GigSky、1枚で世界中の3Gデータローミングが利用できるSIMカードを発売

  • Day:2013.12.13 14:06
  • Cat:News
gigsky.png

GigSkyは、世界中の3Gデータ通信のローミングサービスを受けることが出来るSIMカードを12月中に発売します。SIMカード自体の価格は2,604円(当面のキャンペーン価格1,480円)として、国内ではフロンティアファクトリーが販売します。

SIMカードは、標準サイズとmicroサイズに両対応する「Global Mini/Micro SIM」と、主にiPhoneやiPadで使用されているnanoサイズの「Global Nano SIM」の2種類を用意します。

スクリーンショット 2013-12-13 13.56.47

SIMカードは12月時点で約70の国と地域に対応し、プリペイド式でチャージするシステムを採用しています。AT&Tの場合は、3,000円で175MB(有効期限7日間)、4,200円で300MB(有効期限14日間)、6,000円で500MB(有効期限30日間)といったプランが用意されています。

また、国内ではNTTドコモのW-CDMAが利用できます。ドコモの場合は、3,000円で75MB(7日間)、4,200円で110MB(有効期限14日間)、6,000円で165MB(有効期限30日間)といったプランが用意されています。

チャージは、スマートフォン用の専用アプリケーションやウェブから行うことが出来ます。

GigSkyを使用すると、現地でSIMカードを調達する必要がなく、1枚のSIMカードのみで複数の国や地域でプリペイドによるデータ通信サービスを受けることが出来ますが、現時点ではLTE通信と音声サービスには対応していません。
スポンサーサイト

アマゾン、月内にも国内の民放ドラマ数万本を配信へ

  • Day:2013.11.25 07:40
  • Cat:News
朝日新聞は、アマゾンが月内にも国内の民放ドラマの配信サービスを開始することがわかったと報じました。同社はNHKやTBS、テレビ朝日など全てのキー局の人気ドラマや、映画会社の映画、映像番組を配信開始します。

記事によると、作品は数日間で数百円の課金となり、PCのほか、タブレット端末「Amazon Kindle Fire」で視聴できます。今後はiPadやAndroidタブレットでの視聴も視野に入れているとのことです。

スマートフォン国内出荷台数:Appleが54.1%で過半超、サムスンは3.8%と低迷=2013年第3四半期

  • Day:2013.11.18 17:41
  • Cat:News
IDC Japanが発表(PDF)した、国内における2013年第3四半期(7~9月)のスマートフォン出荷台数実績によると、Appleが全体の54.1%を占有し、iPhone 5s/5cの発売に加えてNTTドコモの新規取り扱いにより過半超を記録しました。

また、2位にはXperiaシリーズが好調なソニーモバイルコミュニケーションズが20.5%のシェアを獲得しました。以下、3位シャープ、4位富士通と国内メーカーが続きますが、GALAXYシリーズという世界で圧倒的な人気ブランドを抱えるサムスンエレクトロニクスは、わずか3.8%のシェアで5位と振るいませんでした。

関連:
サムスン、販促費拡大も「GALAXY Note3」「GALAXY J」販売不振

サムスン、六本木ヒルズ 10th Anniversary Christmas「けやき坂イルミネーション」に協賛

  • Day:2013.11.02 20:10
  • Cat:News
サムスン電子ジャパンは、六本木ヒルズが11月5日〜12月25日までの期間に開催される「六本木ヒルズ 10th Anniversary Christmas」のけやき坂イルミネーションに、今年も協賛すると発表しました。

IMG_1271galaxy.jpg
(2010年のイルミネーションの様子)


同社は例年このイベントに協賛しており、けやき坂は「SNOW&BLUE」イルミネーションに包まれますが、今年は六本木ヒルズの10周年セレブレーションカラーである「Red, Umber, Candle」のコンセプトで彩られる初めてのイルミネーションも披露されます。

イルミネーションの点灯式(報道関係者向け)は11月5日(火)に開催されます。

<開催概要>
期間:11月5日(火)~12月25日(水)
時間:17:00~23:00 ※毎時0分から10分間は「Red, Umber, Candle」のイルミネーション、それ以外の時間は「SNOW&BLUE」のイルミネーション
場所:六本木けやき坂通り

レポート:サムスン電子ジャパン「WHITE IMAGINATION展 inspired by GALAXY」in TOKYO DESIGNERS WEEK 2013

  • Day:2013.11.02 17:34
  • Cat:News
IMG_4503galaxy.jpg

サムスン電子ジャパンが、明治神宮外苑絵画館前特設会場で開催中の「TOKYO DESIGNERS WEEK 2013」に出展している「WHITE IMAGINATION展 inspired by GALAXY」に行ってきました。

WHITE IMAGINATION展 inspired by GALAXYは、先月国内で発売を開始した「GALAXY J SC-02F」と「GALAXY Note3」の独特な機能やコンセプトを3Dプロジェクションマッピングアートで映像表現した展示内容です。

IMG_4498galaxy.jpg

来場者には、まずGALAXY Jを模したまっさらなモックアップが渡されます。WHITE IMAGINATION展 inspired by GALAXYは、このモックアップを中心としたエキシビションとなります。

IMG_4481galaxy.jpg

会場に入ると、ポリゴン風の手が複数展示されていて、このモックアップをちょうどスマートフォンを握るように設置することができます。設置した瞬間に3Dプロジェクションマッピングがスタートします。以下の動画をご覧ください。


この映像作品は、GALAXYの機能やコンセプトにインスピレーションを受けた日本人アーティストら10人が今回の展示のためだけに制作したもので、ホワイトモックアップは、瞬く間にGALAXY Jを映し出して、全面を使用したアート作品が展開されます。

なお、この展示で使用されている3Dポリゴン風の手は、3Dデジタルツールの企画を手がけるケイズデザインラボ社のスタッフの手を3Dスキャンした上で、それをベースにデザインしたものを同社が3Dプリンターで作成したそうです。

IMG_4497display.jpg

プロジェクションマッピングの展示を楽しんだあとは、外に設置されている大きなタッチスクリーンに行きます。先ほどのホワイトモックアップをかざすことで、プロジェクションマッピングの展示で鑑賞したムービーをツリー上に表示することが出来ます。こちらも映像があるのでご参照ください。


ホワイトモックアップには非接触系のICチップが埋め込まれており、それで鑑賞ログをとっていたようです。

IMG_4510galaxy.jpg

会場には、最新のGALAXY Note3、GALAXY Jのほか、スマートウォッチ「GALAXY Gear」を全色展示しているので、これらを含めて最新のエキシビションを体験したい人は、この連休中まで開催のTOKYO DESIGNERS WEEK 2013に足を運んでみたらいかがでしょうか。

▼会場
TOKYO DESIGNERS WEEK 2013 

会場:明治神宮外苑絵画館前特設会場
会期:2013年10月26日(土)~11月4日(月・祝)/ 11:00~22:00(予定)

ノジマ六本木と「GALAXY Station」が先月末で閉店していた

  • Day:2013.11.01 15:29
  • Cat:News
六本木交差点に店舗を構えていたノジマ六本木店が先月末で閉店していたことが分かりました。ノジマ六本木には、今年5月に国内初のサムスン「GALAXY」シリーズに特化したショールーム "GALAXY Station" がオープンしましたが、ノジマ六本木の閉店に伴う形で閉鎖されました。

サムスン日本法人は、国内におけるGALAXYシリーズの販売促進の拠点としてノジマ六本木内に深夜でもスマートフォンを体験したり、アクセサリ類を購入することができるショールームを設置しましたが、秋モデルでも続いているGALAXYシリーズ不振のなか、閉鎖に至りました。

関連:
ノジマ六本木、朝5時まで営業の国内初となるGALAXYショールーム「GALAXY Station」を開設

総務省、2014年10月よりPHSでもMNP提供開始/パブリックコメント募集

  • Day:2013.10.03 08:04
  • Cat:News
総務省は、現在携帯電話向けに提供している番号ポータビリティー(MNP)制度を、2014年10月からPHSでも提供する方針を決め、現在パブリックコメントを受け付けています。

同省は、来年3月までに「090/080」「070」の区別を廃止します。また、PHS向けの発信時に認識音が鳴るようキャリアに促します。

パナソニック、国内の個人向けスマートフォン事業の休止を発表

  • Day:2013.09.26 16:24
  • Cat:News
IMG_8231.jpg

パナソニックは、AVCネットワークス傘下のパナソニックモバイルコミュニケーションズが手がけていた国内の個人向けスマートフォン事業について、2013年10月1日をもって新規開発を休止すると発表(PDF)しました。

今後、パナソニックモバイルは、個人向けフィーチャーフォンの生産・販売および、既に販売した端末のユーザーサポートに集中するとしています。また、フィーチャーフォンの開発はAVC傘下のパナソニックシステムネットワークス(PSN)に業務委託します。

なお、法人向けスマートフォン事業はPSNのターミナルシステムBUに移管します。

本発表により、パナソニックは国内における個人向けスマートフォンから事実上撤退したことになります。

関連:
パナソニックモバイル、近く従業員の配置転換を実施/スマートフォン撤退方針を受け=日本経済新聞
パナソニック、個人向けスマートフォンから撤退へ/基地局事業も売却=日本経済新聞
パナソニック、NTTドコモに対してスマートフォン今冬モデルを供給しないと通知/事実上撤退へ
パナソニック、スマートフォン事業からの撤退を検討=朝日新聞
パナソニック、NTTドコモ向けのスマートフォン開発中止を示唆=時事通信
パナソニック、NTTドコモ向けスマートフォン冬モデルの投入見送り検討=日本経済新聞
NTTドコモへの供給メーカー「ツートップは絶縁状」「サンプルも出したくない」=日本経済新聞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。