • 従来より60%明るい液晶
  • 新しいイヤホン
  • ブラックとホワイト
■第2世代iPod nanoを発表
nano
  • 2GB:17,800円(シルバーのみ)
  • 4GB:23,800円(ブラック以外)
  • 8GB:29,800円(全カラー)
  • アルミ筐体
  • 従来のモデルよりも薄型
  • バッテリ駆動時間は24時間
  • 40%明るい液晶
  • 新しいイヤホン
■第2世代iPod Shuffleを発表shuffle
  • 1GBモデル:9,800円(only)
  • アルミ筐体
  • クリックホイール搭載
  • バッテリ駆動時間は12時間
  • 10月発売
■iTunes 7を発表
itunes
  • iPodを複数のコンピュータで同期可能
  • ビデオのサイズは640x480
  • ギャップレス再生
  • アルバムのジャケットを無料で
  • 音符がブルーに!
■映画ダウンロード・サービスを発表
  • Walt Disney、Pixar、Touchstone、Miramaxが提供
  • 75タイトルを用意
  • ドルビーサラウンド
  • DVD並みの画質
  • 随時拡大(世界展開は2007年)
■ワイヤレスのTVセットボックスを発表
  • 仮称を「iTV」
  • 2007年第1四半期発売予定
  • Mac miniの半分のサイズ
  • ネットでiTunes Storeのコンテンツにアクセス可能
  • 価格は299ドル


このあと、グラミー賞8部門にノミネートし3部門を受賞した「ジョン・レジェンド」のライブが行われ、イベントは終わりました。感想は後ほど書きたいと思います。

今回は「one more thing」の派生版「one last thing」が出るなど、かなり乱発していました>Jobs氏。ついでに「one final thing」で『ワイドiPod』を出して欲しかったです。。

Apple、5色の「新iPod nano」などを発表中!

ipod nano

■新しいiPod nanoを発表

2GBモデル:149ドル (シルバーのみ)
4GBモデル:199ドル (ブラック以外の4色)
8GBモデル:249ドル (全色)
アルミボディ/従来のモデルよりも薄型
ブルー、ピンク、フリーン、シルバー、ブラックの5色
バッテリ駆動時間は24時間/40%明るいディスプレイ



■新しいiPodを発表

30GBモデル:7,500曲、40時間のビデオ、249ドル
80GBモデル:20,000曲、100 時間のビデオ、349ドル
ゲームを4.99ドルで販売
60%明るいディスプレイ/ギャップレス再生/新しいイヤフォン



■新しいiPod shuffleを発表

1GBモデル:79ドル
金属筐体、クリックホイール搭載、バッテリ駆動時間は12時間、
iPodのラジオリモコンと同じサイズ、世界最小のMP3プレーヤー、10月以降発売予定



■iTunes 7.0を発表

ライブラリはメディアのフォーマットごとに分かれている。
iPodアップデータをiTunesに統合、テレビ番組のサイズをVGAアップグレード
ギャップレス再生/iPodを複数のコンピュータで同期可



Movie関連が現在発表されています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。